ブログトップ

「コンサルタントの視点」日記

shimo3781.exblog.jp

コンサルタントの視点でさまざまな出来事に感じたままをつづります!

c0074721_13523962.jpg


アベ政権が働き方改革などと言い出した。




「過労自殺などを防ぐために、仕事の効率を上げて残業を減らしなさい」と言うことなのだろうか。




しかし、生活費の一部だった残業代がなくなり、手取りが減るから、消費が益々しぼんでいく問題をどうするのか。


==================================================


【本文】




■ 効率アップて残業を削減したら効率手当てを支給! ■




「仕事の効率を上げて残業をなくしなさい」。




言っていることは簡単明瞭だ。




だが、どうやって仕事の効率をアップするかが問題だ。




よしんば、残業をなくすことができたとして、これまでの残業代分の手取りが減ってしまうから社員にとっては死活問題だ。




益々消費が減り、経済が減速してしまう恐れがある。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




効率を上げるにはさまざまな手法を身に付けなければならず、かつ新鋭設備の投資も必要になるだろう。




経営者は、社員の協力を得て効率化を図り、残業をなくしたら、その分として効率手当てを支給し、手取りが減らないように配慮することを決断すべきだ。




経営者が残業代分の固定費が減ったと喜ぶようでは、この課題は成功しない。


 


=コンピテンシー宣教師=



==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング






[PR]
# by shimo3781 | 2018-11-18 19:42 | 経営 | Trackback

c0074721_13495785.jpg


社長に涙の記者会見をさせるような役員や社員にだけはなってほしくない。




最近は特に社長のお詫び記者会見ばかりが続いている。




役員をはじめ社員らは恥ずかしいと思うべきだ。


==================================================


【本文】




■ 本来は社長に笑顔で記者会見してもらうべき!■




社長にお詫び記者会見をさせる役員や社員は一体何を考えながら仕事をしてきたのだろうか。




昔、植木等が歌っていたスーダラ節に登場する社員よりも低級ではないのか。




「♪サラリーマンは気楽な稼業ときたもんだ♪」。




会社に行ってさえいれば給料をもらえるから気楽な稼業だったのか。




製品の検査データは、ほとんど全てが改ざんだ。




現場の実態に目を向けてこなかった社長も悪いが、社長に涙の記者会見を何度もさせる役員や社員たちはもっとたちが悪い。




敗戦処理を終えたなら関与した役員や社員は懲戒解雇すべきだ。




天に向かってツバを吐いた役員や社員たちがどうなろうと世間の人々は同情しないだろう。




もし縁があって再就職できたなら、次の会社では社長に笑顔で記者会見してもらえるGood Newsに関与すべきだ。




=コンピテンシー宣教師=



==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング






[PR]
# by shimo3781 | 2018-11-18 07:12 | 不祥事 | Trackback

c0074721_15445632.jpg


大事な仕事を託した部下からちっとも報告書が上がってこない。




いらいらして「A君、君に頼んだ例の大事な仕事、早く提出してくれ」と督促した。




成長を期待して少し難しい仕事をさせたつもりだが、その部下は期待に応えなかった。


==================================================


【本文】




■ 部下の力量を勘案して仕事を割り振ること! ■




「課長、すみません。いろいろ雑用が入ったりして時間が取られました。今日中にやって明日朝一番に提出します」とA君が言った。




ところが、翌朝になっても報告書は出てこないので、「A君、報告書は?」と督促した。




「課長すみません。昨日残業してやるつもりだったのですが、また雑用が入りまして」と。




あきれて、「君は今日、風邪を引いて会社を休んだことにしよう。だから雑用は一切ない。時間はたっぷりあるぞ。今日の夕方まで完遂して提出するように」と強い口調で指示した。




