ブログトップ

「コンサルタントの視点」日記

shimo3781.exblog.jp

コンサルタントの視点でさまざまな出来事に感じたままをつづります!

<   2011年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

c0074721_15542366.jpg



家族や肉親を亡くされた人々の悲しみは深い。


多くの方の遺体が見つかっていないのは残念なことだ。


そんな中、遺体の捜索もできず、収容も出来ない地区がある。


原発から20キロ圏内には千体ほどの遺体がゴロゴロしているが被爆しているため、収容作業に二の足を踏んでいるのだ。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


【本文】


■被爆遺体ゴロゴロ、二次被爆が心配で収容どうするか!■


福島第一原発から20キロ圏内は避難命令地区だ。


だが、震災と津波で亡くなった人たちの遺体が数百から千体も散乱していると推定されるそうだ。


もちろん警察当局も手の付けようがない。


原発から5キロの地点で見つかった大熊町の遺体から高い放射能を観測しており、死亡後に放射能を浴びたことは間違いない。


当初は遺体を20キロ圏外に移して検死することを考えていたがそれは無理のようだ。


なぜならば、収容作業に当たる人が二次被爆する恐れがあるからだ。


遺体も腐乱し原形をとどめないようになりつつある。


異臭も。


避難している人たちは、家族や肉親の消息も分からない。


なんとも罪深い東京電力だ。


被災者の人々の悲しみは尽きない。


        =コンピテンシー宣教師=


=====================

配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本。
著書「中堅・中小企業のためのコンピテンシー入門」


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」

メルマガ「『問題解決』メルマガセミナー


[PR]
by shimo3781 | 2011-03-31 15:56 | 家族・親戚 | Trackback
c0074721_16193861.jpg



大物政治家はやばくなると病院に緊急入院して逃避行する。


安倍元総理もそうだった。


今回は今、国民を奈落のそこに突き落としている東電の清水社長が病院に逃避行した。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


【本文】


■東電の清水社長が病院へ逃避行!■


3月13日の記者会見を最後に公の場に姿を現さなかった東京電力の清水社長が高血圧と極度の疲労で入院したという。


多くの場合、(最高)責任者は病院に逃避行するものだ。


代わりに勝俣会長が指揮を取るということだ。


地震と津波は自然災害だから致し方ない。


だが、福島第一原発の事故は明らかに人災だ。


20キロ圏内の住民は避難、20~30キロ圏内の人は自宅避難などの指示が出されたが多くの住民は分散して他の市町村や他県に避難している。


原乳、野菜も出荷停止などで農業に従事する人たちは大変な損害を被っている。


こんなときに頭が痛いのケツがかゆいの、血圧が高いのなどと言ってよくぞ病院に逃避行できるものだ。


たとえわが身はどうなろうとも国民の前に姿を現して謝罪を繰りかえとながら陣頭指揮を取るのが筋ではないかと思う。


結果として倒れたり、不幸にして亡くなったというならいたし方あるまい。


よくそんなことで大企業のトップが務まるものだ。


海外のメディアでは一時自殺説まで流れていた。


もう東京電力は国営にしなければ収まりはつかないところまできている。


莫大な損害賠償など支払えるわけがないもの。


        =コンピテンシー宣教師=


=====================

配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本。
著書「中堅・中小企業のためのコンピテンシー入門」


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」

メルマガ「『問題解決』メルマガセミナー


[PR]
by shimo3781 | 2011-03-30 16:21 | 企業体質 | Trackback
c0074721_16125837.jpg



福島で犯罪容疑者33人を釈放してしまったという。


地震のドサクサで忙しく、取調べをやっている暇がないということらしい。


でも、こんなの前代未聞だから必ず後で大きな問題になると思う。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


【本文】


■震災恩赦先取りで33人も釈放するなんて!■


福島地検本庁、いわき2支部が拘留中の容疑者、合計33人を処分保留で釈放していたことが判明した。


早い話、地震で恩赦を先取りしたような格好になった。


□ 地震の影響で容疑者の身柄の安全確保が困難。


□ 事情聴取など捜査の遂行が困難。


などを理由として挙げているが果たしてこんなことって、あっていいのだろうか。


確かに釈放された容疑者は軽微な犯罪の容疑者だ。


窃盗、強制わいせつ、覚せい剤取締法違反など。


こんなときだからこそ治安の維持がもっとも大切だ。


現に、被災地の金融機関の金庫から4,000万円が盗まれたり、ユニクロの店舗に集団ドロボーが入ったりしている。


他県の検事の応援をもらってでも捜査を遂行すべきだと思うのだがいかがなものか。


今回のこの処置は、必ず後で大きな問題になるような気がしてならない。


また問題にすべきで事案である。


        =コンピテンシー宣教師=


=====================

配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本。
著書「中堅・中小企業のためのコンピテンシー入門」


