ブログトップ

「コンサルタントの視点」日記

shimo3781.exblog.jp

コンサルタントの視点でさまざまな出来事に感じたままをつづります!

カテゴリ:マーケティング( 449 )

c0074721_15152792.jpg

「これでもか」と言わんばかりに四六時中テレビCMを流している会社があるが、法人税を払うくらいなら少しでも知名度を上げたいとでも考えているのだろうか。

テレビCMなど一切流さず、その分安く商品やサービスを提供している会社もあって好感が持てる。

======================

【本文】

■ テレビCMはどれほど効果があるのでしょうか! ■

テレビCMのストーリーを次々変える。

広告会社と出演タレントはぼろもうけだから、さぞ笑いが止まらないことだろう。

だが、どれほど売上・利益に貢献しているのだろうか。

法人税を払うくらいなら少しでも会社の知名度を上げ、ブランド力を高めたいと考えているのだろうか。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

一方、抜群の業績を誇っているのに一切テレビCMを打っていない会社もある。

このような会社は広告宣伝費の分、商品やサービスを安くお客様に提供している。

真新しいニュースがあるとマスコミが取り上げるから、たちどころにネットで拡散する。

パブリシティ効果と言うやつだ。

ニュース性の高い活動をしていれば、マスコミが勝手に取材に来てくれて、その効果はテレビCMの比ではない。


= コンピテンシー宣教師 =


======================================

配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら

メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら

メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




[PR]
by shimo3781 | 2017-05-19 11:18 | マーケティング | Trackback
c0074721_14565410.jpg

商品力で驚くほどの差別化を図ることはかなり難しい。

商品以外の要素で差別化を図ることを考える必要がある。

みんなで話し合い、「心理的満足感」を提供できるようにすることが大事だと思う。

======================

【本文】

■ 今の時代は心理的満足感を提供すべき時代です! ■

ほとんど全ての商品が普及してしまい、買換え需要だけの時代になってしまった。

そんな中、例えば掃除機ではダイソンのサイクロン式掃除機が一世を風靡している。

ダイキン工業の加湿機能付きエアコンも人気だ。

両商品とも競合他社製品に対してかなりインパクトのある差別化を実現しているが、商品力で差別化を図るのはそう簡単な話しではない。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

