ブログトップ

「コンサルタントの視点」日記

shimo3781.exblog.jp

コンサルタントの視点でさまざまな出来事に感じたままをつづります!

カテゴリ:ビジネス( 256 )

c0074721_14061176.jpg


ラブホテルのお部屋の稼働率は平均すると40%前後らしい。

だからあまり儲からない。

そこで改築して外国人旅行者向けのホテルに衣替えしたところ稼働率は90%以上となり笑いが止まらないそうだ。

英語や中国語を話せるスタッフを雇っても余りある儲けだ。

======================

【本文】

■ 改築して外国人旅行者に開放するラブホが増加中! ■

ラブホテルは昔ほどうまみのあるビジネスではなくなっているようだ。

昔は、幹線道路沿いにはモーテルが軒を並べていた。

都市部のラブホテル街もなまめかしいネオンに中に輝いていたものだ。

場所にもよるだろうが、お部屋の平均稼働率は50%を下回ると聞いてびっくりした。

このままでは廃業するところも増えるだろう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

そこで賢い経営者は外国人観光客ブームに目をつけた。

一般のホテルに改築しても設備はそのまま使えるから費用はそれほど掛からない。

蓋を開けたところ外国人観光客がどっと押し寄せ、笑いが止まらないという。

民宿問題がもたついている中、改築したホテルは、部屋の稼働率も平均90%で今のところ順調だという。

= コンピテンシー宣教師 =


==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




[PR]
by shimo3781 | 2017-08-07 07:05 | ビジネス | Trackback

c0074721_14444795.jpg

お客様とよい関係を作り、それを維持することは重要だ。

そんなことは誰もが分かっている。

だが、社員同士がいい関係でなければお客様といい関係を維持できないでしょう。

======================

【本文】

■ お客様とよい関係を維持するには! ■

CS(Customer Satisfaction:顧客満足)の大切さは誰もがわかっているでしょう。

だが、多くの会社ではCSが最高レベルに達し、それが維持されているとは限らない。

CS向上のカギを握っているのは第一線で接客している社員やパート・アルバイトだ。

社員やパート・アルバイトはお互いがよい関係で結ばれているだろうか。

全員のモチベーションは高いレベルに維持されているだろうか。

上司や幹部は「接客の真実の瞬間」を見ているわけではないから、実体は分かっていない。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

お客様は雰囲気で社員同士の関係が良好かどうかを感じ取ってしまう。

この社員から買うべきかどうかを瞬時に判断してしまう。

経営者は、社員やパート・アルバイトがどんな気持ちで働いているかに気配りして、待遇を改善すればきっと営業力・販売力は向上する。

=コンピテンシー宣教師=



==========================================


配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら

メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら

メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




[PR]
by shimo3781 | 2017-07-16 11:14 | ビジネス | Trackback
c0074721_15060245.jpg



トヨタ東京カローラにY氏と言う伝説のセールスマンがいたが今も頑張っているだろうか。


カローラを15年で300台以上も売ったが、たくさんの断りを受けたそうだ。


彼の経験では「お客様は買ってくださいと言う言葉や態度が嫌いで自分の意思で買いたい」らしい。



=======================


【本文】


■ お客様はさも買えと言う態度が嫌いなのです! ■


「お客様、このチャンスを逃すのはもったいないですよ」などと判を押すように迫る。


かえってお客様は不信感が募る。


お客様は「買ってください」と言う言葉や態度が嫌いなのだ。


昔の押し売りの現代版のような営業マンは警戒されて嫌われることにもなりかねない。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


トップセールスともなるとこれまでに受けた断りの数、回数は半端ではない。


だが断られるのは覚悟の上だし、むしろトップセールスの勲章と割り切ることだ。


お勧めする商品のよさを信じて言葉丁寧に説明する。


同時に欠点があるなら包み隠さず説明するほうがいい。


お客様の心が動きかけても焦らずじっと待てば、お客様は自分の意思で購入を決めてくれるものだ。



= コンピテンシー宣教師 =


==========================================


配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら

メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら

メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら



[PR]
by shimo3781 | 2017-06-09 10:56 | ビジネス | Trackback
c0074721_14074504.jpg


「野良犬営業」を展開してお荷物事業部だったロボット事業部を主力事業に育てた男がいた。

Y電機ロボット事業部のT氏だった。

後にT氏はY電機の社長に上りつめ、産業用ロボット分野のシェア世界一位になったりもした。

======================

【本文】

■ 是非野良犬営業を経験してみませんか! ■

Y電機のロボット事業部の社員たちは肩身が狭かった。

赤字ばかりのお荷物部門だから「お前たちはエレベーターなんか使うな。

階段を使え」とさげすまされ、泣く泣く階段を使っていた。

そこへT氏が事業部長として異動してきた。

T氏は「バカにされてもいい。お客様のほしいものを御用聞きのつもりで聞いて来い。それをみんなで作ろう」と営業マンたちを鼓舞した。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

