ブログトップ

「コンサルタントの視点」日記

shimo3781.exblog.jp

コンサルタントの視点でさまざまな出来事に感じたままをつづります!

カテゴリ:仕事( 113 )

c0074721_14144248.jpg


「目は口ほどにものを言い」と言うことわざがある。



話術に長けた営業マンは立て板に水のように喋るが決してトップセールスにはなれない。



人格面に優れている営業マンは人格で勝負し、成約にこぎつける。



============================



【本文】




■ 立て板に水ではなく人格で勝負する営業マン! ■




一般に営業マンは口上手だ。




そしていいことしか言わない。




核心を突いた質問をされてもはぐらかして逃げる。




まるで野党に追及されているアベのようだ。




いいことばかりを力説するが、このような営業マンはトップセールスにはなれない。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



お客様のお話にじっと耳を傾ける営業マンがいる。




お客様が何に対してどんな不満を持っているのかがよく分かるだろう。




頭の中で整理し、どんな提案をすれば喜ばれるかを纏め上げる。




製品の持つ長所・欠点を全てお話し、製品選択の視点をアドバイスする。




質問にも誠実にお答えし、今日成約に至らなくとも人格が醸し出すいい余韻を残してお別れすると後日コールが掛かってきて、納得の成約を頂ける。




= コンピテンシー宣教師 =



==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング


[PR]
by shimo3781 | 2017-10-20 20:07 | 仕事 | Trackback

c0074721_15301918.jpg


リーダーの大事な仕事の一つが生産性を上げることだ。



生産性を上げるにはどうすればいいのだろうか。



大雑把に「日単位」で仕事を考える習慣を捨てて、「時間単位」で考えるように切り替えることだ。



============================



【本文】



■ ガントチャートでスケジュールを綿密に管理する! ■



仕事の遅れを指摘された部下が「来週中には何とかします」と答える。



課長は「それじゃ遅すぎるんだよ」と言うと部下は「では、前倒しして明日中には何とかします」と答える。



「来週中」がいきなり「明日中」になるからこっけいだ。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



仕事のスケジュールを立てるときによく使われる手法が「ガントチャート」だ。



考案したガント氏の名前から名付けられたらしい。



横軸にTime(時間)を取り、縦軸に実行すべき項目を書き込む。



各項目をいつ着手していつ完了するか、その予定を点線の矢印で示し、実践で進捗を書き込んでいき、最後に矢印の終点を書き込むやり方だ。



このように目で見る管理を実施すれば、スケジュールは管理された状態になる。




 = コンピテンシー宣教師 =


==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング


[PR]
by shimo3781 | 2017-10-18 11:12 | 仕事 | Trackback


c0074721_15532221.jpg



朝礼で課長が熱っぽく大事な伝達事項を話す。


だが、半数以上の部下は聞いていない。


内容を理解した部下となるともっと少ないのではないか。


不思議なのだが、朝礼も社員参加型にしてみるとほとんどの人が真剣に聞き、理解する人も増える。



============================



【本文】



■ 朝礼を馬耳東風にしないための施策! ■



多くの会社では職場単位に朝礼をやっている。



課長が真剣に、大声で大事な伝達事項を話すのだが、馬耳東風ではないだろうか。



早い話が「馬の耳に念仏」で、ろくに聞いてもいないのだ。



内容の周知徹底となるとお寒い限りだ。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



静岡県の大手物流会社H社の倉庫では日替わり班長に朝礼を担当してもらっている。



パートもアルバイトも均等に当番日が回ってくるから大変だ。



