ブログトップ

「コンサルタントの視点」日記

shimo3781.exblog.jp

コンサルタントの視点でさまざまな出来事に感じたままをつづります!

<   2007年 06月 ( 31 )   > この月の画像一覧




【本文】


■三屋裕子氏は広告塔に利用されただけ!■


テン・アローズという会社は以前シャルルという会社だった。


女性下着を試着させ、ほめごろして売りつけるビジネスモデルの会社だ。


3年前社長就任の要請を受け、三屋氏は社長に就任し、ニュースになった。




いわゆるパブリシティというわけだ。



パブリシティはメディアが勝手にニュースとして報道してくれるということ。



その宣伝効果は大きい。



しかし、今回の株主総会であえなく解任された。



もう広告塔としてのお役ごめんというわけだ。



このような例は他にも多い。



たとえば三洋電機を解任された野中ともよ氏。



彼女は元NHKの女子アナ。



当時はジャーナリストとして活躍していた。



ジャーナリストはいくらいい考えを持っていても経営者として手腕を発揮できるかは未知数。



最初から病める三洋電機の再建ができると思った人はいないだろう。




しかし、請われれて受けたのだから後は個人の責任。




二人ともかえって人生に汚点を残したと言えなくもない。




私は二人をひそかに応援していたのだが、経営はそんな甘いものではないということだ。



          =コンピテンシー宣教師=


=====================

配信元は彩愛コンサルピア


Windows Mode 2月号「人間力養成講座」の中で「読んでおきたい一冊」として採り挙げられました。
著書「中堅・中小企業のためのコンピテンシー入門」


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」

メルマガ「『問題解決』メルマガセミナー
[PR]
by shimo3781 | 2007-06-30 13:50 | 経営 | Trackback



【本文】


■JR西日本、時間かけすぎてたどり着いた原因は!■


JR西日本福知山線の事故調査はようやく調査報告書を出した。


こんなにも時間をかけて出した結論は常識の範囲内のものだった。


この手の事故調査では報告書はぶ厚ければよくやったと言われるのであろうか。




会社では日々問題が発生する。


そのたびに原因追求に長時間要していては仕事にならない。


もっとてきぱきと原因を追究しなければならない。




原因には直接原因と動機的原因の二つがある。


多くの場合は直接原因だけの追求で終わる。


直接原因に対する対策だけでは不十分でいずれまた再発してしまう。



たとえば福知山線脱線の直接原因はスピードを緩めずカーブに入り、曲がりきれず脱線し、マンションに突っ込んだということだ。



動機的原因は引き金になった原因である。


前提認識の誤りや意識不動を追及しなければならない。


そういう意味では例の日勤教育を採り挙げたのは正解だ。



運転手を心理的に追い詰め、運転に集中できない状態に追い込んでいたことだ。


教育は共育だ。


共にミスの原因を考え、取り除く施策が必要だ。



この程度の原因にたどり着くのに時間をかけすぎては犠牲者や遺族は浮かばれない。



このスピード時代にもっと考えてほしいと文句を言いたい気持ちだ。



          =コンピテンシー宣教師=

=====================

配信元は彩愛コンサルピア


Windows Mode 2月号「人間力養成講座」の中で「読んでおきたい一冊」として採り挙げられました。
著書「中堅・中小企業のためのコンピテンシー入門」


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」

メルマガ「『問題解決』メルマガセミナー
[PR]
by shimo3781 | 2007-06-29 21:18 | 企業体質 | Trackback



【本文】


■楽天、TBS株主の壁は厚かった!■


TBSの株主総会で楽天の三木谷社長を役員として送り込む議案は通らなかった。


つまりTBS株主の壁は厚かったということだ。



そのほかにも外資系ファンドなどが敵対的買収を仕掛けている問題や配当金を大幅に引き揚げる要求は株主の共感と支持は得られない例が多かったようだ。


利益を吐き出させ、株を吊り上げて売り抜けるビジネスモデルは日本ではまだまだ受け入れられないということか。



楽天はTBS株を塩漬けにして二年間も保有してきたがうまみはなかったことになる。



さらにTBSはリクルートと提携し、株をを持ち合う交渉が進んでいる。



確かにテレビ局とリクルートのほうがお互いに補完しあえるものが多く、相乗効果も期待できよう。



さて、楽天は今後どのような戦法に出るか興味深々だが、今のままでは風穴を開けることはできそうもない。



適当な時期にTBS株を売り抜けるしかないのかも知れない。



はっきりいって失敗だったと思うのだが。


          =コンピテンシー宣教師=

=====================

配信元は彩愛コンサルピア


Windows Mode 2月号「人間力養成講座」の中で「読んでおきたい一冊」として採り挙げられました。
著書「中堅・中小企業のためのコンピテンシー入門」


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」

メルマガ「『問題解決』メルマガセミナー
[PR]
by shimo3781 | 2007-06-28 17:06 | 経営 | Trackback



