ブログトップ

「コンサルタントの視点」日記

shimo3781.exblog.jp

コンサルタントの視点でさまざまな出来事に感じたままをつづります!

カテゴリ:人事労務( 269 )

c0074721_15012025.jpg



相変わらず入社して3年以内に30%の人が辞めていくそうだ。


それを5%以下にするにはどうするかと言う議論は起きにくいらしい。


だから辞められるのを見越して大目に採用している会社も多いのだ。


=======================


【本文】


■ 離職率を激減させる施策について! ■


面接官は「当社を志望した動機は何ですか?」と聞く。


学生は適当に「貴社の将来性の高さです」などと答える。


それなのに大卒者の約30%は入社3年以内に辞めていくそうだ。


今の若者は忍耐力や根性がないから仕方のないこととして多めに採用することが定着しているようだ。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


この会社で働き続ければ自己成長できると確信してもらえるメニューを用意してはどうか。


企画・立案の段階から極力参加させ、新入社員の意見も企画の中に採り入れることだ。


例えつまらないアイディアであってもバカにしたり否定してはならない。


実行段階でもきちんと役を与えて役割を演じてもらい、成果への貢献を体感させることだ。


自己成長できると言うことを仕事を通して実感してもらうことが経営革新そのものなのだ。

 
 = コンピテンシー宣教師 =




==========================================


配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら

メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら

メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら





[PR]
by shimo3781 | 2017-06-23 20:04 | 人事労務 | Trackback

c0074721_15442353.jpg



就職氷河期から一転して売り手市場になった。


大企業は少しでも優秀な学生を獲得しようと躍起になっている。


しかし、3年以内に30%もの新入社員に辞められてしまう。


なぜどこにでもいる普通の大学生や高校生を採用して自社で育てようとしないのだろうか。


======================


【本文】


■ 並の学生を採用してやり手社員に育てる! ■


ドラフト一位で入団したのに鳴かず飛ばずで戦力外通告を受け、去って行った選手は多い。


血統付きのサラブレットの子馬を数億円で落札したのにほとんど勝ち鞍もなく引退した競走馬は山ほどいる。


超優秀の折り紙付で獲得した大学生が入社後仕事のできる社員になれずに窓際に甘んじるか、早々にリタイアした例も多い。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