用がなくともH社の工場に刺さり、設計、生産技術、製造現場を巡回しては「何でもやります」と声をかけて回る日々を過ごした。

「犬も歩けば棒に当たる」と言うが、正に「野良犬営業」だった。

「ちょうどよかった。こんなロボットできない?」と声が掛かると社に帰って設計部門と協議し、企画書に図面や仕様書を添付して提出し、次々溶接ロボットや組立ロボットの受注獲得に成功した。

野良犬営業は効果抜群だった。

   = コンピテンシー宣教師 =


======================================

配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら

メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら

メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




[PR]
by shimo3781 | 2017-06-05 07:04 | ビジネス | Trackback
c0074721_14291400.jpg
歳を取れば取るほどいいアイディアは出にくくなるものだ。

若い人のほうがいろいろユニークなアイディアを持っている。

だが、管理職が部下たちのせっかくのアイディアを摘み取ってしまっている場合がある。

もったいない話だ。

========================

【本文】

■部下のアイディアを有効に生かすことです!■

管理職は年齢を重ねていくうちに頭がさび付いていいアイディアが出にくくなる。

想像力が弱くなると当然創造力が弱ってしまうものだ。

だからこそ部下にアイディアを出してもらい、それを有効に生かすほうが賢いわけだ。

部下にアイディアを出してもらうのではなく、逆に摘み取ってしまうようなまずいマネジメントをしてしまう管理職もいる。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

会社では解決しなければならない問題が山積している。

それらの問題を一つひとつ解決していかなければならない。

自由な発想でたくさんのアイディアを集める手法が「ブレーンストーミング法」である。

司会者と書記を決め、他人の意見を批判してはならないと宣言してほしい。

よいアイディアが必要なときは「ブレーンストーミング法」を思い出してほしい。


= コンピテンシー宣教師 =



======================================

配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら

メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら

メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




[PR]
by shimo3781 | 2017-04-24 07:05 | ビジネス | Trackback
c0074721_16205724.jpg

水商売の世界では指名客を多く持つホステスが一番偉い。

なぜならお店の売り上げにもっとも貢献するからだ。

優秀な営業マンは「次もあの人から買おう」と指名してくれるお客様を抱えているものだ。

ここは人間力の勝負だ。

======================

【本文】

■営業マンの優劣は人間力の勝負です!■

お客様は一回だけなら騙されてくれるかも知れないが、二度目以降は簡単には落ちてくれないものだ。

指名本数の多いホステスが必ずしもナンバーワン美人とは限らない。

愛嬌があり、親密感があってお客様の心を癒してくれるホステスが人気だ。

特定のお客様のヒモになったりせず、どんなお客様にもフランクに対応している。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