自分が当番の日のことが頭をよぎってしまうから自分だったらどのように話すかを真剣に考える。



他人が班長だからと言って、聞き流すわけにはいかない心境になるのだ。



話す人も真剣、聞いている人も真剣、緊張感漂う朝礼も工夫次第でできるのだ。



 = コンピテンシー宣教師 =



==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング


[PR]
by shimo3781 | 2017-10-14 06:14 | 仕事 | Trackback

c0074721_14210615.jpg


行動力のある人と言うのは決して会議に遅れてきたりしない。


お客様との約束の時間に遅れることもない。


人と会う約束のときは15分早く行動開始しておけば、多少交通トラブルがあっても間に合うだろう。


========================


【本文】


■ 時間に厳格な人は仕事のできる人です! ■


会議に決まって遅れてくる人がいる。


議事が進み、ある程度結論が出た頃に現れて、ちゃぶ台をひっくり返す副部長がいた。


背が低く、人相の悪い男だった。


私が「チビッコギャング」とあだ名をつけてやったところバカ受けした。


あるとき、その副部長に呼ばれ「君、僕にいいニックネームを付けてくれたんだって?」と言われたときは心臓が破裂しそうになったのを覚えている。


ビジネスマンたるもの、時間に厳格になってほしい。


お客様や取引先を訪問するときは15分余裕を持って行動(出発)することだ。


多少のトラブルがあっても遅刻する確率は低くいだろう。


時間に厳格なビジネスマンはきっと仕事のできる人だ。


時間にだらしのない人で仕事のできる人はまずいない。


  = コンピテンシー宣教師 =



==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング


[PR]
by shimo3781 | 2017-10-08 11:12 | 仕事 | Trackback

c0074721_15222377.jpg


あなたが担当している仕事の領域の中で、今どんな課題があるのか、一度課題バラシやってみることをお勧めする。


優先順位を決めて一つひとつ解決に向けて取り組んでほしい。


========================


【本文】


■ 仕事は、ネズミの食い散らかしではいけません! ■


ある人がねずみの実験をした。


ネズミの通路にサツマイモを5個置いた。


するとネズミはサツマイモを5個ともかじるが、1個たりとも完食はしなかった。


これを「ネズミの食い散らかし」と言う。


ビジネスマンの中にもネズミの食い散らかしのような仕事振りの人がいる。


たくさん抱えている仕事を片っ端から手は着けるが、一つたりとも完結しない。


つまり、ネズミの食い散らかしと同じなのだ。


まず、重要度や緊急度を勘案して優先順位を決めることだ。


次に、着手前に仕事の段取りを付けて、極力離席せずに集中して仕事をすることだ。


もし優先度の低い仕事が積み残されても大きな問題にはならないだろう。


優先度の高い仕事を一つひとつ片付けることが、結局は一番早いのである。


= コンピテンシー宣教師 =


==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング


[PR]
by shimo3781 | 2017-10-06 11:09 | 仕事 | Trackback

c0074721_15280815.jpg



社長とは名ばかりで、まるでお飾りのような社長がいる。


にもかかわらず会社の業績もよく、年々発展を遂げている。


団体の名誉職をやっていて、ウイークデーの昼間からゴルフ三昧だ。


専務や役員が相談に行っても「任せた。うまくやってくれ」しか言わない。



========================


【本文】


■ 任せたと言いつつ無言のプレッシャーを与える社長! ■


昔、家来が相談に行くと「よきに計らえ」と言ったお殿様がいた。


そう言われるとでたらめをやったり適当なことをやるわけにはいかなくなる。


家来は失敗せぬように心して「こと」に当たるからうまくいく確率が高くなるわけだ。


「よきに計らえ」とは言ったものの、お殿様はきちんと進捗状況をウオッチしていたのだ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

