ブログトップ

「コンサルタントの視点」日記

shimo3781.exblog.jp

コンサルタントの視点でさまざまな出来事に感じたままをつづります!

c0074721_15412325.jpg



企業にとっての最大の敵は何ですか?



コンペティターでもなく、不景気でもない。



「安定」と「安心」だ。



挑戦しなくなるからです。



============================



【本文】




■ なぜか受けている「ドンキ流ビジネスモデル」! ■




イオンも7年ぶりに赤字に陥ったが今期は黒字浮上するようだ。




デパートも閉店が相次ぎ、かつ再編が進んでいる。




お客様が未来永劫買いにきてくれてお金を落としてくれると高をくくっていた証拠ではないだろうか。




流通のプロには失礼かと思うが、流通業を取り巻く環境が激変しているのに適切な手を打たなかったのではないだろうか。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



スーパーやデパートの苦悩を尻目にドンキホーテは業績を伸ばし続けている。



大手流通業が撤退した後にちゃっかりドンキホーテが入居し、出店するのだ。



初期投資は少なくて済み、開店までの期間も短縮できる。



わざとジャングルのように狭い空間に雑然と安い商品を陳列し、お客様に宝探しをさせる。



この「ドンキ流ビジネスモデル」は当分続くような気がしてならない。



  = コンピテンシー宣教師 =



==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング


[PR]
# by shimo3781 | 2017-10-23 19:58 | マーケティング | Trackback

c0074721_14200763.jpg


「やらせ」で顧客満足(CS:Customer Satisfaction)を向上させることはできない。



お客様のことを考え、働くことに喜びを感じている人でなければ無理だ。



周到なマニュアルを用意しただけでは機能しないのだ。



============================



【本文】




■ 逆ピラミッド組織で顧客満足を高める! ■




社員に対しマナー教育を熱心に行う会社は多く、講師を呼んで挨拶の仕方から教育する。




そして「お客様と話すときは、スマイルを忘れるな」と説く。




分厚いマニュアルも用意されていて、熟読して自主トレーニングをするように仕向ける。




でも、これははっきり言って「やらせ」だから社員はその気になれない。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




会社の組織はピラミッド型になっていて最上部に会長・社長が君臨し、最下部に一般社員(パート・アルバイトを含む)が位置している。




だが、お客様と直接相対して接客するのはほとんどの場合一般社員である。




その接客の決定的瞬間は一般社員が演じており、社員のみがお客様とのやり取りを知っているわけだ。




CSにおける組織は逆ピラミッドであることを幹部が認識して、ES(社員満足)向上に取り組めば社員はきっとその気になってくれる。




= コンピテンシー宣教師 =


==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング


[PR]
# by shimo3781 | 2017-10-23 11:08 | 人事労務 | Trackback

c0074721_14233710.jpg


給料を少し上げたり、待遇を改善すれば離職者が減ると短絡的に考える経営者は多い。



実際実行してみたがあまり効果はなかった。



お金で動く人もいるが、少ないのではないか。



============================



【本文】



■ 離職率を低減させる方策! ■



近年は「ブラック企業」と言うキーワードが頻繁に使われるようになった。



社員をこき使い、残業代もなんくせを付けて支払わない。



経営者は、辞められたら次を採用すればいいと軽く考えているのだろう。



採用活動費はかさむし、社員に対する教育効果も出ないうちに辞められるから本当は会社にとっては大きなマイナスなのだが、それでも真剣に対策を考えようとしない。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



社員満足(ES:Employees Satisfaction)を高めれば、社員は長く働いてくれる。



ベテランになれば仕事に精通し、教育効果も発揮してくれ、後輩の面倒もよく見てくれる。



承認を与え、高く評価してあげ、仕事のフルコースを任せることでやりがいを感じてくれるから働き続けてくれるのだ。



会社の業績に貢献してくれるのだから給料を上げ、待遇を改善してあげれば、モチベーションはさらに上がる。



 = コンピテンシー宣教師 =



==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング


[PR]
# by shimo3781 | 2017-10-22 11:12 | 人事労務 | Trackback

c0074721_14144248.jpg


「目は口ほどにものを言い」と言うことわざがある。



話術に長けた営業マンは立て板に水のように喋るが決してトップセールスにはなれない。



人格面に優れている営業マンは人格で勝負し、成約にこぎつける。



============================



【本文】




■ 立て板に水ではなく人格で勝負する営業マン! ■




一般に営業マンは口上手だ。




そしていいことしか言わない。




核心を突いた質問をされてもはぐらかして逃げる。




まるで野党に追及されているアベのようだ。




いいことばかりを力説するが、このような営業マンはトップセールスにはなれない。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



