ブログトップ

「コンサルタントの視点」日記

shimo3781.exblog.jp

コンサルタントの視点でさまざまな出来事に感じたままをつづります!

カテゴリ:人事労務( 312 )


c0074721_15335799.jpg



上司は部下を査定する権限を付与されているが部下は上司を査定することはできない。


だが、心ある企業では上司に対して「360度評価制度」を導入した。


部下全員に査定されるから上司は目の色を変えて働くようになる。


============================

【本文】


■ 360度評価を導入すれば上司の態度が一変する! ■


多くの会社では春の行事として賃金改定の査定がある。


ボーナスの時期が近づけば、ボーナスの査定がある。


人間が人間を査定することは本当に難しい。


何か一つでもいい点があれば、みんなよく見えてしまうし、何か一つでも欠点があれば全てが悪く見えてしまう。


どうしても恣意的な査定になってしまいがちだ。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


心ある会社では360度評価を導入している。


一人の部下に対して上司だけでなく、同僚にも評価させるとまるで違った結果になる。


上司に対しても部下全員に評価させると重役から高評価の上司の評価は酷評になる。


上司は上ばかり見ているわけに行かなくなり、目の色を変えて働くようになるのだ。


= コンピテンシー宣教師 =



==========================================

配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング


[PR]
by shimo3781 | 2017-12-12 07:14 | 人事労務 | Trackback


c0074721_13133866.jpg



経営者は少しでも自社を成長させようと願って日夜努力している。


成長するには投資が必要だ。


中でも人材投資がカギを握っているが、実際はあまり熱心ではないように思う。


企業を成長させるのは人なのだが・・・。


=========================

【本文】


■ 経営革新の前に人材投資をすべきです! ■


ないない尽くしで言うならばお金がない、人がいない、蛙のお腹におへそがない(笑)。


経営者なら誰もが自社を成長させたいと願って日夜努力している。


お金は銀行からの融資に成功すれば何とかなる。


だが、「こと」を成し遂げるには実力のある人財が絶対に必要だ。


プロ野球やサッカーのように海外チームから助っ人を急遽採用するわけにも行かない。


「人財」は、一朝一夕に育つものではないのである。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


長期的には素質のありそうな人材を採用して「人財」に育成することが大事だ。


今いる社員を教育して「人財」に育成することが大事だ。


経営革新の前に人材育成投資を是非実践してほしい。


  = コンピテンシー宣教師 =


==========================================

配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング


[PR]
by shimo3781 | 2017-12-08 11:13 | 人事労務 | Trackback

c0074721_15442702.jpg


よほど出来の悪い営業マンでない限り、担当替えや転勤はさせないほうがいいのではないかと思う。


なぜなら、お客様は慣れ親しんだ営業マンから継続して購入することを望んでいるもの
だ。


***************************************************


【本文】


■ 営業マンの担当替えは差し控えるほうがいい! ■


先般、知人の女性が愛用の軽自動車を買い替えた。


S社の軽自動車に乗って10年になるが、また同じ営業マンから購入したと言う。


初めて会ったときから印象がよく、とても面倒見がよかったそうだ。


時々、近くまできたからと立ち寄ってくれて「車の調子はいかがですか」と尋ねてくれる。


二台目に乗り換えるときも迷わず同じ営業マンから購入し、今回の三台目も同じ営業マンだとうれしそうに言う。


「あの人がいなくなるまで付き合うわ」とまで言う。


S自動車のディーラーでは、担当替えの時には、前任の営業マンが新任の営業マンを連れて挨拶にきて、「後輩もよろしく面倒を見てください」とお願いするそうだ。


自動車に限らず、企業担当の営業でも、個人客担当の営業でも担当替えや転勤は極力控えるほうが取引がスムーズに行く。


