ブログトップ

「コンサルタントの視点」日記

shimo3781.exblog.jp

コンサルタントの視点でさまざまな出来事に感じたままをつづります!

c0074721_15442556.jpg


「このような仕事は自分には似つかわしくない」と遠まわしに嫌がる部下がいる。




私が上司だったら彼がやりたいと言っている仕事はさせない。




成果は出さない、いや出せない予感がするからだ。

     

==================================================



【本文】




■ 仕事を選り好みする人には雑用を命じます! ■




仕事が忙しかった一時期に、中途採用で一気に社員を増やしたことがあった。




「前の会社では○○の仕事を担当して大きな成果を挙げた」と自慢するヤツがいた。




聞かない振りをして彼にも仕事を割り振ったところ、「このような仕事は自分には似つかわしくない」などとほざいたが、「選り好みしていると仕事がなくなるぞ。きちんとやり遂げてくれ」と穏やかに言ったが、結局途中から別な部下にやらせる羽目になった。




このとき私は、やりたい仕事をやらせても、彼は満足にできないと読んだ。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




ヤツには意図的に雑用しか与えないとに心に決めた。




案の定、誰にでもできるような雑用でさえ、満足に完遂できなかった。




面談を通じて「評価は他人がするものだから、自分で自分を高く評価したりせず、コツコツ努力してはどうか」とアドバイスした。




プライドに傷ついたと思ったのか、彼は辞めた。




だが、転職先でも長続きしなかったと風の便りで聞いた。




= コンピテンシー宣教師 =




==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング



[PR]
# by shimo3781 | 2018-07-18 20:24 | 人財育成 | Trackback

c0074721_15583118.jpg


御用聞きは昔からあった。




今は玄関を制するものが流通を制する時代だ。




網を張ってお客様を待っていても来ることのできないお客様が増えている。




これからは益々御用聞き営業が増えていくと思われる。



==================================================



【本文】




■ 玄関を制するものが流通を制します! ■




ネット販売が益々隆盛を極めており、その影響で宅配事業者が経営の見直しを迫られた。




配達に行っても20%以上のお宅が留守で、再配達しなければならない。




宅配ボックスを準備したり、近所のコンビニ留めにしたり対策をしているようだが、全てはカバーしきれない。




過酷な勤務状態でドライバー不足に陥り、宅配事業者は遂に料金値上げに踏み切らざるを得なかった。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




街の酒屋「カクヤス」のように、コンビニやレストランなども周囲数キロメートルに限定して宅配営業をするようになった。




お客様の在宅時間を確認してあるから留守で配達できないと言う事態は皆無だ。




高齢者や妊婦さん、子育て中で買い物に行くことのできない人にとってはありがたい。




業種にもよるが、御用聞き営業で売上の3割以上を稼ぐお店も増えている。



御用聞き営業、宅配営業は時代のニーズだ。




= コンピテンシー宣教師 =




==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング



[PR]
# by shimo3781 | 2018-07-18 11:00 | 経営 | Trackback

c0074721_15465733.jpg


どこの会社にもトップセールスと呼ばれている営業マンがいるものだ。




彼らのうちの一人にトップセールスの極意を訪ねた人がいる。




「極意は売らないと決めることです。お客様が自分で考えて選んでくれるように説明を尽くすだけ」と答えが返ってきた。

  