お客様のお話にじっと耳を傾ける営業マンがいる。




お客様が何に対してどんな不満を持っているのかがよく分かるだろう。




頭の中で整理し、どんな提案をすれば喜ばれるかを纏め上げる。




製品の持つ長所・欠点を全てお話し、製品選択の視点をアドバイスする。




質問にも誠実にお答えし、今日成約に至らなくとも人格が醸し出すいい余韻を残してお別れすると後日コールが掛かってきて、納得の成約を頂ける。




= コンピテンシー宣教師 =



==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング


[PR]
# by shimo3781 | 2017-10-20 20:07 | 仕事 | Trackback

c0074721_15444955.jpg


「見ざる、言わざる、やらざる」と言うことわざがある。



だが、「大いに見る、大いに語る、しかしやらざる」の人のなんと多いことか。



官僚的な会社に特に多い。



========================



【本文】



■ できる人は「発揮する能力」を身につけています! ■




能力には大きく分けて二つの要素がある。




一つはIQ(Intelligence Quotient:知識・技術などの知能指数)だ。




もう一つはEQ(Emotional Quotient:心の知能指数)である。




仕事の成果に対する貢献度は実はEQが70%以上でIQは30%以下と言われている。




しかし、行動しなければ成果はゼロだ。




なぜ行動力のある人とない人がいるのだろうか。




それは、発揮する能力が高いか低いかによる。




行動力のある人は常に喉が乾いた状態だから水を飲まないではいられない。



喉が渇けば誰もが水を飲む。



自分を常に喉が渇いた状態にするには、人生目標を設定して走り続けることだ。



ご理解頂いた方は、今直ぐに人生目標を決めれば走らざるを得なくなる。



= コンピテンシー宣教師 =




==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング


[PR]
# by shimo3781 | 2017-10-20 11:05 | 自己啓発 | Trackback

c0074721_15511379.jpg


どこの会社にも立派なことは言うが立派なことをしない社員がいるものだ。



このような社員は情報収集がうまいから確かに立派なことを言えるネタを持っている。



でも、会社にとっては立派なことを言うよりも立派なことをする社員が貴重な人財なのだ。



========================



【本文】



■ 立派なことを言うよりも立派なことをすべきです! ■



ビジネスマンは議員を目指して立候補した候補者たちとは違うはずだ。



候補者はあることないこと、口から出まかせに立派なことを言う。



いざ当選してみればマスゾエのような政治屋で終わってしまう。



実際マスゾエは、公約はほとんど実行もせず、単なる税金ドロボーだった。



ビジネスマンはそんなことでは困る。



立派なことを言う前に立派なことをして実績を上げることが大事だ。



実績を上げても人格者は立派なことは言わない。



人格と教養がブレーキを掛けるわけだ。



評価は他人がしてくれるものと心得ておくとよい。



このようなビジネスマンは、いつしか周りから絶大な信頼を得て、なくてはならない人財になれるだろう。



= コンピテンシー宣教師 =



==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング


[PR]
# by shimo3781 | 2017-10-19 11:12 | 自己啓発 | Trackback

c0074721_15301918.jpg


リーダーの大事な仕事の一つが生産性を上げることだ。



生産性を上げるにはどうすればいいのだろうか。



大雑把に「日単位」で仕事を考える習慣を捨てて、「時間単位」で考えるように切り替えることだ。



============================



【本文】



■ ガントチャートでスケジュールを綿密に管理する! ■



仕事の遅れを指摘された部下が「来週中には何とかします」と答える。



課長は「それじゃ遅すぎるんだよ」と言うと部下は「では、前倒しして明日中には何とかします」と答える。



「来週中」がいきなり「明日中」になるからこっけいだ。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



仕事のスケジュールを立てるときによく使われる手法が「ガントチャート」だ。



考案したガント氏の名前から名付けられたらしい。



横軸にTime(時間)を取り、縦軸に実行すべき項目を書き込む。



各項目をいつ着手していつ完了するか、その予定を点線の矢印で示し、実践で進捗を書き込んでいき、最後に矢印の終点を書き込むやり方だ。



このように目で見る管理を実施すれば、スケジュールは管理された状態になる。




 = コンピテンシー宣教師 =


==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング


[PR]
# by shimo3781 | 2017-10-18 11:12 | 仕事 | Trackback

c0074721_15424009.jpg


大手スーパーにいじめられて苦しんでいる業者は多い。



納入価格を叩かれ、売れ残れば返品される。



そんなスーパーを切った経営者にはエールを送りたくなる。



========================



【本文】



■ 横暴なスーパーを切る勇気ある経営者! ■




かつてダイエーが絶頂期だった頃、ダイエーのバイヤーは横柄だったらしい。



山形県酒田市郊外に「H牧場」と言う日本一うまい豚肉を生産している会社がある。



「H牧場」の創業者は、顔をあわせるたびに値切ろうとするダイエーのバイヤーにかねてから不快感を抱いていた。



そのバイヤーは遂に言ってはならない言葉を口にした。



「よそからいくらでも仕入れられる」と豪語したのだ。



「H牧場」の創業者はその場で明日からの納入をストップする決断をし、通告した。



ありふれた豚肉も日本一旨い豚肉も、ミソもくそも同じに考えているバイヤーが許せなかったのだろう。



毎月1000頭もの豚を納入していたから痛かったが、ダイエーのほうがもっと痛かった。