【本文】


■地方は路線バスが消えていく!■


バス事業の規制緩和の付けは重い。


特に地方は路線バスの縮小、撤退が相次いでいる。


長距離の高速バスで利益が出ても路線バスは軒並み赤字。


経営は立ち行かないというわけだ。



しかし、きっちり黒字営業している路線バス会社もある。



赤字のバス会社とどこがどう違うのか。



お年寄りに優しい運転マナー。


案内の放送もきめ細か。



停留場の看板はきれいで読みやすい時間表が掲示されている。



各家に時間表を配布し利用を呼びかける。



会社が総力を上げて顧客と行政にPRしている。



そこには乗せてやっているという態度はない。



乗ってもらっているという姿勢だ。



確かに規制緩和で観光バスや高速バスに参入した会社は多く、過疎化も進んで乗客が減った。



そして競争が厳しくなったことは事実だ。



バス業界に限らず、勝ち組はサービスで勝負している。



従来の殿様商売では生き残れないことを肝に銘ずるべきだろう。


          =コンピテンシー宣教師=

=====================

配信元は彩愛コンサルピア


Windows Mode 2月号「人間力養成講座」の中で「読んでおきたい一冊」として採り挙げられました。
著書「中堅・中小企業のためのコンピテンシー入門」


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」

メルマガ「『問題解決』メルマガセミナー
[PR]
by shimo3781 | 2007-06-27 17:14 | 経営 | Trackback



【本文】


■せがれに諭されてゲロ吐く社長哀れ!■


北海道苫小牧市のミートホープという会社は一躍全国区になった。


何でもありの偽装工作。


告発者がいたのに当局は放置して調査しなかったことも判明した。


記者会見では奥歯に物の挟まった言い方でのらりくらり。



せがれに「社長、本当のことを言ってください」と諭される始末。



あらかた田中稔社長の指示で、会社ぐるみで行っていた。



最初、偽装するには勇気がいるものだ。



ばれない、大丈夫。



そしてアリ地獄にはまっていった。



70人ほどの社員は全員解雇。


路頭に迷う。



ただでさえ失業率の高い北海道で再就職は困難だろう。



ミートホープのような会社は氷山の一角と思われる。



農水省は調査を指示したが、網にかかってくるか興味深いものがある。



経営者のコンピテンシーの欠如がこのような事態を招くことを心に刻んでほしいと願う。


          =コンピテンシー宣教師=

=====================

配信元は彩愛コンサルピア


Windows Mode 2月号「人間力養成講座」の中で「読んでおきたい一冊」として採り挙げられました。
著書「中堅・中小企業のためのコンピテンシー入門」


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」

メルマガ「『問題解決』メルマガセミナー
[PR]
by shimo3781 | 2007-06-26 16:34 | 企業体質 | Trackback



【本文】


■JR大動脈長時間ストップは運転手のミス!■


6月22日のラッシュ時、大宮駅とさいたま新都心駅の間で架線が切断し、5時間以上にわたって高崎線、宇都宮線、京浜東北線などが全面ストップした。


この日は母の葬儀告別式だった。


家族と共に大宮駅に向かうため近所の日赤病院からタクシーに乗ろうとした。


普段あふれるほど数珠繋ぎになっているタクシーが1台もいない。


ヘリコプターが二機、爆音と共に空を旋回している。


取材合戦をしていたのだ。



やっと乗ったタクシードライバーに何かあったのかと聞いて驚いた。



仙台方面から来てくれる親戚は新幹線に乗っているはず。



新幹線は動いているのか、一瞬心配になった。


大宮駅に行ってみたら黒山の人盛り。


人いきれで蒸し暑い。



新幹線は動いていた。


親戚と合流し、貸し切りバスで斎場へ。



告別式の時間に間に合ってほっとした。



報道によれば運転手が停車位置を間違え、架線に過大電流が流れて架線が切断したということだった。



赤信号に気を取られ、ブレーキを早くかけてしまった言う。



運転暦16年のベテランだそうだ。



通勤客は傘をさして線路を歩かされた。



気分が悪くなって救急車で運ばれる人も続出。



駅中の店は開店できない状態に。



たるみ、集中力欠如、注意散漫。



人をドアに挟みこんだまま発車するなど、たるみ事故多発。



母の亡霊が新幹線を止めなかったと信じたい。


          =コンピテンシー宣教師=

=====================

配信元は彩愛コンサルピア


Windows Mode 2月号「人間力養成講座」の中で「読んでおきたい一冊」として採り挙げられました。
著書「中堅・中小企業のためのコンピテンシー入門」


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」

メルマガ「『問題解決』メルマガセミナー
[PR]
by shimo3781 | 2007-06-25 18:11 | 企業体質 | Trackback



【本文】


■夢も希望もないホープという会社!■


またしても食の偽装が明るみになった。


北海道のミートホープという会社の偽装は手が込んでいた。



20年以上も前から恒常的にやっていたという。



ブラジル産の鶏肉を国産鶏肉として出荷するのはまだいいほうだ。


