ブログトップ

「コンサルタントの視点」日記

shimo3781.exblog.jp

コンサルタントの視点でさまざまな出来事に感じたままをつづります!

技能実習の外国人はなぜ失踪してしまうのか!

c0074721_15152790.jpg

技能実習とは名ばかりで実際は貴重な労働力そのものだ。

3年間安く働かせることができる。

ところが、失踪者の人数が年々増え続けているのだ。

========================

【本文】

■ 技能実習の外国人はなぜ失踪してしまうのか! ■

外国人労働者の不法滞在が増加している。

中でも多いのが外国人の技能実習生だ。

不法滞在者は約3万人近くいるが、そのうち約6千人ほどが技能実習生だ。

この制度は滞在期限が3年間。

一旦実習を終えて帰国すれば再度技能実習で日本に来ることはできない仕組みだ。

3年の期限が近づいたころ、失踪する者が多いそうだ。

もっと長く日本で働いて家族にお金を送りたいのだろうか。

ところが、これら不法滞在者は安くこき使うことができるから、不法滞在を手引きするネットワークができている。

技能実習の時よりも賃金が下がってしまい、こんなはずではなかった不法滞在者。

汚いアパートに数人がすし詰めで厳しい生活を強いられている。

住居の斡旋から、仕事の手配、偽造在留カードの発行と失踪を可能にする“不法滞在ネットワーク”が水面下で広がり、失踪に拍車をかけている。

頂点を仕切っているのが中国人マフィア。

取り締まりを強化しているが、思うような成果は上がっていない。

= コンピテンシー宣教師 =



======================================

配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら

メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら

メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




[PR]
by shimo3781 | 2017-01-20 11:30 | 犯罪 | Trackback
トラックバックURL : https://shimo3781.exblog.jp/tb/26332687
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]