ブログトップ

「コンサルタントの視点」日記

shimo3781.exblog.jp

コンサルタントの視点でさまざまな出来事に感じたままをつづります!

<   2012年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

c0074721_15522858.jpg



二度の金メダリストも不名誉極まりない。


保釈請求は今回も却下された。


シャバに出てきても世間に顔向けできまい。


============================


【本文】


■柔道の内柴被告は二度目の保釈申請も却下。逃亡の恐れはないだろうに!■


大学の女子柔道部のコーチをしていた金メダリストの内柴正人被告(33歳)は、30日に二度目の保釈申請が却下された。


内柴正人被告は、昨年八王子のホテルで、泥酔して寝込んでいた女性部員に乱暴したとして12月に起訴された。


目下、公判整理手続中の身だ。


昨年の12月の保釈請求も認められず、今回も認められない。


逃亡の危険性はないと思うのだが、裁判所は逃亡や証拠の隠蔽の危険性があると判断したのだろうか。


それにしても、十分すぎるほど社会的制裁は受けたと思われる。


だが、彼には反省の態度が見られなかった。


心からの反省の意を示して、被害者や関係者に謝罪をすればよかったのではないか。


「合意だった」。


乱暴に合意する人はいない。


明らかにアンフェアだった。


これでは三度目の保釈請求も却下されかねない。


         =コンピテンシー宣教師=


=====================

配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本。
著書「中堅・中小企業のためのコンピテンシー入門」


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」

メルマガ「『問題解決』メルマガセミナー


[PR]
by shimo3781 | 2012-03-31 15:53 | 犯罪 | Trackback
c0074721_1672575.jpg



最近、つくづく考えされることがある。


うつになりたくなければ、東電の西澤社長のあのふてぶてしい態度を身に付ければいいのではないかと思うようになった。


ビジネスマンに是非そのことをお勧めしたい。


============================


【本文】


■”うつ”になりたくなければ東電社長の面の皮の厚さを見習え!■


年間3万人以上もの人が自殺をしているそうだ。


その多くは心を病んだ人だ。


心を病むだけではなくうつになる。


生きている意義を見失い、自殺に走る。


だが、この人は絶対にうつにならないだろうと断言できそうな人がいる。


東電の西澤俊夫社長だ。


これだけ世の中から批判を浴びようともケロッとしている。


あの精神力というか、打たれ強さというか、あの態度には見習うべきところがある。


□ 原発事故という事の重大さにも決して責任を感じてはならない


□ 飄々と持論を曲げず、値上げは権利と言い放つ


□ 身内に甘く、顧客に値上げを押し付ける


□ ばれなければ「よし」として、怪しい文書を配布し、ばれたら後出しでちょっとだけお詫びする


ビジネスマンは、実直でまじめすぎてはならないのかも知れない。


まじめに考えると心を病んでしまう。


盗人猛々しく、顧客や世間の批判を全く気にしないことだ。


うつになりたくなければ、西澤社長からあの態度を盗むに限る。


         =コンピテンシー宣教師=


=====================

配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本。
著書「中堅・中小企業のためのコンピテンシー入門」


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」

メルマガ「『問題解決』メルマガセミナー


[PR]
by shimo3781 | 2012-03-30 16:10 | Trackback
c0074721_16231850.jpg



部下のしでかした事件で上司の首が飛ぶのは民間企業の常だ。


だが、配達しないで隠していた郵便物をこともあろうに、上司がシュレッターにかけて処分していたというからあきれる。


当然、懲戒解雇を食らってしまった。


============================


【本文】


■郵便物を配達せず、あげくシュレッターで処分。ひどすぎる郵便事業会社!■


郵便物を配達せずに捨てたり焼却したりする事件はこれまでもたびたびあった。


郵便事業会社の三島支店では、昨年の5~11月に男性配達員がはがきや封書など約100通以上を配達せずに隠していた。


その事実を知った当時の支店長らが協議の上、シュレッターにかけて処分していたという。


2月23日に内部告発で発覚した。


郵便事業会社は、支店長や業務企画室長ら三人を3月12日付けで懲戒解雇した。


ほかに課長ら四人を懲戒処分とした。


なお、男性配達員は昨年11月に退職していた。


こういうことは必ず内部告発でばれることになっている。


支店長らの対策の採り方が間違っている。


問題をありのまま説明して、郵便物を発送したお客様にお詫びをすることだ。


その上で、再発防止対策をまとめ、きちんと報告すればいい。


異動で他部署に飛ばされることがあっても懲戒解雇は免れたはずだ。


それにしてもシュレッターとは思い切ったことをするものだ。


その悪知恵を仕事の改善に生かせばいいのに・・・。


         =コンピテンシー宣教師=


=====================

配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本。
著書「中堅・中小企業のためのコンピテンシー入門」


