ブログトップ

「コンサルタントの視点」日記

shimo3781.exblog.jp

コンサルタントの視点でさまざまな出来事に感じたままをつづります!

3Dテレビは期待したほど売れないだろう!



3Dテレビがテレビの赤字を救ってくれるような記者会見だったパナソニック。

取らぬ狸の皮算用に終わる気がしてならない。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


【本文】


■3Dテレビは期待したほど売れないだろう!■


テレビの進化は著しい。


白黒テレビ。


カラーテレビ。


液晶薄型テレビとプラズマ薄型テレビの同時進行。


そして今度は3Dテレビの登場だそうだ。


3Dだから立体的に見えるテレビということだ。


しかし専用のメガネを必要とする。


いちいち専用メガネをかけたり外したり。


なんともわずらわしい。


パナソニックは手ごろな価格で4月に世界初投入すると発表した。


2012年までにテレビの8割が3Dテレビになるという。


しかし、本当にそうなるだろうか。


せいぜい10%程度に終わるのではないか。


あまり期待しすぎると落胆が大きくなる。


取らぬ狸の皮算用ということわざもあるから。


        =コンピテンシー宣教師=


=====================

配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本。
著書「中堅・中小企業のためのコンピテンシー入門」


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」

メルマガ「『問題解決』メルマガセミナー


[PR]
by shimo3781 | 2010-02-10 18:27 | マーケティング | Trackback
トラックバックURL : http://shimo3781.exblog.jp/tb/13701583
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]