ブログトップ

「コンサルタントの視点」日記

shimo3781.exblog.jp

コンサルタントの視点でさまざまな出来事に感じたままをつづります!

カテゴリ:エボラ出血熱( 1 )

c0074721_16455774.jpg




すでに誰かが感染しているのではないのか。


潜伏期間があるのでその間、感染者はあっちこっち移動する。


ネズミ算式に患者は増えるのではないのか。


=============================================

【本文】


■ エボラが日本に入ってきたならパニックに。やばい、やばすぎる! ■


日本感染症学会などが、感染者が国内で発生した場合に備えて緊急セミナーを開催する様子をテレビで見た。


かなり厄介なことになりそうだ。


患者を完全隔離しなければならない。


設備と体制の整った病院は少ない。


医師や看護師だって避けたくなる。


まず最初に中国で感染者が出るのではないか。


中国で感染者が出れば、たちまち二次感染で感染者が増えていく。


そして日本に飛び火する。


公共機関も業務がストップし、交通機関も乱れる。


われわれ国民はどう対処すればいいのか。


フジフィルムの子会社が開発した薬は本当に効き目があるのか。


効き目があるとすれば十分な量の確保は大丈夫なのか。


大臣たちのドミノ辞任で騒いでいる場合ではないような気がするのだが。


          = コンピテンシー宣教師 =


=====================

配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本。
著書「中堅・中小企業のためのコンピテンシー入門」


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」

メルマガ「『問題解決』メルマガセミナー



[PR]
by shimo3781 | 2014-10-19 16:46 | エボラ出血熱 | Trackback