人気ブログランキング |

c0074721_16093868.jpg



経営者に「何のために会社を経営しているのですか?」と聞いてみたい。




故松下幸之助氏は「我が社は人作りをやっております。併せて電気製品を作っております」と答えたそうだ。




同じように答えてくれる経営者ははたして何人いるだろうか。


*********************************************


【本文】


■「我が社は人作りをやっています」と言えるように!■


個人商店から会社組織にしてドンドン会社を大きくした経営者は立派だ。


町工場からドンドン会社を大きくし、グローバル企業に育てた経営者も立派だ。


このような偉人たちに「何のために会社を経営しているのですか?」と質問したかった。


松下電器(現パナソニック)が町工場から脱しつつあった頃、経営者が集まった会合で「松下さん、あなたの会社では何を作っておりますか?」と質問されたと言う。


「ハイ、私の会社では人作りをやっております。併せて電気製品も作っております」と答えた話は有名だ。


中小企業の経営者の皆さんに経営革新への挑戦をお勧めすることがあるが、何をやるにも人、モノ、金と言った経営資源不足が壁になる。


もっとも苦心するのが人の問題で、人財がいなければ何にもできない。


「ローマは一日にして成らず」だが「人財は一日にして成らず」だ。


経営者は、目的意識を持って人財育成に尽力してほしい。



= コンピテンシー宣教師 =

==========================================


配信元は彩愛コンサルピア

コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、こちら


人気blogランキング


# by shimo3781 | 2019-09-23 20:07 | 経営 | Trackback

c0074721_14124469.jpg


ビジネスマンは常に複数の仕事を抱えていることだろう。




そんなときは仕事に優先順位を付け、もっとも順位の高い仕事から片付けるようにすべきだ。




もしやり残しが出ても順位が低ければそれほど大きな影響はないはずだ。

****************************************

【本文】


■賢い人は優先度の高い仕事から片付ける!■


ビジネスマンは常に複数の仕事を抱えているだろう。


受付順に仕事をやっていくやり方もあるだろうが、それでは優先度の高い仕事を積み残すことにもなりかねない。


仕事に優先順位を付けることをお勧めしたい。


順位を付けかねる場合は、上司と相談して付けるとよい。


なぜなら、それほど重要でない仕事でも緊急度の高い仕事があるからだ。


こうして優先順位を決めて、後は集中して仕事に取り組んでいく。


モノ探しには離席が伴い、効率が悪くなるから着手する前にその仕事に必要なものは全て取り揃えて身の回りに準備しておくとよい。


これを「仕事の段取り」と称している。


時には優先順位の低い仕事を積み残すこともあるだろうが、大きな影響は出ないはずだ。


 =コンピテンシー宣教師=



==========================================


配信元は彩愛コンサルピア

コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、こちら


人気blogランキング





# by shimo3781 | 2019-09-23 06:38 | 仕事 | Trackback

c0074721_14080165.jpg


あなたは「徳」の人を目指しますか?




「才」の人を目指しますか?




それとも「両刀使い」を目指しますか?




