ブログトップ

「コンサルタントの視点」日記

shimo3781.exblog.jp

コンサルタントの視点でさまざまな出来事に感じたままをつづります!

カテゴリ:教育( 26 )

c0074721_15362000.jpg



部下を教育するのは管理職の重要なタスクだ。



でも、自分が教育する立場と考えると辛いものがある。



教育を「共育」と考えてはどうですか。



例えば一つの問題を教材にしてブレーンストーミング方式で意見を出し合い、結論に導くのだ。



=========================



【本文】



■ 教育を「共育」と考えてはどうですか! ■



課長が幹部に叱られている光景を見てしまった。



「お前がしっかり部下を教育していないからこういうことになるんだ。もっとしっかり教育しろ」と。



怒鳴られては見たものの、実際どうやって教育したらいいのか管理職は思い悩む。



外部の講師を呼んで集合教育してもらおうかと考えたが結構なコストがかかるし、はたして効果があるのかも心配だ。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



教育を「共育」と考えてはどうだろうか。



つまり「共に学ぶ」、つまり「教える」と「教えられる」を同時進行でやるのである。



例えばある問題を教材にし、ブレーンストーミング方式でみんなで意見を出し合い、一定の解決策に収斂させるのである。



その過程を通して意思の疎通が図られ、課長と部下の相互理解へと向かうのである。



  = コンピテンシー宣教師 =



==========================================

配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング


[PR]
by shimo3781 | 2017-10-27 11:07 | 教育 | Trackback


c0074721_14111552.jpg


昔、田舎では、農家の子供たちは親が働いている姿を見て育った。


そして家業を手伝いながらみ
んなで働く楽しさも身に付けた。


都市部の子供たちはキッザニアでさまざまな職業を体験できる

から春休みや夏休みは大混雑すると言う。


家族連れが大事なお客さまなのだ。


***************************************************


【本文】


■ 多くの子供らに職業体験を提供する会社! ■


いつも思うのだが、なにか事件が起こると逮捕された容疑者の多くは無職と言うことだ。


有効求人倍率も1.5倍にまで向上しているから、働く意思さえあれば100%就職できる。


なのに、なぜ無職の人が多いのだろうか。


働きたくない、働くのがいやと言うことなのか。


子供のころ、学校の収穫祭の食事時、校長が「皆さんは、生きるために食うのか、食うために生きるのかを自分なりに考えてみてくださいね」と言ったのを思い出す。


子供とその親たちに大人気なのがキッザニアだ。


いろいろな職業を体験できるから、子供たちの目は輝いており、親たちは固唾を呑んで見守っている。


運営しているキッズシティジャパンは、子供たちがメインゲストで親たちはサブゲストとみなして楽しい職業体験を提供しているのだ。


このような職業体験を必須科目にすれば、無職者は大幅に減少するのではないかと思う。


=コンピテンシー宣教師=





==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング


[PR]
by shimo3781 | 2017-09-10 11:04 | 教育 | Trackback
c0074721_13534769.jpg

ケチで有名な経営者もお金の使いどころは心得ているようだ。

私財を大学に惜しげもなく寄付をする。

なかなかできることではない。

=======================

【本文】

■永守会長は経営者の鏡、大学に寄付してあの世へ行く!■

日本電産の永守会長の男気が気に入った。

これまで傾いた会社を30社近くも短期間に再建させてきたまさに再建のプロでもある。

再建に当たっては一人もリストラしない。

記者会見で、リストラもしない会社の株を買う人はいないのではないかと記者にいじられて、興奮しながら反論したこともあった。

ケチとしても有名だ。

ただ、ムダなお金は使わないだけで、必要なところには使ってきた。

創業したときは民家の一階で細々とモーターを作っていたが、今や世界の日本電産になった。

私財を天国に持っていくことはできない。

教育関係、とりわけ研究資金不足に悩む大学に大金を寄付し始めた。

すっきりして天国に行くつもりのようだ。

不正経理をやったり、脱税したりする悪徳経営者が多い中、経営者の鏡ではないか。


= コンピテンシー宣教師 =


======================================

配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら

メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら

メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




[PR]
by shimo3781 | 2017-04-22 11:14 | 教育 | Trackback
c0074721_15334874.jpg

社員教育に熱心に取り組む経営者は多い。

だが研修で学ぶことの目的は知識を蓄えることではなく、行動を起こすことだ。

行動を起こさない人は研修に参加してもムダなコストだったことになる。

========================

【本文】

■研修で学ぶことの真の目的は行動力です!■

社員教育に熱心な経営者は多く、社員の外部研修への参加を奨励してくれる。

講師を呼んで社内研修もやってくれる。

でもこれで自己満足している経営者が多いんだなあ。

「社長さん、いったい 効果は出ていますか?」と質問してみたい。

確かに知識は得たかもしれない。

その知識を会議などの席で屁理屈に使っているだけではないだろうか。

ペエペエ時代にオール日立の一ケ月研修に参加させてもらったことがあった。

プレスタディもあったし、研修後の宿題も報告書にして提出させられた。

そしして一年後には全員集められて、学んだことを実行してみてどんな成果を挙げたかの報告をさせられたのを覚えている。