牛肉のミンチに豚肉その他を混ぜて、ごまかすために牛肉の血を注入する手の込んだやり方だ。


そのほかなんでもありの偽装行為の数々は許しがたい。


バカな社長はコストのためだったと記者の質問で釈明。



本格的な捜査のメスが入った。



倒産は間違いない。



さらにその上、取引先などから告訴される。



近年の偽装の中でも特に悪質。



消費者を愚弄するこのような経営者には地獄を見てもらうしかない。



ひょつとして北海道加ト吉も一枚関係していなければいいが。


加ト吉も不祥事が発覚したばかりなのにダブルパンチになりかねないかも知れない。


          =コンピテンシー宣教師=


=====================

配信元は彩愛コンサルピア


Windows Mode 2月号「人間力養成講座」の中で「読んでおきたい一冊」として採り挙げられました。
著書「中堅・中小企業のためのコンピテンシー入門」


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」

メルマガ「『問題解決』メルマガセミナー
[PR]
by shimo3781 | 2007-06-24 17:49 | 企業体質 | Trackback



【本文】


■マグドナルドがドライブスルーで夜を制する!■


原田社長になってからマグドナルドは色々なことに挑戦している。



最近はドライブスルーの強化に乗り出した。



夜は早めの店じまいと思いきやドライブスルーに切り替える店も多くなっている。



車が次々入ってくる。


ものの数十秒でお金を受け取り商品を手渡す。


顧客は商品を受け取り爆音を残して走り去る。



顧客の夜行性の行動特性をうまく捉えた。



マグドナルドでは、ドライブスルーに切り替えた店舗はほとんどが黒字経営だという。




調剤を主体にやっている薬局もドライブスルーに切り替えるというのはどうか。



すでにアメリカではウオルグリーンというチェーン薬局が採用し実績を上げている。


          =コンピテンシー宣教師=


=====================

配信元は彩愛コンサルピア


Windows Mode 2月号「人間力養成講座」の中で「読んでおきたい一冊」として採り挙げられました。
著書「中堅・中小企業のためのコンピテンシー入門」


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」

メルマガ「『問題解決』メルマガセミナー
[PR]
by shimo3781 | 2007-06-23 17:36 | マーケティング | Trackback



【本文】


■ルイヴィトンの修理へのこだわり!■


ブランドといえばルイヴィトン。


その人気は衰える気配がない。


商品再生に徹底してこだわることも見逃してはならない人気の秘密ではないかと思う。



売り上げ至上主義の会社は多い。


売ってしまえばこっちのもの。



修理体制は貧弱。



壊れたり汚れたりすれば買い換えてもらえばいいと考えたいところだ。




しかし、バッグなどは持つ人の思い入れがある。



思い出も多い。



修理して使いたい、しみを取って使い続けたいと思うもの。



ルイヴィトンは商品が存在する限り修理する、これが基本姿勢だ。


購入後の修理は創業以来の伝統。



購入後のアフターサービス体制のよさはブランド力をよりいっそう高めている。



これが高級ブランドを支えていることを他社もベンチマークすべきではないかと思う。


          =コンピテンシー宣教師=

=====================

配信元は彩愛コンサルピア


Windows Mode 2月号「人間力養成講座」の中で「読んでおきたい一冊」として採り挙げられました。
著書「中堅・中小企業のためのコンピテンシー入門」


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」

メルマガ「『問題解決』メルマガセミナー
[PR]
by shimo3781 | 2007-06-22 18:15 | マーケティング | Trackback



【本文】


■宅配業者の顧客満足度No1は!■


宅配業者の競争は激化している。


日経ビジネスに宅配業者の顧客満足度調査に関する記事があって興味を引いた。


ダントツのNo1はヤマト運輸だ。


特に高い評価は、再配達の依頼のやりやすさだ。


携帯電話やインターネットから依頼できるほか、ドライバーの携帯に直接かけることもできる。



近くを回っていれば5分後には届くというわけだ。



一方、郵政公社はどうか。


ダイヤルの数字を何度も回させる仕組みは高齢者には苦手。



ヤマト運輸は指定時間よりも少し早めに配達するときも指定時間前ですがよろしかったですかと一言添えてさわやかに配達してくれる。



評価の低い業者の中には、再配達の時間指定はご容赦願いたいというものもある。



かなり差はあるが二番手はフェデックスだ。


参考まで最も低いのは西武運輸だそうだ。


          =コンピテンシー宣教師=


=====================

配信元は彩愛コンサルピア


Windows Mode 2月号「人間力養成講座」の中で「読んでおきたい一冊」として採り挙げられました。
著書「中堅・中小企業のためのコンピテンシー入門」


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」

メルマガ「『問題解決』メルマガセミナー
[PR]
by shimo3781 | 2007-06-21 14:49 | マーケティング | Trackback