50歳で引退した山本昌投手は芽が出るまで5年も要した。


一世を風靡したハイセイコーは地方競馬出身で、馬主は売れ残っていた子馬をかわいそうだと思い、たった200万円で買ったそうだ。


やっと卒業した大学生や普通の高校生を採用したのにすばらしい人財に育ち、会社を背負っている人物は多い。


並の大学生や高校生を採用してやり手社員に育てれば、これこそが経営革新ではないか。


 
 = コンピテンシー宣教師 =




==========================================


配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら

メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら

メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら





[PR]
by shimo3781 | 2017-06-23 11:14 | 人事労務 | Trackback
c0074721_14050286.jpg


決して大げさではなく「派遣」が国家までをも破綻させようとしています。


企業は人件費を抑制できるが労働者は安い賃金で、しかもいつクビを切られるかも分からない不安定な状況の中にいます。


結婚・出産を減少させ、国力は落ちる一方でいいのでしょうか。


========================


【本文】


■ 同一労働同一賃金は日本には適さない! ■


同一労働なら老いも若きも同一賃金と言うことか。


確かにヨーロッパの一部の国では古くからある制度だ。


おじいさんがバスのドライバーをやっていて稼ぐ賃金と息子・孫がドライバーとして稼ぐ賃金はみな同じだ。


子育てにお金がかかる。


子供を高校・大学に入れれば学費がかかる。


家を建てれば頭金やローンの支払いにもお金がかかる。


これまで日本では手厚い手当てと年功制賃金が定着していて、納得感があった。


結婚もできないから子供も生めず、マイホームも持てず、年金さえも支払えない人が多い。


生活保護世帯ばかりが増えていき、国家は破綻に向かうだろう。


将来設計のできる雇用制度、賃金制度を呼び戻すことを提案する政治家の出現が待たれる。



 = コンピテンシー宣教師 =




==========================================


配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら

メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら

メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら





[PR]
by shimo3781 | 2017-06-19 06:59 | 人事労務 | Trackback
c0074721_15334028.jpg



朝日新聞の調査によると保育所の25%で保育士不足に陥っているそうだ。


この問題は、アベ政権に任せておいても解決しない。


自信をもってそう思う。



=======================


【本文】


■ 保育所の25%で保育士不足、OLなどへシフトか! ■


保育所の25%は保育士不足。


そのため、園児の受け入れを制限している。


潜在保育士は80万人いると言われているが、復帰する保育士は少ないようだ。


若干待遇を改善することで保育士を確保しようとしている自治体は多いが、若干の改善では決め手にならない。


そもそも保育士をやっていても働き甲斐も薄く、自分が成長できるとの確信も得られない。


異性との素敵な出会いも期待しにくい。


今、辞めた保育士はOLを志す人が多い。


専門学校に入り直し、一から勉強するという人もいる。


潜在保育士も保育士に戻るよりも一般の会社でパートとして働く方がいいと考えている人も多い。


そんな背景があるにもかかわらず、企業が開設する保育施設では保育士を確保できている。


一般の企業で正社員として働く方が待遇もいいし、楽しい出会いも期待できる。


保育士不足問題は悩ましい問題だが、知恵を出す必要があるわけだ。


= コンピテンシー宣教師 =




==========================================


配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら

メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら

メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら



[PR]
by shimo3781 | 2017-06-10 10:58 | 人事労務 | Trackback
c0074721_15272343.jpg




週休三日制にするが一日当たりの勤務時間は長くなる。


しかも、しかも手取りが減る。


セールスドライバーは集まるだろうか。


========================


【本文】


■ 佐川週休三日制導入も賃金減る、ドライバーは集まるか! ■


佐川急便はドライバーに対して週休三日制を導入することにした。


通販の増加で集配や集金も担うドライバー不足が深刻化している。


そこで、ついにドライバーに対して週休三日制を導入することにした。


既に東京と山梨県で試験的に週休三日制で募集を開始した。


これまでは一日の労働時間は8時間だったが、週休三日制では10時間になる。


給料は残業代を含めて30万円から43万円だったものが残業代込みで27万円から36万円程度になる模様。


端的に言えば休みが増えて手取りが減ることになる。


会社は休みにはコンビニなどでアルバイトをするもよしとしているが、果たして受け入れられるだろうか。


家族と過ごせる時間が増えても手取りが減るのでは厳しいのではないか。

 

= コンピテンシー宣教師 =


==========================================


配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら

メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら

メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら








[PR]
by shimo3781 | 2017-06-07 11:20 | 人事労務 | Trackback
c0074721_15110464.jpg


人望があると言うだけで管理職に抜擢される時代があった。

今の時代は人望があるだけでは管理職は務まらない。

意思決定力と行動力が絶対に必要だ。

========================

【本文】

■ リーダーは人望だけでは務まりません! ■

人望のある人は部下から尊敬される。

信頼もされる。

だから、管理職は人望のある人を第一条件に選抜したものだった。

しかし会社が敷いたレールの上を大過なく走るだけでは管理職は務まらなくなった。

意思決定力と行動力が絶対に必要なのだ。

「課」の目標をどうするかを意思決定してメンバーに説明し、共感を得なければならない。

共感を得ずに突っ走ろうとしてもメンバーは付いてきてくれないからだ。

付いてきてくれなければ「課長命令が聞けないのか」と怒鳴りたくもなるが、怒鳴ればせっかくの人望が地に落ちてしまうだろう。

さらに目標達成に向けて計画を実行に移す段になれば、課長も実行者の一人として分担して行動に移す必要がある。

管理職を目指す人は、人望だけでなく意思決定力と行動力を身に付けることだ。

= コンピテンシー宣教師 =



==========================================


配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら

メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら

メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら







[PR]
by shimo3781 | 2017-06-06 04:58 | 人事労務 | Trackback
c0074721_15494755.jpg

どこの会社を見渡しても組織はピラミッド型になっている。

会長・社長が頂点で平社員やパート・アルバイトは最下位だ。

しかし逆ピラミッドを主張する経営者もいて、平社員やパート・アルバイト次第で売上・利益がまるで違ってくると主張している。

====================

【本文】

■ 会社の組織を逆ピラミッドで考える! ■

ろくに仕事もしていないのに会長や社長の報酬は一般社員の数十倍だ。

会長・社長が営業に行って注文を取ってくるわけではない。

CS(顧客満足)を向上させるために全身全霊で働いているわけでもない。

立派なことを言い、社員に「渇」を入れて威張り散らしている社長の会社は、はっきり言ってあまり業績がよくない。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

