ブログトップ

「コンサルタントの視点」日記

shimo3781.exblog.jp

コンサルタントの視点でさまざまな出来事に感じたままをつづります!

カテゴリ:孤独死( 2 )

c0074721_16261258.jpg




冬だというのに電気を止められた。


生活保護もない。


着込んでは見たが寒さに耐えられない。


立候補者の「福祉」の声がむなしく響く。


======================

【本文】


■ こういう人にこそ生活保護なはず。電気なく、介護母と障害娘哀れ死亡! ■


昨今は、生活保護の不正受給が問題となり、各方面の人たちがもっともらしい意見を言っている。


30日、石川県志賀町の民家で、無職の女性(80歳)と障害のある長女(54歳)が死亡していたことが分かった。


外傷や室内が荒らされた形跡はない。


料金滞納で電気は止められていた。


発見時、セーターは着こんでいたという。


警察署によれば、在宅で介護をしていた母親が周囲に気づかれることもなく、病死したとみている。


残された娘は食事もできず、後を追うように死亡したのであろう。


料金を滞納すれば電気は止める。


電力会社とすれば当然だろう。


だが、このような人たちにこそ生活保護を支給すべきなはずだ。


いったい行政は何をやっているのか。


町内会には、民生委員もいるだろうに。


見守る人も誰もいないとは・・・。


生活保護って、いったい誰のための制度なのか、分からん。


合掌。


          = コンピテンシー宣教師 =


=====================

配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本。
著書「中堅・中小企業のためのコンピテンシー入門」


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」

メルマガ「『問題解決』メルマガセミナー


[PR]
by shimo3781 | 2012-11-30 16:27 | 孤独死 | Trackback
c0074721_168058.jpg




孤独死。


何とも悲しい結末だ。


誰かに看取られて天国に召されたい気持ちだ。


======================

【本文】


■ 桜井センリ孤独死で発見。山口美江も大原麗子も孤独死だった! ■


クレージーキャッツのメンバーとして活躍した桜井センリ氏が新宿区の自宅で亡くなっていたことが12日に分かった。


86歳だった。


これでクレージーキャッツで残ったのは、犬塚弘氏(83歳)だけになった。


時代の流れを感じる。


10日、近所の住民が新聞が取り込まれていないことに気づき、不審に思って110番通報した。


桜井センリ氏は、一人暮らしで孤独死だった。


クレージーキャッツでは、石橋エータロー氏とともにピアノを担当した。


シャボン玉フォリデーは懐かしく思い出される。


高齢化社会で孤独死が何かと話題になるが、タレントの山口美江さんも孤独死だった。


発見されたとき、愛犬が死体の周りをまわっていたそうだ。


愛犬は異変に気づいていたのだろう。


女優の大原麗子さんも御殿のような自宅で、やはり孤独死で発見された。


もう、これからは孤独氏が当たり前の時代だ。


我が家でも最後に残ったものが孤独死となるのだろうか。


考えたくないが、考えないわけにはいかない。


          = コンピテンシー宣教師 =


=====================

配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本。
著書「中堅・中小企業のためのコンピテンシー入門」


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」

メルマガ「『問題解決』メルマガセミナー


[PR]
by shimo3781 | 2012-11-12 16:09 | 孤独死 | Trackback