その後、高級食材店に卸したり、自社ブランドの加工品を生産したりして「H牧場」は益々繁盛しているのにダイエーは皮肉なことに破綻した。



  = コンピテンシー宣教師 =



==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング


[PR]
# by shimo3781 | 2017-10-17 10:56 | 経営 | Trackback

c0074721_14055693.jpg



「提案制度を導入したのだが、思うように提案が集まらなくて困っている」と相談を受けた。



「皆さんの問題意識が薄いから問題に気づきにくいのかもしれませんね」と申し上げたところ「問題意識を持たせるにはどうすればいいのですか」と突っ込まれてしまった。


============================


【本文】



■ せっかくの提案制度を活性化させるには! ■



知識に長けた社員が多いのに提案が出てこない。



技術を持った社員が多いのに提案が出てこない。



出された提案を審査し、等級に応じて賞金を出す制度にしてあるが、効果が薄いと言う。



せっかく知識や技術を持っているのだから後はPR不足と問題意識の欠如と思われる。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



提案制度を活性かさせればさまざまな問題が解決されて生産性が向上し、不良や納期遅延の問題も解決できる。



今自分がやっている仕事に関して、視点を変えてみるように仕向けることだ。



すると疑問点が浮かんできて、もっといい方法はないかと考えるようになる。



アイディア提案だけでもよしとし、実行済み提案なら大歓迎であることをPRすることだ。



今月の提案の目玉ニュースを全社員に発信し、問題意識の高揚を図るときっと提案制度に火が点くと思われる。




= コンピテンシー宣教師 =



==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング


[PR]
# by shimo3781 | 2017-10-16 11:10 | 経営 | Trackback

c0074721_18552710.jpg



コンピテンシーは仕事のできる人の行動特性のことだ。


リーダーが変われば相手が変わり、相手が変われば周りが変わる。


周りが変われば間違いなく集団が変わる。


心ある経営者は自分が真っ先に変わることを誓う。



============================



【本文】


■ リーダーから先に変化することをお勧めします! ■


山梨県の60人規模のプレスメーカーからオファーがあって伺った。


社長と工場長にお会いしたところ、「社員がやる気がなく、不良と納期遅延が多く顧客先企業からお叱りを受けているので社員教育をして変えて欲しい」と言うことだった。



社長と工場長は親戚関係で、他に社長の息子もその会社で働いていると言うことだった。



いろいろお話を伺っている中で、社長一族には問題はないが、社員だけが悪いと言う独断と偏見を持っていることが分かった。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



社長と工場長に席を外してもらい、社員を代表して現場の課長クラスと生産管理の主任、それに一般の工員の3人に応接室に集まってもらい、インタビューをさせてもらった。



3人は口々に「先生、変わってもらうべきは社長や工場長で、我々はいつでも変われますよ」と言われてしまった。



社員に変化を求めるなら真っ先に社長や幹部から変わる必要のあることを進言し、月一回全員参加の勉強会を開催したところ、一年後にはやる気集団に生まれ変わることができた。



= コンピテンシー宣教師 =



==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング


[PR]
# by shimo3781 | 2017-10-15 10:54 | 企業風土 | Trackback


c0074721_15532221.jpg



朝礼で課長が熱っぽく大事な伝達事項を話す。


だが、半数以上の部下は聞いていない。


内容を理解した部下となるともっと少ないのではないか。


不思議なのだが、朝礼も社員参加型にしてみるとほとんどの人が真剣に聞き、理解する人も増える。



============================



【本文】



■ 朝礼を馬耳東風にしないための施策! ■



多くの会社では職場単位に朝礼をやっている。



課長が真剣に、大声で大事な伝達事項を話すのだが、馬耳東風ではないだろうか。



早い話が「馬の耳に念仏」で、ろくに聞いてもいないのだ。



内容の周知徹底となるとお寒い限りだ。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



静岡県の大手物流会社H社の倉庫では日替わり班長に朝礼を担当してもらっている。



パートもアルバイトも均等に当番日が回ってくるから大変だ。



自分が当番の日のことが頭をよぎってしまうから自分だったらどのように話すかを真剣に考える。



他人が班長だからと言って、聞き流すわけにはいかない心境になるのだ。



話す人も真剣、聞いている人も真剣、緊張感漂う朝礼も工夫次第でできるのだ。



 = コンピテンシー宣教師 =



==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング


[PR]
# by shimo3781 | 2017-10-14 06:14 | 仕事 | Trackback

c0074721_15493419.jpg



社員研修に熱心な会社があり好感が持てる。



でも、研修をやっただけでは身に付かない。



仕事の場でより実践的に学ばせることが大切だ。



============================



【本文】



■ 部下を伸ばすには、OJTが一番! ■



座学がそれほど意味がないなどと言うつもりはない。



だが、座学だけで必要な知識・ノウハウが身に付いて効果が出るとは思えない。



座学では講師が主体になって講義をし、質問を受け付けるが、実践的とは言えないと思う。



仕事の場があって、そこでトレーニングするのでなければ身に付きにくいわけだ。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