「徳」の人は管理職に向くし、「才」の人は研究者に向いている。




「両刀使い」なら将来は経営者に向いているでしょう。



****************************************



【本文】



■「徳」の人を目指すか、「才」の人を目指すか!■



「徳」の人は大将の器だ。



部下を率いてチームとして大きな成果を挙げていくタイプだ。



「才」の人は才能に長けていて、技術者や研究者に向くタイプだ。



中には「両刀使い」の人もいて、将来は経営者に向いている。



田辺経営の創業者である田辺昇一氏は上記のような趣旨のことを述べていた。



ビジネスマンたる者、自分の「型」と言うか「タイプ」を思い描いてはどうだろうか。



「徳」の人に近いなら、部下を上手に動かす術(すべ)を身に付け、社内外のいろいろなシーンを思い描き、交渉力も磨いておくことだ。



「才」の人に近いなら、専門知識・専門技術を磨き、一家を成せるように努力することだ。



「両刀使い」に近いなら、経営に関する知識や帝王学に関する造詣を深め、チャンスを待つのもいいと思う。



 =コンピテンシー宣教師=





==========================================


配信元は彩愛コンサルピア

コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、こちら


人気blogランキング



# by shimo3781 | 2019-09-22 10:35 | 自己啓発 | Trackback

c0074721_16040055.jpg

「ああ、忙しい」を連発している人がいる。




時間に追われているのだろう。




でもこのような人は要領が悪く仕事のできない人だ。




今日の仕事は時間内に終えることを目標に、やり方を改善すべきだ。


*******************************************


【本文】



■ビジネスマンは時の盗人になってはいけない!■



皆さんの身の回りにも「ああ、忙しい」を連発する人がきっといるのではないか。



結構残業も多い。



にもかかわらず、今日できること、今日やるべきことを明日に引き延ばす。



彼は、時の盗人だ。



もっと言うと、月給泥棒である。



要領が悪いのは段取りが下手だからだ。



立ったり、座ったりで離席の回数が多いのは、もの探しのためだろうか。



その仕事に必要なものをリストアップして、全部取り揃えてから仕事に着手することだ。


そうすれば集中して仕事ができるから効率が上がり、時間内に終えることができるだろう。



今日の仕事は定時間内に終えることを目標に頑張っていれば、きっと周囲の皆にびっくりされるほど仕事がはかどる。



 =コンピテンシー宣教師=




==========================================


配信元は彩愛コンサルピア

コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、こちら


人気blogランキング






# by shimo3781 | 2019-09-21 06:35 | 自己啓発 | Trackback

c0074721_16035702.jpg

ある組織が開催する経営相談会にいろいろな業種の経営者の方が見える。




抱えている課題を説明してもらい、一息置いてアドバイスをする。



すると「それはやって見たことがありますが効果がなかったんですよ」と言い返されてしまう。


**********************************************

【本文】


■数ある手法を上手に使えば課題解決がうまくいく!■



経営相談会にいろいろな業種の経営者が見える。



会社の概要を話してもらい、そのあとで抱えている課題を話してもらう。



アドバイスを申し上げると「それはやったことがありますが効果はありませんでした」と言い返されることが多い。



別なアドバイスを申し上げても「それもやりましだか効果はありませんでした」とおっしゃる。



「いろいろやってみたが効果はなかった」と自信たっぷりに言われると閉口してしまう。



「やり方と言うか、方法が貴社の課題解決に適合していなかったのではないですか」と申し上げても怪訝そうな顔をされてしまう。



「しっかり現状分析をやり、原因を分析して改善の目標値を設定し、アクションプランに落とし込んで全員で実行に移してみてほしい」と申し上げたところ聴く耳を持ってくれた。



