ブログトップ

「コンサルタントの視点」日記

shimo3781.exblog.jp

コンサルタントの視点でさまざまな出来事に感じたままをつづります!

カテゴリ:自己啓発( 68 )


c0074721_14161481.jpg


メガバンクが10000人規模のリストラをするそうだ。


金利ゼロで預金に来る人もまばら。


利ザヤが稼げない。


リストラされた銀行マンはどこへ行くのだろうか。


======================


【本文】


■ ビジネスマンは常に再就職の力を蓄えておくこと! ■


経営陣は、今の事業であと何年飯が食えるのかを精度よく予測しなければならない。


商品やサービスには必ず衰退期がやってくることになっている。


強力なコンペティターが出現すればあえなく競争に負けるだろう。


例えば、スマホの写真の画質がよくなり、デジカメは不要になった。


技術志向の強い会社は、いい商品さえ作れば必ず売れると考えるきらいがある。


会社にとっていい商品とお客様にとってよい商品とではかなりギャップがある。


メガバンクでリストラの対象になる社員に与えるストレスは、計り知れない。


ほしいとき採用しておいていらなくなったらポイとは・・・。


ビジネスマンは常に、ストレス耐性を磨き、再就職のための力を常に蓄えておく必要があるのだ。


= コンピテンシー宣教師 =


==========================================

配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング


[PR]
by shimo3781 | 2017-11-26 11:14 | 自己啓発 | Trackback


c0074721_15423897.jpg


ビジネスマンは常に自分の市場価値を冷静に評価してみることだ。


そのうえで自分の市場価値をもっと高めることに挑戦することだ。


これが自己革新に繋がる。


自分の市場価値を高めて置けば転職も自営もきっとうまくいく。


==========================


【本文】


■ 自分の市場価値を高めておくことです! ■


自分を磨くことに努力していないビジネスマンは多いように思う。


公務員ならそれでもいいだろう。


警察のご厄介になるような悪いことをしない限り、クビになることもない。


問題を起こしてしまっても、いかにして責任を回避するかだけを考える。


でもそんなサラリーマン生活はつまらないのではないか。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


ビジネスマンは自分の市場価値と言うものを客観的に評価し、そのうえで市場価値を高める努力をすればきっと自己革新につながる。


嫌になって転職したくなるときもあるだろうし、将来会社が傾いてリストラされてもきっと再就職できるだろう。



思い切って自営の道に進む場合も保有している資格を最大限に生かすことができるはずだ。




= コンピテンシー宣教師 =




==========================================

配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング


[PR]
by shimo3781 | 2017-11-19 11:26 | 自己啓発 | Trackback


c0074721_15392757.jpg


自分のモチベーションが低いのは上司のマネジメントが悪いからだと考えている人がいる。


モチベーションは人に高めてもらうのではなく、自分で高めるものだ。



そう考えないと自己革新はできない。


==========================


【本文】


■ モチベーションは自分で高めるものです! ■


「あの課長のやり方じゃやる気なんか起きないよ」と居酒屋で数人のグループが息巻いていた。


どうやら自分たちの上司のマネジメントを批判しているようだ。


自分たちのモチベーションが低いのは上司のマネジメントがなっていないからだと決め付けているように見え、自分たちは悪くないと言う論法のようだ。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


課長は部下のモチベーションを高めるためのさまざまな動機付けをしなければならない。


方針を明示し、課の計画を練る段階から部下にも参加してもらい、意見を反映させたアクションプランを作成することも大切だ。


課長が独断と偏見で作成した計画には賛同しかねるからモチベーションがあがないと言うのではあまりにも大人気ない。


不満だらけの状況下にあってもモチベーションは自分で高めるものと心得ておかなければ、自己革新はおぼつかなくなることを自覚すべきだ。


= コンピテンシー宣教師 =




==========================================

配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング


[PR]
by shimo3781 | 2017-11-18 11:01 | 自己啓発 | Trackback

c0074721_14125814.jpg


リーダーにとって何が革新かと言えば人間性や人格を磨くことではないだろうか。


せっかく保有している天賦の才能も不発に終わってしまうからだ。

========================

【本文】


■ リーダーにとっての革新は人格を磨くことです! ■


課長に昇格させる前に研修を十分行ってから発令する会社もある。


しかし、中には課長に昇格させる動機が不純な会社もある。


課長にしてしまえば残業無制限で、しかもわずかの課長手当てだけで済むと打算的な考えで発令する不届きな会社もある。


課長たる者、マネジメントもおぼつかなく、人格にも大いに問題のある例は多い。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


