ブログトップ

「コンサルタントの視点」日記

shimo3781.exblog.jp

コンサルタントの視点でさまざまな出来事に感じたままをつづります!

牛肉の評価の仕方に異変が起こりつつある。これからは赤身志向に!

c0074721_16135021.jpg





日本人はどういうわけか霜降りの肉を好んできた。


ところが、近年は赤身の肉に消費者の好みが移っているという。


===============================

【本文】


■ 牛肉の評価の仕方に異変が起こりつつある。これからは赤身志向に! ■


牛肉は5つのランクに分けられる。


A1~A5でA5が最も良いとされてきた。


同じ餌を食べさせて肥育してもA1からA5にばらつきがでる。


これまではA5ランクの霜降り肉が最高級とされてきた。


出荷前に、霜降り肉にするために、餌を変えたり、ビールを飲ませたりするそうだ。


しかし、近年、顧客は赤身志向に変わってきている。


ヘルシー志向もあるし、実際ステーキでも柔らかい赤身のほうがおいしいという人が多い。


肥育農家は、迷っているらしい。


でも思い切って赤身に舵を切る肥育農家も増えつつあるという。          


             = コンピテンシー宣教師 =


=====================

配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本。
著書「中堅・中小企業のためのコンピテンシー入門」


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」

メルマガ「『問題解決』メルマガセミナー


[PR]
by shimo3781 | 2014-06-28 16:15 | マーケティング | Trackback
トラックバックURL : http://shimo3781.exblog.jp/tb/22294241
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]