ブログトップ

「コンサルタントの視点」日記

shimo3781.exblog.jp

コンサルタントの視点でさまざまな出来事に感じたままをつづります!

<   2010年 10月 ( 29 )   > この月の画像一覧

c0074721_16562629.jpg



高校生の就職内定率は50%前後。


そんな中、何と100%という工業高校があるから驚く。


そこは日本一礼儀正しい工業高校だという。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


【本文】


■週刊ポスト、日本一礼儀正しい工業高校の就職率が100%!■


週刊ポストという週刊誌はとてもいい記事を書いてくれる週刊誌だ。


ゴシップ記事に終始する多くの週刊誌とは一線を画す。


日本一礼儀正しい工業高校の就職率は100%だそうだ。


その高校とは「奈良県立王寺工業高校」だ。


一流企業から求人が続々きて、100%の就職率だというからすごい。


挨拶ができるだけでなぜ就職できるのかと不思議に思う人も多いことだろう。


久保田憲司教諭が挨拶実践の仕掛け人だという。


たとえば先生同士がすれ違うとき、100ホーンの大声で挨拶する。


それを確実に100%やるわけだ。


すると見ていた生徒が実践する。


いつの間にか全校に徹底された。


大声で挨拶すると気持ちがいい。


モチベーションも上がる。


授業にもクラブ活動にも身が入る。


企業関係者は自社にこのような若者が入ってくれれば会社の雰囲気も変わるだろうと期待するのは当然だ。


モノづくりは人づくり。


挨拶もできない人間がいい仕事をできるはずもない。


就職内定率が50%にも届かない高校はたくさんあるのにうらやましい限りだ。


         =コンピテンシー宣教師=


=====================

配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本。
著書「中堅・中小企業のためのコンピテンシー入門」


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」

メルマガ「『問題解決』メルマガセミナー


[PR]
by shimo3781 | 2010-10-31 17:01 | 人事労務 | Trackback
c0074721_1772022.jpg



カタログに記載したいいこと尽くめの性能に関する数値スペック。


実際はどうあれ、記載内容で他社に負けるわけにはいかない。


「誠実にやっていたのでは売れないから」というのが本音だ。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


【本文】


■おそうじエアコン、ダイキン社員が本音を語る!■


家内と一緒に近所のイオンに買い物に行ったついでに家電コーナーを覗いた。


各社のおそうじ機能付きエアコンを見てみた。


ちょうどダイキン工業の営業マンが販促のため家電コーナーに来ていた。


ダイキン工業のカタログを手にとると、シャープと同じように「10年間おそうじ不要」と太字で書いてある。


富士通ゼネラルのエアコンのカタログにも類似の文言が並ぶ。


みんな横一線だ。


「10年間おそうじ不要と書いてあるが、シャープはウソだと分かった。ダイキン工業の製品は本当に10年間おそうじ不要だね」と質問した。


ダイキン工業の営業マンは「*印が付いていまして、*印のところに場合によってはお掃除が必要な場合もある旨、記載しています」と指差した。


なるほど、虫眼鏡で見なければならないほど小さな文字で逃げ口上が書いてある。


さらにダイキン工業の営業マンは「他社が具体的に10年と書いてあれば、9年とは書けない。カタログ上のスペックで負けてしまうから」と付け加えた。


「ということは実力のない内容をさもあるように記載するわけだよね。負い目を感じないの」と質問した。


すると「私は営業の人間なので設計開発部門がカタログに書いたら、それでもってトークし、営業しなければならないんですよ」と苦しそうに話した。


「消費者協会では、全国からおそうじ機能に対するクレームが上がってきていると言ってましたよ」と教えてあげた。


各社とも記載したスペックを満たしていなくとも「赤信号、みんなで渡れば怖くない」というわけか。


         =コンピテンシー宣教師=


=====================

配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本。
著書「中堅・中小企業のためのコンピテンシー入門」