そこでお勧めしたいのがOJTだ。



On The Job Trainingの略で「仕事に則した教育訓練」のことである。



大手の靴販売チェーンでは新入社員一人ひとりに対して先輩を教育係りとして指名し、マンツーマンで実践指導している。



新人は先輩の一挙手一投足を見ながら勉強し、判らないことがあれば質問する。



たちまちOJTの効果が現れて即戦力に育っていくのだ。



= コンピテンシー宣教師 =




==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング


[PR]
# by shimo3781 | 2017-10-13 11:16 | 人事労務 | Trackback


c0074721_15210846.jpg



部下の査定をするときはいつも憂鬱になるものだ。



残業時間の多い部下にいい評価をし、少ない部下に悪い評価をする管理職がいるが、見直すべきでだ。


========================


【本文】


■ 残業の多い人が頑張っているわけではない! ■



皆さんの身の回りにも「ああ、忙しい」を連発している人がきっといるだろう。



他の同僚に比べても残業がやたらと多い。



私事で恐縮だが、課長になりたての頃、いやな仕事が部下の査定だった。



人が人を評価して点数をつける仕事ははっきり言って憂鬱になる。



でも、心を鬼にして査定しなければならない。



ほとんど定刻に仕事を終えて帰るA君にいい査定をつけ、たくさん残業しているB君に悪い査定を付けたところ部長に呼ばれて「君は何を見て査定したのか」と叱られた。



「残業して頑張っているB君が悪い査定はおかしい」と言うのだ。



私は「A君は難易度の高い仕事をやってもらってますが無難にこなし、極力時間内に完了しています。一方B君はそれほど難易度の高くない仕事なのに仕事が遅く、残業でカバーしていますが出来栄えもよくありません」と説明して納得してもらった。



B君にも査定の経緯を説明し納得してもらったところ、本人は相当努力してくれて後に課長に昇格するまでに成長してくれた。



 = コンピテンシー宣教師 =



==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング


[PR]
# by shimo3781 | 2017-10-12 07:02 | 人事労務 | Trackback

c0074721_15393709.jpg


リーダーは部下に高い目標を与え、強烈な思いを持って実行してくれるように動機付けなければならない。


それがマネジメントと言うものだ。


ただ命令を飛ばすだけでは「犬の遠吠え」になってしまう。



======================



【本文】



■ 部下を思うまま動かすリーダーを目指す! ■



「ウチの部下はテコでも動かない。ホント、やる気がなくて困っている」と嘆いているリーダーがいる。



いったいどんな部下たちなのだろうか。



本当にやる気のないひどい部下なのだろうか。



部下をぼろくそに言う前に、リーダーは冷静かつ客観的に自分自身を評価してみてほしい。



部下の皆さんにビジョンを示しただろうか。



「自分はこうやりたい」という思いのたけをぶつけただうか。



部下の心に響くものがあれば部下の心に点火できるはずだ。



そうすれば強烈な達成意欲を持って行動してくれることだろう。



指示・命令を飛ばすだけでは部下が動いてくれないのは当然なのだ。



是非、部下を思うまま動かせるリーダーを目指してほしい。



= コンピテンシー宣教師 =



==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング


[PR]
# by shimo3781 | 2017-10-11 11:01 | Trackback



c0074721_15315159.jpg


「オレはこんなにも頑張っているのに認めてくれない」と不満に思っている社員は結構多い。


そのようなビジネスマンに申し上げたい。


「まず人格を磨き、能力を向上させて小さな実績を積み上げてみてはどうか」と。


========================


【本文】


■ 人格と行動力に秀でた人は間違いなく仕事ができます! ■


一時期、社員の評価制度として「職能給制度」を導入する会社が多かった。


「職能給制度」とは、職務遂行能力の高低に賃金をリンクさせた制度だった。


だが、職務遂行能力のものさしが問題だった。


何か資格を取得していれば職務遂行能力が高いと評価された。


社内研修や外部のセミナーに参加すれば職務遂行能力が高くなったと評価された。


しかし、よく考えてみてほしい。


なにかの資格を保有している社員やなにかの研修に参加した社員が会社の業績に貢献してくれるとは限らないのではないかと言うことだ。


案の定、特に資格もなく、研修にもほとんど参加していない社員のほうが実績優秀で、職務遂行能力が高いと評価された社員はあまり活躍しなかったのである。


真に仕事のできる社員は、「人格」と「行動力」に秀でているのである。


 = コンピテンシー宣教師 =



==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング


[PR]
# by shimo3781 | 2017-10-09 19:47 | 人事労務 | Trackback



c0074721_13545334.jpg



部下を思うまま動かせない管理職ははっきり言って名ばかり管理職だ。


いくら口では立派なことを言っても部下に動いてもらわなければ課長として仕事をしたことにはならない。


部下を動かす決め手、それは「誠実さ」だ。


========================


【本文】


■ 部下を動かす決め手は「誠実さ」です! ■


大企業では部長ともなるとほとんどの場合、「お飾り」に等しいからOLが入れてくれたお茶をすすりながら新聞を読んで暇を潰す。


時々、課長らが「部長、判を下さい」と言ってくるから判を押す。


マネジメント業務は課長の仕事なのだが、中には「名ばかり課長」がいて惨めだ。


仕事の指示をしても部下が思うように動いてくれないから「課」としての成果が上がらないのだ。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


