ブログトップ

「コンサルタントの視点」日記

shimo3781.exblog.jp

コンサルタントの視点でさまざまな出来事に感じたままをつづります!

カテゴリ:品質問題( 43 )


c0074721_15191027.jpg

かつて波動水というのが流行ったときがあった。

いろいろな持病に効果があるという触れ込みだったが、詐欺同然だった。

恥ずかしい話だが、自分も騙された一人だった。

    ========================

【本文】

■ 水素水、眉唾物だと思っていたがやっぱりただの水! ■

水素水は「やっぱりただの水」という国民生活センターの調査結果が公表された。

 国民生活センターが、健康にいいなどとして販売されている「水素水」と水素水生成器の事業者に対し、水素水を飲むことで期待できる効果を回答してもらったところ、最も多い回答は「水分補給」だった。

 また、容器入り水素水10銘柄と生成器9機種を調べ、水素が検出されない銘柄や、表示されている水素濃度より低いものが生成される機種があった。


そしてセンターは、販売されているものの広告の中に医薬品医療機器等法や健康増進法に抵触するものがあるとして、行政に対し表示の改善を指導するよう要望した。


水中に水素ガスを注入しても抜けやすい。

放置しておくだけで水素がゼロになる恐れもある。

最も悪質なメーカーは水素濃度を測定する手段を持たないメーカーもあったという。

アンチエイジング効果や健康増進効果は期待しないことだ。

高くつくけど、ただの水と思って水分を補給に活用してください。

= コンピテンシー宣教師 =


======================================

        配信元は、

彩愛コンサルピア

コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら

メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら

メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、こちら




[PR]
by shimo3781 | 2016-12-21 11:17 | 品質問題 | Trackback
c0074721_15210618.jpg

牛丼業界でさえ、まずければお客は寄り付かない。

早い、安い、まずいではお客が離反してしまうのだ。

    ========================

【本文】

■ かっぱ寿司、業界一人負けの原因は旨くないから! ■

かっぱ寿司は2013年
3月期から2015年3月期と3期連続赤字を計上した。

1皿100円を中心とした低価格の寿司を提供して2011年にスシローに抜かれるまで回転寿司業界の売り上げトップを維持していた。

今やスシローやくら寿司に遠く及ばない。

昔は回転ずしと言えば安かろう、悪かろうでもお客を呼ぶことができた。

お客の口が肥えるとともに、旨さで勝負する寿司店が業績を伸ばしている。

調子丸、すしざんまい、板前ずしなどが該当するだろう。

スシローやくら寿司も特徴があり、お客を惹き付けるだけあっていいネタを使っているから原材料率が40%を超えているようだ。

それに引き換え、かっぱ寿司のそれは相変わらず30%そこそこだから、はっきり言って旨くないわけだ。

お客は正直だということを改めて認識させられる。


= コンピテンシー宣教師 =

======================================

        配信元は、

彩愛コンサルピア

コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら

メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら

メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、こちら




[PR]
by shimo3781 | 2016-12-14 19:57 | 品質問題 | Trackback
c0074721_13430545.jpg

ゴキブリ混入問題の時、ペヤングソース焼きそばの対応はとても好感が持てた。

だから生産・販売を再開したとき、消費者に暖かく迎えられたのだった。

========================

【本文】

■ 食品工場はゴキブリの巣、今度ははごろもツナ缶で! ■

はごろもフーズのツナ缶にゴキブリが混入されていた。

記憶に新しいのがペヤングソース焼きそばのゴキブリ混入問題で、半年以上も生産を中止した。

食品工場ははっきり言ってゴキブリの巣になっている。

今回の事案ははごろもフーズの下請け工場で生産されたもの。

おそらく工場は汚くて不衛生であることは間違いないだろう。

はごろもとして定期的に工場監査を行い、衛生管理や品質管理を指導しているのだろうか。

HPにお詫びの文言をアップしただけで済まそうとしている。

当該下請け工場で生産した商品はすべて回収すべきだろうに。

しかし、いつまでさかのぼるべきか、特定が無難しい。

今度の事案のツナ缶は2年も前に生産されてものだから。



= コンピテンシー宣教師 =

======================================

        配信元は、

彩愛コンサルピア

コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら

メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら

メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、こちら




[PR]
by shimo3781 | 2016-10-29 11:21 | 品質問題 | Trackback
c0074721_15275786.jpg

火を噴くスマホ。

今やサムスン電子の代名詞になってしまった。


========================

【本文】

■サムスンの火を噴くスマホ。日本でも火を噴く家電がありました!■

韓国サムスン電子製のスマートフォン「ギャラクシーノート7」の生産と販売が中止された。

対策品と称する商品も火を噴いたというから万事休すだ。

