ブログトップ

「コンサルタントの視点」日記

shimo3781.exblog.jp

コンサルタントの視点でさまざまな出来事に感じたままをつづります!

カテゴリ:企業風土( 33 )


c0074721_15054564.jpg


改善活動に熱心な会社は総じて業績がいい。

みんなで知恵を出し合って改善を重ねている姿には共感する。

チームで改善活動に取り組んでいる職場では、みんな生きがいを感じているから辞めていく人も少ない。

****************************************************

【本文】

■ 改善活動で生き生き職場を作る! ■

技術や技能の伝承はとても大切だ。

伝承には、指導する側と受け手の息がピッタリ合うことが大事になる。

受ける側に「心」がなければうまく伝わらない。

指導する側も上から目線では嫌われてしまうだろう。

教えたら今度は実際にやって見せる。

次に受け手にやらせてみる。

「そう、そう、その調子」と言いながら自信を付けさせていくことが大事だ。

伝承した技術や技能を生かして、みんなで改善活動を実行している会社は総じて好業績だ。

改善活動が盛んになれば、人間関係の絆も深くなり、離職者が減るから教育効果が発揮されて益々好循環が得られる。

このような生き生き職場には、誰もがきっと共感を覚えるだろう。

=コンピテンシー宣教師=



==========================================


配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら

メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら

メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




[PR]
by shimo3781 | 2017-07-25 11:02 | 企業風土 | Trackback
c0074721_17245082.jpg




トップの力量で業績はがらりと変わる。


日本航空がよい例だ。


稲盛氏が会長に就任してわずか2年で黒字に転換した。


JR北海道の経営陣も荒療治が必要ということだ。


======================

【本文】


■ JR北海道の改革には荒療治が必要! ■


JR北海道のレールの保守管理は本当にずさんだ。


そのことを受けて国土交通省は、すべての鉄道会社に対する監査強化に乗り出すという。


そのこと自体はいいことだが、今回の問題は今のJR北海道を非難し、締め上げても根本的な問題解決にはならないように思う。


そもそも国鉄民営化の時にさかのぼって、大きな問題を抱えたままスタートしている。


JR北海道、JR四国、JR九州はスタート時から赤字体質だった。


国は3社に対してハンディキャップを克服するために、運営資金を配分し、運用益で赤字補てんができるように配慮してあげた。


その配分金はJR北海道が最も大きい額だったという。


JR九州は、経営者が優秀だったこともあり、2006年には黒字に転換した。


その後、多角化にも成功し、成長し続けている。


それに引き替え、JR北海道は、国鉄時代の体質をそのまま引きずり、社員の意識改革すらできなかった。


トップから入れ替える荒療治が絶対に必要だ。


             = コンピテンシー宣教師 =


=====================

配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本。
著書「中堅・中小企業のためのコンピテンシー入門」


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」

メルマガ「『問題解決』メルマガセミナー


[PR]
by shimo3781 | 2013-09-29 17:26 | 企業風土 | Trackback
c0074721_1644213.jpg




国鉄時代の体質を引きずっているのはJR北海道だけだ。


彼らに新幹線を運行させたらどうなるか。


大事故多発が待っている。


======================

【本文】


■ JR北海道だけが国鉄時代の体質を引きずっている。おもてなしとは無縁です! ■


JR函館線の大沼公園ー七飯間は21日の午後5時30分ごろ、事故から2日振りに復旧した。


函館駅では、JRからの説明が二転三転し、振り回された乗客が不満をぶちまけた。


函館駅では、21日の朝から札幌方面への列車に乗り継ぐため、代行バスに乗ろうと観光客300人が行列を作った。


幼児を抱いたお客や車いすのお客もいた。


一様に怒りの表情を浮かべ、「いったいどうなってるんだ」と詰め寄る乗客もいた。


11時ごろ、駅員が午後3時過ぎに札幌行きの特急を運行するとアナウンス。


乗客に安堵感が広がる間もなく、乗客が集まった午後3時ごろ、一転して運休となった。


観光客の一部はJRはあてにならないと旅行を取りやめて本州に向かう人もいたという。


JR北海道だけが国鉄時代の体質を引きずっているのはなぜなのだろうか。


レールの幅が広がってしまったら緊急メンテナンスが必要でしょう。


それを長期間放置するとはいったい何を考えているのか分からない。


JR北海道に新幹線を運行させたら大変な事故を起こすことは間違いない。


「遅れず、休まず、働かず」の体質は恐ろしいことだ。


JR北海道に「おもてなしの心」は一かけらもない。


             = コンピテンシー宣教師 =


=====================

配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本。
著書「中堅・中小企業のためのコンピテンシー入門」