研修の真の目的は行動を起こして自己変革することだったのである。

= コンピテンシー宣教師 =


======================================

配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら

メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら

メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




[PR]
by shimo3781 | 2017-04-05 11:24 | 教育 | Trackback
c0074721_15250567.jpg

せっかく学校があっても学生が集まらない。

定員枠を減らしても定員の半分にも満たない。

食べていくこともできない資格、結婚もできない資格ではどうしようもない。

政治の貧困ではないのか。

========================

【本文】

■ 給料安すぎて介護福祉士養成学校は定員の5割を切る惨状! ■

「介護福祉士」を養成する全国の大学や専門学校などで2016年度、定員に対する入学者の割合が約46%だったという。

 定員割れは、2006年度以降11年連続で、50%を割り込んだのは2度目だ。

定員枠自体が減少傾向にあるなかでの入学者割合の低下には、重労働の割に賃金が低い処遇が影響していることは明らかだ。

同じことが保育士にも言える。

せっかく苦労して取得した資格なのに食べていくことさえままならないようでは今後ますます志望者が減っていくだろう。

外国人に頼るにしても試験が難しすぎて容易に受からない。

早急に外国人に門戸を広げる対策も必要だ。

特養に入居したくとも入れない老人がたくさんいる。

介護のために会社を辞める人も多いのも介護士不足が一因だ。

= コンピテンシー宣教師 =



======================================

配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら

メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら

メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




[PR]
by shimo3781 | 2017-01-31 11:16 | 教育 | Trackback
c0074721_15284304.jpg

うちの学校にはいじめはありません。

そのように胸を張れる学校は一校たりともない。

本当にそう思う。

必ずあると思ってアンテナを張らなければらない。

========================

【本文】

■ 横浜の教育関係者もいじめにかかわりたくない態度! ■

教員も校長もいじめにはかかわりたくない。

「わが校にはいじめは存在しない」と言い張りたいのだろう。

教育委員会とやらも全く同じだ。

教育者としてのミッションを放棄しているのだ。

記者会見では「少しばかり配慮が足りなかった」とのたまった。

少しどころか全く配慮していない。

福島から避難してきた子供たちはただでさえ肩身が狭い。

ことのほか気にかけてあげなければならないはずなのに、そ知らぬふりだ。

でも、何も横浜市に限った話ではない。

いじめは日本全国共通の問題だ。

林市長が「対策を指示した」と記者会見で述べたが、市長に指示されないと動かないというわけか。

関係者は教育関係から一切身を引くことだ。

あなた方は、教育にかかわる資格はないのだから。


= コンピテンシー宣教師 =

======================================

        配信元は、

彩愛コンサルピア

コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら

メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら

メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、こちら




[PR]
by shimo3781 | 2016-11-19 11:15 | 教育 | Trackback

c0074721_15202267.jpg


義務教育を理由に給食費を払わない保護者が多い。

このような保護者は外食しても無銭飲食するのだろうか。

子供の給食費は保護者が支払うのが社会のルールだ。

  ========================

【本文】

■ 給食費を払わない保護者対策。給食を廃止したら
! ■

「義務教育やろ なんで払わなあかんのや」。

世間が通ると思っての言い分なのだろうか。

全国で給食費を払わない金額は年間約22億円にも達しているそうだ。

そのうち経済的事情で支払えない家庭は39%で、61%は支払えるのに難くせをつけて支払わないのだという。

給食のための設備費や運営費はそれぞれの自治体が賄っている。

保護者が支払うべきは食材費に絞られているというのに、それが分からないらしい。

教師や教頭、校長が家庭訪問して督促するのは難儀であるばかりかストレスも溜まる。

ある学校では弁護士に委託して督促するところも出てきたという。

いっそのこと給食を廃止したらどうだろうか。

保護者が子供に弁当を持たせるのだ。

弁当を作る時間がないという保護者は仕方がないからコンビニ弁当を持たせることだね。

自治体も財政的に少しは楽になるのではないのか。


=コンピテンシー宣教師=


======================================

        配信元は、

彩愛コンサルピア

コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら

メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら

メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、こちら




[PR]
by shimo3781 | 2016-10-26 11:23 | 教育 | Trackback
c0074721_13512487.jpg

こんな事件が起きると決まって当事者である担任は雲隠れする。


「体調不良」とは都合のいい病名だ。


