ブログトップ

「コンサルタントの視点」日記

shimo3781.exblog.jp

コンサルタントの視点でさまざまな出来事に感じたままをつづります!

<   2015年 07月 ( 30 )   > この月の画像一覧

c0074721_15375937.jpg




「ウチがあなたを採用しますから、あなたは就職活動を止めてください。この誓約書に署名・捺印してください」。


上記がオワハラらしいが、とんでもない話だ。


絶対に拒否すべきだ。

================================

【本文】


■ 学生を取りたい一心でオワハラ深刻に。企業名を公表すべき! ■


「オワハラ」なるキーワードが頻繁に使われるようになった。


狙いをつけた学生に「就職活動を終わりにせよ」と迫るものらしい。


そんなことをする企業は相手にしないことだ。


最近は久しぶりの売り手市場で就職戦線は活況を呈している。


学生はいくつもの企業から内定をもらい、じっくり検討して最終的に行き先を決める権利がある。


他社に行かせないように邪魔をするわけだ。


8月1日は大手企業の選考解禁日だ。


文部科学省が30日に公表した調査では、学生からの相談を受けた大学・短大が急増していることが分かった。


大学や高校の関係団体でつくる「就職問題懇談会」が企業側に自粛を求める緊急声明を発表する事態となった。


どうせオワハラ企業にろくな企業はない。


就職活動を止める誓約書を書けと言われたら、即座に拒否すべきだ。


           = コンピテンシー宣教師 =

==========================

配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本。
著書「中堅・中小企業のためのコンピテンシー入門」


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」

メルマガ「『問題解決』メルマガセミナー



[PR]
by shimo3781 | 2015-07-31 16:11 | Trackback
c0074721_15253261.jpg




日本はまさに公務員天国、役人天国だ。


不始末をしでかしても責任も取らずクビにもならない。


公務員や役人は三日やったら辞められない。

================================

【本文】


■ ザルで水をすくうがごとく水道水200万円がパー。加須市のプールで! ■


ザルで水をすくうとはまさにこのことではないだろうか。


埼玉県加須市の小学校でプールの排水バルブを閉め忘れたまま、一か月半もの間、給水を続けていた。


約200万円分の水がパーに。


7月14日、小学校の教頭が水道の使用量が多すぎることに気づき、排水バルブを閉め忘れていたことにやっと気づいたというもの。


約6700トンもの水道水が無駄になった。


臨時の校長会を開催し注意を促し、シャンシャンシャンで終わった。


この200万円は市民税で賄われる。


そして誰もお咎めなしで、結構でございました。


これが公務員の実態だ。


閉め忘れた人間がいたはずだ。


やけにプールの水が減っていくが、どうしてだろうと疑問を持ち、調べるものもいない。


一般の企業ならどうなるか、考えてみてほしい。


公務員天国だね。


関係者全員の冬のボーナスから出させるぐらいの処置をしてもバチが当たるまい。


           = コンピテンシー宣教師 =

==========================

配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本。
著書「中堅・中小企業のためのコンピテンシー入門」


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」

メルマガ「『問題解決』メルマガセミナー



[PR]
by shimo3781 | 2015-07-30 15:27 | 不祥事 | Trackback
c0074721_15361449.jpg




爆買いブームがずっと続くわけもない。


いまシンガポールは観光客激減でシャッターモールになっているところもある。


本来の穏やかな観光客に日本を愛してもらうことに尽力すべきだ。

================================

【本文】


■ シンガポールは観光客激減で悲鳴。日本も明日は我が身かも! ■


シンガポールは私の見立てでは日本よりも治安がいい。


かつては日系企業が進出して工場を作り、コストメリットを享受した時期もあった。


しかし東南アジア有数の買い物天国として各国の富裕層を取り込むことに成功し、栄えてきた。


高級ショッピングモールが立ち並ぶオーチャード通りに異変が起きている。


シンガポールドル高で外国人客が激減しているのだ。


店舗用不動産が供給過剰となり、賃料を値下げする物件も多数あるという。


商売が成り立たず、閉店に追い込まれ、シャッターモールと化している。


中国人観光客に沸く日本は、爆買いムードに支えられているが、明日は我が身かもしれない。


経済異変が起これば観光業界はまともに影響を受ける。


いつまでも爆買い中国人観光客に頼っていてはならない。


たくさんの真っ当な観光客に来てもらうのが一番だ。


           = コンピテンシー宣教師 =

==========================

配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本。
著書「中堅・中小企業のためのコンピテンシー入門」