代表権があるにもかかわらず、まるでお飾りのような社長はいるものだ。


専務や役員が相談に行っても「任せた。うまくやってくれ」でおしまいだ。


「任せた。うまくやってくれ」は、重い命令だから手抜きするわけには行かない。


専務以下は何とか成功させようと最大限努力し、成果を挙げてくれる。


「任せた」と言いつつ、無言のプレッシャーを与える社長は、正に人財である。


= コンピテンシー宣教師 =





==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング


[PR]
by shimo3781 | 2017-09-29 11:13 | 仕事 | Trackback

c0074721_15281667.jpg


事件・事故を起こす人の約9割が無職である。

働いていないとなぜ事件・事故を起こすのだろうか。

仕事は退屈と悪事と貧乏を遠ざけてくれるはずだ。

だから仕事を見つけて働くことだ。

貧乏から開放されれば、故意に事件・事故を起こすこともないだろう。

=====================

【本文】

■ 働くことは退屈と悪事と貧乏から遠ざけてくれます! ■

いつもテレビの報道番組を見ていて思うことがある。

「なぜ事件・事故を起こす人の約9割が無職なのだろうか」と。

働いていれば比較的規則正しい生活を送らなければならない。

収入があれば貧乏からも開放される。

遊ぶときも自分で稼いだお金を使うから節約志向も芽生えるだろう。

故意に事件・事故を起こせると言うことは体力的には働こうと思えば働けるわけだ。

根っから働くことが嫌いなのだろうか。

お金が必要になったら悪事を働けばいいと思っているのだろうか。

もし思い当たる節があるのなら、今すぐリクルート活動をして欲しい。

ハローワークだけでなく、「職」をマッチングしてくれるサイトもたくさんある。

= コンピテンシー宣教師 =


==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




[PR]
by shimo3781 | 2017-08-22 11:02 | 仕事 | Trackback


c0074721_15271868.jpg

今、たくさんの問題を抱えながら日々奮闘している人は進歩の途中にあります。

「特に問題はありません」などと言う人は進歩をやめてしまった人です。

=====================

【本文】

■ 問題解決力が不動の地位を築くのです! ■

会社では上司に仕事の進捗状況の報告を求められるだろう。

多くの部下はあれも、これも、たくさんの問題を抱えながら日々奮闘しているわけだ。

このような部下は進歩の途中にあるのだ。

進捗状況を報告して、時には上司にヘルプを求めることがあっていい。

一方、「特に問題ございません」と報告する部下もいる。

このような部下は、はっきり言って問題意識がない。

進歩することをやめてしまった人だ。

問題意識がなく、問題解決力の乏しい人は存在価値がないのだ。

ビジネスマンは常に問題解決力を高めることを目標にして日々努力しなければならない。

そして優先順位を付けて問題解決に取り組むことだ。

問題解決力の高い人は、きっと「やり手社員」として不動の地位を築くことができる。

= コンピテンシー宣教師 =


==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




[PR]
by shimo3781 | 2017-08-16 10:40 | 仕事 | Trackback

c0074721_15424551.jpg


リーダーは方針を決定してメンバーに示さなければならない。

その上で活動計画を作成して開示し、意見を出してもらう。

行動計画に落とし込み、役割分担を決めて進捗を管理することだ。

======================

【本文】

■ リーダーは辛いけど楽しみもあります! ■

何の方針も示さないふざけたリーダーがいる。

リーダーが一人の担当者になり下がってしまえば、メンバーは好き勝手をやるしかない。

メンバーは誰も付いてこないから、何を言っても空振りだ。

メンバーの不満は募るばかりで、しまいにはブーイングの嵐になる。

もう、彼は最悪のリーダーだ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

リーダーは方針を示し、メンバーに熱く語り、理解を求めなければならない。

行動計画を作成して示し、みんなの意見を聞き、行動計画に反映すべく修正を加える。

担当を割付、実行に移し、進捗を管理し、遅れている人がいればヘルプする。

リーダーは確かに辛いことが多いが、楽しいこともたくさんある。


= コンピテンシー宣教師 =


==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




[PR]
by shimo3781 | 2017-08-15 10:38 | 仕事 | Trackback


c0074721_15193010.jpg


サービス業でもっとも大事なのはお客様に「感動」を提供することだ。

マニュアルでの指導や集団研修では、お客様の不平は取り除けるかもしれないが「感動」を与えることはできないのではないか。

=====================

【本文】

■ 感動を与えられなければ接客失格です! ■

サービス業でもマニュアルや手順書が整備されている。

ISO9000などを導入している会社なら極当たり前のことだ。

教育訓練もマニュアルや手順書を教科書にして実施している。

教科書をしっかり守ればお客様の不平や不満は取り除ける。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

でも、それだけではお客様に感動を与えることには繋がらない。

感動を与えられるような行動は全て応用問題だからである。

例えば、お店にお客様が入ってきたときから勘定を済ませてお帰り頂くときまでの一連の流れの中でどんなサービスが提供されるかで勝負が付く。

ビジネスホテルのSでは元客室乗務員を講師に招いて研修を実施し、さらにロールプレーイングで細かい動作、トーク、スマイルにいたるまで、感動を与える訓練をしていた。

= コンピテンシー宣教師 =


==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




[PR]
by shimo3781 | 2017-08-08 11:05 | 仕事 | Trackback