女教師も校長も教育者の資格はありません。


========================

【本文】


■ 担任の女教師は保護者説明会も欠席、一体責任感は?! ■



広島の中学校の生徒が自殺した問題は連日テレビのワイドショーで大々的に取り上げられている。


各方面の専門家などがコメンテーターとして登場し、見解を述べている。


調査が進めば進むほど学校のずさんさが明るみになる。


廊下で進路指導だって。


しかもほとんどの場合、立ち話方式での指導だ。


教室には他の生徒がいて話す内容が聞こえるだろう。


他の生徒や他の先生も廊下を行き来するだろうに。


そんなところで「あなたは万引きしましたね。学校として推薦はできませんから」などと言われた生徒の気持ちはいかばかりだっただろうか。


しかも万引きはほかの生徒だったのに間違った情報で進路指導していた。


一体、責任をどうとるつもりなのだろうか。


担任の女教師は例によって雲隠れして、保護者説明会に出てこない。


生徒を励まして、進学を成功させてあげるのが学校や教師のミッションではないのか。


この学校は、誤情報に基づく万引き行為を暴いて、生徒の将来を絶つのがミッションだったのか。


後々、遺族に告訴されて少なくとも数億円の損害賠償の支払い命令が出るだろう。


= コンピテンシー宣教師 =



======================================

配信元は、

彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら

メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら

メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、こちら



[PR]
by shimo3781 | 2016-03-12 06:13 | 教育 | Trackback
c0074721_15172026.jpg




先生が悪い。


学校が悪い。


親たちは先生や学校に感謝することがあるのだろうか。


先生や学校の地位も落ちたもんだ。

========================

【本文】


■ 教諭だって切れますよ。いうことを聞かない児童への接し方! ■


秋田県で男子児童がこぼした麦茶を無理やり拭かせて、かすり傷を負わせた教諭が暴行罪で罰金10万円を支払わされたという報道がある。


特別支援学級の高学年男子児童だ。


教諭は40歳代だという。


児童は昨年7月14日の授業中、「プールに入らない」と言いだし、教室隣のプレールームで水筒の麦茶を飲みながらトランポリンをした。



児童が麦茶をトランポリンや床にこぼしたため、教諭は拭くように数回指導したが、児童は従わなかった。


教諭が左腕をつかんでトランポリンに連れて行ったところ、児童が両手を振り回して暴れたため、教諭は雑巾を握らせ、背後から首の後ろや左肩を押さえつけながら、右手首をつかんで一緒に床を拭いたという。


これが暴力行為だというのだ。


特別支援学級ということはコントロール不能な児童が来るところだろう。



やりたいままに放置しておけばいいのだろうか。


それとも厳しく社会性を分からせることが大事なのだろうか。


高学年ともなれば体力は一人前の大人だ。


暴れれば凶暴で手が付けられない。


スキを見せれば教諭のほうがケガをする恐れもある。


そのようなコントロール不能な児童は、特別学級といえども来るべきではない。


親のほうこそ教諭に謝罪すべきではないのか。


世の中、なんでも悪いのは先生と学校。


まずい、絶対にこのままではまずい。

             = コンピテンシー宣教師 =

=======================================

配信元は、彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら

メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、こちら



[PR]
by shimo3781 | 2016-01-23 15:19 | 教育 | Trackback
c0074721_1535214.jpg




犯罪の低年齢化が進んでいる。


そして毎日のように事件が起こっていて、中学生や高校生は荒れている。


でも、中にはいい子もいる。

========================

【本文】


■ 中3生徒が89歳老婆を助けて心温まるいい話。荒れた中学生ばかりではない! ■


埼玉県朝霞市の朝霞第一中学校3年生の近藤利紅(15歳)君が7月8日の午後、転倒して動けなくなったていた89歳の老婆を救助していたことが明るみになった。


未成年者の記事を書くのに少年Aなどと書かずに本名で書くのは久しぶりだ。


救助してあげたのは市内に住む老婆だ。


舗装されていない坂道で転倒し、動けなくなっていたところを近藤君が通りかかった。


昼間でも人通りの少ない場所だった。


老婆はリックサックから携帯を取り出すこともできなかった。


近藤君は10メートルほど離れた公園のあずま屋までおぶって連れて行き、老婆はそこから家人に電話をし、救急車を呼んでもらった。


右足二か所を骨折し、入院二カ月の重傷だった。


老婆は気が動転していて少年に名前すら聞かなかったが、ずっと気になっていたという。


老婆は10月19日の読売新聞の朝刊にその思いを投稿した。


それを読んだ近藤君の担任教師が本人から聞いていた話と同じだと気づき、約4カ月ぶりの再会が実現した。


老婆は家族と一緒に学校を訪れ、校長室で近藤君にお礼の品を渡し、何度も「ありがとう」と言ったそうだ。


近藤君は当たり前のことをしただけだからと照れていた。


校長は「わが校の生徒の行いを大変誇らしく思う」と話したという。


久しぶりの心温まるいい話に触れることができた気がする。


           = コンピテンシー宣教師 =

=======================================

配信元は、彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら

メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、こちら



[PR]
by shimo3781 | 2015-11-21 15:45 | 教育 | Trackback