直接的な損失だけでも2800億円らしい。

それよりも何よりも信用失墜の方が深刻だ。

他の商品の売れ行きにも波及する。

家電品やパソコンが火を噴く事故は日本のメーカーでもたびたび発生させてきた。

古くは三洋のカドニカ電気カミソリ。

「留守中や就寝中に充電します」が売りだった。

ところが充電中に火を噴き、カーテンに燃え移る。

日立のポンパというテレビも火を噴いて火災が発生し、大変な騒ぎになった。

回転式チャンネルに塗布してある接点グリスに埃がたまると化学反応で燃えやすい物質が生成され、チャンネルを回した時の火花が引火するものだった。

発火事故は火災となり、そして死亡事故に発展する。

下手すると倒産だってあり得る。

品質管理・信頼性管理へのコストをケチってはならない。

=コンピテンシー宣教師=



======================================

        配信元は、

彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら

メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら

メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、こちら


[PR]
by shimo3781 | 2016-10-13 11:09 | 品質問題 | Trackback
c0074721_15125558.jpg



生育遅れで高騰。


生育しすぎて廃棄。


農家泣かせの天候が恨めしい。


========================

【本文】


■ 生育しすぎで大根暴落、農家自主廃棄。兵庫県たつの市! ■


農業は天候に左右される。


大根が生育しすぎで規格外の大きさに成長。


これでは商品にならず、兵庫県たつの市の農家では自主廃棄するところも現れた。


11月は記録的な温かさと平年を上回る降水量。


大根は急激に肥大してしまった。


市場には大根があふれて価格は暴落。


その他の野菜も同様に暴落している。


まさに農家泣かせ。


1ケース10本入りで市場価格は1200円前後のものが600円以下に。


これでは採算が合わない。


たくあんなどの加工食品にする案もあるが、今度は漬物が暴落してしまう恐れがある。


高血圧対策でただでさえ塩分控えめの時代にたくあんなどの漬物が爆売れするとは思えない。


夏場は暑すぎて野菜が育たず高騰したのに、冬場は成長しすぎて廃棄とは。


天候を恨んでもみてもどうにもならないが、でも悔しい。


           = コンピテンシー宣教師 =

=======================================

配信元は、彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら

メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、こちら



[PR]
by shimo3781 | 2015-12-07 15:19 | 品質問題 | Trackback
c0074721_15324356.jpg



顧客の安全確保。


顧客の信頼確保。


掛け声だけで対策が見えないタカタは退場を迫られた。

==========================================

【本文】


■ 仏の顔も三度まで、タカタを切ると決めた自動車大手! ■


エアバックのタカタが際限なきリコール地獄に陥っている。


原因が分からないのか。


一向に恒久対策が進まない。


我が家のフィットもリコール対象なのに部品待ちで未だに交換できていない。


これまで日本の自動車メーカーは我慢に我慢を重ねてきた。


一斉にタカタを切れば倒産してしまうからだろう。


その親心にタカタは答えていない。


自動車大手はついに業を煮やした。


ホンダが新機種にはタカタ製は使わないと発表したとたん、我も我もと手を挙げた。


いよいよタカタは倒産するだろう。


品質管理のプロがいなかったのだろうか。


原因があるから事故が起きるのだ。


真因を掴めなければ恒久対策などできる我がないだろうに。


        =コンピテンシー宣教師=

=======================================

配信元は、彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら

メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、こちら



[PR]
by shimo3781 | 2015-11-06 15:34 | 品質問題 | Trackback
c0074721_1532456.jpg



堀場製作所といえば日本が誇るベンチャー企業の雄だった。


VWの不正を見抜いたのは堀場製作所の小型測定器だったというからすごい。

====================================


■ VW排ガス不正を見抜いたのは堀場製作所の小型測定器でした! ■ 


ドイツフォルクスワーゲン(以下VW)のディーゼルエンジンの排ガス規制逃れで不正を見つけることに貢献したのは、堀場製作所の小型測定器だった。


日本時間の9月19日未明に堀場製作所の自動車計測事業戦略室の中村博司室長(42歳)のもとに、米ミシガン州拠点のスタッフから一報を告げる電話連絡が入った。


調査を担当したウェストバージニア大学やカリフォルニア大気資源局は堀場製作所の顧客だ。


世間が大型連休に入る時期にもかかわらず、中村氏は情報収集に追われた。


世界最大の自動車メーカーVWは何を血迷ったのだろうか。


宿敵トヨタに何が何でも勝ちたかったのだろうか。


事の発覚から約2週間が過ぎた。


VW株は3割以上も下落、時価総額で3兆円超が吹き飛んだ。


各国が規制強化や検査体制見直しを検討し始めるなど、世界の自動車業界と各国政府を巻き込む騒動となった。


堀場製作所の製品はその引き金を引いた形になった。


いくら規制を設けても正しく測定できる測定器がなければ見過ごされる。


堀場製作所の小型測定器はおそらく飛ぶように売れるに違いない。


