ブログトップ

「コンサルタントの視点」日記

shimo3781.exblog.jp

コンサルタントの視点でさまざまな出来事に感じたままをつづります!

c0074721_16454736.jpg


プロ経営者として有名なO氏が、大手ファミレスの社長をやっていたことがある。




彼は週2~3回店舗に足を運び、挨拶と笑顔をチェックし、清潔さや雰囲気もチェックした。




さらに、盛り付けや味もチェックし、まずい点があってもその場では決して叱ることはなかった。


==================================================


【本文】




■ 店舗を巡回し、自分の目で確かめる経営者! ■




大手ファミレスの社長ともなると忙しいから店舗回りをする時間は取れないだろう。




各店舗の実情は、上がってくる経営数値であらかた判断できる。




店内の接客の様子や料理の出来栄え、お客様のCSの様子などは店長に報告させて、それで評価している経営者は多い。




だが、プロ経営者として有名なO氏は、時間を作っては店舗回りをやっていた。




O氏が店舗に来ることは、店長以外は知らない。




スタッフの挨拶と笑顔をチェックし、店内の清潔さや雰囲気をチェックする。




実際食べながら盛り付けや味もチェックする。




まずい点があってもその場では叱ったり注意したりはしない。




店長をそっと呼んで注意し、アドバイスして是正するように仕向ける。




プロ経営者O氏は、自ら情報を収集して活用することに徹しているのだ。



=コンピテンシー宣教師=





==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング





[PR]
# by shimo3781 | 2018-10-22 20:10 | 経営 | Trackback

c0074721_13595516.jpg


金のなる木に相当する商品や事業をいくつか抱えていればあと何年かは安泰だろう。




でも、おお飯食らいの商品や事業をいくつも持っていないと会社を成長させるどころか、衰退させてしまう。




ここが経営者の指揮・統率力の発揮場所だ。


==================================================


【本文】




■ おお飯食らいの商品・事業を金のなる木に育てる! ■




私の知人が横浜で中小企業の社長をしていたのだが、三人の息子は高校で相撲部などで活躍していた。




食べる食事の量が半端ではなく、「オレが社長をやっていなかったらとても相撲なんかやらせられない」とこぼしていた。




今は三人とも父の会社で後継者になり、兄弟仲よく頑張っている。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




