ブログトップ

「コンサルタントの視点」日記

shimo3781.exblog.jp

コンサルタントの視点でさまざまな出来事に感じたままをつづります!

激安なのに高利益率のサンドラックの仕掛け!




激安なのに業界No1の利益率を出しているドラッグストアがサンドラックだ。

確かに他店よりもすべてが安い。

赤字覚悟の商品と利益を稼ぐ商品がうまい具合に陳列されている。

「粗利ミックス」と覚えておこう。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


【本文】


■激安なのに高利益率のサンドラックの仕掛け!■


ウォルマートといえば世界一の小売業。

いや、すべての企業の中でも売り上げ、利益がNo1なのだ。

いろいろの仕掛けはあるが、その中の一つに「粗利ミックス」という手法がある。

ウォルマートの粗利ミックスは高額のブランド品を仕入原価と同じか時には原価割れの赤字で販売する。

顧客からすれば、ブランド品がこんなにも安いのだから他の商品もみんな安いと思ってしまう。


実は値段の安い商品ほど粗利を稼ぐように値付けしてあるのだ。


韓国やドイツではウォルマート流のやり方は成功せず撤退している。


日本の西友もあまりパッとしない。


ドラッグストアのサンドラックは、目玉商品に赤字覚悟の安い値付けをし、そのとなりに比較的安い類似商品を陳列する。


じつは安い類似品はかなり大きめの粗利を取っている。


高い商品で赤字覚悟の値付け商品はあまり売れずに、粗利を大きく取ってある安い商品が飛ぶように売れる。


全体では利益率が業界No1の6.5%も稼ぐことになる。


心理作戦もビジネスには有効だということだ。


          =コンピテンー宣教師=


=====================

配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本。
著書「中堅・中小企業のためのコンピテンシー入門」


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」

メルマガ「『問題解決』メルマガセミナー

[PR]
by shimo3781 | 2009-10-25 16:46 | マーケティング | Trackback
トラックバックURL : http://shimo3781.exblog.jp/tb/12736314
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]