ブログトップ

「コンサルタントの視点」日記

shimo3781.exblog.jp

コンサルタントの視点でさまざまな出来事に感じたままをつづります!

ビールの消費が右肩下がりのわけ!



日本酒は相変わらず苦戦。

そんな中、ビールが右肩下がりに陥っている。

若者はビールが苦手のようだ。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


【本文】


■ビールの消費が右肩下がりのわけ!■


キリンが年間出荷額で遂に首位に立つことが決定的になった。


何と9年ぶりである。


シェアは38%だ。


サントリーと経営統合すれば50%を超えてダントツ1位になる。


しかし、喜んでばかりいられない。


なぜなら、ビール飲料そのもの消費が右肩下がりだからだ。


その原因は若者がビールを好まないことにある。


苦くて旨いとは思わないという意見が多い。


逆に復権途上にあるのが安いウイスキーだ。


昔懐かしいハイボールが若者の舌にあうようだ。


少しずつだがウイスキーが伸びてくる気配だ。


ビールに話を戻せば、売れるのは安い第三のビール。


ビールはおじさんと老人の飲み物になりつつある。


           =コンピテンシー宣教師=


=====================

配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本。
著書「中堅・中小企業のためのコンピテンシー入門」


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」

メルマガ「『問題解決』メルマガセミナー


[PR]
by shimo3781 | 2009-12-11 18:13 | マーケティング | Trackback
トラックバックURL : http://shimo3781.exblog.jp/tb/13206948
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]