会社の商品や事業には、衰退期に入っているものもあれば、金のなる木に匹敵する商品や事業もあるだろう。




そんな中、おお飯食らいの商品や事業をいくつ持っているかに将来がかかっていることを絶対に忘れないでほしい。




おお飯食らいの商品や事業とは、これから有望な商品・事業だが、今は金食い虫と言うことだから、これらを金のなる木に育てなければならないわけだ。



これがポートフォーリオ管理の考え方である。




そのためには、社長が指揮・統率力を発揮し、先頭に立って育成しなければならないのだ。



=コンピテンシー宣教師=





==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング





[PR]
# by shimo3781 | 2018-10-22 11:00 | 経営 | Trackback

c0074721_16011241.jpg


コンビニの多くは、商品を下請けに委託して生産している。




弁当、おにぎり、各種惣菜などが該当する。




しかし北海道の地場コンビニであるセイコーマートでは道内に食品加工会社を11社も持ち、300アイテムの商品を自社製造している。


==================================================


【本文】




■ 自社サプライチェーンを構築したセイコーマート! ■




大手コンビにでは、弁当、おにぎり、各種惣菜などの生産を下請けに頼っている例が多い。




一部は買収したりして自社工場と位置づけている例もあるが、全てが自社工場と言うわけではない。




下請けは大手コンビニの発注を受けて、一日三回配送しているようだ。




売れ残った商品は廃棄に回されるからもったいない。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




食材から弁当、おにぎり、惣菜に加工し、自社のコンビニで販売する経営モデルを取っているのが北海道の地場コンビニであるセイコーマートだ。




経営者の強力な指揮・統率の元に自社内でサプライチェーンを確立しているのだ。




店舗内調理も実施していて、お客様に温かい食品を提供しているから、本土から進出した大手コンビニも太刀打ちできない様子だ。




自社内サプライチェーンは、物流費の節約にも大いに貢献している。



=コンピテンシー宣教師=





==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング





[PR]
# by shimo3781 | 2018-10-21 11:03 | 経営 | Trackback

c0074721_15590963.jpg


コンビニやスーパーにとって強敵となっているのがドラッグストアだ。




商品ジャンルが違うとか客層が違うなどと言っている場合ではなくなった。


==================================================


【本文】




■  ドラッグストアの出店加速が止まらない! ■




ドラッグストアの主要10社の今年度の出店は前年比7%増で推移しているそうだ。




コンビニはたった2%増だというからドラッグストアの勢いが鮮明だ。




ドッグストアは繁華街はもちろんのこと住宅街にもどんどん出店している。




病院の処方箋も受け付けるから患者は自宅近くで薬を入手できる。




さらに最近は食料品や弁当まで扱っていてそれがコンビニやスーパーよりも安いと人気だ。




ドラッグストアは利益率の高い薬品を扱っているから食料品や弁当で儲ける必要もない。




つまり、集客の餌、釣りでいうコマセと言うことになる。




九州が地盤のコスモ薬品では食品の売り上げが既に56%にも達しているという。




これは食品スーパーにとってかなりの脅威だろう。




ドラッグストアには薬剤師が常駐していて患者の悩みにも対応してくれるからありがたい。




特にスーパーはドラッグストア対策を真剣に考えなければならないだろう。




=コンピテンシー宣教師=





==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング





[PR]
# by shimo3781 | 2018-10-20 06:35 | 経営 | Trackback

c0074721_14351811.jpg

昔、落ち目になった国定忠治が言った。



「かわいい子分のてめえ達とも別れ別れになる門出だ」と。



落ち目のS氏はライブ開始の直前に「契約の問題」として急きょ中止した。


==================================================


【本文】




■  S氏がライブ開演寸前に中止とは何をや言わんや! ■



S氏も70歳か。



そのS氏がさいたまスーパーアリーナでのライブを開演直前になって急きょ中止した。



健康上の理由ではなく契約上の問題だという。



もし契約上の問題があるなら、チケットを売り出す前にクリアにすべきではないのか。



昔の人気、昔の成功体験に未だに酔いしているとしたら大間違いだ。



国定忠治だけでなく、人間誰もが落ち目になることがある。



成功者のままで一生を終えることは難しい。



特に人気商売、客商売の人間はお客様に無礼を働いてはいけない。



さっさとチケット代金をお返しして謝罪すべきだ。



HPに謝罪文を掲載して終わりのつもりだろうか。



フアンと別れ別れになる門出だ。




=コンピテンシー宣教師=





==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング





[PR]
# by shimo3781 | 2018-10-19 11:02 | 不祥事 | Trackback

c0074721_14490261.jpg


父親から経営権を勝ち取ることに成功した久美子社長。



だが、家具屋の経営は予想以上に厳しかった。


==================================================


【本文】




■ 大塚家具に救済企業としてヨドバシカメラが再浮上! ■




大塚家具の再建は険しいようだ。




今や株価も280円前後に低迷している。




9月末まで銀座本店で在庫一掃セールをやった。




資金繰りに少しでも役立てばという考えのようだ。




銀座本店は家賃が高くて利益が出ないから引き払うべきではないかと思う。




今夏、メガバンク3行の株式を売却して8~10億手に入れた。





もうメガバンクも簡単には融資に応じないだろう。




支援企業は資本提携関係のティーケービー(貸し会議室大手)が有力とされれているが、支援企業としては頼りない感じだ。





一旦は断ったヨドバシカメラが再浮上してきたとの報道がある。





だがヨドバシカメラは非上場企業。





もし買収する場合は、財状況の開示が必要となるらしい。





実現すれば有明のショールームは借地権付きで大型物流センターとしての活用メリットが高い。





このままでは倒産寸前なので、久美子社長を助けてやってほしいと願う。




=コンピテンシー宣教師=





