ブログトップ

「コンサルタントの視点」日記

shimo3781.exblog.jp

コンサルタントの視点でさまざまな出来事に感じたままをつづります!

<   2018年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

c0074721_15245215.jpg



商品やサービスの価格は安さよりもリーズナブルであることが大事だと思う。




食べるものなら安全、安心、新鮮さ、美味しさによって当然価値が違ってくるからだ。


======================


【本文】



■ 価格は安さよりもリーズナブルが大切です! ■



最上級の新車のベンツがもし100万円なら行列ができてしまい、大混乱だろう。



価格が安いことは大事だか、安すぎると「わけあり」ではないかと疑ってしまう。



リーズナブル(Reasonable)とは「道理に合った」、「筋の通った」という意味だ。



世の中には高いのに粗悪品と言う例もあるが、価格と品質は比例するのが通例だ。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



商品やサービスの価格はリーズナブルで良しとしなければならない。



食品なら安心、安全が優先されなければならない。



そのうえ、美味しさが決め手になる。



数年前には食材偽装表示で、有名レストランや百貨店が芋づる式に摘発されて、中には社長が辞任に追い込まれた例もあった。



悪事は内部告発などでいずれバレてしまい、最悪の事態になることを心に刻んでおくべきだ。



= コンピテンシー宣教師 =



==========================================

配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング


[PR]
by shimo3781 | 2018-01-31 11:12 | 経営 | Trackback


c0074721_15391251.jpg



会社の組織はピラミッド式になっている。



頂点に会長・社長がいて次に役員、その次に部長・課長となっていて、第一線の社員やパートは最下部に位置している。



しかし、この最下部の働き次第で売り上げ・利益が違ってくるのになぜ逆ピラミッドにしないのか。


=======================


【本文】



■ CSでは会社の組織を逆ピラミッド方式にすべきです! ■



今も多くの会社が社員にサービス残業を強いる。



経営者は固定費を削ればその分利益が増えると考えているのだろう。



だが、このような会社は必ずしっぺ返しにあうのではないだろうか。



そのうち、いくら募集を掛けても人が集まらなくなるからだ。



「よく売る人が一番偉い」と言ったのが衣料品の百貨店Mの創業者であるA氏だった。



販売スタッフを厚遇したかどうかは知る由もないが、販売スタッフに対するリスペクトだ。



ことCS(顧客満足度)に関しては、組織は逆ピラミッドでなければならない。



CSを高めるのは第一線の社員やパートに掛かっているからだ。



それ相応の処遇でなければCSを高めるような接客はできない。



給料面や福祉面での優遇はもちろんのこと、働きやすい環境の提供などを通して仮想逆ピラミッドを実践することが大切だ。



= コンピテンシー宣教師 =



==========================================

配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング


[PR]
by shimo3781 | 2018-01-30 10:59 | 人事労務 | Trackback


c0074721_13551240.jpg



今、アルバイトが確保しにくくなっているそうだ。




特にコンビニや飲食店ではアルバイト争奪戦が繰り広げられている。




ところが学生が卒業するまで働き続けてくれる飲食店がある。




アルバイトと会社の連帯力が構築されているのだ。



============================



【本文】



■ アルバイトが卒業まで働き続けてくれる会社! ■



ブラックアルバイトなるキーワードが頻繁に登場するようになった。



アルバイトが居ついてくれない。



学生は横の連絡を密に取り合い、やばい会社ではアルバイトをしない。



比較的良心的な飲食店でもアルバイトを確保できず、そのためシフトを組めないから経営者自らが働き詰めのところもある。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



一方、学生が卒業するまで働き続けてくれる飲食店(T農場)がある。



入店祝い金が出て、ユニフォームがかわいらしく、そのうえ他よりも時給もいい。



就職活動の進め方について無料でセミナーを開催してくれたり、個別相談にも応じる。



各人の希望を尊重してシフトを組んでくれるから働きやすく、仲間意識も芽生える。



アルバイトと店舗の連帯力で各店舗とも抜群の業績だという。



= コンピテンシー宣教師 =



==========================================

配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング


[PR]
by shimo3781 | 2018-01-29 07:02 | 人事労務 | Trackback

c0074721_14144960.jpg



わが社の弱みをリストアップし、ワースト3は是正したほうがいいとは思う。




だが、弱みの是正ばかりにエネルギーを注いでいると強みをさらに磨くことがおろそかになってしまう。




どちらにウエイトをおくべきかと言えば、断然強みのさらなる強化だ。


========================


【本文】



■ 弱みの是正よりも強みを更に磨くことです! ■



アスリートは間違いなく弱みを是正することで成績アップを狙う。



この考えは正しい。



弱みを是正することで強みもさらに強化されてしまうからだろう。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