多くの家電メーカーはアフターメンテナンス体制がおそまつで、お客様はかなりの不満を抱いているからここで差別化を図る手はある。

即日、あるいは翌日修理サービスを実行できる体制を構築するのも有効だし、それが無理なら代替機を貸し出せる体制を構築するのもいい。

故障はやむを得ないが、ダウンタイムを極小にすることで心理的満足を提供できるから買い替え時も引き続き当社製品をお買い頂ける可能性が高まるわけだ。

= コンピテンシー宣教師 =


======================================

配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら

メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら

メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




[PR]
by shimo3781 | 2017-05-18 11:11 | マーケティング | Trackback
c0074721_14102353.jpg

痴漢が線路の上を逃げる、逃げる。

まだ一人しか捕まっていないのは残念。

もし通勤、帰宅電車が全席指定になれば痴漢は激減するだろう。

=======================

【本文】

■ 痴漢防止にもなる全席指定の通勤ライナーに注目! ■

朝夕の満員電車による通勤、帰宅は永遠の課題なのか。

いや、いや、座って通勤や帰宅ができる通勤ライナーに注目が集まっている。

3月27日から西武鉄道と東京メトロが座席指定列車「S-TRAIN」を所沢ー豊洲間に運行を開始した。

4月21日に行われた東武鉄道のダイヤ改正では新型特急「リバティ」の運航開始とともに特急の全席指定通勤ライナーが登場した。

大阪圏でも8月から京阪電鉄で座席指定車両「プレミアムカー」を導入する予定だという。

これらの列車は痴漢防止にもなる。

だが、全ての電車を座席指定にするわけにもいかないから痴漢はなくなりそうもない。

= コンピテンシー宣教師 =


======================================

配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら

メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら

メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




[PR]
by shimo3781 | 2017-05-09 04:50 | マーケティング | Trackback
c0074721_15223848.jpg

飲み食いに誘われても会費がもったいなくて参加しない人は多い。

同じ仕事をしていても正社員と派遣などでは手取りが違いすぎる。

========================

【本文】

■ 宴会の食べ残しをゼロにしたら2000円会費で十分! ■

お花見真っ盛りで桜の下で宴が繰り広げられている。

間もなく新入社員の歓迎会や転勤族の歓送迎会が開催される。

さらには女性だけで楽し女子会とやらもある。

ところが宴会後の食べ残しのなんと多いことか。

食べ残しゼロを啓発する運動が自治体全国ネットで繰り広げられているそうだ。

とても好感が持てる。

最初の30分と最後の10分間は自分の席について、せっせと食べることに専念してほしいというもの。

食べ残しが発生する原因の一つが、好き嫌いの激しさ。

次に話に夢中になりすぎて食べないなどが考えられる。

あらかじめ、好き嫌いを調べておいて、料理を選択できるようにすることも必要ではないか。

最初の30分と最後の10分で食べることに精を出せば、食べ残しは激減できる。

その結果、宴会は2000円会費で十分ではないか。

飲食店の儲けが出ないとか、食材の消費が減って第一次産業の人たちが困るという意見もあろうが、薄給の人たちも参加できるようになるというメリットもある。

= コンピテンシー宣教師 =

======================================

配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら

メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら

メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




[PR]
by shimo3781 | 2017-04-06 11:11 | マーケティング | Trackback
c0074721_14465898.jpg



「顧客管理」と言うキーワードがある。

モノを買ってくれたお客様を顧客リストに載せ
て、次も買ってもらえるように管理していこうと言うことらしい。

でも、大勢のリピータ
ーに支えられている会社では顧客と言わずに「パートナー」と呼んでいる。

=====================================================

【本文】

■ お客様をパートナーと位置付けている会社! ■

「顧客管理」。

お客様の側に立てば、「自分は管理されているのか」と嫌な感じになる。

何度もダイレクトメールが届く。

また「買ってくれ」と催促されている。

人間と言うものは、「買え」と言う態度を取られると妙に買いたくなくなるものだ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

一方、「顧客」ではなく「パートナー」と位置付けている会社もある。

季節のお便りを差し上げる。

「パートナー様のためにサロンを開放致しておりますので、どうぞお立ち寄りください」などとメッセージするのだ。

その方が「モノを買え」とは一言も書いてないのに、熱烈なリピーターになってもらえる。

=コンピテンシー宣教師=

* お客様をパートナーと位置付けている経営者は、
            コンピテンシーを磨いています。 *

======================================

配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら

メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら

メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




[PR]
by shimo3781 | 2017-03-12 11:20 | マーケティング | Trackback
c0074721_15190218.jpg


老舗の三越伊勢丹と言えども魅力がなければお客様はいかない。

社長が代わればお客様が来てくれる?