頭にきた課長は「課長命令だ。課長命令が聞けないのか」と怒鳴ったりする。


しかし、部下たちはいたって冷静で、怒鳴られても「屁のカッパ」だ。


指示するとき、目的をよく説明し、いつまでにやり遂げてほしいと明確に伝えたらいい。


部下に相対するときの課長の態度に「誠実さ」がにじみ出ていれば、部下は意気に感じてやってくれるはずだ。


= コンピテンシー宣教師 =



==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング


[PR]
# by shimo3781 | 2017-10-09 11:06 | 人事労務 | Trackback

c0074721_14210615.jpg


行動力のある人と言うのは決して会議に遅れてきたりしない。


お客様との約束の時間に遅れることもない。


人と会う約束のときは15分早く行動開始しておけば、多少交通トラブルがあっても間に合うだろう。


========================


【本文】


■ 時間に厳格な人は仕事のできる人です! ■


会議に決まって遅れてくる人がいる。


議事が進み、ある程度結論が出た頃に現れて、ちゃぶ台をひっくり返す副部長がいた。


背が低く、人相の悪い男だった。


私が「チビッコギャング」とあだ名をつけてやったところバカ受けした。


あるとき、その副部長に呼ばれ「君、僕にいいニックネームを付けてくれたんだって?」と言われたときは心臓が破裂しそうになったのを覚えている。


ビジネスマンたるもの、時間に厳格になってほしい。


お客様や取引先を訪問するときは15分余裕を持って行動(出発)することだ。


多少のトラブルがあっても遅刻する確率は低くいだろう。


時間に厳格なビジネスマンはきっと仕事のできる人だ。


時間にだらしのない人で仕事のできる人はまずいない。


  = コンピテンシー宣教師 =



==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング


[PR]
# by shimo3781 | 2017-10-08 11:12 | 仕事 | Trackback

c0074721_15401845.jpg


コントロール(管理)と言うと現状維持の匂いがする。


しかし、マネジメントと言うと企画、立案、実行、評価までの全てのストーリーに全員で参加するイメージだ。


========================


【本文】


■ マネジメントサークルをきっちり回してください! ■


役所でも銀行でも管理職は一日何をやって過ごしているのだろうか。


失礼ながら半日近くは「判子押し」に従事しているように見える。


残りの時間は新聞を見て過ごす人もいるようだが、さすがに気が引ける人はパソコンをいじって暇つぶしをしているのではないか。


実際の仕事は部下たちがやっているから、せいぜい現状維持がいいところだろう。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


一方、心ある管理職は「PDCAのマネジメントサークル」を回すことに時間を費やしている。


企画立案をして部下たちに示し、共感を得られるように上手に説明をし、行動計画を立てて実行に移し、結果を評価して次に生かすと言うマネジメントサークルを回すのだ。


部下たちも自分の役割分担を果たすように努力し、目標達成に貢献してやりがいを感じる。


管理職の皆さんは、マネジメントサークルを回して大きな成果を挙げることがミッションなのである。


= コンピテンシー宣教師 =



==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング


[PR]
# by shimo3781 | 2017-10-07 11:15 | 経営 | Trackback

c0074721_15222377.jpg


あなたが担当している仕事の領域の中で、今どんな課題があるのか、一度課題バラシやってみることをお勧めする。


優先順位を決めて一つひとつ解決に向けて取り組んでほしい。


========================


【本文】


■ 仕事は、ネズミの食い散らかしではいけません! ■


ある人がねずみの実験をした。


ネズミの通路にサツマイモを5個置いた。


するとネズミはサツマイモを5個ともかじるが、1個たりとも完食はしなかった。


これを「ネズミの食い散らかし」と言う。


ビジネスマンの中にもネズミの食い散らかしのような仕事振りの人がいる。


たくさん抱えている仕事を片っ端から手は着けるが、一つたりとも完結しない。


つまり、ネズミの食い散らかしと同じなのだ。


まず、重要度や緊急度を勘案して優先順位を決めることだ。


次に、着手前に仕事の段取りを付けて、極力離席せずに集中して仕事をすることだ。


もし優先度の低い仕事が積み残されても大きな問題にはならないだろう。


優先度の高い仕事を一つひとつ片付けることが、結局は一番早いのである。


= コンピテンシー宣教師 =


==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング


[PR]
# by shimo3781 | 2017-10-06 11:09 | 仕事 | Trackback

c0074721_15273491.jpg


管理職は部下に「多能工」になってもらうように導くべきだと思う。


一芸にだけ秀でていても活躍できるステージは限られてしまうからだ。


その点、「多能工」ならどんなシーンにおいても活躍できる。


==========================


【本文】


■ 管理職は部下を多能工に育成すべきです! ■


一芸に秀でていることはすばらしいことだと思う。


だが、一芸に秀でているだけでは活躍できるステージが限られてしまう。


「多能工」は複数の仕事をマスターしているからいろいろなステージで活躍できる。


ものづくりの現場でも「多能工」は貴重だ。


選手交代なしで、別な仕事にもそのまま従事できるから会社と本人の双方がWin Winだ。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


