ブログトップ

「コンサルタントの視点」日記

shimo3781.exblog.jp

コンサルタントの視点でさまざまな出来事に感じたままをつづります!

南鳥島レアアース実用化までの間、都市鉱山のレアアースでしのがなければ!

c0074721_1725828.jpg



南鳥島沖に大量のレアアースが眠っていることが分かった。


だが、なにしろ5000メートル以上の深海だ。


掘って、取り出す技術の確立が急がれる。


=============================


【本文】


■ 南鳥島レアアース実用化までの間、都市鉱山のレアアースでしのがなければ! ■


LED照明や液晶テレビ、パソコン、携帯などの部品に使われているレアアースの鉱床が小笠原諸島・南鳥島近くの海底にあることが確認された。


東大教授加藤泰浩氏らのグループが発見したものだ。


資源量は日本の年間使用量である約3万トンの220倍以上と推測されるそうだ。


しかし、5000メートル以上の深い海底だ。


どうやって鉱床(泥)を掘り出して、くみ上げるかが問題だ。


日本のことだから必ず技術を磨いてものにするだろう。


しかし、今すぐとは行かない。


レアアースの9割以上が中国で生産されている。


中国は輸出規制をかけている。


それに対して日米欧がWTOに輸出規制の解除を求めて提訴したが、解決は難しそうだ。


そこで、廃品となった電子機器や電気製品からレアアースを取り出して急場をしのぐ必要がある。


これを都市鉱山と称する。


廃品が他国に輸出されている現実を精査し、国内で確実にレアアースを回収できる仕組みを作るべきだ。


少しはやっているかもしれないが、国家を挙げて取り組むべきだ。


         =コンピテンシー宣教師=


=====================

配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本。
著書「中堅・中小企業のためのコンピテンシー入門」


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」

メルマガ「『問題解決』メルマガセミナー


[PR]
by shimo3781 | 2012-06-29 17:05 | 国際問題 | Trackback
トラックバックURL : https://shimo3781.exblog.jp/tb/18164325
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]