ブログトップ

「コンサルタントの視点」日記

shimo3781.exblog.jp

コンサルタントの視点でさまざまな出来事に感じたままをつづります!

カテゴリ:自己啓発( 45 )

c0074721_12532798.jpg

高額商品にもかかわらず、いともあっさり成約に至ることがある。

いくつもの条件が運良くはまったわけだ。

しかし、この成功体験がこの営業マンの人生を狂わすことがある。

成功体験に酔いしれるからだ。

=====================

【本文】

■ 営業マンは成功体験に酔いしれてはならない! ■

一生懸命努力したわけでもなく、ありきたりの営業トークで商品をお勧めしただけだった。

なのに、高額商品にもかかわらずいともあっさり成約に成功した。

社に戻ったところ、上司に褒められ、同僚にも「すごいじゃない」と声を掛けられた。

ところが、それ以降は「鳴かず飛ばず」でちっとも営業成績が上がらず、逆にダメ営業マンのレッテルを貼られてしまった。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

たまたま飢えたお客様に遭遇すると努力もしないのにあっさり成約に至ることがあるがそのような例は稀有だ。

一人ひとり、お客様は全部違うから同じ営業パターンでは成約は獲れない。

あわてることなく、お客様をよく知ることに努め、営業のやり方を研究することだ。

打率3割と言えば大打者だから2割5部なら合格点と思って地道に営業活動を展開するほうが、長い目で見てやり手営業マンになれる。

  
= コンピテンシー宣教師 =


======================================

配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら

メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら

メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




[PR]
by shimo3781 | 2017-06-04 07:25 | 自己啓発 | Trackback
c0074721_15061794.jpg


しつこいと熱心は似て非なるものだ。

嫌われる営業マンにだけはならないことだ。

マニュアル通りのトークをする営業マンもお客様は親密感が湧かないから相手にもされなくなる。

======================

【本文】

■ 好感の持てる営業マンになることです! ■

営業マンがお客様の態度になんとなく“そぶり”を感じるとそのお客様は「脈がある」と思い込み、ストーカーまがいのしつこさを発揮してしまう。

しつこい営業マン、不潔そうな営業マン、口臭のきつい営業マン、売りたいだけの営業マンなどは嫌われる典型ではないかと思う。

マニュアル通りのトークをする営業マンも親密感が湧かないから嫌われる。

総合的に見るとお客様は第一印象の悪い営業マンは嫌いと言うことだ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

しつこいと熱心は似て非なるものだ。

熱心とは質問したことや依頼したことに対して堅実に素早く対応してくれる営業マンだ。

親密性があって思いやりと誠実さの漂う営業マンは第一印象からして違う。

嫌われない営業マンになる努力をし、売ることは二の次と考えれば今日は成約に至らなくともそのうちお客様は「やっぱりあなたに決めた」と戻ってきてくれる。  


=コンピテンシー宣教師=



======================================

配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら

メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら

メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




[PR]
by shimo3781 | 2017-05-31 07:10 | 自己啓発 | Trackback
c0074721_15233158.jpg

販売スタッフも営業マンも一番多く売った人が一番偉いと言うことになる。

トップセールスと言われる人の一挙手一投足をじっと観察し、その行動を真似れば今までと違った結果が得られる。

行動を変えたから結果がまるで違ったのだ。

=======================

【本文】

■ 仕事のできる人の行動特性を真似ることです! ■

ビジネスマンは頭がよくて、知識や技術に長けているに越したことはない。

だがいくら頭が良くて、知識や技術に長けていても仕事ができなければどうしようもない。

仕事のできる人の行動特性をつぶさに観察してみてほしい。

仕事のできない人に比べてものの考え方、行動の仕方がまるで違うことが分かるだろう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