静岡県にH建設と言う会社があり、新興企業なのに学生から絶大な人気だ。


社員たちは、土木・杭打ちの仕事、型枠の仕事、コンクリートの仕事、大工仕事、屋根ふき、内装・外装まで数々の資格を保有し、華々しく活躍している。


本来は多くの会社が介在すべきところだが、H建設一社が一気通関で完成させてしまう。


経営者が強い意思で「多能工化」を推進すればマルチ人間の集団ができるのだ。


= コンピテンシー宣教師 =


==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング


[PR]
# by shimo3781 | 2017-10-05 11:06 | 人事労務 | Trackback

c0074721_15214479.jpg



主張や持論と全く相反する行動を取っている人間は実際多い。


例えば、政治にお金が掛かりすぎ
ると痛烈に批判しておいて、いざ自分が当選すると私利私欲を増やすおバカ政治家が多い。


自分
たちのムダを無くそうと言って、自ら実践している経営者もいる。


******************************************************


【本文】


■ 大企業なのに新幹線自由席で出張する経営者! ■


マスゾエは、収入源が断たれて苦しいのだろうか、自分の企業から入る12万円の収入だけで、カップラーメンをすするほどお金に困っている様子が漏れ伝わってくる。


政治にお金が掛かりすぎると痛烈に批判して都知事に当選したのだが、大名行列並みの海外出張で湯水のように公金を使った。


家族旅行代や回転寿司の代金も公金を使い、都民の怒りを買って辞任に追い込まれた。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


サイゼリヤは外食産業界の優良企業に成長した。


パスタと美味しいサラダが売りだが、価格がリーズナブルでどの店舗も繁盛している。


創業者のS氏は、出張時、新幹線の自由席を使い、極力ムダを省いている。


「自分たちのムダを無くせば値段は下げられる」が持論で、経営者自ら先頭に立って実践している姿は正にEQの高さを示している。


「有限実行」は、リーダーとしての存在価値を高めるものだ。


=コンピテンシー宣教師=


==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング


[PR]
# by shimo3781 | 2017-10-04 11:08 | 経営 | Trackback

c0074721_13372480.jpg



会社では仕事のできるスーパースターが一人、二人いてもそれほど大きな成果には結びつかない。


仕事のできる人の集団作りこそが大きな成果に結びつくのだ。

  

============================



【本文】



■ 仕事のできる人の集団作りに挑戦する! ■



日本ハムの大谷選手は全く稀有な選手だと思う。



投手一本に絞れば20勝投手になれるが、打者一本に絞れば3割、ホームラン30本以上は打てる逸材だ。



高校野球でもピッチャーで四番バッターは今ではめっきり少なくなった。



このような有能な選手が一人、二人いても試合に勝てるものではない。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



会社でも同じことが言える。



スーパースターが一人や二人いても会社の業績が大幅に上がるわけではない。



スーパースターとはいかないまでも仕事のできる人の集団を作ることだ。



そうすれば全体のパフォーマンスは間違いなく上がり、同時に会社の業績も上がる。



そうなるためには、是非コンピテンシーの導入に挑戦してほしい。



 = コンピテンシー宣教師 =


==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング


[PR]
# by shimo3781 | 2017-10-03 11:05 | 経営 | Trackback


c0074721_14054122.jpg


「🎵花の咲かない枯れススキ🎵」。



大正10年ごろできた「船頭小唄」と言う哀しい唄の文句にある。



ビジスマンなら「花の咲かない枯れススキ」で終わってはならない。



自分は自分、人との違いを明確に出して自分の花を咲かせてほしい。



それが人財と言うものだ。



============================



【本文】



■ 他との違いを示して自分の花を咲かせてほしい! ■



昔は、川は物流の根幹を成していた。



穀物も野菜も木材も船で運んだ。



利根川などでは人の往来にも船が重宝され、船で嫁いだ花嫁もいた。



夫婦で(利根川の)船頭で終わるなんて、悲しくも美しい叙情あふれる唄だった。



でも「花の咲かない枯れススキ」にだけはなりたくないものだ。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