どんな企業にも弱点はいくつもあるものだ。



できることなら弱点を是正し、強みに加えてしまいたい。



そのために弱みの是正策に取り組むことはいいことだが、強みを更に磨くことがおろそかになってはまずい。



強みはダントツの強みにすべく関係部署が連帯力を発揮することだ。



引きずられるように弱みまで徐々に解消されてしまうから強い会社になれるのだ。



= コンピテンシー宣教師 =



==========================================

配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング


[PR]
by shimo3781 | 2018-01-28 11:15 | 経営 | Trackback

c0074721_13435843.jpg



多くの会社では委員会やプロジェクトチームを結成して改革運動に取り組んだりする。




改革を目指してさまざまな仕組みが構築されるが、機能していない例が多すぎる。



末端まで浸透していないことと連帯力が弱いためだ。


=======================


【本文】



■ 仕組みを作ったら末端まで浸透させることです! ■



多くの会社では委員会やプロジェクトチームを結成して改革運動に取り組んでいる。



思わずエールを送りたい。



活動の結果いろいろ仕組みができていくのはいいことだ。



ところがせっかくできた仕組みをうまく運用して効果を発揮している会社ばかりではない。



「仏作って魂入れず」と言うことになるのだ。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



いい例がISO9000だろう。



苦労して認証を取得しても不良も減らず、CS(顧客満足)も向上しない。



ISO9000の仕組みが末端まで浸透しておらず、しかも運用するための教育訓練が不十分だからだ。



トップを中心に部署間の垣根を越えて、全社員の連帯力を構築することに尽力してほしい。



= コンピテンシー宣教師 =



==========================================

配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング


[PR]
by shimo3781 | 2018-01-27 11:22 | 経営 | Trackback


c0074721_15311354.jpg


部下を持つ人に申し上げたい。



部下に仕事をさせるとき、百点万点を期待してはならない。



期待しすぎると仕事の出来栄えを見て期待はずれに感じてしまい、できの悪い部下と思い込んでしまう危険性がある。



=========================



【本文】



■ 部下に百点万点を期待しないことです! ■



部下を信じていない上司は何もかも自分でやろうとするから口癖は「ああ忙しい」だ。



部下にはルーチンワークばかりをさせるから、いつまでたっても部下は育たない。



育たないのは部下が悪いのではなく上司が悪いのだ。



心ある上司なら難しいと思えるような仕事でも思い切って任せることを決断する。



その上司は、8割程度やり遂げてくれたら御の字と思っている。



最初から2割は自分がヘルプするつもりでいる。



意に反して9割近くやり遂げてくれれば、ヘルプは1割ですむから助かるわけだ。



もし7割程度で3割をヘルプすることになったら1割持ち出しと割り切ればいい。



ヘルプした部分について本人と話し合い、課題を指摘して成長を期待することだ。



部下は上司の心遣いに発奮して勉強し、やり手の部下に成長していくのだ。



= コンピテンシー宣教師 =



==========================================

配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング


[PR]
by shimo3781 | 2018-01-26 11:10 | 人事労務 | Trackback

c0074721_15263216.jpg


一時間は無理だろうから一日のうち15分でも自己研修の時間を与えてはどうか。



半年、1年と
言うスパンで見れば、きっと大きな効果が現れる。



それを決断して実行する経営者がたくさん
現れてほしい。




***********************************



【本文】



■ 社員に自己研修の時間を与えてください! ■



ある中小企業の社長から、「提案制度を設けているが思うように提案が出てこず、制度そのものの存続が危ぶまれている」と相談を受けた。



アイディアをひねり出すため、考える時間が必要だし、提案用紙に書く時間も必要だが、社長は「就業時間を当ててはならない」と通達していると言うのだ。



社員にしてみれば、休憩時間や昼休みはゆっくりしたいし、終業後は急いで帰りたいからどうしても提案のために時間が取りづらいようだ。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