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」

メルマガ「『問題解決』メルマガセミナー


[PR]
by shimo3781 | 2010-10-30 17:09 | 企業体質 | Trackback
c0074721_17432723.jpg



今の時代、各社こぞっておそうじ機能付きエアコンを出している。


「10年間おそうじ不要」の文字が躍る。


だが、これは真っ赤なうそとわかった。


怒り心頭だ。詐欺だ。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


【本文】


■10年間おそうじ不要のエアコンは誇大広告だ!■


おそうじ機能付きエアコンが各社から販売されている。


おそうじロボットエアコンとして最初に世に出したのがパナソニックだった。


その後家電各社が追随している。


我が家の各部屋のエアコンもお掃除機能付きエアコンだ。


リビングに設置してあるエアコンがあったまらないため今日シャープエンジニアリングセンターのサービスマンに来てもらった。


結論から言うと不具合は直り、温まるようになった。


修理の様子を見ていたらフィルターを取り出し、水洗いし、ブラシで汚れによる目詰まりを除去し、水滴をふき取ってセットしなおした。


見事に修理完了だ。


購入するときのカタログには大きな太字で「おそうじ機能搭載、10年間お手入れ不要」と書いてある。


誇大広告、詐欺ではないのか。


それに対して、サービスマン曰く。


「3年に一度はフィルターを外して掃除して欲しい」と。


さらに「取り説にはお掃除の仕方が書いてありますから」と付け加えた。


これって誇大広告、詐欺ではないかと思い、最寄の消費生活センターに電話してみたところ、「実際は掃除を繰り返し行わなければならず、おそうじ機能は誇大広告だ」という消費者の声がたくさん集まっているそうだ。


家電品に限らず、効能もないのに効能があるかのように表示をしている商品は世の中に氾濫している。


一体消費者庁は何をしているのか。


仕分けして、消費者庁をいっそのこと廃止したほうがいい。


そう結論付けるのは早いかな。


だったら、しっかり役目を果たして欲しいものだ。


         =コンピテンシー宣教師=


=====================

配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本。
著書「中堅・中小企業のためのコンピテンシー入門」


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」

メルマガ「『問題解決』メルマガセミナー


[PR]
by shimo3781 | 2010-10-29 17:46 | 企業体質 | Trackback
c0074721_1793719.jpg



隣のビルの賃貸会議室を借りて会議をする会社は多い。


だが、最近ビルのオーナーで有料自習室を始めるところが出てきた。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


【本文】


■有料自習室ビジネスが盛況になってきた!■


都心のビルなどの空き室、空きスペースが目立つ。


何とか有効活用の手立てはないものか。


オフィスとしての借り手がなければ不動産税を払い続けるだけ。


これはビルのオーナーは苦しい。


そこで目をつけたのが「有料自習室」だ。


間仕切りだけで区切ったスペースにスタンド式の照明をつれただけのシンプルなものだけに投資額は少なくて済む。


夕方から会社帰りのビジネスマンで込みだす。


中には受験生も。


図書館でもいいのではないかと思うが、受験生は中学生などがうるさくて気が散って勉強に身が入らないから有料自習室に来るのだという。


ビジネスマンは一人静かに勉強だ。


会社には内緒で勉強し、いざというときトラバーユに役立つ資格に挑戦するのだという。


そう、ビジネスマンもスポーツ選手同様、いつ戦力外と言われてリストラされるか分からない。


うまくいけばリストラされる前に再就職できてトラバーユできる可能性もある。


ビルのオーナーの空きスペース活用のアイディアとビジネスマンや受験生のニーズがぴったりはまった感じだ。


それにしても有料自主室とは驚く。


         =コンピテンシー宣教師=


=====================

配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本。
著書「中堅・中小企業のためのコンピテンシー入門」


