ブログトップ

「コンサルタントの視点」日記

shimo3781.exblog.jp

コンサルタントの視点でさまざまな出来事に感じたままをつづります!

人員を非定員制にして見ませんか!

c0074721_15255770.jpg

会社の中には人的余剰の部署と人手不足の部署があるでしょう。

でも大概の会社では各部署とも人員は「定員制」を敷いていますね。

大胆なことを言うようですが、いっそ「非定員制」にして見ませんか。

========================

【本文】

■ 人員を非定員制にして見ませんか! ■

埼玉県K市の機械加工部品の製造業から相談を受け、伺った。

製造部門は二つの課に分かれており、それぞれに課長がいる。

A課は今とても忙しく、毎日残業し、それでも追いつけず休日出勤もしている。

一方、B課は仕事が薄く、人員は余剰気味で残業はほとんどしていない。

A課の課長は工場長や社長にB課から数名異動してほしいと頼んでいるが、B課の課長は頑として応じないで困っているのだと言う。

B課の課長にインタビューしてみたところ、もっともらしい理由を言ってくれた。

「一旦人を出してしまうとウチの課が忙しくなったとき人を戻してもらえないかもしれない。だから人は出せない」と言うのた。

私は、例えば誰が何のマシンをマスターしているかを主体に人財マップを作成し、できるだけ多能工を増やし、さらに各課の人員を非定員制にし、繁閑に応じて人員を自由に移動できる組織にすることを提言し、早速実行に移して頂いた。


= コンピテンシー宣教師 =


======================================

配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら

メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら

メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




[PR]
by shimo3781 | 2017-05-14 11:21 | 企業体質 | Trackback
トラックバックURL : http://shimo3781.exblog.jp/tb/26657113
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]