ブログトップ

「コンサルタントの視点」日記

shimo3781.exblog.jp

コンサルタントの視点でさまざまな出来事に感じたままをつづります!

少し尖ったブランドを確立することです!

c0074721_15264859.jpg




ブランドは商品そのものばかりではない。


例えばムダな包装はしない。


原色系は使わない。


宣伝に有名人は使わない。


価格は下げない・・・。


こうした「らしさ」の徹底が無印と言うブランドの価値だと松井忠三氏はおっしゃっている。

==================================


【本文】


■ 少し尖ったブランドを確立することです! ■


百貨店から贈答品を送るのは、例えば「三越」と言うブランド価値がものを言うからではないかと思う。


スーパーの贈答品売り場から送っても中身に遜色があるわけではない。


でも、受け取る側からすれば、同じ5千円の品物でもありがたさが違ってくるのだろう。


しかし、昨今の百貨店は食材の偽装問題があるように信頼感はなくなってきている。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


スーパー西友のお荷物部門だったのが「無印良品」だった。


その部門を独立させ、数年後にはかつて異端児社員だった松井忠三氏が社長に抜擢されて潮目が大きく変わった。


無印だが優良商品を扱い、熱烈なフアンを生み出すことに成功した。


日用雑貨、生活用品、家具、はては住宅まで商品郡を拡大し発展し続けている。


リーズナブルな価格設定で値引き厳禁なのも尖ったブランドを構築した成果である。


           = コンピテンシー宣教師 =


=====================

配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本。
著書「中堅・中小企業のためのコンピテンシー入門」


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」

メルマガ「『問題解決』メルマガセミナー



[PR]
by shimo3781 | 2015-02-28 15:28 | マーケティング | Trackback
トラックバックURL : http://shimo3781.exblog.jp/tb/23593156
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]