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」

メルマガ「『問題解決』メルマガセミナー


[PR]
by shimo3781 | 2011-03-29 16:14 | 仕事 | Trackback
c0074721_16521543.jpg



震源に近いほうの女川原発は安泰だ。


それに対して福島第一原発は危機的状況が続いている。


その差は設計時の津波の高さの予測値の差にあった。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


【本文】


■福島第一原発と女川原発の決定的な違いは!■


東京電力の福島第一原発が危機的状況を続け、近隣住民に避難を強いる結果となっている。


近隣住民だけでなく東北関東一円の全ての人々に計り知れない迷惑と損害を与えている。


女川原発は東北電力、福島第一原発は東京電力。


つまり、会社が違う。


より震源に近い女川原発は地震と同時に安全に自動停止し、事故には至っていない。


両社の決定的な違いは、設計時に想定した津波の違いによる立地条件の差だ。


福島第一原発が想定した津波は最高5.7メートル。


女川原発は津波を最高9.1メートルと想定し、海面から14.8メートルの高さに敷地を整備した。


女川原発では3基あるうちの2号機の原子炉建屋の地下に浸水があったたものの重要施設に津波は及んでいなかった。


東京電力が如何に津波の高さを甘く想定していたかが分かる。


こう考えると福島第一原発の事故は明らかに人災といえる。


電力会社一社に国家が転覆させられかねない事態に陥っている。


地震や津波の大きさを最大どれぐらいと想定するかは難しいが、それが予測技術というものだ。


甘く予測するかシビアに予測するかが運命を分けたことは間違いない。


        =コンピテンシー宣教師=


=====================

配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本。
著書「中堅・中小企業のためのコンピテンシー入門」


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」

メルマガ「『問題解決』メルマガセミナー


[PR]
by shimo3781 | 2011-03-28 16:54 | 企業体質 | Trackback
c0074721_16542481.jpg



震災で避難している人々は、とっくに精神的も肉体的に限界を越えている。


町ぐるみで一時移転し、近い将来みんな揃って故郷に帰れるように、全国民で支援できるとよい。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


【本文】


■震災での町ぐるみ移転は「医・職・住・育」がカギを握る!■


東北関東大震災の被災者の人々の集団移転が各地で計画されている。


一つのモデルになるのがさいたまスーパーアリーナに避難された双葉町の皆さんの例だ。


さいたまスーパーアリーナは3月末までしか使えない。


そのため加須市の廃校になった高校の校舎に移転してもらうことになっている。


現在、役場の機能も移転してきており、引き続き加須市の避難先に役場の機能も移る。


町ぐるみで避難し、移転していればコミュニティが維持されるから被災者の皆様にとってはありがたい。


原発事故が収束してもすぐに地元には戻れない。


放射能が薄まってくれるまでじっと待たなければならない。


仮設住宅やインフラの整備はその後になるわけだ。


町ぐるみでの避難先、移転先での住民の生活が一番だ。


お年寄りや病弱な人のために「医療」が充実していなければならない。


避難生活が長引くことが予測されるわけだから生活の糧を得るために働く必要がある。


「職」、つまり仕事を斡旋してあげる必要がある。


農家出身の人には遊休の農地を用意して農業をやってもらうのもよいだろう。


近くの工場で働けるようにしてあげることも必要だ。


そして[住む」ところが確保されなければならない。


ただ住むだけでなく、個室が確保され、プライバシーが保たれて、ある程度快適な住居であってほしい。


加須市は、廃校になった高校で避難生活を送りながら、住居を斡旋していく考えのようだ。


次に大事なのは{教育問題}だ。


子供たちが学校に集団で転校できることが好ましい。


それについても加須市は受け入れ態勢を取るといっている。


心残りなのは、埼玉県ではなく別の地域に避難している住民がまだ多数居ることだ。


早い段階で合流できることを願う。


そして近い将来、みんな揃って故郷に帰れることを祈りたい。


故郷を離れるのは忍びないと思うが、必ずいつか帰れるのだから、元気を出して辛抱してほしい。


        =コンピテンシー宣教師=


=====================

配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本。
著書「中堅・中小企業のためのコンピテンシー入門」