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」

メルマガ「『問題解決』メルマガセミナー


[PR]
by shimo3781 | 2013-09-22 16:11 | 企業風土 | Trackback
c0074721_1705339.jpg




新聞社だって休みがあっていい。


だが、5月7日(火)というのはタイミングが悪すぎるように思う。


======================

【本文】


■ ゴールデンウィーク明け、いきなり新聞休みはいかがなものか! ■


長いゴールデンウィークが終わり、7日の火曜日から企業が動き出した。


それなのにいきなり新聞が休みだ。


遅ればせながら一日だけ我々にもゴールデンウィークのおすそ分けをくださいというわけだろうか。


気持ちはわかる。


だが、長い休み明けだけは新聞を休んでもらいたくない。


連休最後のニュースもある。


企業が動き出す初日ということで、いろいろ記事も発信すべきだ。


もう少しサービス精神を発揮してほしいと切に思う。


          = コンピテンシー宣教師 =


=====================

配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本。
著書「中堅・中小企業のためのコンピテンシー入門」


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」

メルマガ「『問題解決』メルマガセミナー


[PR]
by shimo3781 | 2013-05-07 17:03 | 企業風土 | Trackback
c0074721_16234876.jpg




秋の東京の風物詩に定着した日比谷公園の松本楼」の10円カレー。


このようなチャリティこそが立派な社会貢献なのだ。


======================

【本文】


■ 「松本楼」40回目の10円カレーで被災地子供救援! ■


25日、東京は日比谷公園の「松本楼」で恒例の10円カレーがふるまわれた。


今年で40回目だという。


創業104年の老舗だ。


先着1,500人分が用意された。


売切れ次第終了。


売上金は、被災地の子供たちの救援に使用されるそうだ。


このようなチャリティは本当に心温まる企画だ。


3代目の小坂哲瑯(てつろう)社長(80歳)は「10年続けばと思っていたが、よくぞここまで」と感慨深げだそうだ。


こういう活動を真の社会貢献という。


不祥事企業の経営者の皆さんは、小坂社長の爪の垢を煎じて飲んでほしいものだ。


          = コンピテンシー宣教師 =


=====================

配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本。
著書「中堅・中小企業のためのコンピテンシー入門」


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」

メルマガ「『問題解決』メルマガセミナー


[PR]
by shimo3781 | 2012-09-25 16:24 | 企業風土 | Trackback
c0074721_1647345.jpg



企業も住民も確かにまじめに節電には取り組んでいる。


だが、東電の電力供給はかなりの余裕がある。


そして東北電力の不足分を融通までしている。


電力不足を煽る目的は別にあったような気がしてならない。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


【本文】


◆東電管内、電力余りとはこれいかに!◆


福島第一原発の事故を受けて、この夏は電力不足が早くから叫ばれていた。


計画停電も一時行われたから住民は「これは大変」と本気で思った。


企業も住民も節電に力を入れていることは事実だ。


しかし、東電管内では、電力不足の危険性は全くない状況が続いている。


しかも、東北電力の不足分を融通までしている。


東北電力は大雨で水力発電の設備がやられて電力不足に陥っている模様だ。


女川原発が停止している影響もある。


話を東電に戻そう。


電力不足という情報を煽り立てて、「ゆえに原発は絶対に必要」という結論に結び付けたかっただけではないのだろうか。


週刊誌に寄れば、朝日新聞は東電の虜になっていたというではないか。


一社独占なのだから広告宣伝は必要ないにもかかわらず、朝日新聞には莫大な広告費が支払われていたという記事を目にして、やりきれない思いだ。


        =コンピテンシー宣教師=


=====================

配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本。
著書「中堅・中小企業のためのコンピテンシー入門」


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」

メルマガ「『問題解決』メルマガセミナー


[PR]
by shimo3781 | 2011-08-11 16:48 | 企業風土 | Trackback
c0074721_1646955.jpg



電気料金の検針に来るのは普通おばさんだ。


だが、彼女たちの月給が半端じゃない。


給料は平均40万円だそうだ。


だから、辞める人がいないのは当然だ。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


【本文】


■東電賃金2割カット、資産売却で賠償金の数%にも満たない!■


東京電力は社員の年収を2割ほどカットする方向で労働組合と交渉に入った模様だ。



賠償金の支払い原資に当てようというわけだ。


組合員は3万人もいるそうだ。


人づてに聞いた話なので信憑性は分からないが、電気使用量の検針に来る人がかなりいる。


大概は高齢のおばちゃんがくる。


彼女たちの月給は平均40万円と聞かされて唖然とした。


確かに雨の日も風の日も、てくてく歩いて検針し、印刷した紙をポストに入れていく。


ボーナスを加えて軽く500万円を越えるわけだ。


中堅クラス以上の社員なら、ほとんどが年収1千万円を越していると推定される。


2割カットしても一般の企業に比べればまだまだ高い。


保養所などの施設が20以上もあるそうだ。


高給リゾートホテル並みの施設ばかりなのだろう。


今回、被災者に施設を開放することはしなかった。


被災者に部屋を汚されるのが嫌だったのだろうか。


これらの資産も売却するのだろう。


それでも、2割カットと株も含めた資産売却でせいぜい数千万円しか調達できない。


昨日触れたように訴訟もたくさん起こされるから裁判費用、弁護士費用もかさむ。


風評被害も含めた賠償額はざっと10兆円は下らないのではないか。


東電の支払い限度額は法律で決まっていて、保護されるようだが、それでも支払額にはとても足りない。


普通の会社なら倒産だ。


        =コンピテンシー宣教師=


=====================

配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本。
著書「中堅・中小企業のためのコンピテンシー入門」