==================================================



【本文】




■ トップセールスは売らないと決めています! ■




営業マンや販売員にノルマを与えて檄を飛ばせば売り上げが伸びると考えている幹部や管理職は多いように思う。




営業の職場では毎朝管理職が訓示をして、檄を飛ばして営業マンたちを送り出す。




職場には棒グラフが用意されていて、ノルマと実績が掲示され、刺激を与えている。




だが、そう簡単には売上が伸びるものではない。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




一方、目標らしきものはあるが、売り場の店員には目標も示さず、ノルマも一切与えていない会社もある。




M氏が社長になったときの化粧品大手S社では思い切って美容部員の販売ノルマを廃止した。




美容部員は安心してお客様に化粧品の効能や特徴を説明することができるようになった。




今日のお買い上げはゼロでも近いうちにまたきてくれることが期待でき、案の定再来客が増えて、全体の売上は30%近くも伸びたのに現社長はノルマ営業に戻してしまった。




ノルマが足かせになることを知らないようだ。




= コンピテンシー宣教師 =




==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング



[PR]
# by shimo3781 | 2018-07-17 04:58 | マーケティング | Trackback

c0074721_14043983.jpg


今ときめいている会社がある一方で、落ち目の会社も多い。




なぜ落ち目になり、浮上できないのかを冷静、かつ真剣に考えるべきだ。




近頃、市場に対して新たな貢献ができていないから落ち目になっているのだ。



==================================================



【本文】




■ 新たな貢献のできない会社は落ち目になる! ■




昔、あんなにも栄えたのに、落ち目になって久しい会社は結構多い。




飛ぶ鳥を落とす勢いだったのに、なぜ落ち目になってしまったのだろうか。




「ノレンにあぐら」と言う言葉があるが、正にその言葉がピッタリだ。




リバイバルブームで復活の兆しを見せる場合がある。




だが、そのような例はめったにないし、あってもきちがいじみたフアンが小さな風を起こすだけだから長続きはしないのだ。




今ときめいている会社だって、落ち目になりかけたときはあっただろう。




でも、直ぐにときめきを取り戻した会社は、新たな貢献を提供して市場から共感を得続けている。




新しい貢献の提供が途切れないように、常に新しい準備を怠ってはいけない。




例えば、寒天商品で大きなシェアを握っているi食品工業では、開発済みの新商品をたくさん保有していて、小出しに真価を世に問う経営モデルで繁栄している。




= コンピテンシー宣教師 =




==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング



[PR]
# by shimo3781 | 2018-07-16 11:01 | 経営 | Trackback

c0074721_13380646.jpg



「覆水盆に返らず」と言うことわざがある。




エアバックのT社が経営破たんしたが、このことわざがピッタリだと思う。




市場で品質に関する重大な事故が発生した時は何しろ迅速に対応しなければT社のように命取りになる。



==================================================



【本文】




■ 品質事故は迅速に対応しなければ命取りになる! ■




昨年T社の経営トップは、再建の道筋をつけてから退任すると記者会見で述べたが、株主総会では「即時代陣せよ」と怒号が飛んだ。




市場で品質に関する重大な事故が発生した時の対応があまりにもお粗末だった。




自動車メーカーにも責任の一旦があると言った逃げの見解を出して、その挙句迅速に対応せず、傷口を広げてしまった。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




自力で原因を突き止め、対策を講じることが難しいと判断される場合は、自動車メーカーや研究機関、あるいは大学などにお願いしてPJチームを結成し、迅速対応すべきだ。




多責化は各方面の心証を悪くするばかりだ。




車は保管中、駐車中、走行中を問わずかなりの環境ストレスや振動ストレスを受ける。




いくつもの要因が競合して破裂したり、部品が飛び散ったりすることが予測されるだろう。




モノ作りでは品質管理、信頼性管理を絶対に軽視してはいけない。




品質は「命」なのだ。




= コンピテンシー宣教師 =




==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング



[PR]
# by shimo3781 | 2018-07-15 11:06 | 不祥事 | Trackback

c0074721_15492379.jpg


相談役制度があるのは日本だけのようだ。




つまり、姑や小姑が院政をしいているようなもので、社長はいちいち相談役にお伺いを立てる。




お伺いを立てないと脇から口ばしをはさみ、あれこれ指示までしてくる。



思い切って思い切って廃止すべきだ。

 

==================================================



【本文】




■ 相談役制度は思い切って廃止すべきです! ■




表向きは経営の第一線から退いたようにも見えるが、実際は院政をしいている。




社長や会長は引退した先輩経営者に遠慮して、自分の意志を貫いた経営ができにくい。




ほとんどの会社では、黒塗りの乗用車で送迎し、執務室と秘書まで用意している。




かなり高い年棒を支払っているからコスト的にもデメリットになっている。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




多くの会社では、株主から相談役制度を廃止すべきだとの提案が出されている。




もう、無視できないところまできている。




奥歯に物が挟まったような言い方で、「制度そのものが経営を歪めることはありませんが、相談役制度を廃止することにします」と回答した会社も多い。




正しい意思決定をしてくれたと思う。




配当金を少しでも上積みできるかもしれないから、株主にとってもありがたいことだ。




= コンピテンシー宣教師 =




==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング



[PR]
# by shimo3781 | 2018-07-14 11:01 | 人事労務 | Trackback

c0074721_15584124.jpg


野球界の中で常識と言われたことに反抗して自分のスタイルを築いた選手の代表例が野茂投手とイチロー選手だ。




だが、よき理解者である抑木監督の存在がなければつぶされていた可能性がある。




抑木監督は選手の個性を伸ばすと決断してくれたのだ。

 

==================================================



【本文】




■ 部下の個性を伸ばすと決断した上司の存在! ■




野茂投手はトルネード投法と言われる独特のフォームで投げていた。




イチロー選手は振り子打法と言われる独特のフォームで打っていた。




かつてこのような選手は野球界にはいなかった。




もし、抑木監督でなければ監督やコーチ陣にフォームを直されてしまい、個性豊な選手として活躍できなかった可能性が高い。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




今でこそ多様性などと言うキーワードが重視されるが、昔だったら異端児扱いだ。




会社と言う組織では、異端児は排斥されたり、左遷されたり、臭い飯を食わされたものだ。




私は、異端児は有能な人財だと思っている。




ここぞと言うとき、大活躍したり、ピンチを救うのはいつも異端児だ。




管理職は、マネジメント力を磨いて部下の個性を伸ばしてやると決断してほしい。

  