話は変わるが東芝の臨時株主総会では罵声が飛び交ったそうだ。


大企業がコンプライアンスを声高に叫びながら遵守しないのは、落語のネタにもなるまいに・・・。


          = コンピテンシー宣教師 =

=======================================

配信元は、彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら

メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、こちら



[PR]
by shimo3781 | 2015-10-02 15:39 | 品質問題 | Trackback
c0074721_15394258.jpg




食べ物屋のオープンキッチン化は日本では昔から取り入れられている。


お客の目の前で調理すれば、衛生管理に気を使うだろう。


だが、マグドナルドの場合は食材の加工段階が最も怪しい。

================================

【本文】


■ マック、オープンキッチン化で信頼回復を狙う。食材仕入れ先が問題なのに! ■


日本マグドナルドの業績低迷に歯止めがかからない。


何も日本だけではない。


アメリカでも業績が低迷している。


埼玉県と大阪府のそれぞれ一店舗でオープンキッチン化を導入すると発表した。


オープンキッチンの代表例は寿司屋だ。


冷蔵ケースからネタを取り出してカットし、お客の目の前で握って出す。


ラーメン屋もほとんどがオープンキッチンだ。


不衛生なことをやればお客に丸見えだから料理人は気を使うだろう。


マグドナルドの場合は、いくら店舗をオープンキッチンにしても食材工場が不衛生極まりない状態では、お客の信頼回復とはならない。


例えば同業のモスバーガーでは、店舗でゼロから加工してお客に提供する。


マグドナルドはもっと現状を直視した対策を考えるべきではないのか。


店舗のオープンキッチン化の前の段階の衛生管理が問題なのだから。


           = コンピテンシー宣教師 =

==========================

配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本。
著書「中堅・中小企業のためのコンピテンシー入門」


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」

メルマガ「『問題解決』メルマガセミナー



[PR]
by shimo3781 | 2015-07-16 15:41 | 品質問題 | Trackback
c0074721_1534318.jpg




数年前に尖閣問題で反日運動が繰り返された。


日本製の不買運動で中国製の家電品を買った記者が嘆きの手記を発表した。

====================================

【本文】


■ 中国製家電の品質の悪さを中国記者が手記掲載。日本製不買のツケか! ■


ある中国メディアの記者が手記として中国製家電品の品質の悪さを発表している。


その記者は4年前に購入した圧力釜と2年前に購入した電気ケトル、1年前に購入した豆乳メーカーがそろって故障したと伝え、故障した家電はいずれも中国製だったことを紹介している。


なぜ中国製はこうも品質が悪いのかと不満をぶちまけている。


記事では修理に出したところ合計で680元(約1万3250円)も必要といわれ、すべて捨てて外国メーカーの製品に買い替えたと紹介している。


さらにこの記者は、自分の友人が日本を訪れて電気炊飯器を購入したと伝え、このように日本で家電品を買う中国人が多いことにも言及している。


中国では日本製の家電品を買い揃えることがステイタスになっているわけだ。


でも、戦後間もないころの日本製の製品は家電品に限らず粗悪品ばかりで、マッカーサーがデミング氏やシュハート氏など品質管理のプロを呼んで、日本企業を教育した経緯がある。


今回、手記を発表した記者はちょうど反日のデモのさなか、日本製不買運動で中国製を買うことにした。


そのツケではないかと思う。


           = コンピテンシー宣教師 =

=====================

配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本。
著書「中堅・中小企業のためのコンピテンシー入門」


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」

メルマガ「『問題解決』メルマガセミナー



[PR]
by shimo3781 | 2015-05-24 15:41 | 品質問題 | Trackback
c0074721_15432329.jpg




ガス漏れ事故が時々起る。


東京ガスのライトバンが救急サイレンを鳴らして現場に急行する。


老朽ガス管が8万本もあるそうだ。

====================================

【本文】


■ 私有地に老朽ガス管が8万本もあるけど費用負担が壁! ■


昔のガス管は鋼鉄製だった。


寿命は約20年。


1996年以降、ポリエチレン製に切り替わった。


道路側は東京ガスが費用負担することになっているが、私有地は個人の負担だ。


商業ビルやマンション、アパートは私有地。


ところが費用負担の壁があり、すぐに工事というわけにはいかない。


結局、放置されることになる。


ガス漏れ事故が発生すればやむを得ず交換するのだろうが、積極的には交換しにくい。


一軒家を除く私有地で交換を要する旧ガス管は8万本もあるという。


税金投入というわけにはいかないから頭の痛い問題だ。


           = コンピテンシー宣教師 =

=====================

配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本。
著書「中堅・中小企業のためのコンピテンシー入門」


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」

メルマガ「『問題解決』メルマガセミナー



[PR]
by shimo3781 | 2015-05-06 15:44 | 品質問題 | Trackback