午前10時ごろ、「どこまで進んだ?」と問い質したところ「課長、すみません、やり方を教えてください」と泣きべそをかいた。




課長は部下の仕事遂行能力をスキルマップ表に纏めて、部下の能力を勘案して仕事を振ることに改めた。




更に計画的にスキルのレベルアップを図れるように、部下を教育訓練することに挑戦した。




一年後には多くの部下の仕事遂行能力を大幅にレベルアップさせることに成功した。
 



=コンピテンシー宣教師=



==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング






[PR]
# by shimo3781 | 2018-11-17 07:06 | 仕事 | Trackback

c0074721_15413550.jpg


ビジネスの世界は、人を動かしてナンボの世界である。




社員(部下)はもちろんのこと、取引先の人にも動いてもらわなければ仕事は前に進まない。




人を熱烈に動かしたいと思うならば、とにかく相手の言い分を熱烈に聞くことではないだろうか。


==================================================


【本文】




■ 人を思うまま動かす! ■




部下が思うまま動いてくれない課長は苛立ち、「課長命令が聞けないのか」と、つい大声を上げてしまった。




課長たちが思うまま動いてくれないから部長は社長や役員に叱られ、苛立ち、課長を集めて愚痴をこぼし、「オレが言ったことは社長命令だと思ってやってくれ」と泣きを入れる。




