ブログトップ

「コンサルタントの視点」日記

shimo3781.exblog.jp

コンサルタントの視点でさまざまな出来事に感じたままをつづります!

パイオニアは商売が下手なのか!




技術力や商品開発力は大切だ。


だがせっかく技術力や商品開発力に長けていても商売が下手では経営は立ち行かない。


パイオニアはその典型ではないかと思う。


株主への配当も無配に転落。


株主に見放させる。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


【本文】


■パイオニアは商売が下手なのか!■


プラズマテレビを開発したのはパイオニアだった。


カーナビを開発したのもパイオニアだった。


しかし先行者利益を稼ぐこともできず、シェアトップになることもできないのはどうしたことか。


プラズマテレビは完全撤退を表明。


カーナビはコンペティターとの競争が益々激化。


パイオニアの置かれた経営環境は厳しさを増すばかりだ。


技術力はあっても商売が下手というのは昔からの伝統だった。


マーケティングを学び、しっかりした戦略の基に上手な商売をしなければ。


それともパナソニックの傘下に入って吸収されるほうが社員は幸せなのかもしれない。


        =コンピテンシー宣教師=


=====================

配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本。
著書「中堅・中小企業のためのコンピテンシー入門」


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」

メルマガ「『問題解決』メルマガセミナー

[PR]
by shimo3781 | 2009-03-12 18:19 | マーケティング | Trackback
トラックバックURL : http://shimo3781.exblog.jp/tb/11083226
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]