ブログトップ

「コンサルタントの視点」日記

shimo3781.exblog.jp

コンサルタントの視点でさまざまな出来事に感じたままをつづります!

競技場はほとんどが赤字運営。マツダスタジアムから学べ!

c0074721_14483442.jpg


東京五輪に向けて新国立競技場など箱モノが作られようとしているが、それら施設を五輪後どうするつもりなのだろうか。


下手をすると未来永劫赤字を垂れ流すことにもなりかねない。

========================

【本文】

■競技場はほとんどが赤字運営。マツダスタジアムから学べ!■


サッカー場は日韓Wカップの時にかなり建設された。


しかし、現在ほとんどが赤字運営だという。


長野オリンピックの時のMウエーブも年間の維持費が莫大で赤字だと聞いたことがある。


要するに箱モノはある意味罪悪なのである。


そこで政府は公立競技場に「稼ぐ力」を付けてもらうことを目的に商業施設を併設する場合、融資する仕組みを来年にも作ると発表した。

競技場を核にした複合施設の活用により、地域の活性化につなげたいと考えたわけだ。


所詮政府が考えること、成功するかどうかは未知数だ。


一つ参考になるのがマツダスタジアム広島市民球場だ。


観客席の中にバーベキューゾーンを設けたり、寝そべり観客席を設けて集客アップにつなげている。


球場の周囲には様々な飲食のテナントがあり、夏はお化け屋敷もあって子供たちに人気だ。


スポーツが開催されない日にも家族連れで楽しく遊べるテーマパーク的な施設にしておけば一年を通じて収入が見込める。


そのうえ、ショッピングモールやホテルを併設するのもいい。


都心も旧赤プリや星のやがオープンするがセレブの外国人観光客がターゲットだ。


日本の家族連れも忘れてはならないと思う。



= コンピテンシー宣教師 =



======================================

配信元は、

彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら

メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら

メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、こちら



[PR]
by shimo3781 | 2016-08-22 11:12 | マーケティング | Trackback
トラックバックURL : http://shimo3781.exblog.jp/tb/25916503
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]