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」

メルマガ「『問題解決』メルマガセミナー


[PR]
by shimo3781 | 2011-03-27 17:01 | 政治 | Trackback
c0074721_16232673.jpg



与党と野党の戦いも休戦状態。


野党議員は全く出番なし。


これじゃ、まるで議員報酬ドロボーだね。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


【本文】


■こんなとき野党議員やることなくて飼い殺し、報酬ドロボー!■


地震、津波、そして原発事故。


三重苦で国家が転覆するかもしれない非常事態だ。


枝野幹事長だけがやけに目立つ。


菅総理はめったに姿を現さない。


鳩山氏も小沢氏も沈黙を保ったままだ。


菅総理は自民党の谷垣氏に、こんなときだから入閣して協力してほしいとラブコールを送ったが拒否したという。


野党の皆さんはこんなときやることがなくて、まるで飼い殺し状態だ。


国会が開催されていないから攻撃することも出来ない。


与党の足を引っ張ることも出来ない。


今へんなことを言えば、メディアに叩かれかねない。


かといって、被災地に行ってボランティアをやるわけでもない。


街頭に立って募金集めをするわけでもない。


自ら義援金を出すわけでもない。


彼らの議員報酬はもったいない。


全て水の泡だ。


議員定数を今の3分の1以下にすべきだ。


屁理屈ばかり言って、足を引っ張る議員に支払う税金はもはやない。


そのことを知ってほしいと国民は願っている。


        =コンピテンシー宣教師=


=====================

配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本。
著書「中堅・中小企業のためのコンピテンシー入門」


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」

メルマガ「『問題解決』メルマガセミナー


[PR]
by shimo3781 | 2011-03-26 16:25 | 政治 | Trackback
c0074721_7342483.jpg



原発はあまりにも危険で恐ろしいということが国民ともどもよく分かった。


演歌の花道ではないが「原発舞台の花道は 表もあれば 裏もある」だ。


表は東京電力、裏は下請け企業。


事故の犠牲になるのはいつも下請けの社員だ。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


【本文】


■いつも泣きを見るのは下請け社員という東電への疑問!■


福島第一原発の第3号機で作業中の二人が水溜りに足を浸けてしまい、被爆した。


汚染された水溜りの放射性物質の濃度は1立方メートルあたり約390万ベクレルに上ったとの調査結果が発表された。

原子炉内の冷却水に比べて約1万倍に達する濃度で、水表面の線量は1時間当たり400ミリシーベルトあったという。


被爆した二人は、時間と共に足の皮膚が壊死する可能性が高いため、専門の医療機関に搬送し、治療を受けるという報道だ。


ここで疑問点が浮かぶ。


いつもこのような被害を受けるのは下請けの作業員だ。


東京電力の社員は危険な作業をやらないというのはおかしいのではないのか。


しかも長靴も履かずに水の中に足を入れるとは一体あなた方は原発のプロなのかと疑いたくなる。


海外メディアも東京電力の管理のお粗末さを大々的に伝えているそうだ。


危険で重要な仕事ほど本体である東京電力の社員が行うべきではないのか。


下請けの社員は東京電力の奴隷でないのに、下請けの社員ばかりがいつも悲しい。


被爆した二人の家族の悲しみを思うと心情的に許せない。


        =コンピテンシー宣教師=


=====================

配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本。
著書「中堅・中小企業のためのコンピテンシー入門」


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」

メルマガ「『問題解決』メルマガセミナー


[PR]
by shimo3781 | 2011-03-25 13:17 | 企業体質 | Trackback
c0074721_16453198.jpg



東京電力の福島第一原発事故。


空気も食料も水も放射能汚染。


国民は真綿で首を絞められていく。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


【本文】


■死の街双葉町、救出断り居残る老夫婦の覚悟!■


原発の街双葉町は、もはや死の街と化している。


道路はいたるところで地割れなどで寸断されている。


双葉町は集団でさいたまスーパーアリーナに町役場ごと避難しているが取り残された人がまだいる。


娘さんから救出依頼があり、自衛隊が死の町に救出に向かった。


防護服に身を固め、双葉町へ。


途中からは道路が破壊されていて、自衛隊員は徒歩で救出に向かう。


救出依頼の家を見つけ、大声で呼びかける自衛隊員。


すると老婆が出てきた。


「救出に来ました。すぐ家を出てください」と自衛隊員。


すると老婆は、「お言葉はありがたいのですが、主人が寝たきりで出られません」と。


自衛隊員が何度も救出する旨を説得するが老婆は聞き入れようとしない。


「ここに留まります。ここで死にたいです」と。


もう覚悟は出来ている様子だ。


ものの哀れを感じる。


救援物資も届かない。


食料も切れる。


そして放射能まみれの死の街。


空気も食品も水も放射能で汚染され、しかも拡大の一途だ。


国民は真綿で首を絞められていく。


被災者だけでなく一般の国民も針のむしろだ。


        =コンピテンシー宣教師=


=====================

配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本。
著書「中堅・中小企業のためのコンピテンシー入門」