課題解決は無手勝流ではなく、課題解決に最も適合した手法を上手に活用することが大事ではないかと思う。



 =コンピテンシー宣教師=



==========================================


配信元は彩愛コンサルピア

コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、こちら


人気blogランキング





# by shimo3781 | 2019-09-20 10:40 | 経営 | Trackback

c0074721_16054100.jpg


「何かモットーにしている言葉などはありますか」と質問された美空ひばりさんは「はい、あります。今日の我に明日は勝つです」と答えた。




つまり、その心は明日は今日よりも成長していたいという意味だろう。


********************************************


【本文】


■大物歌手の言葉「今日の我に明日は勝つ」!■


苦労して会社に入ったのに3割以上の人は3年以内に辞めるそうだが、やめる原因の中に「これ以上この会社にいても自分は成長できないと思ったから」と言う理由が多い。


どの先輩も疲れきった顔で仕事をしている。


どの先輩も不機嫌そうに仕事をしている。


入社して3年目になると言うのに誰も仕事を教えてくれない。


雑用に近い仕事ばかりで、いたずらに歳を取ってしまうことに耐え切れなくなるのだ。


今日の自分が昨日よりも成長した実感など感じられない。


ゆえに、明日がきても今日よりも成長するなんて考えられない。


社員が定着して、確実に成長してもらえる育成プログラムを作成して、実行に移さなければ、せっかく採用した未来の成長株たちは去っていってしまう。


昔ながらの「盗んで覚えろ」ではなく、できのいい先輩を教育係りにつけて成長目標を与え、マンツーマンで教育してあげるのが一番だ。



=コンピテンシー宣教師=

==========================================


配信元は彩愛コンサルピア

コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、こちら


人気blogランキング





# by shimo3781 | 2019-09-19 11:18 | 心の知能指数 | Trackback

c0074721_16493308.jpg

すばらしい能力を身に付けているのにそれを思う存分発揮しない人は多い。




保有能力のほかに「発揮する能力」がどうしても必要なのだ。




ビジネスマンは能力を発揮してなんぼの世界にいることを認識すべきだ。


**********************************************


【本文】


■ノミの心臓を改革して大物に成長する!■


野球の世界では「ブルペンエース」と言う言葉がある。


ブルペンではすごい球を投げているのに、いざマウンドに上がるとめった打ちに合う。


昔、阪急ブレーブス(現オリックスブルーウェーブ)に今井雄太郎と言うピッチャーがいた。


プレーボールがかかると上がって足がすくんでしまう。


そのため、打ちごろのボールがいってしまう。


時の仰木監督はビール一を一杯引っ掛けさせてからマウンドに送り込んでみた。


すると、なんと見違えるようなピッチングをするから不思議だ。


数年後には完全試合まで達成して、大投手になった。


ビジネスマンも能力が高くともそれを発揮しなければ宝の持ち腐れだ。


もし、あなたがノミの心臓なら「度胸と行動力」を身に付けることを目標に頑張ることだ。


 =コンピテンシー宣教師=


==========================================


配信元は彩愛コンサルピア

コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、こちら


人気blogランキング




# by shimo3781 | 2019-09-18 11:03 | 自己啓発 | Trackback

c0074721_16084629.jpg


運が人生を左右することがある。




だが、人生目標を設定して努力をし、能力に磨きを掛けている人にとっては、運はあまり関係ない。




能力に磨きを掛けるなら是非複数の専門を身に付けることをお勧めする。

*********************************************

【本文】


■複数の専門を持つことを目標に頑張るビジネスマン!■



亀の子束子の西尾商店は百年以上も生きながらえている稀有な企業だ。


金属製束子やプラスチック製の束子などがある中、今も椰子の実の繊維を原材料にした束子には根強いフアンがいるのだと言う。


例えば、単品営業のダイキン工業はエアコン専門メーカーだが総合電機メーカーと比較しても家庭用、業務用共に優位性を維持している。


ビジネスマンに話題を移そう。


一芸に秀でたビジネスマンは価値があるが、事情があって失業すると再就職の壁が立ちはだかる。


ところが複数の専門を持っている人は比較的再就職がうまくいく。


ビジネスマンたる者、単品の能力(一芸)に拘泥せず、複数の専門を身に付けるべく日ごろから努力することをお勧めする。


不幸にしてリストラに遭っても慌てなくて済むはずだ。


=コンピテンシー宣教師=

==========================================


配信元は彩愛コンサルピア

コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、こちら


人気blogランキング




# by shimo3781 | 2019-09-17 11:08 | 自己啓発 | Trackback(1)

c0074721_14052623.jpg


目標を見失った人は生活が乱れて堕落する危険性が高まる。




プロ野球の花形選手として総額30億円以上も稼いだあのK氏の人生の末路はあまりにも悲しい。




大切な友達も妻子も失った。



人生の目標を見出し、それに向かって努力する人生は尊い。


    *******************************************


【本文】



■人生の目標を見つけた新進気鋭の絵本作家!■



人生の目標を持ってそれに向かって頑張っている人は大勢いる。



でも中には人生の目標を見出すことができず、学業にも仕事にも身の入らない人もいる。



心の荒んだやんちゃ者だ。



例えば、今人気の絵本作家の「のぶみさん」。



やんちゃさは半端ではなかった。



160人もの暴走族を束ねる総長として君臨していたのだが、のぶみさんは女の子がたくさんいると言うだけで保育専門学校に入った。



そこでかわいらしい女の子と出会い、絵本のことが話題になったとき「僕、絵本を書いているんだ」と嘘をついてしまった。



嘘を隠すため次々絵本を書いて彼女に見せ、褒められてはまた書いた。



出会いから人生の目標を見出して、いまや人気絵本作家としてすっかり有名になったが、あの時出会った彼女が奥さんなのだ。



=コンピテンシー宣教師=


==========================================



配信元は彩愛コンサルピア

コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、こちら


人気blogランキング



# by shimo3781 | 2019-09-16 10:33 | Trackback

c0074721_13352801.jpg