だれもが慣れ親しんだ営業マンから継続して購入したいと思っているから。


=コンピテンシー宣教師=


==========================================

配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング


[PR]
by shimo3781 | 2017-12-07 11:22 | 人事労務 | Trackback

c0074721_15413337.jpg


社員の失敗に対して寛大な会社と厳しい会社がある。


「うちの社員は挑戦意欲がない」などと愚
痴る経営者がいるが、失敗した社員に厳しい処分をするようではとても挑戦意欲など湧かないと思う。


***************************************************


【本文】



■ 社員に挑戦意欲を植え付けるには! ■



社員がやってしまったミスや失敗に対して厳しい態度で臨む会社は結構多い。



107人もの犠牲者を出したJR西日本の脱線事故が思い出される。



電車がホームをオーバーランしてしまうことはよくある話だ。



中には停車駅を通過してしまうミスもある。



日本の鉄道では遅れも重大なミスとして扱われることが多い。



あの事故では、運転手が遅れを取り戻そうと急カーブに猛スピードで突入してしまったことが大惨事の原因だった。



ミスをした運転手には厳しい処罰が待っているから、正常な心理状態で運転できなくなるのだろう。



一方、「失敗やミスは授業料だからよく反省して同じ失敗をしないように」と言う寛大な経営者もいて、このような会社の社員は挑戦意欲が旺盛だ。



経営者は、社員の失敗やミスは大目に見ると決断してはどうだろうか。



=コンピテンシー宣教師=




==========================================

配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング


[PR]
by shimo3781 | 2017-11-30 11:04 | 人事労務 | Trackback

c0074721_15493614.jpg



働き方改革とやらで、何も改革されていないが、とにかく残業がなくなった。


定時になったら消灯されてしまうからとにかく会社を出なけばならない。


だが、こんなに早く帰りたくない。


結局、夜の街を徘徊することになる。


名付けてフラリーマンだ。


========================


【本文】


■ 働き方改革でフラリーマンが夜の街に溢れている! ■


残業を取り上げられたサラリーマンは小遣いも減らさる。


嫁に「あなた、どうして手取りが減ったの? 残業手当がないわね」といじらる。


そのうえ、子供の面倒を見ろとか、家事を手伝えと言わる。


こんなに早く帰りたくない気持ちになる。


自動販売機で缶ビールを買って飲むがうまいわけではない。


ゲーム機にコインを入れて遊んでみるが、小遣いが目減りする。


仕方なく雨が降っていなければ、公園のベンチでスマホをいじって時間をつぶす。


こんなフラリーマンが巷に増えているのだ。


会社は人員を増やして受注増に対応したいが、人手不足で応募者はほとんどいない。


知人の社長が、従業員に「残業は今まで通り続けさせてほしい。そうしないと家計が破たんする」と訴えられれているそうだ。


適度な残業はサラリーマンのオアシスだと思うな。


= コンピテンシー宣教師 =



==========================================

配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング


[PR]
by shimo3781 | 2017-11-28 11:21 | 人事労務 | Trackback

c0074721_15304448.jpg


長い人生を生きていく上で大切なのは自分自身を変革することだ。



そのためには人事異動が絶好のチャンスになる。



営業、生産現場、経理、総務、人事など何でも嫌な顔せず受け入れることだ。


=========================


【本文】


■ 人事異動が自己革新のチャンスです! ■


中小企業は何しろ限られた人数しかいない。


だから好むと好まざるに関わらず、何でもやらなければならない。


そのため中小企業ではオールラウンドプレーヤーが育つ土壌ができている。


東京都庁のような巨大組織になると縦割り組織だけに、違う部局に異動を命じられれば左遷された気持ちになるらしい。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