次もあの人から買おうと思ってもらえる営業マンも同じことが言える。

礼儀正しく、どんな要求にも誠実に対応してくれる。

少々の無理は大概聞いてあげるからお客様からの信頼が厚い。

顧客リストを整理しながら一人ひとりのお客様の顔を思い出すのも楽しくなる。

営業マンの優劣は人間力の勝負なのである。


= コンピテンシー宣教師 =

======================================

配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら

メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら

メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




[PR]
by shimo3781 | 2017-04-07 11:10 | ビジネス | Trackback
c0074721_15292128.jpg

小倉昌男氏が宅配便を事業化したときは、これほど荷物の量が増えるとはお釈迦様も知らなかったのではないか。

アマゾン、その他ネットビジネスで荷物の個数は増える一方でる。

クロネコや佐川のドライバーにも休息と安らぎを与えてほしいものだ。

========================

【本文】

■ アマゾンは自ら宅配便を事業化すべき! ■

宅配便の荷物の個数はうなぎのぼりに増えている。

先般は佐川急便配達員の荷物叩き付け、蹴とばし事件が起きたばかりだ。

宅配便事業はなんといってもクロネコと佐川だ。

ユーパックもあるがそれほど期待は持てない。

アマゾンから出荷される荷物は増える一方で、例えばクロネコのセールスドライバーは疲弊しきっている。

朝7時から深夜11時まで働きづめ。

しかも肉体労働で昼休みも取れない始末だ。

配達しても留守で再配達になってしまう荷物は約20%もある。

さらに再々配達もあるから効率が悪い。

そこで、アマゾンほどの会社なら自前で宅配事業もやるべきではないかと思う。

もちろんアマゾンだけでなく、一般の荷物を扱っても構わない。

クロネコや佐川のドライバーや配達員にも休息を与えられるようにと願うばかりだ。

  = コンピテンシー宣教師 =


======================================

配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら

メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら

メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




[PR]
by shimo3781 | 2016-12-30 11:19 | ビジネス | Trackback

c0074721_15215612.jpg

どんな世界にもリバイバルブームは起きるものだ。

今、レコード盤やカセットテープで音楽を楽しむのがブームになっている。

  ========================

【本文】

■ 
郷愁に駆られてアナログレコード盤が売れている! ■

これまでの10年間でCDなどの音楽商品は売り上げが減少しているそうだ。

2006年に比べ、2015年のCDの売り上げは半減した。

一方、アナログレコード盤の販売が好調だという。

渋谷にある「HMV record shop 渋谷」では、若い女性客からレコードってどうすれば聴けるんですか」という質問を受けることが多いという。

同店はアナログレコード盤を中心にした品ぞろえで2014年8月にオープンした。

レコード盤を扱ったことのない世代の若者にはレコード盤の扱い方から丁寧に説明しなければならないとか。

いちいち針をレコード盤の上に慎重に置く。

雑音が入るがこの雑音が心地いいのだそうだ。

実は、自分もLP盤やドーナツ盤をたくさん持っている。

廃品回収業者に引き取ってほしいと言ったら、結構な引き取り料金を提示され、保留にした。

買い取ってくれる店があれば持ち込みたい気持ちだ。


=コンピテンシー宣教師=


======================================

        配信元は、

彩愛コンサルピア

コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら

メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら

メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、こちら




[PR]
by shimo3781 | 2016-10-25 11:11 | ビジネス | Trackback
c0074721_14584913.jpg


企業の使命は商品やサービスを通じて人々の生活を豊かにすることではないだろうか。


社会を混乱させ、事件や事故を増加させるような商品は罪悪だと思う。


これから先、世界的に大きな事件や事故がたくさん起こることだろう。

========================

【本文】

■ 任天堂は社会的に責任重大な商品を世に出した! ■


何やらお年寄りにはわけのわからないのが「ポケモンGo」という商品だ。


企業の社会的責任がますます重大になってきているのにとんでもない商品を世に出してしまった。


スマホを見ながら車を運転したり自転車に乗ったりで、人身事故が多発している。


一晩中スマホをいじりながらあっち、こっちをさ迷い歩く。


立ち入り禁止の場所もお構いなく侵入する。


人間が錯乱状態に陥ってしまったかのようだ。


任天堂を含む関連株は急騰したが、今度は急落に転じたようだ。


社会を混乱させ、事件や事故を増やすような商品は規制しなければならない。


= コンピテンシー宣教師 =



======================================

配信元は、

彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら

メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら

メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、こちら



[PR]
by shimo3781 | 2016-07-26 11:08 | ビジネス | Trackback
c0074721_15112314.jpg
「顧客維持&開拓力」

特に小売業にとって、仕入先は命綱と言っても過言ではない。にもかかわらず、仕入先に無理難題ばかりを押し付けている大手企業が今でもあるのは残念なことだ。そのような企業は必ずしっぺ返しにあうだろう。

========================

【本文】

■仕入先を大切にする小売業は繁盛しています!■

名前は伏せておくが、仕入れ業者に対して無理難題ばかりを押し付けている大手小売業は今でも存在する。

手弁当で棚卸の手伝いに来させたり、新店舗オープンに当たっても手弁当で運搬や陳列を手伝わせる。

頭にきた仕入れ業者は取引消滅を覚悟の上で、当局へタレこみ、あえて新聞沙汰になることがある。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

鹿児島県の「A-Zスーパー」の社長、牧尾英二氏は「業者もお客様になるのだから大切にしなければならない」と社内に周知徹底していた。

信頼関係、協力関係が構築されていれば仕入先は少々の無理難題は聞いてくれる。

そのためには相手に何か「Win」を提供することだ。

間違っても返品はせず、翌月現金で支払うなどすれば、それだけでも仕入先はうれしいから、自らもお客になってくれて繁盛の手助けをしてくれる。



= コンピテンシー宣教師 =



======================================

配信元は、

彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら

メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら

メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、こちら



[PR]
by shimo3781 | 2016-06-14 04:42 | ビジネス | Trackback