ブログトップ

「コンサルタントの視点」日記

shimo3781.exblog.jp

コンサルタントの視点でさまざまな出来事に感じたままをつづります!

「おかまいなしサービス」のホテルに泊まったら!




サービス業の生産性はきわめて低い。


従業員は一人三役。


そして徹底的に無駄なサービスはなくす。


そして生産性を4倍に高めた。


そのような温泉ホテルが結構繁盛する時代になってきた。


たとえば箱根の「一の湯」はそんな感じ。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


【本文】


■「おかまいなしサービス」のホテルに泊まったら!■


温泉ホテルのサービスの重厚さは何と言っても和倉温泉「加賀屋」だろう。


プロが選ぶホテル旅館百選で30年近くトップを独創してきた実績はすごい。


高級ホテルではリッツカールトン大阪が有名だ。


重厚なサービスを武器に集客し、最高のおもてなしを提供して高いお金をいただく。


お客は満足して「またきたい」と言って帰る。



しかしセルフサービスという温泉ホテルも現れ始めた。


チェックインのところでお客にカギを渡し、館内の地図を示して必要事項を丁寧に説明する。


お客は、荷物を自分で持ってエレベーターで部屋へ行く。


仲居さんの案内は一切ない。


部屋に入るとお決まりのお菓子がおいてあり、お茶は自分で入れるようになっている。


布団も自分で上げ下げすることになっている。



部屋がきれいで、食事が満足できれば、むしろ「おかまいなし」のほうが気楽でいいというお客も多い。



ホテルの従業員は必要最低限の人数で、一人三役は当たり前。


これで生産性は約4倍にアップしたという。



そういえば昨年の暮れ、小豆島で泊まったホテルは「おかまいなし」だったのを思い出す。



「おかまいなしコース」と「普通サービスコース」、「重厚サービスコース」があってお客に選択肢を与えるのもいい。


飛行機のようなシステムがこれからは受ける気がする。


        =コンピテンシー宣教師=


=====================

配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本。
著書「中堅・中小企業のためのコンピテンシー入門」


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」

メルマガ「『問題解決』メルマガセミナー

[PR]
by shimo3781 | 2009-02-28 17:36 | マーケティング | Trackback
トラックバックURL : http://shimo3781.exblog.jp/tb/10991308
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]