大企業で働いた経験を持つ身だが、人事異動で何度となく異なる職場を経験した。


海外生産を命ぜられ、海外で仕事をする貴重な経験もすることができた。


総務・経理畑以外はほとんどの職場を経験したことになる。


「所変われば品変わる」の例えから少しは自己変革でき、コンサルタント業で現役を続けている。


「揺り籠から墓場まで」では自己変革はできにくいと思う。


= コンピテンシー宣教師 =


==========================================

配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング


[PR]
by shimo3781 | 2017-11-25 11:08 | 人事労務 | Trackback


c0074721_15524403.jpg



東大や京大といえば超難関大学だ。


受かる人は頭の中身が違うのだろう。


今年は東大が六大学野球で勝ち点を挙げて話題になった。


まぐれであって、神のいたずらなのにオレもプロで通用するの
ではないかと勘違いするものもいる。


========================


【本文】


■ あっぱれ、ロッテ戦力外の田中が三井物産に就職! ■


京大の優等生田中英佑投手がロッテをクビになった。


京大時代に8勝を挙げたことで過大評価されて、プロ野球を目指した。


ドラフト二位でロッテから指名されて入団したが、プロで通用するはずもなかった。


一軍の試合に出たが、散々な結果だった。


三年で戦力外とされたことが功を奏した。


まだ25歳という若さで順応性がある。


三井物産への就職が決まった。


おめでとう、あっぱれ。


ちょっとだけ夢を見たと思えば三年間は長い人生の肥やしになるはずだ。


東大出身の選手がプロ野球の門をたたいたが、おそらく大成しないだろう。


早めにクビになって、ビジネスマンとして活躍してほしいと願う。


野球漬けの生活を送ってきたものでさえ、プロ野球で大成するのはほんの一握りだから・・・。


= コンピテンシー宣教師 =



==========================================

配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング


[PR]
by shimo3781 | 2017-11-23 16:05 | 人事労務 | Trackback

c0074721_14151218.jpg


部下にいつも文句ばかり言っている課長に向かって「課長、プロ管理職とはどんな人だと思いますか?」と質問することをお勧めする。


返答に窮する姿を見たなら、「部下にストレスを与えずに能力を最大限に引き出す管理職ではないでしょうか?」と言ってやるのだ。


========================


【本文】


■ いやみな課長にこんな質問をしてみる! ■


ことあるごとに部下に対して文句ばかり言っている課長はどこの会社にもいるものだ。


そんな時、勇気のある部下が一人ぐらい出現してほしい。


勇気のある部下が「課長、プロ管理職とはどんな人だと思いますか?」と質問するのだ。


いきなりそのような質問をされて、課長は戸惑ってしまう。


とっさには答えが出てこないわけだ。


そんな時「部下にストレスを与えずに能力を最大限に引き出す管理職ではないでしょうか?」と言ってやって欲しい。


ストレスばかり与えている課長は内心ドキッとするはずだ。


ましてや部下の能力を最大限引き出すような行動を取ったこともないから、穴があったら入りたい気持ちにもなるだろう。


このことがあってから課長の態度が一変し、部下たちはストレスから解放されることになるだろう。


 = コンピテンシー宣教師 =



==========================================

配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング


[PR]
by shimo3781 | 2017-11-20 07:02 | 人事労務 | Trackback

c0074721_16030195.jpg


あるタクシー会社の人事部長が「あと10年もしないうちにわが社のドライバーはほぼゼロになることが予測される。会社は存続の危機だ」と嘆いていた。


業界最大手の日本交通では大学卒のド
ライバーを増やすことに挑戦し始めた。



*******************************************************



【本文】



■ 大卒のドライバーを増やすことに挑戦するタクシー会社! ■



わが国の人口動態ピラミッドは逆三角形になりつつある。



出生率は100万人を切る勢いらしい。



保育所云々が話題になるが、その前に若い男女に結婚願望はなく、家庭を持っていろいろ苦労を抱え込むよりもお一人様で、お気楽な人生を送りたいと考える。



その結果、少子高齢化がものすごい勢いで進んでいるのだ。



これからは大学出のサラリーマンが活躍できる会社や職場も狭まっていくのではないか。



タクシードライバー不足で、あるタクシー会社の人事担当者は、10年もしないうちにわが社のドライバーはゼロになると嘆いておられた。



業界最大手の日本交通では、大卒のドライバーを育成することに挑戦している。



運転技術や接客マナーを磨き、お客様を確実に増やしていく戦略のようだ。



事業を成功させるには、お客様と直接接するドライバーのEQ(EmotionalQuotient:心の知能指数)に掛かっていると判断したわけだ。




= コンピテンシー宣教師 =




==========================================

配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング


[PR]
by shimo3781 | 2017-11-17 11:20 | 人事労務 | Trackback


c0074721_15351140.jpg


「排除」。


大企業では理解できない社員を異端児扱いして切り捨てることが多い。


子会社に左遷
させられた社員が社長になり、元の会社を凌ぐほどの立派な会社にした例は多々ある。


考えの違
う社員を排除したりせずに認めることが大切ではないか。



*******************************************************



【本文】



■ 排除ではなく相手を認める度量が必要です! ■



「排除」。



今年の流行語大賞の有力な候補に躍り出たような気がする。



メディアを上手に使う小池都知事がぶら下がりで記者の誘導尋問に引っ掛かってしまった。



それまでの追い風が一瞬にして逆風に変わり、有権者は離れていった。



会社でも気に入らない社員を排除する人事は日常的に行われている。



強い口調で反対意見を言ったり、会社の方針に反する提案をする社員は抵抗行勢力とみなされやすい。



上層部からいったん目を付けられると「札付き」になってしまい、冷や飯を食わされたり左遷されたりする。



そのような処遇を受けた人は、元来打たれ強いからへこたれることなく、左遷先で頭角を現して社長になり、優良企業に成長させることに命がけで挑戦する。



決して「札付き」扱いしないで、そのような社員の存在を認めるべきではないか。



=コンピテンシー宣教師=




*失言や暴言を吐いたりしない人は、コンピテンシーを磨いています。*





= コンピテンシー宣教師 =




==========================================

配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング


[PR]
by shimo3781 | 2017-11-15 11:22 | 人事労務 | Trackback