ブログトップ

「コンサルタントの視点」日記

shimo3781.exblog.jp

コンサルタントの視点でさまざまな出来事に感じたままをつづります!

<   2009年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧




御社の「集客商品」、「集客サービス」は何ですか。


御社の「収益商品」、「収益サービス」は何ですか。


ラーメン屋をベンチマークすれば儲けのイロハが見えてくる。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


【本文】


■ラーメン屋から儲けのイロハを学ぼう!■


あるフリーマガジンにラーメン屋の儲けのからくりが載っていた。


290円とか390円などの激安ラーメンをチェーン展開している幸楽園や日高屋は立派な東証一部上場企業である点をまず頭に入れておこう。


激安の価格で儲けるのは至難の業のように思える。


しかしそこには儲けのからくりがあるということだ。


どういうことかというと「集客商品」と「収益商品」が明確に分けられているというわけだ。


一杯290円のラーメンは「集客商品」だ。


さまざまなトッピングや餃子などはサイドメニューだが、実はこれらが「収益商品」というわけ。


お客は、あまりにも安いから餃子を追加、味付け卵を追加というようにサイドメニューをオーダーする。


中にはつまみを数点取って生ビールを数杯飲む人もいる。


というわけで、客単価が高くなるのだ。


スーパーが激安の目玉商品を用意して集客し、他の商品を買わせる考えが見事に実践されている。


むしろスーパーよりも徹底して上手に実践しているから驚く。


もう一度原点に返って、何を「集客商品」にし、何を「収益商品」にするかよく考えてみることだ。


ラーメン屋をベンチマー間すれば儲けのイロハが見えてくる。

 
        =コンピテンシー宣教師=


=====================

配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本。
著書「中堅・中小企業のためのコンピテンシー入門」


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」

メルマガ「『問題解決』メルマガセミナー

[PR]
by shimo3781 | 2009-06-30 17:25 | マーケティング | Trackback



さまざまな要因で季節はずれの商品が突然売れ出すことがある。


今空気清浄機が売れに売れているそうだ。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


【本文】


■季節はずれの空気清浄機が売れに売れて!■


花粉症の季節が終われば空気清浄機はお役ごめん。


しかし今年は花粉症の季節が終わった今も売れに売れているという。


シャープやダイキン工業は思わぬ特需に驚くやらうれしいやら。


原因はインフルエンザの対策だと考えられる。


鳥インフルエンザ、豚インフルエンザ。


近い将来は犬猫インフルエンザが流行するに違いない。


それらのウイルスの増殖を防いでくれるのが空気清浄機というわけ。


しかも加湿機能が付いているのもうれしい。


除湿機能はエアコンについているが加湿機能は付いていない。


真夏日ともなると湿度が大幅に低下。


敏感な女性はお肌がカサカサになる。


例年の3倍以上の売れ行きだから他社も増産に乗り出すだろう。


何かヒット商品が出ることは景気浮上のきっかけにもなるね。

 
        =コンピテンシー宣教師=


=====================

配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本。
著書「中堅・中小企業のためのコンピテンシー入門」


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」

メルマガ「『問題解決』メルマガセミナー

[PR]
by shimo3781 | 2009-06-29 18:00 | マーケティング | Trackback



華々しく活躍しているときは第二の人生など考えもしないだろう。


しかし若くして引退の時期がやってくるのがプロスポーツ選手の宿命。


第二の人生の準備は早めに考えることだ。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


【本文】


■元プロスポーツ選手の第二の人生も厳しさを増す!■


現役時代に莫大な富を築いた元プロスポーツ選手は多い。


でも引退後の人生はあまりにも長すぎる。


だから何かしら仕事に就かないと体をもてあますことになる。


たとえばプロ野球選手。


監督やコーチになれるのはほんの一握り。


成績が不振なら責任を取らされてすぐにクビが待っている。


解説者やタレント転向という選択肢もある。


これらは喋りがうまくないと勤まらない。


定岡正二、宮本和知、パンチ佐藤などはタレント性抜群だ。


結構テレビにも出ていたが最近めっきり出番がなくなっているようだ。


テレビ局も経営難でコストカットに忙しい。


ギャラの低いタレントを求めてテレビ局は若手を発掘しているのだろう。


サッカー、相撲など引退後の仕事をどうするかが大きな課題であることは間違いない。


自分で商売をし、細く長くというのが一番よさそうだ。


旨くて話題性のある飲食店などは格好の商売ではないか思うのだが。

 
        =コンピテンシー宣教師=


=====================

配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本。
著書「中堅・中小企業のためのコンピテンシー入門」