検査データの改ざんに関する不祥事が多発傾向にあり、収束する気配がない。




対策を講じた以降も再発するメーカーもある。




真の原因は検査・品質保証部門に人手はかけないと言う人事制度がガンになっているように思う。


   =========================================


【本文】



■検査データの改ざん問題と縁を切るために!■



製品の検査は「女・子供」でもできると豪語する経営者は多い。



特に中小企業では製品の出荷検査を担当しているのはパートさんが圧倒的に多い。



パートさんは不良品を見つけると製造課長や工場長に現品を見せて「どうしますか?」とお伺いを立てる。



相談を受けた製造課長や工場長は「これぐらいは問題ないから合格として出荷するように」と伝える。



大企業の検査部門も似たような状況になっていて、組織名は「品質保証部」などとなっているが、ただの検査担当に過ぎず、不良品を見つけても出荷を停止する権限などない。



しかも、「品質保証部」は扶養家族ぐらいにしか考えていないから、頭数も不足気味で、その上納期で煽られるから検査データを改ざんして合格にしてしまう。



みんなが分かっていることなのに黙認だ。



地位も名誉もある工場長ならば、いずれ発覚して社会的制裁を受けるよりも今のうちから改ざんと縁を切ることを経営トップに提案すべきだ。



  =コンピテンシー宣教師=


==========================================



配信元は彩愛コンサルピア

コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、こちら


人気blogランキング



# by shimo3781 | 2019-09-15 10:55 | 不祥事 | Trackback

c0074721_15591274.jpg


ソニーの井深大さんは「100、10、1」と言う数字をことあるごとに引き合いに出していた。




新商品開発のアイディアが100あってもその中から10の新製品が生まれればよいほうで、本当に飯の種になるヒット商品はたった一つしか出ないと言う意味だ。



====================================



【本文】





■ ヒット商品が生まれる確率はたった1%の狭き門! ■





ソニーが絶頂期にあったころは、商品開発力がすごかった。





ウォークマンもパスポートサイズのホームビデオも確率1%と言う狭き門から生まれた稀有なヒット商品だったわけだ。





表現が適切でないかもしれないが「下手な鉄砲も数打ちゃ当たる」に似ていると思う。





でも、100のアイディアも中身の質を高めなければヒット商品にはつながらない。





フジフィルムで創業当時からの飯の種だった写真用フィルムがほぼ消滅した。





フィルムの消滅を想定して次の時代に何を飯の種にするか、検討と研究を重ねていた。





化粧品、医薬品、液晶用のタックフィルムなどを見事に網に引っ掛けた。





フジフィルムのこれらの商品も1%の確率から生まれたのだろうか。





いずれにしてもヒット商品を創出しなければ、顧客維持も顧客開拓もできるはずがない。





= コンピテンシー宣教師 =


==========================================


配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、こちら


人気blogランキング



# by shimo3781 | 2019-09-14 10:54 | マーケティング | Trackback(3)

c0074721_16095016.jpg

客室乗務員のサービスに関して言えば、なんと言ってもシンガポール航空だろう。




あの笑顔、優しさ、心遣い、それにスタイルも抜群だ。




はっきり言って日本の「おもてなし」をはるかに越えている。


=============================================


【本文】



■シンガポール航空のおもてなしに学ぶべき!■



海外生産でシンガポール、マレーシアに長期出張していたとき、現地の社員にシンガポール航空を勧められた。



騙されたと思って一度シンガポール航空を利用した。



たちまち虜になってしまった。



おりしも日本航空がパッとせず、経営不振のどん底にあえいでいた。



社長が代わるたびに改革を掲げるのだが、ますます経営は苦しくなっていった。



最後の砦として稲盛和夫氏を会長に迎えて再建を図ることにした。



稲盛氏は「客室乗務員の皆さんの接客態度で、また乗ってくれるかどうかが決まるのですよ」と懇々と繰り返した。



客室乗務員に笑顔が戻り、一生懸命考えて接客をするようになったらガラリと業績が良くなった。



はっきり言って「おもてなし」は日本よりもシンガポール航空に学ぶほうが有意義だ。



 =コンピテンシー宣教師=



==========================================


配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、こちら


人気blogランキング



# by shimo3781 | 2019-09-13 10:55 | 人事労務 | Trackback

c0074721_16360674.jpg


特に小売業にとって、仕入先は命綱と言っても過言ではない。




にもかかわらず、仕入先に無理難題ばかりを押し付けている大手小売業が今でもあるのは残念なことだ。




そのような企業は必ずいつかしっぺ返しにあうだろう。




==================================



【本文】




■ 仕入先にWinを提供する小売業は繁盛する! ■




名前は伏せておくが、仕入れ業者に対して無理難題ばかりを押し付けている大手小売業は今でも存在する。




手弁当で棚卸の手伝いに来させたり、新店舗オープンに当たっても手弁当で運搬や陳列を手伝わせる。




頭にきた仕入れ業者は、取引を切られることを覚悟の上で当局へタレこみ、新聞沙汰になったことがあった。




鹿児島県の「A-Zスーパー」の社長のM氏は「業者もお客様になるのだから大切にしなければならない」と社内に周知徹底している様子がテレビで報道されたことがある。




信頼関係、協力関係が構築されていれば仕入先は少々の無理難題は聞いてくれるものだ。




そのためには相手に何か「Win」を提供することだ。




間違っても返品したりせず、翌月現金で満額支払うなどすれば、それだけでも仕入業者はうれしいから、会社ぐるみでお客になってくれて繁盛の手助けをしてくれる。




= コンピテンシー宣教師 =


==========================================


配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、こちら


人気blogランキング



# by shimo3781 | 2019-09-12 11:27 | 経営 | Trackback

c0074721_14013627.jpg


部下の中には反抗的で態度の悪い者もいる。




上司は悪い査定をすることで態度を直させたいと思う。




だが部下は益々態度が悪くなることがある。




部下に査定で差別し、服従を求めるのではなく、確実な仕事の遂行を求めたほうがいいと思う。


==========================================


【本文】