「ほとんどが改善のための提案だろうから、勤務中の時間を割くことは、ある意味改善のための投資と考えるべき」と進言した。



一時間は無理だろうから一日15分、自己研修時間と言う名目で全社員に与えるのだ。



5日として1時間15分確保できるから、週1件、毎月4件の提案が出せる計算だ。



考える社員が育ち、しかも改善による効率化が図れるのだから、後は経営者の決断次第だ。



=コンピテンシー宣教師=


==========================================

配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング


[PR]
by shimo3781 | 2018-01-25 11:11 | 人事労務 | Trackback


c0074721_15414193.jpg



競合他社との競争を念頭に置いて経営している経営者は多い。




だが、競合他社との競争はあまり意味をなさなくなっている。




めまぐるしく変化するお客様のニーズと闘うことが使命なのだ。



==================================================



【本文】



■ 企業はお客様の変化するニーズとの闘いが使命です! ■



商売をやっていれば必ずコンペティターがいる。



コンペティターは常にわが社の動きをウオッチして対策を講じていることだろう。



わが社も相手に負けじとコンペティターとの競争を意識して対策を講じる。



同じコップの中で闘っている感じが強い。



だが、真に研究すべきは顧客だ。



特にめまぐるしく移ろうお客様のニーズと闘わなければならない。



魅力ある商品やサービスを提供しなければならない。



だが、この「魅力ある」が問題だ。



情緒的満足感を求めるお客様が増えてきているからマーケティングのテーマは心理学でなければ解明できなくなっている。



お客様のニーズと闘うことを決断して、早速実践活動に入ることだ。



 = コンピテンシー宣教師 =




==========================================

配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング


[PR]
by shimo3781 | 2018-01-24 11:03 | マーケティング | Trackback

c0074721_15291167.jpg



よく「努力に優る天才はなし」と言われる。




将棋の羽生名人は「才能とは、努力を継続できる力」と語っていた。


==================================================


【本文】



■ 才能とは努力を継続できる力です! ■



将来のレギュラー候補と目されてドラフト上位で指名され、晴れてプロ野球選手になったのに昨年の秋にも100人以上が戦力外通告を受けた。



その中に20歳代で戦力外通告を受け、第二の人生を歩む若者もいた。



京大出身の投手もいたが、大手商社に再就職が決まった。



怪我が影響して見捨てられた選手もいたが、能力が開花しなかった選手も多い。



昔、広島に衣笠選手がいて、鉄人と言われただけあって怪我をしていても試合に出続けた。



阪神の金本監督も同様だった。



戦力外通告で辞めていく選手たちが努力を継続しなかったと言うわけではないだろう。



でも、いつでも、どこでも努力を継続していただろうか。


*************************************


ビジネスマンも全く同じことだと思う。



努力を継続することを決断して実行しなければ、酷なようだが戦力外通告、つまり会社の業績が悪化すれば真っ先にリストラの対象になる。



= コンピテンシー宣教師 =





==========================================

配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング


[PR]
by shimo3781 | 2018-01-23 11:19 | 自己啓発 | Trackback

c0074721_13494236.jpg



ウチの会社には人財がいないと思っている社長は多い。




そう考えている限り人財には育たない。




決断して思い切って任せてみることだ。




すると社員は楽しそうに働き出し、思いもよらない成果を挙げてくれる。


==================================================


【本文】



■ 思い切って社員に任せてしまいなさい! ■



社員の潜在能力を信じていない経営者は多い。



できの悪い社員ばかりだと勝手に思い込んでいる。



だから社員を縛ることばかり考える。



一部始終指示命令を下し、コントロールしようとするわけだ。



社員は自由裁量の余地はない。



当然社員はやる気が出ない。



思い切って任せることを決断してはどうか。



任せると水を得た魚のように社員は働き出す。



そして思いもよらないほど成果を挙げてくれる。



方針を示し、「任せるからやってくれ」と指示したら、あとは腕組みをして待つことだ。



= コンピテンシー宣教師 =




==========================================

配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング


[PR]
by shimo3781 | 2018-01-22 07:03 | 経営 | Trackback