ブログトップ

「コンサルタントの視点」日記

shimo3781.exblog.jp

コンサルタントの視点でさまざまな出来事に感じたままをつづります!

運送ドライバー不足対策を目指し待遇改善の動き!

c0074721_14120477.jpg

国交省が重い腰を上げた。

運送ドライバーの待遇改善に向け、運送約款の改定に取り組み始めた。

荷主優位では、日本の物流が崩壊する危険性がある。

======================

【本文】

■ 運送ドライバー不足対策を目指し待遇改善の動き! ■

運送約款を改正する動きがでてきた。

宅配便業界だけでなくトラック運送業界でもドライバー不足は深刻になっている。

勤務体制が過酷な割には待遇が悪い。

その背景には荷主が強すぎるという問題がある。

例えばドライバーは荷物の積み下ろしをやってもその分は賃金に反映されていない。

荷主の都合で待機時間が生じてもその時間の分は賃金に反映されない。

特に積み下ろしは扱う荷物にもよるがかなりの重労働だ。

急がれるから疲れが取れないままハンドルを握る。

つい、居眠りをしてしまい、大事故にもつながりかねない。

ほとんどのトラック運送業は中小事業者のため、運送契約は荷主優位の傾向にある。

特に小泉政権下での規制緩和で中小の運送業者が増えすぎて過当競争に陥った。

運送ドライバーが十分生活していけるだけの待遇に改善する動きが出てきたのはいいことだ。


= コンピテンシー宣教師 =


======================================

配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら

メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら

メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




[PR]
by shimo3781 | 2017-05-20 11:12 | 政治 | Trackback
トラックバックURL : http://shimo3781.exblog.jp/tb/26672426
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]