■ 部下には服従ではなく仕事の遂行を求めるべき! ■



「ああ言えば、こう言う」型の部下はいるものだ。



基本的には何でも反対だ。



もっともらしい理由を付けて反対するから説得するのにも一苦労だ。



とにかく反抗的で態度が悪い。



上司は査定の権限を持っているから査定でいきなり痛めつけようと考えるのも極自然だ。



悪い査定を付けたところ、彼は益々反抗的になり、輪をかけて態度が悪くなることがある。



作戦を大きく変更すべきではないか。



服従を求めるのではなく、「この仕事をいつまでにやり遂げてほしい。君ならきっとできるはずだ」と言ってやるのだ。



そして8割方やり遂げてくれたら「さすが」と言って褒めてやることだ。



どうしようもなかった態度まで直ってしまい、やり手の人財に近づいていくはずだ。



=コンピテンシー宣教師=


==========================================


配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら


人気blogランキング



# by shimo3781 | 2019-09-11 10:47 | 人財育成 | Trackback

c0074721_17442091.jpg

最近は情報がばれバレになる時代で怖い。




手術が下手で患者を何人も手術後に死に至らせる医者は結構多い。




医学的な理論だけでなく手先の器用さを磨かせないと医者としては失格と言わざるを得ない。


**********************************************


【本文】


■手先が器用でなければ医者として失格!■


その道の達人になるには理論や学科だけでは無理だ。


手先の器用さも併せてよく訓練しておく必要がある。


例えば、腕のいい寿司職人はワン・ツー・スリーで握り終え、パッとカウンターのお客様の目の前に置く。


下手な職人は長時間手の中でこね回すから高温にさらされてしまい、美味しくない。


外科医の場合も全く同じことが言える。


高度な医療技術が導入され、腹腔きょう手術なるものが採用される時代になった。


患者への負担が軽いから術後の回復が早く、手術がうまく行けば万々歳だ。


ところが手先が器用でない医者の場合は、出血もひどく、患部でない個所まで切除してしまい、後遺症を併発して手術後短期間に死亡させてしまう。


高度な医療に従事する医師は手先が器用になるように猛特訓すべきだ。


=コンピテンシー宣教師=



==========================================


配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら


人気blogランキング



# by shimo3781 | 2019-09-10 10:58 | 人事労務 | Trackback

c0074721_14165908.jpg

非正規雇用で働いている人に提案したい。




今の自分は仮の姿と思い込んでほしいのだ。




そして必ず正社員になるか、さもなければ自営で成功を目指してほしい。


===============================================


【本文】



■ 今非正規社員であっても自己実現を目指すこと! ■



自ら望んで非正規社員になった人もいるが、大方の人は正規社員を望んでいるはずだ。



例えば自動車メーカーの工場では約8割の社員が非正規社員として働いているそうだ。



はっきり言って給料は安いから会社は固定費を安く抑えることができたと喜んでいる。



非正規の社員は車を買うこともできないから潜在顧客を失っているということだ。



結婚さえもできないから家庭も持てず、子供も生めないから人口減に歯止めがかからない。



伊那食品工業では今なお終身雇用制度と年功序列制度を維持している。



もちろん抜擢制の年功序列だから仕事ができない人が序列上位になるわけではない。



日本的経営には若干の課題はあるが、みんなが納得できるいい制度だと思う。



いつ飛ばされたり、クビになるかもしれない制度よりも安心して永く働けるからこそ忠誠心も湧き、モチベーションも高まるわけだ。



非正規社員は自分の仮の姿と考え、正社員になるか自営で成功できるように自己実現を目指してほしい。



 =コンピテンシー宣教師=


==========================================


配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら


人気blogランキング



# by shimo3781 | 2019-09-09 10:54 | 自己啓発 | Trackback

c0074721_16021443.jpg



どんな会社にも必ずコンペティター(競合相手)が存在するから競争に打ち勝たなければならない。




だがコンビニやスーパーにとって異業種のコンペティターが出現したから大変だ。

=============================================

【本文】


■ ドラッグストアとの競争に直面したコンビニ! ■


コンビニに奪われたお客様を取り戻そうと多くのスーパーでは食品のフロアを24時間営業に切り替えたところが多い。


一晩中照明を灯して、従業員を酷使し、いかほど利益を上積みしているのだろうか。


深夜族にとってはありがたいだろうが、ほとんどの市民は昼間の生活者だ。


最近はドッグストアの台頭でコンビニやスーパーの影が薄くなりつつある。


ドラッグストアは元々市販の大衆薬品や生活雑貨主体だったが、最近は調剤薬局も兼ね、さらには食品まで販売するようになった。


病院帰りの高齢者は自宅近くのドラッグストアで調剤薬をもらい、その足で食品を安く購入できるからこんなありがたいことはない。


利益率の高い市販の大衆薬品や調剤薬で利益を稼げるから食品は激安でも十分やっていけるからコンビニやスーパーにとっては脅威になるわけだ。


特にコンビニは、新しいコンペティターの出現で劇的に戦略変更を迫られることになった。


ドラッグストアは益々住宅街への出店攻勢をかけるだろう。


 =コンピテンシー宣教師=


==========================================


配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら


人気blogランキング


# by shimo3781 | 2019-09-08 10:56 | 経営 | Trackback

c0074721_14315521.jpg


プラスチックごみによる海洋汚染はー喫緊の課題だ。



海中に浮遊しているプラ製品やポリ袋の数は海洋生物の数を追い抜く勢いだといわれている。


プラ製品やポリ袋などで繁栄してきた企業は今後斜陽産業になることだろう。


=====================================


【本文】



■生分解性プラスチックの成型技術を確立した企業にエール!■



ストローを脱プラ化してもプラ製品全体から見れば微々たるものだ。



金属製ストローや昔懐かしい麦わらストローなども紹介されている。



だが、コストは数倍から数十倍もするから普及には時間がかかる。



これまでも生分解性プラスチックはあった。



生分解性とは土にかえるプラスチックだから海洋を汚すことはないが、植物の苗を育てる鉢程度にしか活用されていなかった。



だが、このほど分解速度の速い生分解性プラスチックでペットボトルを成型することに成功した企業が現れた。