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」

メルマガ「『問題解決』メルマガセミナー


[PR]
by shimo3781 | 2011-04-21 16:50 | 企業風土 | Trackback


新聞社やテレビ局が事件を起こすことはよくあることだ。

普段、他社、他人が起こした失敗や事件に対しては厳しい論調を掲載する。

身内のしでかした問題に対しても同じように厳しい記事を書いてほしいものだ。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


【本文】


■読売旅行、チラシの写真は長年盗作!■


読売旅行の本社に捜査のメスが入った。


読売旅行といえば読売新聞社100%出資の子会社で資本金1億円だ。


我が家では読売旅行を使ったことはない。


そんな読売旅行が長年にわたり、チラシの作成にご当地の写真を盗作して掲載していたことが発覚したという。


他人のきれいな写真を堂々と使用していたのだ。


しかも、トップ主導と報じられている。


コンプライアンスも何もあったものではない。


人の失敗や事件を鋭くえぐって記事にする新聞社の子会社が何ということだ。


「もっとも悪質な著作権侵害をわが子会社が」という大きな見出しで報道してほしいものだ。


今後の推移を見守りたい。


        =コンピテンシー宣教師=


=====================

配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本。
著書「中堅・中小企業のためのコンピテンシー入門」


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」

メルマガ「『問題解決』メルマガセミナー


[PR]
by shimo3781 | 2009-12-16 16:01 | 企業風土 | Trackback


トヨタの企業力が怪しくなっている。

効率一辺倒というわけではないだろうが、品質管理が弱体すぎる。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


【本文】


■トヨタの品質管理は弱体すぎる!■


トヨタがレクサスなど426万台をリコールすることになった。


いや、リコールと言えばトヨタが不快感を示すかもしれない。


リコールではなく自主的改良と位置づけているそうだ。


面子ばかり気にする必要はないのではないか。


運転席のフロアマットに引っかかってアクセルペダルが戻らなくなるというから重大な不良だ。


アクセル交換には数百億円の費用が掛かる見込みだという。


費用はまだしもこれまで築いてきた信頼を失うことになる。


トヨタ式生産方式は世界的にも有名で導入している企業は多い。


効率性を追究するためには優れた手段だ。


だが、あわせて品質管理、信頼性管理も充実させなければならなかったが怠ったようだ。


我が家の車はホンダのフィット。


念のためフロアマットを点検したがアクセルぺダルにはかぶさっていなかったから全く問題なしだ。


今回の事故を未然に防止するには予測技術で対応しなければならない。


アクセルぺダルが戻らなくなるのはどんな場合かを予測し、あらかじめ対策を講じることだ。


トヨタの業績回復に暗雲が漂う。


           =コンピテンシー宣教師=


=====================

配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本。
著書「中堅・中小企業のためのコンピテンシー入門」


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」

メルマガ「『問題解決』メルマガセミナー

[PR]
by shimo3781 | 2009-11-27 18:09 | 企業風土 | Trackback



警察の幹部が平気で酒酔い運転をする。


お堅い会社も虚偽、不正を平気でやる。


世の中、狂っている。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


【本文】


■日立はなぜ奈落の底に落ちたのか!■


日立の09年3月期の最終赤字はなんと7,880億円となった模様だ。


開闢以来の大赤字だが、いたって平穏を装っている。


この半端でない赤字をどうやって解消していくのか。


なぜ奈落の底に落ちたのか。



それは、先般の冷蔵庫のCO2削減48%というウソの宣伝をし、エコ大賞まで取得していたでたらめぶりがすべてを物語っているように思う。


日立といえば、「石部堅吉」といわれるほどのお堅い会社。


うそ、虚偽、不正などとはおよそ無縁だった。


事業が思うように展開しない苛立ちが積もりに積もっているのだろうか。


ばれるうそほ平気でつくようになってしまった。



その動機的原因は何か。


動機的原因を追及して再発しない対策を講じるのが得意な会社、それが日立だ。


是非動機的原因と再発防止対策を公開してほしい。


ただ信頼を取り戻すではどうにもならないことを認識してほしい。


今のままでは完全沈没するだけだ。


        =コンピテンシー宣教師=


=====================

配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本。
著書「中堅・中小企業のためのコンピテンシー入門」


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」

メルマガ「『問題解決』メルマガセミナー

[PR]
by shimo3781 | 2009-05-07 18:14 | 企業風土 | Trackback