= コンピテンシー宣教師 =




==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング



[PR]
# by shimo3781 | 2018-07-13 11:03 | 人財育成 | Trackback

c0074721_15560826.jpg


うまいこと好きな仕事に就くことができたビジネスマンは本当に幸せを手に入れただろうか。




一方、好きでもない仕事に就いてしまったり、配置転換で好きでもない仕事に回されてしまった人もいる。




辛抱しながら天職にしてしまう人にはエールを贈りたい。



==================================================



【本文】




■ もし好きでない仕事に就いても天職にしてしまおう! ■




確かに学生の売り手市場ではあるが、誰もが志望する会社に就職できるわけではない。




学生が殺到する会社に就職するには厳しいものがある。




第三志望までの会社にことごとく落ちてしまい、不本意な会社にやっと引っ掛かった。




入るか、入るまいか、ここが思案のしどころだ。




うまいこと志望する会社には入れて、希望の仕事に就くことができた人は幸せなビジネスマン生活を送っているかと言うと、必ずしもそうではない。




好きと思い込んでいた仕事だが、思うように実績を上げることができない。




焦るが、焦れば焦るほどうまくいかず、うつになってしまい、早期に辞める結果になる。




一方、不本意な会社に入ってしまい、好きでもない仕事に就いてしまった人が本当に不遇を舐めているかと言うと逆だ。




素直に今の仕事を受け入れて、好きになる努力をし、小さな実績を積み上げているうちに天職と思えるようになる。




しかも周囲の人たちの共感を得ているから、この上ない幸せなのだ。




= コンピテンシー宣教師 =




==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング





[PR]
# by shimo3781 | 2018-07-12 11:06 | 仕事 | Trackback

c0074721_15400615.jpg


こんな大事なことも共有されていないのかとがっかりする会社にお目にかかることがよくある。




ホーレンソーすらできていないのだ。




まず経営者や幹部から率先してホーレンソーを仕掛けることを意思決定してはどうか。

 

==================================================



【本文】




■ ホーレンソーは上から仕掛けることです! ■




会議室や職場に「ホーレンソーの徹底」などと書いたポスターが掲示されているのをよく見かける。




にもかかわらず、大事なこともほとんど共有されていない会社は多い。




ある金型メーカーでは掲示板の前にダンボールが積み重ねられていて、掲示物が見えない状態になっていた。




現場責任者に指摘したところ、「誰一人掲示物なんか見ませんから」と返ってきて驚いた。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




ホーレンソーは報告、連絡、相談のことだ。




ホーレンソーは下から上にするものと決め付けないでほしい。




むしろ上から頻繁に下に向けてホーレンソーをすることを意思決定すべきだ。




そうすれば、いつしか下の者がホーレンソーを活発に行うようになり、意思の疎通が図れるようになる。


 

= コンピテンシー宣教師 =




==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング





[PR]
# by shimo3781 | 2018-07-11 11:20 | 仕事 | Trackback

c0074721_15545696.jpg


行動力に優れている人は、時間の制約があることをよく知っている。




更に、必要な条件が全部揃っていないことも分かっている。




それでもやると決断するのは「やる気と行動力」と言うプライドが行動を躊躇することを許さないのだと思う。



==================================================



【本文】




■ 行動力のある人とない人の違いは何か! ■




言うことはすばらしいが、絶対に自ら先頭にやって行動しない人はどこの会社にもいる。




口八丁、手八丁ではなく、どちらかと言えば評論家タイプなのだ。




「なぜやらないのか」と質すと、政治家並みにあれ、これ理由付けをする。




意外にもこのような輩がいい査定をもらっているから、みんなが頭にくるのだ。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




一方、行動力に優れている人もいる。




彼は時間的制約があることも知っているし、実行するに当たって全ての条件が揃っていないことも承知している。




それでも彼が実行することを意思決定するのは、「やる気と行動力」というプライドが躊躇することを許さないのだと思う。




時には失敗することもあるが、行動派の社員を大事にする会社は必ず成長する。


 


= コンピテンシー宣教師 =




==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング





[PR]
# by shimo3781 | 2018-07-10 11:09 | 自己啓発 | Trackback

c0074721_13590814.jpg


大手の衛生陶器メーカーT社のある部署に箸にも棒にも掛からないほど出来の悪い部下がいた。




課長は彼をどこかに引き取ってもらいたいと思っていた矢先、人事異動の話が持ち上がり、課長は「今だ」とばかりに彼を異動させることに成功した。




==================================================




【本文】




■ ダメな部下を放出するか、それとも育てるか! ■




管理職は、かなり出来の悪い部下を抱えてしまうことはよくある話だ。




いくら指導してもよくなることは期待しにくいから早く人事異動で出してしまい、代わりにできのいい部下をもらいたいと考える。




たまたま、人事異動の話があり、課長はできの悪い部下を放出することに成功し、やれやれと思った。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