このような会社は実際多いから、K製鋼所のような不祥事が繰り返されるのである。




伝えたつもりでも伝わらなければ意味がないわけだ。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




優れたリーダーは少ない言葉で多くのことを語る。




一方、ダメなリーダーはたくさん喋るが、わずかしか語っていないことに気付かない。




心に溢れるものを感じさせるように、情熱を持って話すべきだ。




そうすれば、相手を感動させることができるから、きっと思うまま動いてくれる。




=コンピテンシー宣教師=



==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング









[PR]
# by shimo3781 | 2018-11-16 11:01 | 人事労務 | Trackback

c0074721_15514083.jpg


あるタクシー会社の人事部長が「あと10年もしないうちにわが社のドライバーはほぼゼロになることが予測される。会社は存続の危機だ」と嘆いていた。




業界最大手の日本交通では大学卒のドライバーを増やすことに挑戦し始めた。


==================================================


【本文】




■ 大卒のタクシードライバーを増やすことに挑戦する会社! ■




わが国の人口動態ピラミッドは逆三角形になりつつある。




出生率は100万人を切る勢いらしい。




保育所云々が話題になるが、その前に若い男女に結婚願望はなく、家庭を持っていろいろ苦労を抱え込むよりもお一人様で、お気楽な人生を送りたいと考える。




その結果、少子高齢化がものすごい勢いで進んでいるのだ。




これからは大学出のサラリーマンが活躍できる会社や職場も狭まっていくのではないか。




タクシードライバー不足で、あるタクシー会社の人事担当者は、10年もしないうちにわが社のドライバーはゼロになると嘆いておられた。




業界最大手の日本交通では、大卒のドライバーを育成することに挑戦している。




運転技術や接客マナーを磨き、お客様を確実に増やしていく戦略のようだ。




事業を成功させるには、お客様と直接接するドライバーのEQ(Emotional Quotient:心の知能指数)に掛かっていると判断したわけだ。




=コンピテンシー宣教師=




==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング





[PR]
# by shimo3781 | 2018-11-15 11:04 | 人事労務 | Trackback

c0074721_19552961.jpg


人材は社内に結構いるものだ。




社員に100点満点を求めるから欠点を見つけて減点してしまう。




そうではなく、0点から優れている部分を加算していくと60~70点になるはずだ。




後は教育訓練によって人財に育てることに挑戦すればいい。


==================================================


【本文】




■ 優れている点を見出して人財育成に挑戦する! ■




有名大学を出た社員が中小企業で働いている例はゼロではないが、まれだ。




中卒や高卒の社員が圧倒的に多い。




だが、学歴が低いなどと侮ってはならない。




高学歴でありながら仕事のできない大企業の社員に比べたらはるかに優れているのだ。




とかく大企業では体操競技やフィギュアスケートのように演技上のミスを見逃さず、ドンドン減点していく。




残った点数を査定による評価とし、出世レースを競わせる。




大企業で出世レースに破れた社員は浮かばれないから自然に辞めていくことになる。




中小企業でそんなことをやっていたら働いてくれる社員はいなくなる。




中小企業の経営者は、0点から優れている点を加算し、足りない部分は教育訓練で補い、人財に育てることに常に挑戦しているのだ。




=コンピテンシー宣教師=




==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング





[PR]
# by shimo3781 | 2018-11-14 10:59 | 人事労務 | Trackback

c0074721_15455390.jpg


アベノミクスの恩恵をほとんど受けていないのが中小企業だ。




だが、それでも好業績を挙げている会社の経営者は、中小企業の持つ有利性と強さを自覚し、プラス面を存分に発揮することに常に挑戦している。


==================================================


【本文】




■ 中小企業の強さを存分に発揮している経営者! ■




円安基調だから輸出型の企業は儲かったろうし、一時期株もじわじわ上がって一部の投資家は儲かったことだろう。




しかし、下請け中心の中小企業は、大企業から相変わらず品質、納期、コストでいじめられ、むしろ苦しくなっている。




機会あるごとに都合のいいデータを持ち出してアベははしゃいでいるが、95%以上もある中小企業の多くは虫の息なのだ。




昔から言われてきたように、中小企業のもつ強みは、小回りや機動性である。




その強みを生かすことに常に挑戦して、30%近い営業利益を上げているのがエーワン精密と言う中小企業だ。




主力製品は汎用旋盤や自動旋盤などの必需品であるコレットチャックと言う部品だ。




今日のPM3:00までに注文をもらえば、本日中に出荷する超短納期に挑戦している。




その心は、共通部分まで加工の済んだ状態で各種類とも数個ずつ在庫を持っていて直ぐに続きの加工に取り掛かれる仕組みになっていることだ。




=コンピテンシー宣教師=





==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング






[PR]
# by shimo3781 | 2018-11-13 15:47 | 経営 | Trackback

c0074721_16074128.jpg


部下が成し遂げた成果はどんなに小さくともさりげなく褒めてあげてはどうか。




いや、褒めると決断してほしい。




褒めれば部下はもっとモチベーションが上がり、次はさらに大きな成果に貢献してくれるはずだ。


==================================================


【本文】




■ 小さな成果でも部下を褒めてあげることです! ■




「いい大人が、褒められたから頑張る、褒められないから頑張らないなんてとんでもない」と言う経営者がいるがはたしてどうか。




このような考え方が分からないわけでもないが、人は何歳になっても褒められると嬉しくなり、モチベーションは高まる。




次はもっと大きな成果に貢献しようと頑張るから、相乗効果で全体のパフォーマンスは向上する。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