日精ASB機械という会社だ。



ペットボトルは相当数世の中に出回っていて、一部はリサイクルされたりしているが、それはごく一部だ。



プラスチック容器がすべて生分解性プラスチックにとって代われば、海洋汚染に歯止めがかかることが期待できる。



素晴らしい技術が確立された。



日精ASB機械という会社にエールを送りたい。



= コンピテンシー宣教師 =

==========================================


配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、こちら


人気blogランキング




# by shimo3781 | 2019-09-07 10:24 | 経営 | Trackback(1)

c0074721_16033128.jpg


高校や大学を出ていないのに独学で勉強してその道の一家を成している人は尊い。




独学と言う言葉には快感さえ感じる。




電車の中で参考書を広げ、勉強している人を見かけるが思わず「頑張れよ」と心の中で声を掛けている。


===========================================


【本文】



■ 独学で勉強し、その道の達人になる! ■



故吉川英治氏は指折りの歴史作家だが「学歴がないから地道に努力して独学でやってきた」と語っていたのを思い出す。



故吉川英治氏は「我以外、みな師」を座右の銘にしていた。



誰の声にも耳を傾けて学んだと言うから偉い。



「世界の安藤」と言われている建築家の安藤忠雄氏も独学で一級建築士の資格を取った。



独学で資格を取得した人はたくさんいるだろうが、なにせ「世界の安藤」だからすごい。



今、ビジネスマンをしながら密かな夢を追っている人は多いことと思う。



満員の通勤電車の中で一心不乱にテキストに目を通している人がいる。



思わず「頑張れよ」と心の中で声を掛けている。



どうせ資格を取るのなら、将来確実に飯を食べていける資格を取ることを提案したい。



今、ビジネスマンをやっているのは「自分の仮の姿」と思えば勉強にも熱が入るだろう。



= コンピテンシー宣教師 =



==========================================


配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら


人気blogランキング



# by shimo3781 | 2019-09-06 06:25 | 自己啓発 | Trackback

c0074721_16080213.jpg

同期の桜にすっかり遅れを取ってしまったビジネスマンはきっといるだろう。




彼は本流から外れ、益々焦る。




そんなときこそ腐らずに地道に努力をしながら仕事にまい進し、実力を付けてチャンスに備えることを提案する。


========================================


【本文】


■ 腐らず努力を惜しまず、じっとチャンスを待つ! ■



新入社員のとき同期の桜は同じスタートラインに立つ。



だが、3年も過ぎた頃にはかなり差がついてしまう。



でも、自分に対する上司の見る目がないなどと勝手に思い込んで反省もせず、努力も怠る者もいる。



同期の中で課長第一号が生まれるとちょっとばかり焦る。



次々同期の桜が要職に抜擢されていくのに自分だけ置いてけぼりは寂しい。



社内の本流から外れて、まるで罪人扱いのように子会社に流されることもある。



こんなときこそ腐ってはならない。


地道に努力を重ねて仕事に精を出し、例え小さくともいくつもの成果に貢献することだ。



きっと誰かが彼の努力している姿を見てくれている。



ここから抜擢されて最後は社長に上りつめた人は何人もいる。



=コンピテンシー宣教師=




==========================================


配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、こちら


人気blogランキング




# by shimo3781 | 2019-09-05 11:22 | 自己啓発 | Trackback

c0074721_16173387.jpg


「着かず離れず」という言葉がある。




着けばトゲが刺さって痛いから適度な距離を置くべきなのだ。



============================================



【本文】




■ 国家の体をなさない韓国とは着かず離れずでいい! ■




はっきり言って韓国は国家の体をなしていない。




今や完全に地球上の嫌われ者で、特にヨーロッパやイギリスなどはまるで相手にもしていない。




トランプも韓国の扱いには手を焼いている。




国交を断絶すべきという強硬な意見もあるが、着かず離れずで「ハリネズミ作戦」でいいのではないか。




ハリネズミのトゲは毒はなさそうだが、オコゼの背びれには強烈な毒がある。




おいしい魚だが、あの顔はまるでお化けのようだ。




韓国はハリネズミよりもオコゼに近い。




「触らぬ神にたたりなし」という言葉もある。




いちいち反応を示さず、そっとしておくに限る。




無視されるほど腹の立つことはない。




国家の体をなすには一世紀以上も先のことになるだろう。




政権が変わったぐらいでは治らせない持病持ちだから・・・。




=コンピテンシー宣教師=


==========================================


配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら


人気blogランキング




# by shimo3781 | 2019-09-04 10:28 | 国際問題 | Trackback

c0074721_16134074.jpg

今の事業がそこそこうまくいっているうちに次に勝負できる分野は何かを徹底的に洗い出し、事業化に向けて精力的に活動することを提案したい。




今の事業が斜陽化してもあわてなくて済むわけだ。


============================================


【本文】



■順風満帆の今こそ新事業に着手すべきです!■



トヨタを始めとする自動車メーカー各社は、もし自動車が世の中で無用の長物になったとしたらどうやってサバイバルしていくのだろうか。



いやいや、自動車が無用の長物になるなんてありえないと高をくくっているだろうか。



日本にスポットを当てれば少子高齢化なのに若者は非正規雇用ばかりで貧困にあえぐ。



親の財産を食いつぶせるうちは何とか生きることができようが、その次の世代は1億総貧困国民になることは十分ありえることだ。



車など、ほしくとも買う余力などありはしない。



貧富の差は拡大するばかりだもの。



ホンダはアメリカなどの一部富裕層向けに小型ジェット機の購入を提案できる。



国内の貧困層にはバイクの購入を提案できる。



ホンダは「転ばぬ先の杖」を少しだけ準備できているが、果たして他の自動車メーカーはどう考えているのだろうか。



=コンピテンシー宣教師=


==========================================


配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら


人気blogランキング




# by shimo3781 | 2019-09-03 11:11 | 経営 | Trackback

c0074721_13091160.jpg