==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング





[PR]
# by shimo3781 | 2018-10-18 10:58 | 経営 | Trackback

c0074721_15594988.jpg


尾畠春夫さんの本を出してベストセラーをもくろんだ出版会社があった。



だが、
尾畠さんはなぜかおかんり


==================================================


【本文】




■ 尾畠春夫さん初の著書は発売延期に、判押してない! ■




アチーブメント出版が 尾畠春夫さんの著書として「一歩前へ」を出版するべく準備をしてきた。



土壇場になって出版について了解もしていないし、サインはもちろん判も押していないと尾畠さんはおかんむり。




確かに尾畠さん「はなんでも聞いて書いてもらっていい。謝礼はいらない」と言っていた。




それはあくまでも取材記事の話で本の出版となると話は別のようだ。




尾畠さんは、目立つことを好まない。




アチーブメント出版は拡大解釈して尾畠さんに了解頂いていると早合点した様子だ。




他にも本の出版依頼が来ていて尾畠さんは迷っているようにも見える。



でも、二歳の男児を発見したときもお風呂やお茶のおもてなしも頑なにお断りして「私はボランティア」と言ってそのまま帰った。




そっと困っている人に寄り添うのが尾畠流の人生。




本を出版しなくとも国民のだれもが尾畠さんに喝さいを送っている。




そっとしてあげてもいいのではないか。




=コンピテンシー宣教師=





==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング





[PR]
# by shimo3781 | 2018-10-17 10:44 | 人助け | Trackback

c0074721_16055965.jpg


続投。



誰れもがそれはないだろうと思っていた。



フアンのプーイグの大きさで解任が決まった。


==================================================


【本文】




■ 金本、事実上解任で選手たちは安堵の気持ち! ■




巨人の由伸監督はレギュラーシーズンの優勝を逃して責任を取って潔く辞任した。




一方、阪神の金本監督は契約途中ということもあり、執行部は続投させるつもりでいたようだ。




だが、あまりにもふがいない試合ばかり見せられてきたフアンが黙っていない。




球場ではいつも「辞めろコール」が飛び交い、ブーイングの嵐だった。




それでも金本本人は続投するつもりだった。




だが、SNSの動画に決定的瞬間がアップされた。




関係者との会食の帰りにフアンからヤジを飛ばされた金本は怒り出してヤジを飛ばしたフアンに掴みかかり、他のコーチに羽交い絞めにして制止されれた。




この一件でフロントはついに解任を決意した。




「筋トレやれ、走れ」が口癖で選手がミスをして試合に負ければ名指しで選手を批判してきた。




悪いのは選手というスタンス。



これでは選手たちのモチベーションは上がらない。




ある選手は「三年間ひっかきまわして去る感じだ」と吐き捨てたそうだ。




選手としては優秀だったが、リーダーとして失格だった金本。




EQ(心の知能指数)があまりにも低かったということだ。




=コンピテンシー宣教師=





==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング





[PR]
# by shimo3781 | 2018-10-16 11:14 | スポーツ | Trackback

c0074721_14112839.jpg


異端児として扱われてきたK氏が、会社が傾いたとき、なぜか47歳の若さで社長に抜擢されてしまう。




K氏は見事V字回復させて、かつ大きく成長させている。




冷や飯を食わされた5年半の現場勤務が絶大な統率力の原動力になっていた。


==================================================


【本文】




■ 現場上がりの経営者は統率力がすごい! ■




メーカーなのに経理畑や営業畑を一筋に歩んできた人物が社長になる例が多い。




どちらもモノ作りのことについてはまったく知らず、しかも知ろうともしない。




「たまに工場に来て、納期を短縮せよ」とか「コストを30%下げよ」などとほざいて帰るだけだから、生産担当の役員や工場長は頭にくるだけだ。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




セーレンと言う会社に入社したK氏は、新入社員のときから、上から目を付けられ、異端児扱いされて、実習期間終了後もお仕置きの意味で製造部門にぶち込まれた。




K氏は5年半の現場勤務で、モノ作りのすべてをマスターし、しかも現場の人たちと仲良しになった。




会社が傾きかけたとき、なぜか異端児のK氏が社長に抜擢去れ、昨日まで威張り散らしていた年上の人間は全て部下になり、K氏の指揮・命令の下で働くことになった。




K氏が短期間でV字回復させ、すばらしい会社に生まれ変わらせることができた要因は、なんと言っても現場の人たちの絶大な協力があるからなのだ。




=コンピテンシー宣教師=





==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング





[PR]
# by shimo3781 | 2018-10-07 06:53 | 人事労務 | Trackback

c0074721_15492783.jpg


仕入先やメーカーが「ユザワヤのためなら」と大概のことには協力してくれる。




これは、はっきり言って取引先に対する目に見えない統率力が働いているとしか思えない。




なぜそのような関係を生み出すことができているのか。


==================================================


【本文】




■ 取引先に対する目に見えない
ユザワヤ流統率力! ■




「仕入れてやっている」と言った生意気な態度をとる大手流通業のバイヤーは多い。




社内では、カリスマバイヤーなどと称されていい気になっているようだ。




無理な納期を押し付けたり、強引な値引き要求を平気でやる。




中には、自分に対する付け届けを強要する不届き者もいる。




彼は、一たび会社を辞めればただの人になり、誰にも相手にされなくなる。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




ホビー関連商品の総合デパート、ユザワヤは業者からの接待は一切禁止となっている。




めったに売れないものも仕入れて陳列し、お客様のCSを優先させる。




業者には現金で、しかも大量に仕入れてあげるから、これほどありがたいお客様はいない。




どの業者もユザワヤのためなら大概のことに協力してくれることになっているのは、きっと目に見えない統率力が働いているからだろう。




=コンピテンシー宣教師=