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」

メルマガ「『問題解決』メルマガセミナー


[PR]
by shimo3781 | 2011-03-24 16:47 | 企業体質 | Trackback
c0074721_14375551.jpg


農産物は放射能に汚染されて流通が止まりつつある。


生産者も困るが生活者も困る。


海産物にも波及していくことは間違いない。


食糧不足で大幅高騰することは間違いないだろう。


チュニジアに端を発した内乱革命も元はといえば食糧不足と高騰だ。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


【本文】


■生活必需品を投機対象にしない国際条約を提案せよ!■


チュニジアから始まったアラブ諸国の庶民のデモ。


長期独裁政権があっという間に倒された。


民衆は命がけで戦っているのだ。


事の発端は単なる民主化要求ではなく食料不足と高騰に対する不満が爆発したものだ。


低所得者層はパン一個を手に入れることも容易ではない。


生理的欲求さえも満たされないのだ。


中国政府も一番恐れているのが低所得者層のデモだ。


東北関東大震災で被災者はぎりぎりの生活を強いられている。


双葉町の住民は行政ごと埼玉県のさいたまスーパーアリーナに避難してきた。


加須市の廃校となった騎西高校に移ることが発表され、長期戦で臨むことになった。


そこへ持ってきて農産物が放射能汚染で流通が止まりつつある。


食糧不足は否めない。


これから食料は品不足のため高騰していく。


小麦の値上げも政府からすでに発表されている。


食料やエネルギー関連商品を投機の対象にすれば投資家は「今だ」とばかりに投資する。


そのため品不足で価格は何倍にも跳ね上がる。


内乱や戦争の火種を生むだけだ。


地球平和を実現するために食料やエネルギー関連物資などは投機の対象にしないという国際条約締結の提案を日本としてすべきではないか。


買占めと投機は百害あって一利なしだ。


        =コンピテンシー宣教師=


=====================

配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本。
著書「中堅・中小企業のためのコンピテンシー入門」


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」

メルマガ「『問題解決』メルマガセミナー


[PR]
by shimo3781 | 2011-03-23 14:40 | 政治 | Trackback
c0074721_15584286.jpg



ほうれん草やカキナだけでなく、さまざまな野菜も返品されつつある。


レタスもチンゲン菜も小松菜だって同罪に見えてくるからだ。


かつて所沢の農家が「ダイオキシンにまみれた葉っぱもの」報道でどれほど泣かされたことか。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


【本文】


■ダイオキシン問題のときと同じ風評被害拡大、農家は泣ける!■


かつてダイオキシンに葉っぱものがまみれているとテレビ朝日のニュースステーションで報道されて大変な社会問題になったことを覚えているだろうか。


報道の主役は久米宏というちょっと生意気なキャスターだった。


所沢の農家はほうれん草が売れず、全滅状態に陥った。


ところがその「葉っぱもの」の正体は「お茶っ葉」だということが後で分かった。


ほうれん草農家は被害届を出し、訴訟を起こしたが結局は泣き寝入りに終わった。


つまり、たった1,000万円で和解が成立したのだった。


今回の原発事故で4県(福島、栃木、群馬、茨城)産のほうれん草とカキナについて出荷自粛、さらに福島産の牛乳の出荷自粛が政府から出された。


ある酪農家は「廃業するしかない。全く先が見えないもの」と悲痛な声。


あるほうれん草農家は「収穫前の前のほうれん草を抜き取って全て廃棄する。次の種をまいても同じことだろうからまけない」と途方にくれる。


一方、茨城産のレタスやチンゲン菜も小売業者から返品を食らっているという。


「例え食べても直ちには健康に影響はない」といくら繰り返されても消費者は怪しいもの、安全でないものは買わない。


いくら「冷静に」と言われても、もしものことがあってはいけないから慎重にならざるを得ない。


これからさらに、魚や海草もやばくなる。


農家だけでなく漁業者も大変だ。


東京電力はこれから明らかになっていく各方面の損害に対して責任を負わなければならない。


ごり押しして建設した原発事故の尻拭いに税金の投入はご免だ。


        =コンピテンシー宣教師=


=====================

配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本。
著書「中堅・中小企業のためのコンピテンシー入門」


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」

メルマガ「『問題解決』メルマガセミナー


[PR]
by shimo3781 | 2011-03-22 16:01 | Trackback