そんな単純な問題ではないと思うな。

========================

【本文】

■ 衣料品等消費不振、三越伊勢丹業績不振で社長交代! ■

百貨店業界も経営不振が常態化しているようだ。

老舗の三越伊勢丹HDの社長が交代することになった。

大西氏から杉江氏に代わる人事を発表した。

社長の首を挿げ替えて業績が回復するか、見ものだ。

衣食住は人間が生きていくにあたって最も基本的な要素である。

「住」も足りすぎて空き家が増え続けているのに次々マンションが建つ。

「食」は多様化してコンビニにお客を奪われて、一部の居酒屋を除いては閑古鳥だ。

ファミレスも24時間営業を廃止する動きが活発だ。

「衣」は裸で過ごすわけにはいかないから誰もが季節のものを着て、ファッションも楽しんでいる。

若者向けのハニーズや中年向けのしまら、おばあちゃんの巣鴨などは活況を呈している。

三越伊勢丹ほどの老舗なのに、マーケティング活動が不足しているか的外れの活動をしているのではないだろうか。

要らない商品を陳列していてもお客様は飛びつかないもの。


= コンピテンシー宣教師 =


======================================

配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら

メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら

メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




[PR]
by shimo3781 | 2017-03-08 11:12 | マーケティング | Trackback

c0074721_15262166.jpg

大手総合スーパーの不振が伝えられている。

現に過疎化の進む地域ではスーパーが次々閉鎖されている。

一方、中小のスーパーは元気なところが多い。

品揃えからしてよく吟味されている。

繁盛するには品揃えにコツがあるようだ。

========================

【本文】

■ 繁盛を呼び込む品揃えのコツ! ■

2週間に一回の割で近所のイオンに家内のお供で買い物に行くのだが、いつ行ってもあまり変わり映えがしない。

土日・休日ならそこそこ混みあうが平日は閑散としている。

思わず食べてみたくなるような商品が目に飛び込んでこない。

非効率と言われそうだが、標準化の逆をいくのもいいのではないかと思う。

例えば、北野エースと言うユニークなスーパーでは、バイヤーに「自分が食べてみて美味しいものを仕入れなさい。まずいものは絶対に仕入れるな」と指示していると聞く。

そのように指示されたバイヤーは全国の農家や漁港を回り、実際に食べてみて評価する。

地方のスーパーに入っては店員に売れ筋商品を尋ね、それらを実際購入して食べてみる。

店舗によって客層が異なるからお客様に合わせて品揃えすることにもこだわる。

繁盛を呼び込む品揃えは、中小スーパーの方が得意のようだ。

= コンピテンシー宣教師 =



======================================

配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら

メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら

メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら







[PR]
by shimo3781 | 2017-02-17 11:19 | マーケティング | Trackback

c0074721_16312205.jpg

スターバックスになぜお客様が殺到するのか。

集客がうまく行っていないお店はぜひ参考にすべきだ。 

========================

【本文】

■絶好調スタバはコーヒー、サービス、空間でお客を惹き付ける!■

コンビニのコーヒーもまあまあ美味しい。

だが、スターバックスのコーヒーははるかに美味しい。

コーヒーの入れ方などは繊細なマニュアルに基づいている。

味にばらつきがあってはならないからだ。

サービスはアルバイトを含むスタッフの自主性に任せている。

自分がされたらうれしいと思うサービスをしなさいとだけ伝えてあるらしい。

スマイルと楽しい会話が弾む。

あのスタッフ、今日もいるかな。

お客様はそんな思いでやってくる。

長居は結構だ。

子連れも結構だ。

趣味の会でも女子会でも好きなようにやってほしい。

こちらは、地域密着だから。

1500店舗もあるのに建物や内装、レイアウトはすべて異なり、みんな個性がある。

つまり心地良い空間が売りなのだ。

癒される。

まだ出店していない地域や街ではスタバが待ち遠しい。


= コンピテンシー宣教師 =



======================================

配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら

メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら

メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




[PR]
by shimo3781 | 2017-02-03 11:18 | マーケティング | Trackback
c0074721_15392709.jpg

【マーケティング】

価格競争に果敢に挑戦して勝ち抜きますか? 

富裕層を狙って高く売りつけ、利益を上げますか? 

それとも新しい顧客価値を提供して有利にビジネスを展開しますか? 

========================

【本文】

■どのようにして顧客を創造しますか!■

「経営とは顧客の創造である」と説いた経営学者がいる。

全く同感だ。

低価格競争の中で熾烈な戦いを繰り広げている経営者がいる。

体力勝負だから先に疲れたほうが負けだ。

富裕層のお客様をターゲットにして高く売りつけ、利益を上げている経営者もいる。

だが日本には富裕層は減少の一途をたどっていて、何か悪いことでもしないと富裕層にはなれない時代になりつつある。

新しい顧客価値を創造して提供し、お客様を惹き付けることに挑戦している経営者もいて好感が持てる。

新しい顧客価値と言っても切り口はさまざまだ。

これからは益々人の心を癒す価値や驚きと感動と言ったソフトな価値が求められるだろう。

「勝ち組み」は、「価値組み」と同義語になるに違いない。


= コンピテンシー宣教師 =



======================================

配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら

メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら

メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




[PR]
by shimo3781 | 2017-02-01 11:25 | マーケティング | Trackback

c0074721_14505075.jpg

売上・利益を上げたいのは、どこの会社の営業マンも同じことだと思う。


でも実績を上げている営業マンは本当に真剣に営業活動をしているし、徹底してやっている。

========================

【本文】

■できる営業マンはステージセットを確保する!■

営業マンの職場を想像してみよう。

営業課長や営業部長が怖い表情で朝の訓示をぶち上げる。

次に営業マンに「カツ」を入れる。

「デスクワークやっていても注文は取れんぞ。出撃、出撃」と早く出かけるように促す。

顧客先を早々に訪問しても顧客先も迷惑するかもしれないと考えてしまう。

飛び出した営業マンは喫茶店に駆け込み、コーヒーを飲みながらスポーツ新聞を読み漁る。

だが、センサーとその周辺機器を販売しているK社の場合は様子が違う。

顧客先企業が抱えている課題や問題点をいろいろなネットワークを使って把握し、解決に向けたプレゼン資料を作成してアポ取り作戦を展開する。

アポを取って訪問するから空振りはなく、顧客先は応接室を確保して待っていてくれる。

実績を挙げる営業マンは真剣かつ徹底して「ステージセット(商談の舞台)」を確保するから目標が達成できるのである。

  = コンピテンシー宣教師 =


======================================

        配信元は、

彩愛コンサルピア

コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら

メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら

メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、こちら




[PR]
by shimo3781 | 2016-12-05 11:12 | マーケティング | Trackback