食品スーパーは大量に仕入れて大量販売し、薄利だが掛け算の原理で利益を上げているわけだ。




しかし、中にはニッチな市場で生きることを選択したスーパーもある。




量ではなく質とサービスで勝負すると決めて徹底的にこだわるから、お客様に支持されるのだと思う。


===============================================


【本文】



■ターゲットマーケティングに徹するスーパー!■



さまざまな報道を見ていると総合スーパーはかなり苦戦を強いられているようだ。



特に集客の悪い地方の大型店舗は閉店に追い込まれている。



また買い物難民が増えてしまう。



でも、背に腹は変えられないから容赦なく閉店していくのだ。



交通の便の悪い集落に住んでいるお年よりは特に悲惨だが、救世主が現れた地域もある。



移動スーパーの出現だ。



巡回する曜日と時間帯を決めて、玄関先まで来てくれるから嬉しい。



一方、規模は大きくないが地方の特産品や旨いものを中心に豊富な品揃えでお客様をお待ちするスーパーも増えている。



少々値段は高いが、こだわりのお客様が多いから商売繁盛だ。



ターゲットを決めて、ターゲットのお客様に尽くせば利益は後からついてくるものだ。



 =コンピテンシー宣教師=


==========================================


配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら


人気blogランキング



# by shimo3781 | 2019-09-02 11:00 | マーケティング | Trackback

c0074721_14213664.jpg


値段が少々高くともお客様にとって気にならないのは、得られる顧客満足がお客様の期待値よりも高いと言うことだと思う。



と言うことは、提供する顧客価値を高めればいいのだ。


==========================================


【本文】



■お客様の期待を越える顧客価値を提供する!■



順番は忘れたが、「速い、安い、旨い」と言う合言葉の牛丼店がかつて隆盛を極めた。



ずいぶんセコイ商売のようにも思えるが、並みの牛丼一杯から利益が10円と言われたこともあったが果たして今はどうか。



駅のホームの立ち食いそばは「速い、安い」の二つは共通するが、「まずい」とくる。



しかし、時間のないビジネスマンが何か胃袋に入れなければならないときは重宝する。



もしまともなビジネスでゴーイング・コンサーンを目指すのであれば、強烈に差別化された顧客価値を提供しなければならない。



例えば、千葉県船橋市にPと言う繁盛しているパン屋があり、焼きたてのパンをちょっぴり高い価格で提供するが、開店前から大勢のお客様が行列を作る。



家族で大量に買い込んでどうするのかと思えば、テラスのテーブルの上で食べ始める人もいる。



コーヒーはサービスだから何杯でもお代りできる。



見知らぬ人同士がいつの間にか友達になり、コミュニティができてしまうほどだ。



=コンピテンシー宣教師=




==========================================


配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら


人気blogランキング



# by shimo3781 | 2019-09-01 10:47 | マーケティング | Trackback

c0074721_16195101.jpg


今年の一月の話だが、堺市であおり運転をし、運転手の胸ぐらをつかんだ僧侶が遅ればせながら書類送検された。



警視庁長官が宮崎事件を受けて「あおり運転は極めて悪質な行為で刑法の適用を含めて取り締まりを強化する」と大号令をかけたことによる。



==========================================



【本文】




■ 仏につかえる僧侶までもがあおり運転する時代! ■




僧侶の車が繰り返し急ブレーキをかけてあおったうえ、袈裟を着たまま車を降りて被害者に「降りてこい、こらあ」などと怒鳴る様子がドライブレコーダーにとらえられていた。




僧侶は「ついカッとなって」と釈明しているとか。




この事件が明るみに出て驚いたのはお寺関係者。




とりわけ檀家の人たちだ。




「なんだ、なんだ、うちのお寺の僧侶じゃないか」。




坊主のくせしてやるもんだ。




檀家関係者や地元ではこのうわさで持ち切り。




このくそ坊主、きっと穴があったら入りたい気持ちだろう。




仏につかえるとは真っ赤なウソ。




昔の坊主は表向きは、精進料理しか食べていないように振舞っていたが、今の坊主は生魚も大好きだ。




いわゆる生臭坊主だ。




さすがに袈裟は付けていないが、キャバクラにも行って堂々とホステスを膝の上にのせて楽しんだりしている。




それは許せるが、あおり運転は許せない。




檀家の人たちにどう申し開きをしたのだろうか。




= コンピテンシー宣教師 =




==========================================


配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら


人気blogランキング



# by shimo3781 | 2019-08-31 10:49 | 不祥事 | Trackback

c0074721_15092149.jpg


どこの会社も人手不足にあえいでいる。



結構繁盛しているのに仕事をこなすことができず、労務倒産する中小企業も多い。



そんな中、大企業でも相も変わらず新入社員の約3割は3年前後で辞めていく。




なぜ歯止めが利かないのか。





==========================================




【本文】




■ 新入社員はなぜ3年前後で3割も辞めていくのか! ■




新入社員の3割前後が3年前後に辞めていく話はずっと以前から分かっている。




せっかく一生懸命就職活動をして希望に近い会社に入社できたのになぜいともあっさりと辞めていくのだろうか。



多くの企業は指をくわえてみていたわけではなく、あれこれ手は打ってきた。



だが、打った手がそれほど効果的でなかったということだろう。



いろいろ分析してみると辞めていく若手社員の層は多岐にわたっている。



仕事とミスマッチの人もいる。



仕事上で先輩や上司に叱られたりしているうちに嫌気がさして辞める者もいる。



職場の人間関係の軋轢に耐え兼ねて辞める者もいる。



だから多くの会社では定期的に上司と部下の面談を繰り返してコミュニケーションを図るなどしてメンタル面までフォローしてきた。



だが、辞める人の中には仕事がよくできて人間関係も特に問題もなく、忍耐強い人がかなり含まれているといえ事実がある。



そのように人は会社に対して物足りなさを痛感し、長居は無用と判断したようだ。



そしていろいろ改革を提案してもプロパーの古参部長たちの壁が厚く、改革の足かせになっていて、岩盤を破ることができないと判断した人も多い。



このような人は、行く先がすぐ決まり、他社に再就職したり自分で起業したりして自己実現を図っている。



企業は、せっかく採用した社員なのだから優秀か優秀でないかは別にして長く居ついてもらえるような施策を考え、実行に移すべきではないか。



= コンピテンシー宣教師 =