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」

メルマガ「『問題解決』メルマガセミナー



[PR]
by shimo3781 | 2015-07-29 15:45 | マーケティング | Trackback
c0074721_9502739.jpg




いじめを真面目に報告すると悪い評価をもらうそうだ。


だから、いじめはないと報告するに限る。


これではいじめ問題は解決しない。

================================

【本文】


■ 学校、校長、教師などに対する評価方法を大改革しなければ! ■


生徒がいじめにより、死に追い込まれたというのに学校関係者の無責任な対応ぶりにはあきれるばかりだ。


岩手県矢巾町で、いじめを訴えて自殺した中学2年の男子生徒について、学校は「いじめが自殺の一因」とする調査報告書をまとめ、26日、遺族に説明した。


しかし父親は納得できず、いじめた本人を警察に告訴することとなった。


この手の事件では加害者が必要以上に擁護されたり人権が守られ過ぎる。


そして校長をはじめ教師たちは的外れな言葉を口にする。


これは、学校に対する評価方法に問題があからだる。


いじめがない学校はいい学校との評価だ。


いじめのない学校なんてありえない。


大なり小なり、みんないじめはある。


評価方法が間違っているから、いじめがあっても隠すのだ。


担任と生徒がやり取りした生活ノートに生々しく助けを求める文言があるのに、担任は全く的外れなコメントを書き連ねていた。


問題意識がない。


しかも一人で抱え込んで、学年主任にも校長にも一切報告しない。


いじめの実態を報告すれば、ダメ教師と烙印を押されるからだ。


そして、校長に至っては裸の王様だ。


いじめがあって、どのように解決したかの報告が多ければ多いほど高い評価を与えるべきだ。


報告がゼロなら仕事をしていない証拠だから、最低の評価を与えなければならない。


文科省が主体となって、学校関係者への評価方法の大改革を進めなければならない。


できるかな、できないだろうな。


           = コンピテンシー宣教師 =

==========================

配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本。
著書「中堅・中小企業のためのコンピテンシー入門」


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」

メルマガ「『問題解決』メルマガセミナー



[PR]
by shimo3781 | 2015-07-27 09:53 | 教育 | Trackback
c0074721_1440983.jpg




嫁にもらってやるから持参金を持ってこい。


そんなことを言っていたら農家などでは益々嫁に来てくれる女性はいない。


でも田舎ではよくそんな話が合った。

================================

【本文】


■ 持参金トラブルで殺人事件多発のインド。法律で禁止されてはいるが! ■


持参金トラブルでの殺人事件が多発している。


インドでの話だ。


日本でも昔は持参金の風習があった。


嫁にもらってやるから持参金を持って来いというもの。


間を取り持った仲人が金品の額などを決めて、双方が納得して結婚式を上げたものだ。


後になってトラブルが起こることはあったが殺人事件という例はめったになかった。


ところがインドではいまだに持参金制度が習慣になっている地域が多いという。


夫とその両親が嫁と子供もに灯油をかけて火をつけ、焼き殺す事件が結構多い。


持参金トラブルで嫁が殺害される事件は年間約8000件ほどあるそうだ。


貧困がその原因のようだ。


持参金で一時的に貧困から脱するのが目的というわけだろう。


持参金制度は法律で禁止されてはいるが、いまだに続いていてトラブルは絶えない。


持参金の風土は悲しい物語を生む温床になっている。


           = コンピテンシー宣教師 =

==========================

配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本。
著書「中堅・中小企業のためのコンピテンシー入門」