例え小さな成果でも社員を褒めると決断してはどうか。




小林製薬では「ホメホメメール」があり、社長がじきじきに該当する社員にお褒めの言葉を発信し、後に表彰することにしているそうだ。




ニトリでは「表彰状を乱発せよ」と社長自らが音頭を取り、社員に表彰状を贈る。




人の心のもっとも奥深い願望は、認められること、名誉を受けることなのだ。



=コンピテンシー宣教師=




==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング





[PR]
# by shimo3781 | 2018-11-13 04:56 | 人事労務 | Trackback

c0074721_13594566.jpg


なぜ運が向かないのかと思っている人には、自分の強みと弱みを棚卸しすることをお勧めする。




そう言われても直ぐに思いつかない人は、友達や会社の同僚らに聞いてみるのもいい。




そして強みをもっと伸ばす努力をすることだ。


==================================================

【本文】




■ 自分の強みをもっと伸ばすことに挑戦する! ■




なぜ自分には運が向かないのだろうと考え込む人がいる。




なぜ自分は上昇気流に乗れないのだろうと悩んでいる人がいる。




そのような人は、自分の強みと弱みを棚卸しすることをお勧めする。




でも、自分のことなのに強みや弱みが数項目しか出てこない人も多い。




自分のことなのに、自分のことがあまりよく分かっていないようだ。




その点、他人のほうが自分のことをよく分かっていてくれる。




友達や会社の同僚らに自分の強みや弱みを尋ねれば、たくさん挙げてくれるだろう。




弱みを是正するのもよいが、むしろ強みをもっと伸ばすことに目を向け、挑戦すべきだ。




強みを更に強くしたなら、今の仕事で大輪の花を咲かせることができるかも知れない。




同じ職場なのに、これまでとは全く違う景色に見えるから不思議だ。




=コンピテンシー宣教師=




==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング





[PR]
# by shimo3781 | 2018-11-12 11:08 | 自己啓発 | Trackback

c0074721_16135378.jpg


「二兎を追うものは一兎をも得ず」と言うことわざがある。




仕事でも同じことが言える。




一度にいくつもの仕事をやろうとするとみんなネズミの食い散らかしになってしまい、どれ一つ完遂しない。




優先順位を付けて、一つずつ完遂させることを決断すべきだ。


==================================================


【本文】




■ 仕事はネズミの食い散らか状態にしてはならない! ■




「ああ、忙しい」が口癖の人がいる。




彼は「時間がない」も連発する。




長時間残業もやっているのに成果が見られないのだ。




仕事が「ネズミの食い散らかし」状態で、何一つ完遂していないから上司も呆れ顔だ。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




会社は生きているから次々仕事が降って、湧いてくる。




常に複数の仕事を抱えることになるわけだ。




片っ端から手を付けるのではなく、優先順位を決め、急ぎで重要な事案から着手し、完遂させていくことを決断すべきだ。




その結果、優先度の低い仕事が積み残されても大きな問題にはならないだろう。




優先順位で迷う場合は、上司に相談して決めるのもよい。




=コンピテンシー宣教師=




==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング





[PR]
# by shimo3781 | 2018-11-11 11:10 | 仕事 | Trackback

c0074721_13325235.jpg



ジャパネットの創業者である高田明氏はテレビショッピングでプレゼンするとき、商品の先にある感動を伝えるようにしてたそうだ。




機能・性能を伝えても意味がないと分かっていたからだ。




メディア通販の先駆者はどこか違う。


===============================================


【本文】




■ ジャパネット創業者の挑戦志向に学ぶ! ■




高田明氏は父がやっていたカメラ店を引き継いだが、いつ潰れてもおかしくない経営状況だった。




近くの温泉ホテルに出向き、宴会風景の写真を撮らせて頂き、翌朝早くロビーに掲示したところ結構売れて日銭が入った。




あるとき、ローカルのラジオ局で自社の宣伝をしたところ、カメラなどが結構売れて、紙媒体のチラシを新聞などに折り込むよりもはるかに効果が大きいことを知った。




もし、このような活動をテレビでやったらかなり売れるのではないかと思った。




ローカルテレビ局にかけあってテレビでプレゼンしたところ、爆発的に売れてびっくり。




儲けたお金をつぎ込んで自社内にスタジオを設置し、自らプレゼンターになってホームビデオやその他の商品を紹介することにした。




一か八かの賭けだったが、高田氏の挑戦志向はものの見事に花開いた。




機能や性能にはほとんど触れず、その先にある楽しさをかん高い声で伝えることで「佐世保のジャパネット」は全国に知られるようになった。




いま、息子の代になり、ますます繁盛しているからすごい。



    

=コンピテンシー宣教師=





==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング




[PR]
# by shimo3781 | 2018-11-10 11:01 | 経営 | Trackback

c0074721_15540574.jpg


職を転々としていた青年がいた。




ラーメン屋でアルバイトをしていたとき、出前に行ったところ、その場でお金を払ってくれた。




一仕事やって直ぐにお金になるラーメン屋ってすばらしい。



ラーメンと出会って、ラーメンで身を立てることを決心した。


==================================================


【本文】




■ 職を転々の末ラーメン屋で身を立てた青年がいた! ■




年収200万円以下で生計を立てている人たちは多い。




非正規雇用で弱者が増え続け、車も持てず、家も持てず、結婚もできない社会になった。




少子化対策を声高に叫ぶが、婚姻がないのだから子供は生まれない。




運良く結婚できた人も一人っ子が多く、人口は減少するばかりだ。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




