ブログトップ

「コンサルタントの視点」日記

shimo3781.exblog.jp

コンサルタントの視点でさまざまな出来事に感じたままをつづります!

「プロが選ぶホテル・旅館・・・」は曲がり角!



プロが選ぶホテル・旅館百選に選ばれることは名誉なことだ。

しかし、今はプロの評価がよくとも顧客に選ばれないホテル・旅館が増えている。

曲がり角に来ているということだ。


プロと顧客のギャップを埋めなければ・・・。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


【本文】


■「プロが選ぶホテル・旅館・・・」は曲がり角!■


プロが選ぶ日本のホテル・旅館百選で30年間も総合一位の座を守っているのが和倉温泉の加賀屋だ。


審査項目は下記の四項目だ。


□ おもてなし部門


□ 料理部門


□ 施設部門


□ 企画部門


しかし、料金を評価する部門がないのが気になる。


おもてなしがよく、料理がよく、施設がよく、企画が優れていても料金が高ければ今は勝ち組にはなれない時代になっている。

金に糸目をつけない富裕層は高齢化で旅行客ではなくなってきていることも大きい。


富裕層が減少すれば中国や韓国などから富裕層の観光客を獲得しなければならない。


しかし、政府は観光立国を目指してはいるが、富裕層の観光客を獲得するのは簡単な話ではない。


そんな中、格安のホテル・旅館が次第に勢力を伸ばしてきている。


リーズナブルな価格、いやお徳感のある価格にするためには、おもてなしなるサービスを削ることも必要になるだろう。


さらに、従業員にも多能工になってもらい一人で二役、いや三役ぐらいをこなしてもらう必要がある。


たとえば「大江戸温泉物語」のビジネスモデルだ。


「プロが選ぶ・・・」だけでは顧客に受け入れられるわけではないことを肝に銘じる必要がある。


         =コンピテンシー宣教師=


=====================

配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本。
著書「中堅・中小企業のためのコンピテンシー入門」


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」

メルマガ「『問題解決』メルマガセミナー


[PR]
by shimo3781 | 2010-06-13 14:32 | マーケティング | Trackback
トラックバックURL : http://shimo3781.exblog.jp/tb/14578127
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]