ビジネスマンは「花の咲かない枯れスキ」になってはならない。



他人との違いを明確にするために、自分の専門分野を増やすことが大事だ。



そのうえで問題解決力を磨けば「人財」としての条件がある程度整う。



きっと自分の出番がやってくるからそのときこそ、能力を発揮し、大いに貢献することだ。



 = コンピテンシー宣教師 =


==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング


[PR]
# by shimo3781 | 2017-10-02 11:05 | 自己啓発 | Trackback


c0074721_14055431.jpg

最近、ステルスマーケティングなるキーワードが使われるようになった。


自社の社員が一般の
お客様に成りすまして自社の商品をPRするように命じられ、お客様を誘導するのだ。


そういえ
ば、持病もちのタレントを宣伝材料に、薬品などを宣伝する手法も多数見られる。


**********************************************


【本文】


■ ステルスマーケティングに気をつけよ! ■


自社の女性社員に糖質の多い食べ物をたくさん食べように命じて太らせる。


その後、糖質の多い食べ物をやめさせ、ジムに通わせて運動させて元の体型に戻させる。


太ったときと元に戻ったときの写真と体重や3サイズのデータを比較できるようにする。


これで準備は整った。


この女性者社員を一般のお客様に成りすまさせて、「この健康薬品のお陰でこんなにスマートになれました。お蔭様です。」などとネット上などでPRする。


これ、すなわちステルスマーケティングのからくりと言うのだそうだ。


似たようなテレビCMは多く、持病持ちや重病を克服した有名人やタレントを使い、「あれほど苦しんでいたのに、これを一ヶ月摂取しただけで、こんなに元気になれた」とPRする。


これも独創性豊な詐欺行為的ステルスマーケティングの一種と見てよさそうだ。


このテレビCMを見た人は、直ぐに電話で注文してしまうが、飲んでみたが何の効果もない例が多いそうだ。


 =コンピテンシー宣教師=


==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング


[PR]
# by shimo3781 | 2017-10-01 10:57 | マーケティング | Trackback

c0074721_15282952.jpg

「目は口ほどにものを言い」と言うことわざがある。


話術に長けた営業マンは立て板に水のように喋るが決してトップセールスにはない。


人格面に優れている営業マンは人格で勝負し、成約にこぎつける。


============================


【本文】


■ 話術よりも人格で勝負する営業マンがいい! ■


一般に営業マンは口上手だ。


そしていいことしか言わない。


核心を突いた質問をされてもはぐらかして逃げる。


いいことばかりを力説するが、このような営業マンはトップセールスにはなれないと思う。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


お客様のお話にじっと耳を傾ける営業マンがいる。


お客様が何に対してどんな不満を持っているのかがよく分かるだろう。


頭の中で整理し、どんな提案をすれば喜ばれるかを纏め上げる。


製品の持つ長所・欠点を全てお話し、製品選択の視点をアドバイスする。


質問にも誠実にお答えし、今日成約に至らなくとも人格が醸し出すいい余韻を残してお別れすると後日コールが掛かってきて、納得の成約を頂けるのだ。


 = コンピテンシー宣教師 =



==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング


[PR]
# by shimo3781 | 2017-09-30 11:15 | ビジネス | Trackback

c0074721_15280815.jpg



社長とは名ばかりで、まるでお飾りのような社長がいる。


にもかかわらず会社の業績もよく、年々発展を遂げている。


団体の名誉職をやっていて、ウイークデーの昼間からゴルフ三昧だ。


専務や役員が相談に行っても「任せた。うまくやってくれ」しか言わない。



========================


【本文】


■ 任せたと言いつつ無言のプレッシャーを与える社長! ■


昔、家来が相談に行くと「よきに計らえ」と言ったお殿様がいた。


そう言われるとでたらめをやったり適当なことをやるわけにはいかなくなる。


家来は失敗せぬように心して「こと」に当たるからうまくいく確率が高くなるわけだ。


「よきに計らえ」とは言ったものの、お殿様はきちんと進捗状況をウオッチしていたのだ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

