ブログトップ

「コンサルタントの視点」日記

shimo3781.exblog.jp

コンサルタントの視点でさまざまな出来事に感じたままをつづります!

街の自転車屋が生き残れるわけは!

c0074721_15001316.jpg

商店街の自転車屋は潰れにくい。

自転車はほとんどの人がスーパーや大型専門店に行って購入するが、パンク貼りや修理・メンテナンスは街の自転車屋のほうが便利だ。

=======================

【本文】

■ 街の自転車屋が生き残れるわけは! ■

最近の自転車はかなり進化が著しい。

5段ギヤ仕様などは当たり前で、軽快な上乗り心地もいい。

スピードも出るから自転車による人身事故も増加の一途をたどっていて社会問題にもなっている。

自転車はほとんどの人がスーパーや郊外の大型専門店(DIY店)などで購入しているようだ。

だが、パンク貼りや修理・メンテナンスとなると街の自転車屋の方が便利だ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

シャッター街の中にどういうわけか自転車屋が生き残っているケースが多い。

パンク貼りは原価がほとんど掛からず手間賃だけで済むから利益率が高い。

一台千円で10台パンク貼りすれば1万円になり、その他の修理・メンテナンスもほとんどが手間賃だから儲かるわけだ。

時々は自転車やサイクリング・グッズも売れるから修理を通じての営業力は重要なのだ。

= コンピテンシー宣教師 =


======================================

配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら

メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら

メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




[PR]
by shimo3781 | 2017-05-10 10:47 | 経営 | Trackback
トラックバックURL : http://shimo3781.exblog.jp/tb/26646812
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]