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」

メルマガ「『問題解決』メルマガセミナー


[PR]
by shimo3781 | 2010-10-28 17:10 | Trackback
c0074721_2127303.jpg



左前輪バースト。


大事故になるはずだったが、たまたま走行車線を走っていて、ガードレールに左側面を大きくこすり、横転することもなく命拾いした。


神が助けてくれたのかも知れない。。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


【本文】


■高速道で左前輪バースト、命拾いしました!■


今日は楽しいゴルフの日。


朝4時起きしてパソコンチェックとメール配信。


日課の仕事をやって5時半出発。


東北道、栃木インターで降りてプレステージヘ向かう。


ニアピン賞一本とブービー賞獲得。


問題は帰り道だった。


久喜インターに近づいたとき突然左前輪がパンクしハンドルを左に取られる。


左のガードレールに左側面を激突させてしまった。


そのまま、走り続けて安全な場所を探して停車し、JAFへ救援のSOS。


JAFから高速警察へ連絡してもらう。


道路公団と高速警察が20分後に到着。


とても親切に対応してもらった。


「怪我、しませんでしたか、自損で済んだのが軌跡に近いです、横転しなくてよかった」と。


やがてJAFが到着してホンダのディーラーまで輸送してもらった。


警察に親身になって対応してもらった経験がなかっただけに、正直驚いたし、ありがたかった。


追い越し車線を走行中にバーストしたら大きな事故になり、多くの人を巻き添えにしていたかもしれない。


それよりも何よりも、パソコンの前に座っていなかったのではないかと思う。


ちょっとだけ、神様が助けてくれたと信じたい。


        =コンピテンシー宣教師=


=====================

配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本。
著書「中堅・中小企業のためのコンピテンシー入門」


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」

メルマガ「『問題解決』メルマガセミナー


[PR]
by shimo3781 | 2010-10-27 21:29 | 自己啓発 | Trackback
c0074721_162066.jpg



郊外のショッピングセンターに車で行ってショッピング。


それよりも徒歩で街へ出る。


商店街の復権が始まるのだ。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


【本文】


■徒歩圏ショッピングに逆戻り、街に活気取り戻す!■


補助金が9月半ばで切れた自動車業界。


販売に急ブレーキが掛かったようだ。


一方、女性はフラットな靴を選ぶようになっているそうだ。


ハイヒールは歩きにくいばかりか、つまずいたり転ぶこともある。


しかも足は痛くなる。


我慢のおしゃれだったに違いない。


それよりもフラットな靴を履いてさっそうと歩くほうが楽しいと感じるようになったのだろう。


スポーツシューズの売れ行きも地味ながら着実に伸びている。


歩け、歩け。


公共交通機関を使って、残りの距離は徒歩で街を歩くって楽しい。


街並みの景色を見ながら新しい発見をし、そしてゆったり気分でショッピングを楽しむ。


郊外のショッピングセンターへ車で行ってあわただしく帰ってくるのはつまらない。


さあ、商店街に戻ろう。


商店街での対面販売は情報が満載、会話も楽しい。


イオンもいち早く気付き、駅前に小さなショッピングセンターを出店し始めた。


徒歩圏ショッピングで景気回復もありえる。


        =コンピテンシー宣教師=


=====================

配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本。
著書「中堅・中小企業のためのコンピテンシー入門」


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」

メルマガ「『問題解決』メルマガセミナー


[PR]
by shimo3781 | 2010-10-26 16:03 | マーケティング | Trackback
c0074721_17312174.jpg



こんな面白い消しゴム、見たことない。


かわいいから思わずたくさん買ってしまう。


たいしたお金じゃないからバカ売れ。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


【本文】


■たかが消しゴム、されどバカ売れの秘密!■


埼玉県八潮市に「イワコー」という文具製造会社がある。


資本金2,000万円、従業員20人の中小企業だ。


だが、売上高20億円もたたき出す。


見て楽しい消しゴムがバカ売れだからだ。


ミニサイズの野菜やケーキ、動物に車も。


250種類を越える。


少子化で消しゴムの需要は減少するばかりだ。


大人はボールペン主体だから消しゴムはあまり使わない。


なのに売れるのは、消しゴムの機能を求めているわけではない。


見て楽しい消しゴム。


コレクションすると楽しい消しゴム。


ノベルティグッズとしての消しゴム。


2~3割はアメリカにも輸入しているそうだ。


現在、日産15万個の生産量を誇る。


新しい価値を提供すれば新しい市場が開拓できる好例ではないかと思う。


        =コンピテンシー宣教師=


=====================

配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本。
著書「中堅・中小企業のためのコンピテンシー入門」