その部下は異動先では階段下の裸電球一個だけの薄暗い部屋を与えられ、梱包の改良設計をするよう命じられた。




彼は新しい職場の課長に、自分に対する冷遇について強い口調で不満をぶちまけた。




課長は「文句があるんだったらちゃんとやれ」と怒鳴りつけた。




彼は上司である課長が本気で自分を怒っていることに気付かされて我に返り、頑張ることを意思決定し、T社の梱包設計の第一人者になり、大幅なコストダウに貢献した。




いい人との出会いが自分を目覚めさせてくれた。




= コンピテンシー宣教師 =




==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング





[PR]
# by shimo3781 | 2018-07-09 11:04 | 人事労務 | Trackback

c0074721_13563418.jpg



一人の天才よりも10人の凡才のほうが大きな力を発揮することができる。




つまり天才と言え
どもやる気に満ちている10人の凡才には勝てないと言うことだ。




将棋では「歩」の使い方が勝負を決めると聞いたことがある。




******************************************************



【本文】



■ 会社はガンバリズムを持った凡才が担っている! ■




大リーガーのオオタニさんは怪我をして活躍が途絶えたが、復帰して再び活躍する勢いだ。




打ってよし、投げてよしの二刀流で売り出し中だ。




子供のころからピッチャーで四番打者だったと言うからまさに稀有な天才だ。




だが、オオタニさんのような事例は稀有で、あのベーブルース以来らしい。




会社でもオオタニさんのような社員が時々出現することがある。




でも一人の天才よりも10人の凡才のほうが力を発揮することが多い。




よく教育訓練されてやる気に満ちた凡才であることが前提になる。





スポーツの世界でも誰が見ても圧倒的に強いと思われていたチームが伏兵のチームに負けてしまう例は結構多いが、それと共通している。





日本電産の永守会長は「弊社では採用試験で学力テストをしたことはただの一度もない」と語っておられたが、ガンバリズムを持った凡才が会社を担うと信じているのだろう。




=コンピテンシー宣教師=






==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング





[PR]
# by shimo3781 | 2018-07-08 11:09 | 人事労務 | Trackback


c0074721_15515218.jpg


人の上に立つリーダーにとってもっとも大事なものは何だろうか。




それは人間性や人格だ。




高い才能があってもこの二つが磨かれていなければ誰も共感を示してくれないから、いくらいいことを言っても「犬の遠吠え」になってしまう。



==================================================



【本文】




■ リーダーは犬の遠吠えでは共感は得られません! ■




ちょっと勉強していれば誰だっていいことは話せるだろう。




後は、そのいいことを持ち前の話術でうまく話す。




最初は「すごい」と思わせることもできよう。




だが、少しずつメッキが剥がれて口先人間であることがバレてしまう。




そこから先は、いくらいいことを言っても誰も共感を示してくれない。




岩の上に立って、月に向かって遠吠えしている野良犬か狼のようだ。




アベ内閣を見ていると「平成版平家物語」のようで、諸行無常の響きが感じられる。




会社でも上に立つリーダーは、決して平家物語を演じてはならない。




常に人間性や人格を磨いて部下に接することが大事だ。




そうすればきっと部下の共感を得ることができるから、職場のパフォーマンスは上がる。




= コンピテンシー宣教師 =




==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング





[PR]
# by shimo3781 | 2018-07-07 11:26 | 自己啓発 | Trackback

c0074721_15505299.jpg


会社で影の薄いビジネスマンは多いのではないか。




皆さんの自己評価はいかがですか。




自分で自分を高く評価しても何にもならない。




問題解決力を高めることを意思決定し、最大限努力することをお勧めする。



==================================================



【本文】




■ ビジネスマンは問題解決力で勝負することです! ■




「泣かず飛ばず」と言う言葉がある。




会社で泣かず飛ばずと言えば、ほとんど活躍していないと言う意味ではないだろうか。




それでは影が薄くなってしまい、浮かばれないと思う。




何か強烈な強みを持つことをお勧めする。




強烈な強みを持っていれば、弱みが目立たなくなり、存在感を増すことができる。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




例えば、問題解決力を身に付けることを意思決定し、強みにしてはどうかと思う。




会社では日々、いろいろな問題が発生している。




問題解決のさまざまな手法を学び、完全に自分のものにしてしまうことだ。




そうすれば必ず出番がきて、活躍のステージに立つことができ、自分の存在感は一気に増すはずだ。




= コンピテンシー宣教師 =




==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング





[PR]
# by shimo3781 | 2018-07-06 06:58 | 仕事 | Trackback

c0074721_15462934.jpg


会社経営革新活動が息切れしたとき、組織の革新活動も終わり、後は衰退していくだけだ。




昔一世を風靡した会社が消滅した例は多い。




革新活動は一発勝負で終わってはならないのだ。



==================================================



【本文】




■ 革新活動は一発勝負で終わってはならぬ! ■




昔、赤井電機と言うすごい会社があった。




高級VTRデッキなどを製造販売していて、給料も高くボーナスもすごかったと言う。




週刊誌や業界紙でも大きく採り上げられ、経営陣も社員もわが世の春を謳歌していた。




驕ったわけではあるまいが、「驕れるもの、久しからず」で、社員は散り散り、バラバラになってしまったようだ。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