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」

メルマガ「『問題解決』メルマガセミナー

[PR]
by shimo3781 | 2009-06-28 16:39 | スポーツ | Trackback



本格女優の高畑淳子がNHKの朝ドラ「つばさ」でドタバタ役。


彼女のキャラが死んでしまっている。


二度目のドラマ、TBSの「夫婦道」は毎週楽しみにしていた。


終わってしまって残念。


「つばさ」は早く終わってほしいよね。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


【本文】


■NHK朝ドラ「つばさ」はどうにかならないの?■


NHKの看板番組とも言うべき朝ドラ「つばさ」は近年まれに見る最低の番組だと思う。


せっかく埼玉県川越市を舞台にしたというので期待したが完全に裏切られてしまった。


第一、ストーリー性がない。


喜劇のようで喜劇でない。


ただドタバタしているだけ。


同じ高畑淳子が出演していたTBSの「夫婦道」は見ごたえがあった。


きちんとストーリー性がある。


笑わせるシーンもあるがちょっぴり涙を誘うシーンもふんだんに盛り込んでいる。


フィクションと分かっているが面白い。


高畑淳子がドタバタの喜劇は似合わない。


「つばさ」は、NHKの朝ドラでは最近でもっとも視聴率が低いはずだ。


同じ喜劇なら吉本興業でいってもらいたかった。

 
        =コンピテンシー宣教師=


=====================

配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本。
著書「中堅・中小企業のためのコンピテンシー入門」


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」

メルマガ「『問題解決』メルマガセミナー

[PR]
by shimo3781 | 2009-06-27 17:03 | タレント | Trackback



流通の王者はもはやコンビにではない。


通販業者だ。


通販は政府の統計に反映されていないと聞いたことがある。


判断を誤る危険性があるのではないか。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


【本文】


■通販が流通の王者になった!■


通販市場がコンビニ・百貨店を抜いて8兆円を突破したそうだ。


カタログ販売が登場してかなりの年月が経った。


当時はカタログ販売と言っていた。


その名もずばり「カタログハウス」という会社がある。


パソコンや携帯の普及とともにネット通販が普及してきた。


楽天の三木谷社長はここに目をつけたわけだ。


百貨店の衰退はひどい。


前年比マイナスはいったいいつまで続くのだろうか。


こんなこともあって、消費が低迷し、不況のトンネルと言われている。


しかし通販は政府の統計に反映されていないものが相当あるという。


ここを見誤ってはいけない。


千趣会は米アップルの携帯iPhpneを利用した女性の衣料品の通販を7月から行うそうだ。


売れないといわれる女性の衣料品も他のチャンネルで結構売れているということだ。


物が売れない時代というのはウソっぽい気がしてならない。

 
        =コンピテンシー宣教師=


=====================

配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本。
著書「中堅・中小企業のためのコンピテンシー入門」


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」

メルマガ「『問題解決』メルマガセミナー

[PR]
by shimo3781 | 2009-06-26 16:11 | Trackback



今年の大卒の就職内定率はやっと40%そこそこだそうだ。


今なお就職活動している学生には悲壮感が。


「私を社長候補として迎えるなら入社を考えます」と言いたい学生は多いだろうに。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


【本文】


■私を社長候補として迎えるなら入社考えます!■


そのまんま東こと東国原宮崎県知事に対して衆院選出馬要請した古賀選挙対策委員長。


それに対して「私を自民党総裁候補として迎えるなら出馬を考えます」と。


古賀氏に対して自民党内からはブーイングの嵐。


たかが人気があるくらいでいきなり新参者が自民党総裁とはおちょくっているのかと非難する人も多い。


しかし本人はいたって冷静だ。



自民党もコケになれたものだ。


なりふり構わず人気タレントを担ぎ出して票を集めようという汚い考え方がまずいやらしい。



さて肝心の麻生降ろしは。


ある居酒屋では焼き魚のメニューに「大根おろしにしますか。それとも麻生おろしにしますか」と聞くところもあるそうだ。


ふざけているが面白い。


武部元幹事長は言う。


「こうなったら任期満了までこのままいくべきだ」と。



それもありだと思う。


いまさら解散では、すべてのチャンスを逃したしらけた解散になってしまうから。

 
        =コンピテンシー宣教師=


=====================

配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本。
著書「中堅・中小企業のためのコンピテンシー入門」


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」

メルマガ「『問題解決』メルマガセミナー

[PR]
by shimo3781 | 2009-06-25 18:13 | 政治 | Trackback



エコポイント効果で薄型テレビなどが売れている。


でもそこには甘い罠が・・・。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


【本文】


■エコポイントの甘い罠!■


エコポイント制度が動き出した。


薄型テレビは30%以上も売れ行きが伸びたという。


買い替え促進だ。


そして271品目もの商品やサービスをポイントで買えることになった。


景気浮上に大きな効果が出ると政治家は自画自賛している。


だが、冷静に考えてみてほしい。


今特に急いで買い換えなければならないものはないはずだ。


我慢しようと思えば我慢できるものばかりだ。


それを前倒しして買うということだ。


本来、じわじわ景気が浮上すべきものが先取りされるわけだから、不況の第二波がやってくるということだ。


多額のお金をばら撒いて一時景気浮上して、またもとの木阿弥というシナリオが見える。


喜んでいるのは独立行政法人などの出先機関と天下り役人たち。


政権交代でゼロベースでやり直すのがもっとも効果的であることは明らかだ。

 
        =コンピテンシー宣教師=

=====================

配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本。
著書「中堅・中小企業のためのコンピテンシー入門」