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」

メルマガ「『問題解決』メルマガセミナー


[PR]
by shimo3781 | 2012-03-29 16:27 | Trackback
c0074721_1623260.jpg



昔、安藤昇というインテリやくざがいた。


今度はインテリ年金詐欺師だ。


罪の意識はまるでない。


蛙の面に水をかけたようで、むなしい。


============================


【本文】


■浅川社長はインテリ詐欺師。まるで蛙の面に水!■


27日の衆院財務委員会の参考人質疑にAIJの浅川社長が出席した。


預かった年金のほとんどを消失させたことについて一応謝罪した。


だが、あの受け答えは何だ。


「詐欺などは全く考えておりません」と飄々と述べる。


インテリ詐欺師の顔そのものだ。


当初から投資に失敗しておきながら年収7,000万円以上を得ていたという。


年金に群がったシロアリ集団だった。


さも利益が出ていたように見せかけた資料も自ら作成したという。


それでいて詐欺ではないと居直る。


悪人とはこういうもの。


告訴され、裁判になっても居直るに違いない。


せめて財産を全て没収して丸裸にしてほしい。


         =コンピテンシー宣教師=


=====================

配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本。
著書「中堅・中小企業のためのコンピテンシー入門」


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」

メルマガ「『問題解決』メルマガセミナー


[PR]
by shimo3781 | 2012-03-28 16:27 | 詐欺事件 | Trackback
c0074721_16163218.jpg



「想定外」。


便利な言葉だ。


だが、想定外を想定して対策を講じ、事故を防ぐのが企業の任務だろう。


============================


【本文】


■三井不動産、浦安市の液状化訴訟で逃げ切る気か!■


浦安市の液状化の被害は悲惨だ。


近くの高層マンションはびくともしない。


十分な杭を打ち、地盤強化の工事をやっていたからだ。


それに対して三井不動産が分譲した宅地は地盤強化の工事をやっていない。


家が傾き、不自由な生活を余儀なくされている。


住民32人が三井不動産と関連会社に対して地盤改良工事費、住宅補習費、慰謝料など合計7億円の損害賠償訴訟を起こした。


26日、第一回の口頭弁論が行われたが、三井側は「想定外の巨大地震」として請求棄却を求めた。


ここでも「想定外」で責任逃れを狙う。


高層マンションは、きちんと想定して地盤強化工事を行っているではないか。


果たして三井の逃げきりなるか。


心情的には絶対に逃げ切りを許してはならない。


そうでないとこれからも「想定外」を口実に責任を取る業者はいなくなる。


住民を泣かせてはならない。


         =コンピテンシー宣教師=


=====================

配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本。
著書「中堅・中小企業のためのコンピテンシー入門」


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」

メルマガ「『問題解決』メルマガセミナー


[PR]
by shimo3781 | 2012-03-27 16:18 | 震災支援 | Trackback
c0074721_1625055.jpg



タイのホンダの工場が約半年振りに生産を再開した。


業績挽回。


そして、景気浮上と株の値上がり。


期待していますよ。


============================


【本文】


■ホンダタイ洪水被害から5ケ月半ぶりに生産正常化。業績挽回を目指す!■


26日、洪水被害を受け、生産を中止していたホンダは、約半年振りに生産を再開した。


これでタイに進出している日系自動車メーカーの全社が生産を正常化することになる。


東日本大震災とタイの洪水のダブルパンチに見舞われていたホンダ。


アユタヤ県のロジャナ工業団地にある工場は3メートルの冠水に見舞われた。


水が引いても、洪水の後始末が大変だった。


ホンダの工場が動き出せば、部品メーカーも活況を呈する。


業績挽回を目指して、がんばるものと思われる。


これで景気がよくなってくれればありがたい。


願わくばもっと円安に触れてほしい。


そうすれば株も上がるだろう。


         =コンピテンシー宣教師=


=====================

配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本。
著書「中堅・中小企業のためのコンピテンシー入門」


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」

メルマガ「『問題解決』メルマガセミナー


[PR]
by shimo3781 | 2012-03-26 16:31 | 経営 | Trackback
c0074721_16233384.jpg



マツダが商用車から撤退することになった。


乗用車に経営資源を集中するためだと言う。


でも、寂しい限りだ。


============================


【本文】


■マツダ、小型トラックの生産から撤退。これも時代の流れか!■


マツダが小型トラックなど商用車の生産から撤退すると発表した。


次期モデルは開発しない。


2010年代には、現行モデルの「ボンゴ」の生産を打ち切る。


経営資源を環境をより重視した乗用車に集中する考えだ。


ハイブリッド車や電気自動車を持たないマツダは、ガソリン車やディーゼル車での燃費効率化で勝負しなければ差別化ができない。


燃費の効率化が環境を重視することになると考えてのことか。


経済発展を支えてきた商用車の生産がなくなるのは寂しい限りだ。


         =コンピテンシー宣教師=


=====================

配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本。
著書「中堅・中小企業のためのコンピテンシー入門」