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」

メルマガ「『問題解決』メルマガセミナー


[PR]
by shimo3781 | 2010-10-25 17:35 | マーケティング | Trackback
c0074721_16295951.jpg



ネコも杓子も大学に入れる時代だ。

大学は出たものの、就職すらできない。

学生が殺到する私大に変革しなければ消滅するしかない。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


【本文】


■私大の4割が赤字、私大生き残り戦略の一考察!■


共同通信の報道によればざっくり私大の4割が赤字だという。


4割という数字は私大の実に226校に当たる。


1997年に比べ、5倍近くに増加している。


赤字の私大がが増えた要因として


□ 景気悪化


□ 少子化


などが挙げられている。


景気悪化は、親がリストラなどで職を失ったり収入が大幅に減少して大学進学を断念する生徒がが多い。


あるいはせっかく入学したのに同じ理由で学費が払えず退学に追い込まれる学生が多い。


もちろん少子化で進学する生徒の絶対数が減少していることも大きい。


もう一つ、大きな理由は無理して大学に入っても就職できないから専門学校へ行くという生徒も多いことだ。


専門学校に行って専門を身に付ければ就職が有利だろうと誰もが考える。


だがも「モード学園」のように全員が就職できる専門学校はまれだ。


大学でも、秋田県の公立の「国際教養大学」のように全員が就職できる大学はまれだ。


私大として生き残るには全員が就職できる大学に生まれ変わることだ。


専門知識の入り口をかじるだけでなく、実践で技術、資格を身につける私大になれば学生は殺到するはずだ。


就職できる私大、これに尽きる。


        =コンピテンシー宣教師=


=====================

配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本。
著書「中堅・中小企業のためのコンピテンシー入門」


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」

メルマガ「『問題解決』メルマガセミナー


[PR]
by shimo3781 | 2010-10-24 16:33 | Trackback
c0074721_1647523.jpg



築地移転問題が強引に動こうとしている。


何一つ成功させない石原都知事。


築地移転でまたもや大きな失敗をし、都民にツケを回す。


都民は、怒らなければ。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


【本文】


■失敗ばかりの石原都政は築地移転でまたも失敗する!■


石原都政は都民のためにいったい何をしてきたのだろうか。


都民は今こそ、胸に手を当てて考えてみるべきではないか。


オリンピックの誘致失敗。


新銀行東京の不良貸し付け問題。


誰が見ても責任を取って辞任すべきものではないのか。


失敗を認めようとせず、反省も謝罪もない。


その上、築地の移転に着手すると言い出した。


土壌汚染がひどい豊洲に移転するよりも築地を再開発するほうがいいに決まっている。


豊洲に移転しても仕入れに行く業者は激減するだろう。


もういい加減、若いバリバリのやり手にバトンタッチしなければならない。


週刊誌に名前の挙がっている人はまずいな。


M氏やH氏でなく、もっと庶民のためにバリバリやれる人が名乗り出て欲しい。


        =コンピテンシー宣教師=


=====================

配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本。
著書「中堅・中小企業のためのコンピテンシー入門」


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」

メルマガ「『問題解決』メルマガセミナー


[PR]
by shimo3781 | 2010-10-23 16:51 | 政治 | Trackback
c0074721_1656256.jpg




わが身の保身だけ考えている人間は企業の中にもいる。


こういう輩が出世街道を歩むことがある。


でも、このような会社は長続きしない。


神様は見ているから。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


【本文】


■保身一辺倒の前特捜部長らは何思う!■


犯人隠避罪で起訴された前特捜部長と前副部長。


共に完全否認で供述調書に一通もサインしないそうだ。


もう、我が身の保身一辺倒だ。


二人は懲戒免職。


破れかぶれの徹底抗戦と宣言している。


検事総長が謝罪会見し、前次席検事、前検事正などにも処分が下り、辞任に追い込まれた。


裁判で最終的にどんな判決が出るにせよ、徹底抗戦の二人の人生は終わった。


家族も肩身が狭いのではないか。


誰も同情する者はいないだろう。


背景にあるものは過度の成果主義だ。


狙った人間を何が何でも犯人に仕立て上げ、起訴する。


裁判で有罪に持ち込む。


そして特捜のエースの称号を得る。


上司は部下の不祥事を隠避して”ほっかぶり”する。


一般の企業にも我が身の保身に拘泥する人間がいて、このような輩に限って出世していく。


心の貧しい人間としかいいようがない。


        =コンピテンシー宣教師=


=====================

配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本。
著書「中堅・中小企業のためのコンピテンシー入門」


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」

メルマガ「『問題解決』メルマガセミナー


[PR]
by shimo3781 | 2010-10-22 16:57 | Trackback