職を転々としていたのがK氏と言う青年だった。




ラーメン屋でアルバイトをしていたとき、出前に行ったところ、その場でお金を払ってくれて、一仕事して直ぐなお金になるラーメンで身を立てることを決心した。




大宮駅東口に一号店を出したのを皮切りに、駅前出店にこだわり、「ハイディ日高」と言う屋号で発展を遂げてきた。




職を転々もよし、ニートもよし、何か感動できるものに出会ったなら「必ずものにする」と意思決定することだ。



=コンピテンシー宣教師=





==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング




[PR]
# by shimo3781 | 2018-11-09 11:19 | ビジネス | Trackback

c0074721_15384720.jpg


戦略も大事だが、強烈な実行力はもっと大事だと考えたのがエアコン専業メーカーであるD工業の会長i氏だった。




戦略立案の段階からキーマンである幹部を参画させることにした。




そうすることで戦略を確実に実行すると意思決定したのだ。


==================================================


【本文】



■ 強烈な実行力で戦略を実行する経営者がいる! ■



ああでもない、こうでもないと頭をひねりながら戦略を練る経営者は多いだろう。



思い起こせば昨年も一生懸命戦略を練り、幹部に開示して趣旨を説明し、実行するよう求めたが、ほとんど成果なく終わった。



戦略を練っている最中に頭をよぎるのは、弊社の幹部には実行力がないと言うことだ。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



強烈な実行力を身に付けさせて、戦略を実行しようと決心したのがD工業のi会長だった。



戦略立案の段階でキーマンである幹部を参画させることにした。



自分たちの考えや意見が盛り込まれた戦略であれば、実行しないわけには行かなくなると考えたのだ。



並行して実行力を付けさせる教育訓練を実施することを忘れなかった。



将来を考えて若手社員にもマネジメント能力と実行力を身に付けさせるべく、各種イベントの企画・立案から実行までを担当させているからすばらしい。



=コンピテンシー宣教師=





==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング




[PR]
# by shimo3781 | 2018-11-08 10:59 | 経営 | Trackback

c0074721_15575071.jpg

窮鼠猫を噛むという諺がある。



猫を噛むことのできないネズミは、精神的にも肉体的にも追い詰められる。



それが検査・品質管理部門の社員たちだ。



苦し紛れに改ざんに走るしかない。


==================================================


【本文】




■ なぜこんなにも検査データの改ざんが起こるのか! ■




大手メーカーでは何年も前から検査データの改ざんは当たり前になっていた。



自動車メーカーはほぼ全滅。



建築物ダンパーのKYBなども同様だ。



日立製作所とそのグループ企業だけはそんな不祥事とは無縁と思っていたが、ついに日立化成の不祥事が発覚した。



どこの企業も固定費削減で手っ取り早く検査・品質保証部門の人員をカットする。



扶養家族が多くては儲からないと考えるからだ。



人手が足りないところに持ってきて、製造部門は不良品を送り込んでくる。



まじめに検査すればほとんどがNGだ。




ところが生産管理部門や営業部門がお客に迷惑がかかるとか売り上げが立たないと言って騒ぎ出し、圧力をかけてくる。



工場長や経営トップは見て見ぬふりだ。



追い詰められた検査員らは仕方なくデータを改ざんして合格にする。



これが検査データ改ざんのプロセスにほぼ間違いないだろう。



企業体質と言ってしまえばそれまでだが、天に向かって唾を吐けば自分らの顔に落ちてくるのは当然だ。



このような悲しい物語から脱却するには経営者の強い意思決定力と行動力が必要だ。



経営者よ、分かってほしい。



=コンピテンシー宣教師=





==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング




[PR]
# by shimo3781 | 2018-11-07 11:07 | 不祥事 | Trackback

c0074721_15163602.jpg


中央競馬会(JRA)にかわいくてまだあどけなさの残る藤田菜七子騎手がいる。




今年は三年目ながらすでに20勝を挙げた。




G1レースにも出られる要件を満たした。




近い将来、ダービーで勝ってほしいものだ。


==================================================


【本文】




■ 女性騎手になると心に決めた菜七子騎手! ■




中学生だと言うのに競馬の騎手になると意思決定した女の子がいて、その子の名は藤田菜七子と言う。




親はきっと反対したのではないか。




危険な職業で、落馬して死んだ騎手や再起不能になった騎手もいた。




地方競馬には何百勝も挙げているベテランの女性騎手がいるが、中央競馬では1997年に年間11勝を挙げた増沢由貴子さん(旧姓牧原)が最高だった。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




