ブログトップ

「コンサルタントの視点」日記

shimo3781.exblog.jp

コンサルタントの視点でさまざまな出来事に感じたままをつづります!

カテゴリ:原発事故( 3 )


c0074721_15301037.jpg

勝手に原発を作り、対策不十分で津波による大事故を発生させた。

東電と時の政府の責任だろう。

電力自由化で新電力に切り替えた人々は廃炉費用など全く関係のないこと話だ。

木枯し紋次郎じゃないが「あっしには、関係のないことでござんす」だ。

   ========================

【本文】

■ 福島原発廃炉費用、新電力除外は当然のこと! ■

日本は調子に乗って原発を50基以上も作ってしまった。

寿命が尽きたときどうするかはあまり考えもしなかった。

ましてや津波による破壊など考えもしなかった。

シミュレーションでは津波による破壊が示されたが当時の東電の幹部は耳を貸さなかった。

今になって廃炉費用に困ったから助けてくれって騒いでいる。

しかも原発は関係のない新電力にまで費用を負担させる魂胆だった。

しかし、だれがどう見ても合理性はないということで、新電力に負担させることは断念したようだ。

我が家は早々と東京ガスに切り替えた。

原発とは無縁の再生可能エネルギーだからだ。

原発誘致でいい思いをした人々はたくさんいるわけだ。

やはりその人たちが負担すべきだ。

再稼働に賛成の人々も負担すべきだ。

原発に関係のない人まで巻き込まないでほしい。


= コンピテンシー宣教師 =

======================================

        配信元は、

彩愛コンサルピア

コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら

メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら

メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、こちら




[PR]
by shimo3781 | 2016-11-30 11:13 | 原発事故 | Trackback
c0074721_15373432.jpg




アベ政権は意地でも原発を再稼働させようとしている。


高浜原発の再稼働差し止め請求が認められた。


画期的な判決を称えたい。

==================================

【本文】


■ 高浜原発再稼働差し止め請求認められる。裁判官の良心だ! ■


関西電力は高浜原発の再稼働に向け、準備中だった。


うまくいけば今年11月に再稼働にこぎつける予定だった。


ところが福井県や住民9人が高浜原発再稼働差し止めの申請を出した。


福井地裁の樋口英明裁判長は14日、住民側の主張を認める判決を言い渡した。


画期的な判決であり、樋口裁判長の良心と勇気ある判決を称えたい。


高浜原発が事故を起こせば、琵琶湖は完全に汚染される。


琵琶湖の水が使えなくなれば、もう壊滅的な被害だ。


原発の再稼働は許してはならない。


風力、太陽光、 地熱エネルギーをうまく組み合わせれば電力問題はうまく行く。


意地の原発再稼働は止めてほしい。


           = コンピテンシー宣教師 =

=====================

配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本。
著書「中堅・中小企業のためのコンピテンシー入門」


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」

メルマガ「『問題解決』メルマガセミナー



[PR]
by shimo3781 | 2015-04-14 15:41 | 原発事故 | Trackback
c0074721_1617318.jpg




今回の原発事故を教訓に、小泉元総理は考えを変えた。


人間、考えを変えることは決して悪いことではない。


勇気をもって考えを変えることだ。


======================


【本文】


■ 富岡町はイノブタの楽園。帰還はますます困難に! ■


小泉元総理があっちこっちで講演をし、原発ゼロを訴えている。


「私はね、総理の時代は原発推進論者だったんですよ。でも考えが変わりましたね」と。


使用済み核燃料の始末すらできないのに地震国・津波国で原発やっていたら国が破滅することがよくわかったからだという。


福島県の富岡町は、帰還困難区域になっている。


今、イノシシと豚の掛け合わさったイノブタが大量に増殖してしまい、舗装道路を群れを成して闊歩し、民家にも入り込んでいる。


報道関係の車や取材記者と遭遇しても逃げる気配すらない。


それどころか襲ってくることもあるそうだ。


もう、イノブタの楽園になってしまった。


イノブタの個体数は、数年もすれば、富岡町の人口を超えてしまうらしい。


こんな状態では被災者の帰還は無理だ。


故郷に帰りたい気持ちは痛いほどほかるが、安全で住みよいところに移転して頂く方がよいのではないかと思う。



             = コンピテンシー宣教師 =


=====================

配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本。
著書「中堅・中小企業のためのコンピテンシー入門」


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」

メルマガ「『問題解決』メルマガセミナー


[PR]
by shimo3781 | 2013-11-05 16:19 | 原発事故 | Trackback