代表権があるにもかかわらず、まるでお飾りのような社長はいるものだ。


専務や役員が相談に行っても「任せた。うまくやってくれ」でおしまいだ。


「任せた。うまくやってくれ」は、重い命令だから手抜きするわけには行かない。


専務以下は何とか成功させようと最大限努力し、成果を挙げてくれる。


「任せた」と言いつつ、無言のプレッシャーを与える社長は、正に人財である。


= コンピテンシー宣教師 =





==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング


[PR]
# by shimo3781 | 2017-09-29 11:13 | 仕事 | Trackback

c0074721_15285589.jpg


重役が満場一致で賛成する事案ははっきり言ってやめるべきだ。



重役の8割が反対する事案は今すぐにやるべきだ。



なぜなら、きっと先手が取れるから。


========================


【本文】


■ 重役の8割が反対する事案は直ぐやるべきです! ■


高度成長時代を支えてきた大手家電メーカーがこぞって凋落するとは考えもしなかった。


テレビ番組もゴールデンアワーの時間帯は家電メーカー一社が独占提供していた。


金曜日の三菱ゴールデンアワーでプロレス中継があり、力道山らの活躍が見られた。


東芝日曜劇場と言うゴールデンアワーでは、例えば山下清画伯の放浪の旅を描いた物語も人気だった。


今、一社だけで番組を提供しているのは「世界不思議発見」の日立製作所ぐらいのようだ。


三菱も東芝も日立も家電もやっていたがどちらかと言うと重電メーカーの色合いが強い。


三洋が消え、シャープは買収され、東芝も沈没してしまい、根っからの家電メーカーの凋落振りを見ると悲しい。


買換え需要だけになってしまい、画期的な新商品を生み出せなかったのは残念だ。


大量生産は得意だが、個客(顧客ではない)に向けた多様性ある商品を少量多品種で生産することが大の苦手なのだ。


重役の8割が反対するような事案に挑戦する勇気のあるメーカーしか生き残れないのだ。



= コンピテンシー宣教師 =



==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング


[PR]
# by shimo3781 | 2017-09-28 11:00 | 経営 | Trackback

c0074721_15233130.jpg



私の知人にすごい「バク才」の持ち主がいる。


マージャンは強いし競馬でもしょっちゅう大穴馬券を当てる。


彼は数字は当てにせず、感性や臭覚で判断しているようだ。


経営者も数字にばかり頼っていては大きく業績を伸ばせないのではないか。


==========================


【本文】


■ 経営は感性や臭覚で判断することも大事です! ■


朝から晩まで競走馬を取材して、競馬新聞やスポーツ新聞上に自分の予想を載せ、根拠となる記事まで書くことを生業にしているのが予想屋たちだ。


たまには当たることもあるが、トータルすればどの予想屋も大概赤字だ。


ところが「バク才」と言われる私の知人は、大胆な予想をたて、大穴を当てるからすごい。


参考にすると決めている競馬新聞があり、穴党予想屋の記事を参考にし、土日に一本大穴を当てて見事に大幅黒字を達成している。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


真面目な経営者は多くの数字を分析して経営計画を立て、それに基づいて経営している。


だが、利益が出てもスズメの涙程度で大幅黒字にはなりにくい。


同業の経営者も一様にさまざまな経済指標や自社の実績トレンドを参考に経営しているから、同じ土俵で戦っているに過ぎないわけだ。


感性や臭覚を生かしている経営者こそが人財であり、大きく業績を伸ばしている。


 = コンピテンシー宣教師 =



==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング


[PR]
# by shimo3781 | 2017-09-27 07:12 | 経営 | Trackback

c0074721_15405333.jpg


政治家や俳優、タレントは多かれれれ少なかれ、不倫をしている可能性が高い。


週刊誌で報じられるのは氷山の一角だ。


不倫検査薬なるものが今のところ世の中にないようだ。


小林製薬の出番ではないか。


=========================


【本文】


■ 不倫検査薬があれば言い訳できなくなる人たちが! ■


妊娠検査薬がある。


病院に行かなくとも妊娠したかどうかすぐにわかるから便利だ。


できちゃった婚は今や7割り近くを占めるようだ。


それれでも幸せな結婚に結びついているならいいのではないか。


不倫検査薬の開発が待たれれる。


「一戦は超えていない」と言い訳する女性議員がいた。


「男女の関係はございません」と言い放った女性議員がいた。


誰れも信じないはずだ。


斉藤由貴はしぶしぶ不倫を認めた。


小林製薬には、ぜひ不倫検査薬を開発してもらいたい。


不倫して一週間以内なら、尿の特殊ホルモンで不倫が分かるというのはどうか。


できれば不倫相手のDNAも分かるとよい。


もし、言い訳したなら、「では、尿を検査させてください」と言えばいい。


観念して白状するのではないか。


開発した小林製薬の株は、いきなり高騰することだろう。


= コンピテンシー宣教師 =


==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング


[PR]
# by shimo3781 | 2017-09-26 04:54 | 発明 | Trackback

c0074721_14045151.jpg


経営者なら誰もが会社を急成長させたいと思うだろう。


だが急成長すれば急降下もありえるのだ。


業績を毎年少しずつ伸ばしていけばいいと思う。


人財が育っていないのに会社だけ急成長させればどこかで無理が生じるに決まっている。


=========================


【本文】


■ 急成長の陰に急降下のリスクあり! ■


一山当てると会社は急成長することがある。


マスコミは「倍々ゲームで急成長」などと書きたて、経営者を褒めちぎる。


ところがブームが去ると急降下が待ち構えている。


リストラしたり、他社に吸収合併されリ、ひどい場合は廃業に追い込まれる。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


毎年、業績を少しずつ伸ばしていくことを意思決定してはどうか。


「人財が育ち、会社が少し伸びる」と言うビジネスモデルを繰り返していくのだ。


これを実践している会社が現に存在する。


その会社の会長は「年輪経営」と名付けているそうだ。


人財が育っていないのに会社だけ急成長すれば必ず無理が生じると言うことを心に刻んでおくとよい。


= コンピテンシー宣教師 =


==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング


[PR]
# by shimo3781 | 2017-09-25 11:05 | 経営 | Trackback