たまたま、一発大山を当てれば、会社は瞬く間に急成長を遂げることがあるが、それは偶然のなせる業かもしれない。




会社と言う組織は、常に経営革新活動を続けなければならない。




商品開発に力をいれ、開発した商品を隠し玉として保有し、最適のタイミングで真価を世に問うのである。




経営者の革新志向が強く、常に経営革新に尽力する会社はきっとサバイバルできる。




= コンピテンシー宣教師 =





==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング















[PR]
# by shimo3781 | 2018-07-05 10:33 | 経営 | Trackback

c0074721_16180907.jpg


子供のころ、「努力に優る天才はなし」と教えられたものだ。




だが、この世の中は努力だけで成功できるほど簡単なものではない。




努力と成功の間には多くの人のよい縁が介在しているものだ。

 

==================================================



【本文】




■ 成功するためには人とのよい縁が必要! ■




天賦の才能は確かにある。




今話題の将棋の藤井七段はまさに「努力に勝る天才はなし」に匹敵すると思う。




言ってみれば、将棋は個人対個人の勝負事だ。




自分の努力と対局したときの自分の頭脳次第で勝つことができる。




しかし、ビジネスの世界はそうは問屋が卸さない。




自分の努力だけでビジネスを成功させることは所詮無理と言うものだ。




努力したと言う原因と成功したと言う結果との間には、多くの人のよい縁が介在しているはずだ。




よい縁を得るには、日ごろからよいビジネスマナーを発揮し続けておくことが求められる。




挨拶を欠かさず、感謝の念を忘れることなく、常に謙虚さや思いやりの態度を持ち、誠実さを発揮することが大切だ。

  



= コンピテンシー宣教師 =




==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング





[PR]
# by shimo3781 | 2018-07-04 11:39 | ビジネス | Trackback

c0074721_15373637.jpg


職場はリーダー次第で雰囲気がガラリと変わる。




ダメなリーダーは人間性や人格ができていない。




よいリーダーは人間性や人格ができている。




たとえ能力が高くともそれに溺れてしまえば正道を踏み外してしまう。

    

==================================================



【本文】




■ リーダーは人間性や人格を磨くべきです! ■




アベ自身にも大いに問題があるが、各大臣のレベルの低さにはあきれるばかりだ。




例えばアソウ大臣。




まるで居直り強盗のようだ。




責任感もなく、よって責任も取らない構えだ。




アベも報復が怖くて切れないのだろう。




会社にもダメなリーダーがいて、そのリーダーの下では職場は盛り上がらない。




みんな白けているから部下を怒鳴りつけたり、力ずくで命令するしかないのだ。




一方、人間性や人格がよくできているリーダーがいる。




部下からの信頼も厚く、部下は言われる前に自主的に動いてくれるから、職場のパフォーマンスはすこぶる高い。




リーダーは人間性や人格を磨くことだ。




業績のいい会社にはいいリーダーがごろごろいる。




= コンピテンシー宣教師 =




==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング













[PR]
# by shimo3781 | 2018-07-03 16:01 | 自己啓発 | Trackback

c0074721_13561518.jpg



会社ではキーパーソンが招集されて会議を開催する。




単なる報告会のような会議もあれば、問題解決の会議もある。




特に後者の会議では結論が出ないまま長時間にわたる。




会議の効率化にはメスが入りにくい。



==================================================



【本文】




■ 会議の効率化にメスを入れる! ■




役所などではダラダラ会議が恒例になっている。




国会風景を見ていると、まるで下手くそな漫才を見ているかのようで滑稽だ。




質問にはまともに答えずに、はぐらかしてばかりでムダな時間が過ぎていき、結論ありきの採決で強引に押し切ってしまう。




老舗の大企業での会議もゆったりした椅子に座り、豪華な弁当を食べて延長戦をやるが、中には国会風景のように居眠りしている御仁もいる。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




胸の高さほどの楕円形か円形のテーブルを用意し、椅子は不要の立ち会議を推奨する。




疲れるから活発に意見が出て、議長がうまくとりまとめて各人が宿題をもらって解散する。




再度約束した時間に集まって、宿題の報告をやり、議長の采配で結論を導く。




「会議の効率30%アップ運動」を展開しただけで、経営革新はかなり進むはずだ。




= コンピテンシー宣教師 =




==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング


[PR]
# by shimo3781 | 2018-07-02 10:55 | 経営 | Trackback

c0074721_14100678.jpg



するが銀行では一般人にシェアハウス事業に投資するよう勧誘し、資金力に乏しい人の預金通帳を改ざんして億単位の融資を行ったが、シェアハウスの借り手が少なく、約束した家賃収入が得られず、莫大なローンを負わされた。




ワナにはめられたのだ。



*****************************************************


【本文】



■ 利益至上主義の地銀がやばいことをやっている! ■



するが銀行はこれまで他行が絶対に手を出さないように案件を次々事業として立ち上げ、それなりの成功を収めてきた。



「虎穴に入らずんば虎児を得ず」と言うわけで、行員は仕事力旺盛のように見えた。



今の時代、「シェアハウス」と言うキーワードが巷でささやかれるようになった。



例えば地方から東京に出てくる学生や若い転勤者はすぐに住居の問題を抱えることになるが、家財道具も一切不要ですぐに入居できるとなると心が動かされる。



例えば四畳半一間だが、小さな台所がついていて、冷蔵庫やテレビも備わっているから、布団袋ひとつとキャリーバックだけで入居できると言うふれこみだ。




シェアハウス運営会社は30年間家賃収入保証で投資金額に対して8%の利息がつくとPRし、一般人に甘い言葉で投資を勧めたわけだが、悲しいかな多くの人がワナにはまった。




