ブログトップ

「コンサルタントの視点」日記

shimo3781.exblog.jp

コンサルタントの視点でさまざまな出来事に感じたままをつづります!

優しく語り掛けられると社員は動き出す!

c0074721_13521396.jpg



経営者は、社員にしっかり仕事をやって欲しいと願っている。




だが、うまくいかず、つい社員に向かって愚痴ったり怒りをぶちまける経営者がいる。




だが、優しく語りかける経営者もいて、社員はみんな仕事力を発揮してくれて窮地をしのぐことができた。



==================================================



【本文】




■ 優しく語り掛けられると社員は動き出す! ■




「笛吹けど踊らず」と言うことわざがある。




蛇使いが笛を吹いても蛇が籠から顔を出さなければ、見世物としてのお代は頂けない。




それと同じで、社長が社員たちに向かって愚痴を言ったり、怒りをぶちまけても社員は一向に動かない。




「また始まった」と冷ややかに受け取られるだけだ。




不景気に見舞われて松下電器(現パナソニック)がピンチに陥ったことがあった。




そんなときでも、創業社長の松下幸之助氏はいたって穏やかだった。




「皆さんは賢明やから、一言にして百を知る人やから、もうくどくどと言いませんから、お願いします」とだけ言ったそうだ。




現場の人たちもみんな営業活動をして在庫品を売りさばき、窮地を救ってくれたのだ。




記者の質問に曲った口を一層曲げておかしなことを言ってしまう大臣もいるが、辞任する気はさらさらない。




穏やかに国民に向かってまともなことを言ってほしいものだ。




= コンピテンシー宣教師 =



==========================================

配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング


[PR]
by shimo3781 | 2018-04-30 11:37 | 仕事 | Trackback
トラックバックURL : https://shimo3781.exblog.jp/tb/29463086
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]