一昨年デビューした藤田菜七子騎手は、かわいくてあどけなさの残っている。




何度か落馬したが大きな怪我はしていない強運を持ち合わせている。




武騎手やルメール騎手など一流騎手のように強い馬に乗せてあげれば、年間50勝以上も夢ではないのではないか。




今年はメインレースでも騎乗機会を与えられ、20勝目はなんとメインレースだった。



ダービー制覇、有馬記念制覇が実現したら号外ものだ。



期待したい。



=コンピテンシー宣教師=





==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング




[PR]
# by shimo3781 | 2018-11-06 11:11 | ギャンブル | Trackback

c0074721_14075860.jpg


スバルが恥の上塗りをしているようだ。



ブランド力は地に落ちた。



株価も下がるだろうに。


==================================================


【本文】




■ 遂に日立の身内からも検査の不祥事が出た! ■




大企業を中心に検査データのねつ造問題が芋づる式に発覚している。



そんな中、日立製作所および関連企業には絶対にそのような不祥事は起こりえないと信じていたが、その信頼は覆された。




日立グループの中核をなす優良企業の日立化成で検査データのねつ造が次々明らかになったのだ。



私も若いとき日立関連企業に勤務し、検査品質保証部門で働いていた経験がある。




日立には検査の行動指針があり、日立本体はもちろん傘下の関連企業にも徹底されていた。




その行動指針とは



1. 疑うことから始めよ。


2. 疑わしきは罰せよ。


3. 臭いものにはふたをするな。


4. 納期費用で妥協するな。


5. 常に顧客の立場に立て。


の5項目だ。



日立化成の検査部門はこれらの戒律を破っていたのだ。




社長が記者会見してお詫びしたが、そのような問題ではない。




要は、社長は仕事をしていなかったということだ。




世間では何と思うだろうか。




本体の日立も怪しいと思うに違いない。




社名に日立を冠にしてもらっては困る。




新社名を「インチキ化成」と改めてほしいものだ。




=コンピテンシー宣教師=





==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング




[PR]
# by shimo3781 | 2018-11-05 11:14 | 品質問題 | Trackback

c0074721_14143968.jpg


もし、貴社の社員のほとんどが「自我の欲求」や「自己実現の欲求」のレベルに到達していると判断できるのなら、思い切って目標管理制度を導入し、権限を委譲してあとは結果を見守ることをお勧めする。


==================================================


【本文】




■ 欲求レベルが高い人には目標管理制度の導入を! ■




大阪に全国チェーン展開している「千房」と言うお好み焼き屋がある。




開業初期の頃は募集をかけても人材が集まらずに苦労したと社長のN氏は嘆いておられた。




応募してくるのは元暴走族やチンピラが多かったと言う。




彼らの欲求レベルは「生理的欲求」や「安全の欲求」レベルだから、しっかり統制して管理するしかなかったが、愛情をかけて育てた結果、後にほとんどが幹部に成長したそうだ。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




貴社の社員のほとんどが「自我の欲求」や「自己実現の欲求」のレベルに到達していると判断できるのなら、思い切って目標管理制度を導入し、権限を委譲してはどうかと思う。




会社が与えた目標と独自に設定した目標の二本立てでもいいと思う。




身の丈に見合う権限を委譲されれば、彼らは自ら動いてよい結果を残してくれるだろう。




欲求レベルの高い人は、あれこれうるさく管理されることを好まないことを知ってほしい。




=コンピテンシー宣教師=





==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング




[PR]
# by shimo3781 | 2018-11-04 11:08 | 人事労務 | Trackback