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」

メルマガ「『問題解決』メルマガセミナー



[PR]
by shimo3781 | 2015-07-26 14:31 | 犯罪 | Trackback
c0074721_160925.jpg




婚活応援酒場。


今の時代にぴったりだ。


既に40店舗あまりだが、出店は加速している。

================================

【本文】


■ 婚活応援酒場 相席屋が繁盛しているわけは! ■


相席屋が東京赤羽に1号店をオープンしたのは昨年の3月だった。


1年余りで40店を突破し、出店エリアは東京に19店舗、さらに15都道府県に広がっている。


8月には50店舗達成の見込みで、2016年までに47都道府県に拡大して100店舗に増やす計画だという。


行政などが行う婚活パーティはどうもマンネリ化しているようだ。


相席屋は、夕方5時にオープンし翌朝5時まで営業を続ける店が多い。


それでも週末は常時満席で行列ができるという。


売りは初対面の女性と相席でお酒が飲めることだ。


女性の飲食代は基本的に男性が持つ。


とは言っても大衆的なつまみであり、2時間飲んで談笑しても費用は1万5千円程度なので、男性にとってもそれほど負担にはならない。


そんな気安さが受けて、行列ができる店舗も多いということだ。


婚活応援酒場にエールを送りたい。


           = コンピテンシー宣教師 =

==========================

配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本。
著書「中堅・中小企業のためのコンピテンシー入門」


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」

メルマガ「『問題解決』メルマガセミナー



[PR]
by shimo3781 | 2015-07-25 16:03 | ビジネス | Trackback
c0074721_15225723.jpg




宇都宮市の認可外保育施設「トイズ」では、2014年7月、当時9カ月だった山口 愛美利(えみり)ちゃんが、宿泊保育中に死亡した。


実態が分かるにつれてひどい施設だったことが明らかになってきた。

================================

【本文】


■ 乳児死亡事件で施設長親子逮捕。宇都宮市の立ち入りで問題なし! ■


宇都宮市の保育施設で2014年7月、宿泊保育中の乳児が死亡する事件があった。


乳児は高熱を出していたのに医者にも連れて行かずに放置し、死亡させた疑いがもたれている。


この施設では子供を毛布などでぐるぐる巻きにするなど、虐待も行われていた。


元従業員が撮影していた写真から明らかになっている。


パンフレットには嘱託医がいることや手作りの食事を提供することなど、きれいごとが書かれているが真っ赤なウソだった。


ひどい施設であることをタレこむ人がいて、宇都宮市が立ち入り調査したがその結果は「問題なし」だった。


あらかじめ立ち入り日を連絡し、準備をする余裕と時間を与えていた。


厚労省のマニュアルにはそのように書かれているとか。


予告したのでは立ち入り調査の意味はまったくない。


施設長からは謝罪もなく、両親は刑事告訴に踏み切った。


世の中にはひどい施設もあるものだ。


タレこみがあるということは怪しいということだから、抜き打ちの立ち入り検査でなければ意味がない。


事なかれ主義のお役所仕事では、このような不幸な事件はなくならないだろう。


           = コンピテンシー宣教師 =

==========================

配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本。
著書「中堅・中小企業のためのコンピテンシー入門」


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」

メルマガ「『問題解決』メルマガセミナー



[PR]
by shimo3781 | 2015-07-24 15:28 | 不祥事 | Trackback
c0074721_1520364.jpg




無能力・無責任呼ばわりされて、「コメントしないということがコメントです」だと。


「ハイ、私はその通りでございます」と言っているのと同じだ。

================================

【本文】


■ 無能力・無責任大臣は「コメントしません」と逃げた。認めたということ! ■


舛添要一都知事が新国立競技場問題で、文科省大臣を痛烈に批判した。


そのことについて記者にマイクを向けられた下村文科相は「コメントしませんというのがコメントです」とにやけながら答えた。


ということは「私は無能で無責任です」と認めたも同然だ。


単なるアベのお友達大臣に過ぎない。


各方面から同様の非難の声が上がっている。


民主党の枝野幹事長も「普通なら辞めるのは当然」と語った。


新国立競技場に関して、すでに59億円も支払いが済んでいて、戻ってくる見込みはないそうだ。


どぶに捨てたようなものだ。


これについても責任はうやむやだ。


生ガキのようなデザインとゼネコンへの着手金らしい。


この時とばかりにゼネコンにだまし討ちにあったのだろう。


自民党議員の歳費をストップして穴埋めすべきではないのか。


アベ政権はもうとっくに行き詰まっている。


「集団的無責任権」の行使はいい加減にしてもらいたい。


           = コンピテンシー宣教師 =

==========================

配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本。
著書「中堅・中小企業のためのコンピテンシー入門」