才能のある人に限ってあまり人格を重視したがらない。


天賦の才能を保有しているのに力を発揮できないわけだ。


ビジネスと言うものは一人でできることには限りがある。


集団で協力してやるからこそ大きな仕事を成し遂げることができるのだ。


集団での協力体制を築くためにはどうしてもリーダーの優れた人格が必要なのだ。


つまり、リーダーにとっての革新は自分の人格を磨くことなのである。


= コンピテンシー宣教師 =




==========================================

配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング


[PR]
by shimo3781 | 2017-11-13 11:17 | 自己啓発 | Trackback


c0074721_14355384.jpg


特に幼児は新しい体験にとても開放的だ。


おおよそ3ケ月に一度の割で娘と共に我が家に訪れる孫娘を見ているとそう感じる。


感受性が強く、好奇心旺盛で、怖いもの知らずで、何でも試そうとする。


ビジネスマンもそうあってほしい。


=========================


【本文】


■ ビジネスマンは感受性と好奇心を持ち続けること! ■


「遅れず、休まず、働かず」と言う言葉があった。


昔、国鉄マンに対して揶揄した言葉だった。


国鉄は破たんしてJRとして生まれ変わり、JR北海道以外は成長・発展を遂げている。


老舗のスーパーや電機メーカーが衰退したり、破たんしたのは、経営革新に対する努力が足りなかったからに他ならない。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