==========================================


配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら


人気blogランキング



# by shimo3781 | 2019-08-30 11:16 | 人事労務 | Trackback(1)

c0074721_14541796.jpg


日本を代表する企業を作り上げた名経営者でも、後継者選びでは不思議と判断を誤ることがある。




そのことに気づいていたのだろうか、松下幸之助氏は平取りで末席のY氏を後継者に大抜擢して見せた。






==========================================




【本文】





■ 大抜擢人事で後継者選んだ偉大な経営者! ■





後継者選びで失敗すれば、せっかく築いてきた大企業の存亡も怪しくなってしまうだろう。





「後継者はオレだろう」とひそかに専務や常務は思い込んでいたことだろう。





社長にゴマをすっておけば、間違いなく自分を後継者に指名してくれると思い込んでいた。





ところが、競馬のように「大穴」となる例が時々ある。





後継に指名されなかった専務や常務は地団駄を踏んで悔しがったが、後の祭りだ。





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~





松下電器(現パナソニック)で松下幸之助氏が引退時にあっと驚くような人事を行った。





末席の平取締役だったY氏を後継社長に指名したのだ。





取締役会ではいつも鋭い意見を言っていて、言うだけでなく実行力にも長けていた。





社長が言ったことにいつでも賛意を示す専務や常務では経営革新は無理と思って抜擢人事に踏み切った松下幸之助氏は偉かった。





= コンピテンシー宣教師 =


==========================================


配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら


人気blogランキング



# by shimo3781 | 2019-08-29 06:08 | 人事労務 | Trackback

c0074721_15544483.jpg


残業がなくなり、家のローンを払えず困っている人は多いようだ。



多くの会社は副業を認めることを決めた。



だが・・・



===================================


【本文】



■ 副業を認めるといわれてはみたものの・・・! ■




お上が「働き方改革」を打ち出した。




まじめな経営者は生産性が上がらないままに、残業禁止を打ち出した。




世の中は人手不足の真っただ中だ。




残業を禁止する代わりに人手を増やして補わなければならないが募集をかけてもおいそれと集まらない。




仕方がないから一部仕事をお断りしたりして、売り上げも利益も減少の一途をたどっている会社は多い。




一方、副業を認めるといわれた社員らは手っ取り早く短時間で高収入になる仕事を探すが、簡単には見つからない。




むしろ女性のほうが夜の世界ではそれ相応のお金を稼げる副業は結構ある。




近所の〇〇市場というスーパーでは時給1,300円で募集している。




水商売も時給はいい。




それに引き換え、男性には虫のいい話は少ない。




明日、通常勤務するためにはハードな仕事は無理だ。




結局手に入れたばかりのマンションや戸建て住宅のローンが払えなくなり、自主売却するか競売にかけるられるかのどちらかだ。




残業禁止は様々な社会問題を引き起こしているようだ。




    = コンピテンシー宣教師 =



==========================================


配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら


人気blogランキング



# by shimo3781 | 2019-08-28 10:03 | 人事労務 | Trackback

c0074721_16412753.jpg


大きな改革をしたいと考えているビジネスパーソンは多い。




だが、現実問題としてなかなか大きな改革などできるものではない。




常日頃から小さな改善をたくさん積み上げる努力をしてはどうか。




小さな改善も寄せ集めれば大きな改革になるものだ。



==================================================



【本文】




■ 小さな改善をたくさん寄せ集めれば改革になる! ■




イチロー選手はこれまで数々の輝かしい記録を打ち立ててきた偉大な選手だ。




彼は最初から大きな目標を持って野球に取り組んだわけではないと言う。




目の前の仕事をきっちりやり遂げて、年間最多安打に結びつけた。




日米通算案打数も輝かしい記録を打ち立てた。




イチロー選手は「振り返ってみたら大きな記録を打ち立てていた」と語る。




ビジネスパーソンもイチロー選手のように考えてはどうか。




目の前の仕事をきっちりやりとげる努力を続けるのだ。




そうすれば小さな改善が積み上げられていく。




振り返れば、いつの間にか大きな改革になっていたと言えるように。




正に「ローマは一日にして成らず」と言うことだ。




    = コンピテンシー宣教師 =



==========================================


配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら


人気blogランキング



# by shimo3781 | 2019-08-27 10:57 | 経営 | Trackback

c0074721_16320795.jpg


繁盛店はリピーター、つまり常連客に支えられている。




当然のことながら新規のお客様も取り込んでいかなければ成長できない。




問題なのはせっかくきてくれた初めての客様をどうやってリピーターに格上げするかだ。

================================================

【本文】


■ばんどう太郎の接客術がかなり参考になります!■


北関東で繁盛しているファミレスが「ばんどう太郎」だ。


ファミレスに限った話ではないが、「ばんどう太郎」の接客術は学ぶべき点が多い。


店舗には必ず愛想のいい女将がいてお客様をもてなす。


明るい笑顔で招き入れてくれるからお客様の心が和む。


お客様は居心地がいいから、つい長居するが何時間いても決して追い立てることはない。


料理のメニューが豊富でしかもボリューム満点だ。


お客様の中には三世代の親子連れも多く、中には同窓会で盛り上がるグループもいる。


女将以外のスタッフの接客も呼吸がピッタリで、どんな要望にも応えてくれるから初めてきたお客様もついリピーターにしてしまう接客術が売りだ。


会社主催の社員感謝パーティでは社長以下、店長や管理職が接客係りに変身し、特にパート社員に手厚くサービスするからやる気が一層醸成されるのだ。


 =コンピテンシー宣教師=


==========================================


配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら


人気blogランキング



# by shimo3781 | 2019-08-26 06:18 | マーケティング | Trackback