するが銀行が預金通帳を改ざんして、一人に億単位の融資をしてローンを組ませた。




ところがシェアハウスの借り手が少ないから筋書きが狂い、投資者は家賃収入が入らないからローンも払えず、生き地獄を味わうことになったのだ。




=コンピテンシー宣教師=





==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング


[PR]
# by shimo3781 | 2018-07-01 11:07 | 不祥事 | Trackback

c0074721_15444800.jpg


管理職・リーダーは自分の成長の度合いをどんなモノサシで測ればいいのだろうか。




できる部下を何人生み出したかが一つのモノサシになると思う。



==================================================



【本文】




■ 管理職はできる部下を何人生み出すかで価値が決まる! ■




巨人が元気がない。




エース菅野で広島に負けてしまった。




フアンは相当頭にきていることだろう。




生え抜きの選手が育たず、FA選手と外国人獲得に湯水のように大金を使う。




一方、広島カープはほとんどが生え抜きで、外国人選手もカープの養成学校出だ。




巨人と広島を見ていると選手育成法が両極端のように見える。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




会社では管理職・リーダーのマネジメント次第で部下の育ち方に大きな差が生じる。




自ら考えさせ、実践の場を与えてやらせてみる。




失敗したらやり方を変えて再チャレンジさせる。




本人が教えを請わない限り、手助けはしないようにしている。




管理職は、できる部下を何人生み出すかで価値が決まるのだ。




= コンピテンシー宣教師 =




==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング


[PR]
# by shimo3781 | 2018-06-30 10:48 | 人事労務 | Trackback

c0074721_16045182.jpg


松下幸之助氏の経営哲学はシンプルで実に分かりやすい。




「会社経営は簡単だと思います。入るを図って、出るを制すれば赤字になりませんから」と。




東芝の旧経営陣はこの松下理論に対してどう反論するだろうか。



==================================================



【本文】




■ 入るを図って、出るを制する経営が大事です! ■




小遣いが足りなくなって友達に借金しているビジネスマンは多いが、友達だから取立ては厳しくない。




でも、返さないで「また貸してくれ」とは言いずらいからサラ金など手に手を出す。




恥も外聞もなくなり、ギャンブルや飲食に金を使うようになり、遂には末期状態になる。




東芝の破綻も不正会計に端を発して、米の原発会社を買収し、一攫千金を夢見たが、これはやばいとなっても手放すこともしなかった。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




会社はお金が入ってくるようにあらゆる手を尽くさなければならない。




そして、商品を売ったら代金をキッチリ回収しなければならないのだ。




会社は出て行くお金をしっかり管理してムダな出費を抑えなければならない。




「売上高-変動費(仕入代金等)=固定費+利益」と言う簡単な式を覚えておくことだ。




= コンピテンシー宣教師 =




==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング


[PR]
# by shimo3781 | 2018-06-29 11:11 | 経営 | Trackback

c0074721_15501946.jpg


世は正に人手不足の時代になった。




今や、いかに長く勤めてもらうかが大きな課題だ。




給料のよさだけで差別化になるとは限らない。




従業員にとって働く充実感と、得になる何かを提供しなければならないのではないか。



==================================================



【本文】




■ 人手不足時代の人集めの一考察! ■




先般、20人ほどの豆腐製造販売会社を視察し、アドバイスする機会があった。




従業員は近隣の主婦のパートも半数ぐらいいたが、残りは派遣会社から派遣してもらっている外国人で、聞きなれない外国語が飛び交っていた。




ハローワークに申し込んでもほとんど反応はなく、新聞に折り込みチラシを撒いてもらっても誰も面接にもきてくれず、困り果てている様子だった。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




近所の空き家を借り上げ、認可外でもいいから自社の保育所を開設してはどうだろうか。




そうすることで、子育て中の比較的若いママさんを雇用することができる。




昼休みには子供と一緒に過ごすことができる。




従業員には特別価格で豆腐や関連加工食品を割引き販売する特典を設けてもいい。




働く充実感とお得感を提供すれば、口コミで人が集まるのではないかと思う。



= コンピテンシー宣教師 =




==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング


[PR]
# by shimo3781 | 2018-06-28 11:08 | 人事労務 | Trackback

c0074721_15394872.jpg


中期経営計画も長期経営計画も毎年見直すことが大事だ。




コロコロ変えるのはよくないという人がいるが、経営環境の変化が激しいのだから見直して変えるのは正しい。



==================================================



【本文】




■ 経営計画は毎年見直すことです! ■




年度経営計画でも今は四半期ごとに見直しをかける会社がほとんどだ。




どこかの国で政変が起きたり、戦争が起こる。




原油事情が変化しただけでも為替相場が激変する。




貿易問題がこじれただけでも経済は打撃を受ける。




だから一年と言う短いスパン内であっても計画を見直しているわけだ。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