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」

メルマガ「『問題解決』メルマガセミナー

[PR]
by shimo3781 | 2009-06-24 17:44 | 政治 | Trackback



巨像とアリの取引関係。


優越的地位の悪用は常態化している。


排除命令は遅すぎた感がある。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


【本文】


■遂にセブンイレブン御用!■


遂にコンビニ業界に君臨するセブンイレブンに当局から排除命令が下った。


遅すぎたくらいだ。


「賞味期限前に棚から引き上げてオーナー経営者の負担で廃棄処分しろ」というもの。


セブンイレブンの本部にとっては痛くもかゆくもない。


これでブランドを維持しようというわけか。



明らかに優越的地位の悪用だ。



昔、ダイエーが家電品をメーカー希望小売価格よりも安く販売したとき、当時の松下電器の松下幸之助氏が怒った。


「定価で売らなければダイエーには商品を卸さない」と。



ダイエーの中内社長は「だったら松下の商品は売らない」と言い返した。



これがダイエー、松下30年戦争だった。


これは大企業同士の戦い。




セブンの場合は巨像とアリの戦いだ。


急遽セブンが廃棄分の15%を負担すると譲歩案を出したようだが、まだ食べることの出来る商品を廃棄するのはもったいないし、顧客も一瞬安く買えるサービスは待ち望んでいる。


問題の本質を分かっていない。


セブンイレブンはもっと柔軟に対応すべきではないか。

 
        =コンピテンシー宣教師=


=====================

配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本。
著書「中堅・中小企業のためのコンピテンシー入門」


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」

メルマガ「『問題解決』メルマガセミナー

[PR]
by shimo3781 | 2009-06-23 18:25 | 企業体質 | Trackback



自動車が家電品のジャンルになるかもしれない。


主役はバッテリーとモーターだからだ。


トヨタ、ホンダ、日産が家電メーカーの下請けになるなんて。


痛快な話だ。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


【本文】


■自動車は家電品のジャンルになる!■


ハイブリッド車を売り出しているトヨタとホンダが好調だ。


しかし21世紀の乗用車の本命は電気自動車だ。


これまでの乗用車はガソリンエンジンの動力を車に伝えて走る。


バッテリーはエンジンをかけるときの補助部品だ。


走行中に充電しておく仕組みだ。


しかし電気自動車はモーターの回転動力を車に伝える。


そしてモーターを動かすのはバッテリーそのものだ。


バッテリーを制するものが21世紀の自動車産業を制すると言っても過言ではない。


新神戸電機、GSユアサなどこれまでバッテリーを自動車メーカーに供給してきたバッテリーメーカーが乗用車を生産販売することもありだ。


あるいは家電メーカーが乗用車を生産販売することもありだ。


自動車は家電品というジャンルになり、メーカーの大型再編が起こる予感がする。

 
        =コンピテンシー宣教師=


=====================

配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本。
著書「中堅・中小企業のためのコンピテンシー入門」


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」

メルマガ「『問題解決』メルマガセミナー

[PR]
by shimo3781 | 2009-06-22 17:04 | ビジネス | Trackback



これまでいい人材を思うように採用できなかった中堅中小企業には人材確保のチャンスが巡ってきた。


「寄らば大樹の陰」はもう通用しない。


学生は選択肢を広げて考えてほしい。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


【本文】


■中堅中小企業に人材獲得のチャンス到来!■


大企業の新卒採用はゴールデンウィークで一通り終了した。


その段階での内定率は37%。


昨年の同時期の70%に比べて激減している。



そこに心ある中堅中小企業が目をつけた。


優秀な人材が獲得できると踏んだのだ。


そのよう会社は、採用予定数すべてを内定を出すことを控えた。


つまり10人採用予定なら5人だけ内定を出すというようにだ。


これから残りの採用枠を埋めていく考えだ。


さらに今まで新卒を取れなかった中小企業も新卒採用に意欲を見せている。


第二新卒や中途採用の多かった中小企業にとってもチャンス到来だ。


学生のほうもいろいろ悩みながら選択肢を広げ始めた。


林業、農業、漁業にも関心を持つことはいいことだ。


不要な職業はない。


人材のバランスを取る絶好の機会と捉えたい。

 
        =コンピテンシー宣教師=


=====================

配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本。
著書「中堅・中小企業のためのコンピテンシー入門」


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」

メルマガ「『問題解決』メルマガセミナー

[PR]
by shimo3781 | 2009-06-21 16:42 | 人事労務 | Trackback