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」

メルマガ「『問題解決』メルマガセミナー



[PR]
by shimo3781 | 2015-07-23 15:22 | 政治 | Trackback
c0074721_15423329.jpg




近年経営トップのお詫び記者会見は珍しくなくなった。


それだけ企業の不祥事が多いということだ。


日本を代表するグローバル企業、東芝も例外ではない。

================================

【本文】


■ 東芝は訴訟ラッシュに耐えていかなければならない! ■


アメリカの法律事務所が東芝に対して損害賠償を求めて訴訟を起こした。


不正発覚後、株価が急落し、株主が多大な損害を被ったというものだ。


訴えを起こしたのはローゼン法律事務所。


ローゼン法律事務所は他の株主にも訴訟への参加を呼びかけている。


別の法律事務所も同じく訴訟の準備を進めている。


今後、大規模な集団訴訟に発展する可能性もある。


国内でも株主訴訟が起こされることが予測される。


再建のためには事業の整理・統合、売却なども行われることだろう。


一定期間東証一部での株の取り引きもできなくなるだろう。


金融庁から制裁金も取られるのではないかと気にかかる。


20万人の社員は、どんな気持ちで報道を見守っているのだろうか。


記者会見して謝罪した利益かさ上げ不正経理三人衆は、心の底からお詫びしているようには見えなかった。


ステークホルダーを不幸に陥れたという認識すらないのは残念だ。


           = コンピテンシー宣教師 =

==========================

配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本。
著書「中堅・中小企業のためのコンピテンシー入門」


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」

メルマガ「『問題解決』メルマガセミナー



[PR]
by shimo3781 | 2015-07-23 06:51 | Trackback
c0074721_1536297.jpg




安保法制が成立すれば、自衛隊員は戦地に行かなければならない。


そして与えられた任務にあたるが、いつ戦死するかは分からない。


そんな危険地帯に歌手の皆さんは慰問に行ってくれるだろうか。

================================

【本文】


■ 歌手の皆さんは自衛隊員慰問のため戦地に行きますか! ■


今のままでは参議院でも数の力で安保法制が強行採決される公算は強い。


採決されなければ、例の60日ルールを使う。


多くの学者が立ち上がり、安保法制阻止を掲げて集会を開いている。


一般の国民やジャーナリストもデモに参加し、反対運動を展開している。


高慢なコームラは内閣支持率がどれだけ下がろうとも必ず成立させると豪語している。


もしこの法案が成立すれば、アメリカの下請けで戦地に行くのは自衛隊員たちだ。


いつ死ぬかもわからない精神状態で、眠れぬ夜を過ごすことになる。


思い出すのはおっかさんのこと。


戦時中は、淡谷のり子さん、高峰三枝子さん、渡辺はま子さんなどは戦地に出向いて兵士たちを慰問し、歌を歌って励ました。


今の歌手の皆さん方は、戦地に赴いて自衛隊員を慰問し、歌を歌って元気づける覚悟はあるのだろうか。


後方支援だろうと兵站業務だろうと戦争の一部だ。


自衛隊員は敵とみなされ、常に危険にさらされる。


そのような状況になったなら、歌手の皆さんは誰一人慰問に行くと手を挙げる人はいないのではないか。


アベはもちろん、自民党や公明党の議員たちは「集団的無責任権」を行使するに決まっている。


自衛隊員と国民だけが不幸に陥れられるというストーリーだ。


           = コンピテンシー宣教師 =

==========================

配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本。
著書「中堅・中小企業のためのコンピテンシー入門」


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」

メルマガ「『問題解決』メルマガセミナー



[PR]
by shimo3781 | 2015-07-21 15:43 | 政治 | Trackback