「悪いのは我々経営陣であって、社員は悪くありませんから」と涙の記者会見をしたのが山一証券の当時の野澤正平社長だった。


経営者も社員も感受性を高く持ち、好奇心を持ち続けなければならない。


そして怖いもの知らずで、社員と共に経営革新を断行することが大事なのだ。


経営者も社員も同じボートに乗って、突き進めばきっと会社は発展できるのではないか。


= コンピテンシー宣教師 =




==========================================

配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング


[PR]
by shimo3781 | 2017-11-12 11:18 | 自己啓発 | Trackback

c0074721_15412582.jpg


ビジネスマンとして生き残る人はもっとも強い人でも、もっとも賢い人でもない。


もっとも変化に適応できる人だ。


だから変化適応力を磨く努力をすべきだ。

========================

【本文】


■ 生き残るのは変化適応力のある人です! ■


考えを変えると「あなたはいつから主義・主張を変えたのですか」といじられる。


上手に説明できないかもしれない。


悩むことにもなる。


でも、主義・主張を変えることを負けなどと考えてはならない。


保守的な考えだった人が革新的な考えに変えることは何も問題ないのだ。


その逆もいい。


主義・主張を変えるのと同時に行動特性も変えてほしい。


新しい自分になったのだと胸を張ればいいのだ。


そうすれば無用なストレスは溜まらない。


刻々と変化する環境に対して変化適応力を磨き、主義主張も行動も変えれば自然に仕事も楽しくなる。


 = コンピテンシー宣教師 =


==========================================

配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング


[PR]
by shimo3781 | 2017-11-04 11:11 | 自己啓発 | Trackback

c0074721_14394681.jpg



同じ失敗を繰り返すビジネスマンがいるが、極めてまずい。



次は違う失敗をするほうがいいと思う。



そのほうが賢くなり、行動の仕方を変えるだう。



========================



【本文】



■ 失敗から自分を磨くことです! ■



ホンダの創業者である本田宗一郎氏は「失敗は許す。だが同じ失敗はするな」が口癖だった。



同じ失敗を繰り返す人は確かに居る。



会社や職場では「またあいつか」とすっかり有名になる。



次は違う失敗をするほうがいい。



そのほうが新しい教訓が得られる。



失敗は一種の授業料だ。



会社は高い授業料を払うのだから失敗を次に生かさなければならない。



うわべだけの原因だけではなく、動機的原因まで明確にし、再発防止対策を図ることだ。



なぜ判断を誤ってしまったのか、なぜ早く間違いに気づくことができなかったのかにまで遡って「なぜ、なぜ、なぜ・・・」を繰り返すことだ。



失敗から得るものがないのは単なるケアレスミスに過ぎないと言うことを認識すべきだ。



  = コンピテンシー宣教師 =



==========================================

配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング


[PR]
by shimo3781 | 2017-10-28 11:25 | 自己啓発 | Trackback

c0074721_15444955.jpg


「見ざる、言わざる、やらざる」と言うことわざがある。



だが、「大いに見る、大いに語る、しかしやらざる」の人のなんと多いことか。



官僚的な会社に特に多い。



========================



【本文】



■ できる人は「発揮する能力」を身につけています! ■




能力には大きく分けて二つの要素がある。




一つはIQ(Intelligence Quotient:知識・技術などの知能指数)だ。




もう一つはEQ(Emotional Quotient:心の知能指数)である。




仕事の成果に対する貢献度は実はEQが70%以上でIQは30%以下と言われている。




しかし、行動しなければ成果はゼロだ。




なぜ行動力のある人とない人がいるのだろうか。




それは、発揮する能力が高いか低いかによる。




行動力のある人は常に喉が乾いた状態だから水を飲まないではいられない。



喉が渇けば誰もが水を飲む。



自分を常に喉が渇いた状態にするには、人生目標を設定して走り続けることだ。



ご理解頂いた方は、今直ぐに人生目標を決めれば走らざるを得なくなる。



= コンピテンシー宣教師 =




==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング


[PR]
by shimo3781 | 2017-10-20 11:05 | 自己啓発 | Trackback

c0074721_15511379.jpg


どこの会社にも立派なことは言うが立派なことをしない社員がいるものだ。



このような社員は情報収集がうまいから確かに立派なことを言えるネタを持っている。



でも、会社にとっては立派なことを言うよりも立派なことをする社員が貴重な人財なのだ。



========================



【本文】



■ 立派なことを言うよりも立派なことをすべきです! ■



ビジネスマンは議員を目指して立候補した候補者たちとは違うはずだ。



候補者はあることないこと、口から出まかせに立派なことを言う。



いざ当選してみればマスゾエのような政治屋で終わってしまう。



実際マスゾエは、公約はほとんど実行もせず、単なる税金ドロボーだった。



ビジネスマンはそんなことでは困る。



立派なことを言う前に立派なことをして実績を上げることが大事だ。



実績を上げても人格者は立派なことは言わない。



人格と教養がブレーキを掛けるわけだ。



評価は他人がしてくれるものと心得ておくとよい。



このようなビジネスマンは、いつしか周りから絶大な信頼を得て、なくてはならない人財になれるだろう。



= コンピテンシー宣教師 =



==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング


[PR]
by shimo3781 | 2017-10-19 11:12 | 自己啓発 | Trackback


c0074721_14054122.jpg


「🎵花の咲かない枯れススキ🎵」。



大正10年ごろできた「船頭小唄」と言う哀しい唄の文句にある。



ビジスマンなら「花の咲かない枯れススキ」で終わってはならない。



自分は自分、人との違いを明確に出して自分の花を咲かせてほしい。



それが人財と言うものだ。



============================



【本文】



■ 他との違いを示して自分の花を咲かせてほしい! ■



昔は、川は物流の根幹を成していた。



穀物も野菜も木材も船で運んだ。



利根川などでは人の往来にも船が重宝され、船で嫁いだ花嫁もいた。



夫婦で(利根川の)船頭で終わるなんて、悲しくも美しい叙情あふれる唄だった。



でも「花の咲かない枯れススキ」にだけはなりたくないものだ。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



ビジネスマンは「花の咲かない枯れスキ」になってはならない。



他人との違いを明確にするために、自分の専門分野を増やすことが大事だ。



そのうえで問題解決力を磨けば「人財」としての条件がある程度整う。



きっと自分の出番がやってくるからそのときこそ、能力を発揮し、大いに貢献することだ。



 = コンピテンシー宣教師 =


==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング


[PR]
by shimo3781 | 2017-10-02 11:05 | 自己啓発 | Trackback