例えば販売の第一線で活躍しているトップセールスの人の行動特性を観察してみることだ。

第一印象がよく、話し方に親近感が漂い、わざとらしいスマイルではなく心の底から湧き出るような爽やかさが漂っている。

お客様の話す言葉に相槌をうち、時々質問をしてお客様の意向やニーズを確認している。

このような行動特性を真似ればこれまでとは違ったお客様の反応が得られるのである。

コこれがンピテンシーの威力なのである。

= コンピテンシー宣教師 =


======================================

配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら

メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら

メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




[PR]
by shimo3781 | 2017-05-11 11:10 | 自己啓発 | Trackback
c0074721_15260161.jpg

「あなたは給料の何倍分の働きをしていますか?」と質問されたら即答できるだろうか。

給料が安いの高いのと言う前に自分が給料に見合うだけの働きをしているかどうか振り返ってみることだ。

========================

【本文】

■ 給料に見合う以上の働きをすべきです! ■

例えばプロ野球選手の年俸は高い選手と低い選手では天地ほどの開きがある。

今シーズンの成績次第で来期の年棒が決まる仕組みになっているのだ。

一方、ビジネスマンはモデル賃金に対して±10%程度に抑えられているのが一般的だ。

自分の給料の何倍も働いている人もいるだろう。

反面、自分の給料分すら働いていない人もいるかもしれない。

ビジネスマンは自分は給料に見合った働きをしているかどうかを冷静に自己評価すべきだ。

そこから自分自身の改善点が見えてくるだろう。

例えば仕事のミスをなくし、生産性を上げる工夫をすることだ。

改善したなら例えば提案制度を活用して改善内容を提案するのもよい。

自分が担当している業務の改善をすることで、最低限自分の給料以上の働きをすることだ。


= コンピテンシー宣教師 =


======================================

配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら

メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら

メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




[PR]
by shimo3781 | 2017-05-05 11:17 | 自己啓発 | Trackback
c0074721_15231939.jpg

今働いているビジネスマンの中には転職しようと思っている人は多いのではないかと思う。

でも踏ん切りがつかず、悶々とした日々を送っているのではないか。

仕事を変える前に自分を変えてほしい。

そのために時間を作って努力することだ。

========================

【本文】

■ 仕事を変える前に自分を変えてください! ■

Aさんは希望する会社に何とか入ることができた。

期待に胸弾ませて通い始めたが、一ケ月もしないうちに失望に変わってしまった。

リクルート資料に書いてあった会社案内の内容とはかなり様子が違う。

面接のとき面接官が言っていた内容ともかなり違う。

職場の先輩たちが元気溌剌どころか、みんな暗そうな顔をしている。

しまったと思ったときはもう遅い。

Aさんは早々と転職のことを考え始めた。

こんなケースが多いから3年以内に離職してしまう人が3割以上もいるのだろう。

やりたい仕事と言うのは妄想ではなかったのかと振り返ってみてほしい。

数年後に自分はどうなっていたいのかをイメージし、仕事を変える前に自分を変えるための努力をしてほしい。


= コンピテンシー宣教師 =


======================================

配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら

メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら

メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




[PR]
by shimo3781 | 2017-05-04 11:11 | 自己啓発 | Trackback

c0074721_20385946.jpg

非正規雇用で働いている人に提案したい。

今の自分は仮の姿と思い込んでほしい。

そして必ず正社員になるか、自営で成功を目指してほしいのです。

========================

【本文】

■非正規社員は自分の仮の姿と思い込んでほしい!■

アベは「同一労働、同一賃金」を唱えているが、本当にいいのだろうか。

子供たちを高校・大学にやっている人がトラックのドライバーをやっているとする。

若いトラックのドライバーも同一賃金と言う意味だろうか。

子供の学費や家のローンを抱えた人も独身者も同一労働同一賃金なら、賃金は若者に合わせたくなるのが経営者の考えることではないのか。

益々家庭は持てず、子供も生めない社会になるだろう。

伊那食品工業では今なお終身雇用制度と年功序列制度を維持している。

もちろん抜擢制の年功序列だから仕事ができない人が序列上位になるわけではない。

日本的経営には若干の課題はあるが、みんなが納得できるいい制度だと思う。

いつ飛ばされたり、首になるかもしれない制度よりも安心して永く働けるからこそ忠誠心も湧き、モチベーションも高まるわけだ。

今の非正規社員は仮の姿と考えて、正社員になるか自営で成功できるように努力すべきだ。

= コンピテンシー宣教師 =


======================================

配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら

メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら

メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




[PR]
by shimo3781 | 2017-03-02 11:12 | 自己啓発 | Trackback
c0074721_15201653.jpg



【贈る言葉】

“百聞は一見にしかず”と言うが“百聞は一験にしかず”とも言える。砂糖の甘さはなめてみないと分からないし、畳の上の水練ではいざと言うとき役に立たない。実地に体験してみると言うことが実に大切なことだと思う。