中期経営計画は3年、長期経営計画は5年が目安と言われている。




中期経営計画や長期経営計画を立案して経営している会社なら、毎年見直すのは妥当だ。




これをローリングプランと称している。




トランプ政権のような異色の政権ができただけでも世界の政情と経済は混乱してしまっている。




蛇行運転を繰り返しながら、サバイバルしていくことが経営革新そのものなのである。


 


= コンピテンシー宣教師 =




==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング


[PR]
# by shimo3781 | 2018-06-27 06:56 | 経営 | Trackback

c0074721_15504058.jpg


6月になり、新入社員がぼちぼち辞め始めている。




これを5月病などと軽く考えている場合ではない。




辞めてもっといい会社にトラバーユできる環境が整っているのだ。




辞められる前に会社が打つべき離職防止マナーがあるはずだ。

       

==================================================



【本文】




■ 若手の離職を防止するマナーがあるはずです! ■




人事部門が総力を挙げてやっと採用目標の新入社員を確保した。




入社式も無事に終わり、新人研修を終えてそれぞれの職場に配属した。




それもつかの間、今年の採用活動が本格化したので忙しい。




水面下では内々定を出すばかりになっている会社が多いようだ。




その一方で新入社員の中から早々に退職願が出され始めたから穏やかでない。




恐らく入る前と話が違っていてがっかりしてしまい、第二新卒としてもっといい会社にトラバーユするほうがましだと考えたのだろう。




会社は新入社員のみならず入社3年までの若手社員が辞めたくなる動機をしっかり把握し、離職防止のためのマナーを実践しなければならない。




給料も大事だが、労働環境や労働システムを充実させ、他社と差別化を図り、働き続けたくなるような空気を生み出す必要がある。

 



= コンピテンシー宣教師 =




==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング


[PR]
# by shimo3781 | 2018-06-26 11:09 | 人事労務 | Trackback

c0074721_14015158.jpg


ビジネスマンには高い問題解決能力が求められる。




社員研修も悪くはないが、問題解決の実践の場がほしいところだ。




そのためにお勧めしたいのが小集団活動である。



==================================================



【本文】




■ 小集団活動は革新志向を高める実践の場です! ■




昔は多くの会社で小集団活動が活発だった。




いつの間にか下火になってしまった。




非正規社員が増えてしまい、正社員との間に一体感も薄く、一緒になって業務以外の活動をやる組織体制ではなくなってしまったようだ。




非正規社員は期間限定の場合が多く、いついなくなるかも分からないから関係性の維持やモチベーションの維持が難しい。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




社員構成が複雑になり、同じ仕事をしていても賃金体系が異なり、共通の話題も薄く、仲間意識も希薄だ。




そのようなハンディはあるが、もう一度小集団活動を呼び起こしてはどうかと思う。




小集団活動は能力開発や自己啓発、相互啓発に威力を発揮するし、EQも磨かれていく。




賃金格差のある非正規社員に対し、何かプレミアムを用意するなどの人事労務的改革を行えば、きっと成功するのではないかと思う。

  



= コンピテンシー宣教師 =




==========================================

配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング


[PR]
# by shimo3781 | 2018-06-25 11:06 | 人事労務 | Trackback

c0074721_14051945.jpg


スーパーに切られた業者は山ほどある。




値引きに応じなかったり、無茶な納期に応じないと協力的でないと判断されるらしい。




中にはスーパーを自ら切って、繁栄を手に入れた会社もあって胸がスカッとする。

 

==================================================



【本文】




■ 経営革新を断行して傲慢なスーパーを切った業者! ■




スーパーでは目玉商品を用意してお客様を待っている。




例えばもやしや豆腐、納豆などはよく目玉商品に選ばれるようだ。




そのためスーパーはメーカーに対して値引きを要求したり、無茶な短納期を押し付ける。




取引を断られるのが怖いから渋々応じてしまい、自らの首を締め付ける結果になる。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




スーパーを切る勇気と覚悟を持ったメーカーもあって胸がスカッとする。




例えば埼玉県の豆腐メーカーS社は、飛びっきり美味い豆腐を開発してスーパーを切り、高級路線に舵を切った。




例えば秋田県の日本一美味い養豚農家H牧場は、執拗な値引き要請に業を煮やしてスーパーを切り、高級飲食店や高級品を取扱うスーパーに販売して成長を続けている。




このように、
経営革新を断固して傲慢なスーパーを切った業者には敬意を表したい。




= コンピテンシー宣教師 =




==========================================

配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング


[PR]
# by shimo3781 | 2018-06-24 11:06 | 経営 | Trackback

c0074721_16044339.jpg


会社には上だけ見ている輩が必ずいるだろう。




しかもこのようなヤツが出世するからみんなが頭にくるわけだ。




でも、出世はしたけれど鼻つまみに遭い、大概失脚していく。




そして会社の業績は地に落ちていく。



==================================================



【本文】




■ 上だけ見ている輩を重用してはならぬ! ■




頭がいいのに小ざかしい性格の社員がいる。




常に上ばかり見ている。




キーマンや将来有望と思われる同僚らのよからぬ情報を集めては上に報告する。




上はありがたい情報を持ってくるからかわいがり、若いのに主要なポストに抜擢したりするから益々いい気になる。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