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」

メルマガ「『問題解決』メルマガセミナー


[PR]
by shimo3781 | 2012-03-25 16:25 | 経営 | Trackback
c0074721_17483356.jpg



ノミの心臓という言葉は、把瑠都にぴったりだ。


綱取りはゼロからやり直しだ。


まず、精神面を鍛えなければ・・・。


============================


【本文】


■把瑠都ノミの心臓。綱とりゼロから出直しに!■


先場所14勝1敗で初優勝した把瑠都は、あの巨漢でノミの心臓だ。


24日には今場所不振の稀勢の里 にも敗れてついに4敗目を喫した。


これで完全に綱取りは振り出しに戻った。


それにしても「相撲は気から」という言葉が、把瑠都にはぴったりだ。


相撲の稽古もさることながら、精神面を鍛えなければ横綱にはなれない。


ノミの心臓を巨像の心臓にしなければ。



巨像の心臓になったとき、把瑠都は初めて横綱に挑戦する資格がもらえる。


それにしても情けない把瑠都だ。


         =コンピテンシー宣教師=


=====================

配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本。
著書「中堅・中小企業のためのコンピテンシー入門」


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」

メルマガ「『問題解決』メルマガセミナー


[PR]
by shimo3781 | 2012-03-24 17:49 | スポーツ | Trackback
c0074721_1620542.jpg



函館山からみる百万ドルの夜景。


そして湯の川温泉での憩いのひと時。


習志野署の皆さん方は、さぞ楽しかったことだろう。


使命を捨ててのドンチャン騒ぎだから。


============================


【本文】


■ストーカー受理先延ばし慰安旅行。使命感全くなしの習志野警察署!■


ストーカーに追いまくられていた女性の母と祖母が殺害された事件は悲惨だった。


女性の父親が必死に懇願しているのに、事件の受理を一週間待ってくれと受け付けなかった。


慰安旅行に出かけるため、ストーカー事件など受理している暇もなかったというわけ。


そして、事件は起こってしまった。


事件の検証と称して報告書が作られたが、ただのパフォーマンスに過ぎない。


県警本部の担当者も慰安旅行の事実を把握していながら、本部長や刑事部長には報告しなかった。


意図的に報告しなかったことは間違いあるまい。


税金で給料を頂いているという意識などまるでない。


さぞ、慰安旅行は楽しかったことだろう。


函館山からの百万ドルの夜景はきれいだったことだろう。


湯の川温泉は、心を癒してくれたことだろう。


こんな有様で、命を守ってもらえなかった市民は、成仏できるのだろうか。


         =コンピテンシー宣教師=


=====================

配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本。
著書「中堅・中小企業のためのコンピテンシー入門」


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」

メルマガ「『問題解決』メルマガセミナー


[PR]
by shimo3781 | 2012-03-23 16:23 | 不祥事 | Trackback
c0074721_16573098.jpg



東電を国有化する話は頓挫してしまった。


そのため、一社独占をいいことにやりたい放題を許してしまっている。


政府の完全なミスだ。


============================


【本文】


■開いた口がふさがらない東電を生かしてしまったことがそもそもの間違い!■


枝野経済産業大臣が東電の4月1日からの企業などに対する値上げ通知に関して「開いた口がふさがらない」と記者会見した。


契約期間終了までは値上げできないのに、異議申し立てがなければ承諾したものとみなして値上げる文面になっていた。


民放などが報道番組で東電のやり方はおかしいと放送したことがきっかけになっている。


枝野大臣の記者会見から3時間後、東電の西澤社長が謝罪の記者会見を行った。


「舌足らずだった」と。




やはり、東電は一旦国有にすべきだった。


そして発送電を分離し、発電事業に参入しやすい環境を作ってから、再度民間に移行すべきだった。


独占企業であることをいいことに、やりたい放題を許してしまっている。


テレビで西澤社長の会見やコメントを聞いていると、「顧客志向」は全く感じられない。


今からでも遅くないのではないか。


東電を一旦国有化すべきだ。


         =コンピテンシー宣教師=


=====================

配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本。
著書「中堅・中小企業のためのコンピテンシー入門」


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」

メルマガ「『問題解決』メルマガセミナー


[PR]
by shimo3781 | 2012-03-22 17:00 | 政治 | Trackback