         ~松下幸之助氏のことば~

========================

【本文】

■会社で野次馬になってはいけない!■

会社で問題が起きると大騒ぎする人が大勢いる。

営業部門の人間は「なに、また不良?一体何やってるんだ」。

生産管理部門の人間は「一体、出荷はどうなるのか?」。

経理部門の人間は「今月の売上に響くじゃないか。どれぐらい売上落ちそうか」。

みんな「一体、どうしてくれる気か」と野次馬根性むき出しで騒ぎ出す。

火事場を遠巻きにして「自分が困るから早く何とかしてくれ」と言うスタンスだ。

原因を調べ、対策を検討し、実行する人間が少数民族になっている会社は実に多い。

会社においては騒ぐことしかできない人間は最低だと思う。

問題解決に向けて自分も役に立てるように実地訓練しておかなければ烏合の衆で終わる。

大火事のときは、野次馬や烏合の衆になるのではなく、みんな消防士になってほしいのである。


             = コンピテンシー宣教師 =

=======================================

配信元は、彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら

メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、こちら



[PR]
by shimo3781 | 2016-01-17 15:23 | 自己啓発 | Trackback
c0074721_16132362.jpg




中小企業に就職したら過去の肩書もプライドも捨てる覚悟がいる。


現場の人たちは心が通じ合えればみんな人情にもろい人たちだ。


彼らの懐に飛び込むことだ。

================================

【本文】


■ シャープ希望退職者、プライド捨てて中小企業で順応してください! ■


シャープの株主総会では経営陣、とりわけ高橋社長の退陣を要求する声が高かった。


でも居座ると思う。


これから大リストラが始まる。


奈良労働局にはシープの在職者から求職の相談が来始めているという。


皆さんはまずシャープ時代のプライドを捨てることだ。


これからはプライドはあるだけ邪魔になる。


そして泥をかぶって、何でもやる覚悟を持ってもらいたい。


中小企業では社長も現場に入って働かなければならないことが多い。


だから現場の人たち誰とでも気さくに話ができなければならない。


分からないことは何でも聞いて覚える姿勢が大事だ。


これから皆さんの人間力が試される。


家族を養うために、歯を食いしばって頑張ってほしい。


           = コンピテンシー宣教師 =

==========================

配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本。
著書「中堅・中小企業のためのコンピテンシー入門」


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」

メルマガ「『問題解決』メルマガセミナー



[PR]
by shimo3781 | 2015-06-23 16:15 | 自己啓発 | Trackback
c0074721_1539165.jpg




提案一つしない人、つまり「出ない杭のひと」は、会社では活躍の場がないでしょう。

==================================================

【本文】

■「出ない杭」は活躍の場を失います!■

「出る杭は打たれる」と言うことわざがある。

会社でうまく生きながらえていくには「長いものには巻かれよ」がいいと
決めて掛かっている人もいた。

上には決して逆らってはいけない。

自己主張をやるのはいいが、やんわりとやる。

もし、自己主張して上司の表情が曇ったら直ぐに取り下げることが生き方
上手だった。

今でも前述したように「出る杭は打たれる」と言った風土の会社はあるが、
めっきり少なくなっていることは確かだ。

革新的な会社ほど「出る杭」でなければ活躍の場さえ失ってしまう。

どんなテーマを振られても提案できる能力を身に付けておかなければなら
ない。

そのためには好奇心旺盛に情報を収集し、整理して頭の引き出しにしまっ
ておくことだ。

いつでも引き出しから取り出し、いいアイディアを誰よりも早く提案でき
るようにしておくことだ。

        =コンピテンシー宣教師=


=====================

配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本。
著書「中堅・中小企業のためのコンピテンシー入門」


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」

メルマガ「『問題解決』メルマガセミナー



[PR]
by shimo3781 | 2015-01-23 15:39 | 自己啓発 | Trackback
c0074721_16293483.jpg




もうすぐドラフト会議が始まる。


それに先駆けて戦力外通告が各球団から発表されている。


=============================================

【本文】

■ 戦力外となった選手たちの再起を願う。ビジネスマンの基礎を学んでほしい! ■


プロ野球のレギュラーシーズンが終わるや否や戦力外通告の発表が各球団からなされている。


「戦力外」。


悲しい響きを持った言葉だ。


「契約継続対象外」といえば少しはソフトな表現になるように思う。


ドラフト1位で入団した選手もいれば、元大リーガーもいる。


それはもう過去の栄光に過ぎない。


これからの人生のほうがずっと長い。


野球以外知らないわけだから監督・コーチ、解説者になれなかった人は一般人として生きていかなければならない。


将来、起業するにせよ、まずはビジネスマンとして社会経験をしながら、いろいろなことを勉強することから始めなければならない。


ビジネスマンとしての心構えから始まって、人間関係のこと、挨拶のこと、ビジネスに必要ないろいろな手法を身に着け、さらには人格も磨いてほしい。


そのような人たちを応援したい。


是非頑張ってほしい。


          = コンピテンシー宣教師 =


=====================

配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本。
著書「中堅・中小企業のためのコンピテンシー入門」


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」

メルマガ「『問題解決』メルマガセミナー



[PR]
by shimo3781 | 2014-10-12 16:31 | 自己啓発 | Trackback