いいポストに就いたものの信頼がないから部下は付いてこない。




他部門とうまく行くはずもないから仕事で実績を上げることもできない。




やがてこのようなヤツは失脚する。




会社の業績は低迷する一方だから立て直すに一苦労する。




経営革新を推進したいのなら、上ばかり見ている輩を絶対に重用してはならない。




人事労務管理の鉄則だ。




= コンピテンシー宣教師 =




==========================================

配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング


[PR]
# by shimo3781 | 2018-06-23 11:03 | 人事労務 | Trackback

c0074721_15480196.jpg


事務部門や管理部門の生産性は一般に低いと言われている。




もの探しや移動(歩行)も仕事のうちと考えている向きがある。




タクシーなら空車で走っているようなものだ。




もの探しや移動を低減すればあっという間に30%は生産性が高まる。

  

==================================================



【本文】




■ 管理部門の生産性30%向上作戦! ■




製造現場の生産性は先進七ケ国の中でも日本はトップクラスだが、事務部門や管理部門も含めた生産性となるとビリだそうだ。




その原因はもの探しや移動(歩行)の多さによるようだ。




例えば、企画書一通を作成する場合もPCのキーを叩き始めてから資料がないことに気付いて探し始める人は多い。




もの探しには移動(歩行)が伴う場合が多い。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




どんな仕事でも綿密な段取りがカギを握る。




必要な資料・情報を全て用意し、企画書の章立てと章立てごとのタイトルを決めることだ。




PCに向かってキーを叩き始めるわけだが、離席することもないからスムーズに企画書ができていく。




じっくり推敲し、修正を加えて完成となるのだが、見事30%以上効率アップになっている。




= コンピテンシー宣教師 =




==========================================

配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング


[PR]
# by shimo3781 | 2018-06-22 10:54 | 経営 | Trackback

c0074721_17250891.jpg


原材料や商品の仕入先に横柄な態度で値引きを要求したり、短納期を要求する購買マン(バイヤー)は多い。




彼らをカリスマバイヤーなどと言って持ち上げるから益々図に乗る。




天災地変などで物不足に陥ると真っ先に納入を止められ、窮地に陥るだろう。



==================================================



【本文】




■ 納入先と良好な関係を維持することです! ■




誰が言い始めたのか「カリスマバイヤー」と言うキーワードがある。




いい意味と悪い意味の両方があるようだ。




悪い意味で言うと買い叩きと無理な短納期の押し付けだ。




コストを下げることに貢献し、無茶な納期を実現してくれるから会社からは重宝される。




納入先は腹立たしく思っているが、取引を切られるのが怖いから渋々従っている。




一方、いい意味に使われることもある。




納入先の従業員の皆様もわが社のお客様になってもらえるのだから無謀な買い叩きや無茶な短納期を押し付けたりはしない。




商いのマナーとして、よそよりもちょっぴり高く仕入れて、よそよりもちょっぴり安く売ることに徹している。




商いのマナーを守って、仕入先と良好な関係を維持していれば、天災地変などにより品薄状態になっても優先的に品物を確保して回してもらえるからありがたい。



    


= コンピテンシー宣教師 =




==========================================

配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング


[PR]
# by shimo3781 | 2018-06-21 10:59 | 経営 | Trackback

c0074721_15555264.jpg


人前で話すことが苦手な人は多い。




そういう私も人前で話すのは苦手だった。




何とかそれを克服するきっかけとなったのは、若いとき小集団活動の発表会で発表したことだった。




練習するたびに噛んでしまい、上手く話せないのでアドリブに切り替えた。



==================================================



【本文】




■ 人前で無難に話すためのコツ! ■




私事で恐縮だが、若いときは人前で話すのが苦手だった。




小集団活動のグループリーダーとしてみんなの前で発表しなければならなくなった。




発表時間7分、質疑応答3分と決められていた。




発表用の原稿を作成して、ストップウオッチを見ながらグループ内で練習したのだが、途中で何度も噛んでしまい、どうしてもうまく話せなかった。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




原稿通り話そうとするあまり、せっかく暗記したはずのストーリーが思い浮かばなくなってしまうことに気付いた。




原稿はやめて、大事なキーワードだけを記憶に留め、キーワードに沿ってアドリブで話すように切り替えた。




すると思いのほかスムーズに話せて、身振り・手振りのボディ・ランゲージまで飛び出すようになり、苦手を克服できた。




何かキーワードを決めて、それをもとに話す訓練をしてみてほしい。




きっとコツを掴むことができる。

  



= コンピテンシー宣教師 =




==========================================

配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング


[PR]
# by shimo3781 | 2018-06-20 11:02 | 自己啓発 | Trackback