時間を見つけては現場を巡回し、末端の社員と蜜にコミュニケーションを取る社長がいる。

常日頃の労をねぎらい、感謝の言葉を掛けるから社員との信頼はかなり厚い。

実際、会社の業績を支えているのは末端の社員やパート・アルバイトであることをよく認識している様子だ。

会社の組織を逆ピラミッドで考えている社長なら社員のモチベーションが高まるから売上・利益に貢献してくれるのだ。

=コンピテンシー宣教師=



======================================

配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら

メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら

メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




[PR]
by shimo3781 | 2017-06-01 11:08 | 人事労務 | Trackback
c0074721_14072337.jpg


本田宗一郎氏がエンジンの開発に没頭できたのは、参謀格の藤沢武夫氏が経営全般、特に経理面をしっかり見ていてくれたことが大きい。

現在はあまり参謀論が大きく取り上げら
れないが、有能な参謀を持つことは重要ではないか。

===================================================

【本文】

■ 経営者は有能な参謀を持つべきです! ■

本田宗一郎氏と藤沢武夫氏は表と裏のパーソナリティを持ち合わせていたそうだ。

だが、二人の会社経営の目的は同じだった。

ものの考え方や見方は違っていたが、発想の時点と到達の地点は一つだった。

だから2人は最後まで一緒に経営に携わり、そして同時に引退した。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

中小企業でもかつては、社長を補佐する番頭格の古参の社員がいた。

例えば、製造業では工場長として社長を補佐し、社員からの信頼も厚いから会社が繁栄できたわけで、番頭イコール参謀的存在だったのだ。

だが、二代目ともなると番頭格の高齢者とは意見が合わず、煙たい存在になって去って行き、その後新たな参謀を置かない中小企業が増えた。

さまざまな経営課題を解決して乗り切るために、やはり有能な参謀を持つべきと思う。

=コンピテンシー宣教師=



======================================

配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら

メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら

メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




[PR]
by shimo3781 | 2017-05-30 11:05 | 人事労務 | Trackback
c0074721_14023263.jpg

仕事の虫で有名な日本電産の永守会長は元旦の午前中だけ休み、あとは365日働き詰めであることはよく知られている。

働き方改革とは無縁のように思われたが、ここにきて働き方改
革に乗り出したから人は変われば変わるものだと驚かされる。

=======================================================

【本文】

■ 日本電産が働き方改革に乗り出した! ■

日本電産の永守会長は電通の女性新入社員が過労自殺に追い込まれたニュースをどう受け止めたのだろうか。

「オレを見てみろ。オレは正月元旦の午前中だけ休んで、あとは365日働き詰めだぞ。猛烈社員、企業戦士で何が悪い」と息巻いているかと思われた。

だが、ここにきて永守会長も考え方を変えたようだ。

社長や会長が猛烈社員結構、企業戦士結構だが、社員は大事な宝だと考えるようになったらしいのだ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

業務の更なる効率化に平成32年度まで総額1000億円を投資すると発表した。

残業はし放題ではなく、許可制度にしたり、会議の時間短縮と出席者の絞込みを図ることにした。

これはすばらしいと思うのは1時間単位の有給休暇制度を導入し、短時間で済ませられる急用時に使い勝手のいいシステムを導入したことだ。

=コンピテンシー宣教師=



======================================

配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら

メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら

メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




[PR]
by shimo3781 | 2017-05-29 13:44 | 人事労務 | Trackback
c0074721_15285839.jpg

一度ならず二度、三度とクレームを付けてくるお客様がいるものだ。

そのようなお客様は毛虫のように見えてしまい、できれば敬遠したくなる。

でも、そのようなお客様に「モニターになって下さいませんか」とお願いしてモニターになってもらう手がある。

========================

【本文】

■ クレーマーのお客にモニターをお願いする! ■

お客様をお買い上げ金額で分類するといろいろなことが分かってくる。

上位20%のお客様で売上全体の80%にもなっていることがある。

さらに上位5%のお客様は当社にとってVIPなお客様であることも分かるだろう。

この5%のお客様に当店のモニターになって頂き、手厚いサービスを提供したり、季節の贈り物やレターをお届けする。

新商品のオピニオンリーダーになってもらい、頂いたご意見を商売に反映させることだ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

なんだかんだとクレームを付けてくるお客様を敵視するのはよくない。

「是非当店のモニターになってください」とお願いしてモニターになって頂くのだ。

クレーマーからオピニオンリーダーに変化してくれて当店のご意見番になってもらえるから結構売上・利益に貢献してもらえる可能性が高くなる。

トライするに値する。

= コンピテンシー宣教師 =


======================================

配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら

メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら

メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




[PR]
by shimo3781 | 2017-05-27 10:19 | 人事労務 | Trackback