ブログトップ

「コンサルタントの視点」日記

shimo3781.exblog.jp

コンサルタントの視点でさまざまな出来事に感じたままをつづります!

c0074721_15515479.jpg


値引きを一切やらないと決めている会社がある。




お客様が「値引いてくれ」と言い始めたら「値段がお気に召さないのなら他社からお求め下さいとさりげなく言うように」と社員に通達しているからすごい。


============================


【本文】




■ 値引きは一切やらないと決めている会社! ■




どんな業界も厳しい競争にさらされている。




受注を獲得するためには価格競争をしなければならない。




ついには採算度外視で値引きをするようになる。




体力勝負に負けた会社から順次退場していくことになる。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




Tバネ工業は付加価値の高い特殊バネに舵を切ってからから久しい。




大型の板バネ、コイルバネ、たけのこバネを一個から受注生産するが、Tバネ工業は技術力は極めて高いから競争相手がめったにない。




値引きを要求する顧客に対しては「値段がお気に召さないのなら他社からお求め下さい」とさりげなくトークすることにしている。




付加価値が高く、差別化した商品・サービスで勝負することの大切さを思い知らされる。



=コンピテンシー宣教師=




==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング




[PR]
# by shimo3781 | 2018-09-20 16:32 | 経営 | Trackback

c0074721_13293102.jpg


お客様によいサービスを提供すれば、ブーメラン現象で後から利益が付いてくると考える経営者がいる。




宅急便生みの親である故小倉昌男氏もそのように考えた経営者だが、通販会社の仕事に関して言えば、ブーメランでドライバーの酷使となってしまった。


==================================================


【本文】




■ ブーメランで利益が返こなかったクロネコの憂鬱! ■




クロネコ宅急便の生みの親は故小倉昌男氏だった。




小倉氏は「収支は問題にしない。サービスが先で利益が後だ」と社員に訴え続けていた。




事実、クール宅急便やスキー宅急便、ゴルフ宅急便など新しいサービスを次々生み出した。




配達時間指定便は留守がちな家庭にとっては本当に助かった。




「一般家庭の荷物」や「B to Bの荷物」を扱っている時代には、「サービスが先で、利益は後だ」と言う考えは正解で、独創性あるサービスで業界を独走していた。




ところが大手通販会社の荷物を大量に安く受注するようになって、状況は大きく変わってしまった。




ドライバーに長時間労働を強いて、サービス残業も恒常化させ、次々ドライバーに辞められて、苦境に陥ったのだ。




大手通販を切り、ドライバーの労働環境を見直す政策にシフトしたが、辞めたドライバーは食品などの宅配会社などに再就職してしまっているから呼び戻すことは容易ではない。



=コンピテンシー宣教師=




==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング




[PR]
# by shimo3781 | 2018-09-20 10:47 | 経営 | Trackback

c0074721_16010455.jpg


販売実績が振るわないと「なぜ売れないのか」を議題に製販会議を開催する会社は多い。




営業はデザインや性能に問題があると言うし、開発や他の部門は営業が売る気がないからだとお互いに誹謗しあう。




一方、なぜ売れたのかを議題に会議を開催する会社がある。


==================================================


【本文】




■ なぜ売れたのかを議題に会議を開催する効果! ■




毎月、製販会議を実施している会社は多い。




営業部門対製造部門が合間見える会議で、大概荒れる会議になることが多い。




営業部門は、デザインや性能、おまけに品質に問題があると他責化に走る。




開発を含む製造部門は、営業はいったい売る気があるのかと営業に対して文句を言う。




社内と言うコップの中でいがみ合いをしていても業績は好転するはずもないだろう。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




一方、なぜ売れたのかを議題に製販会議を実施する会社がある。




営業は、最初「デザインがいいし性能もすばらしい」と開発部門を持ち上げて、次に自分たち営業のお客様へのアプローチの仕方がよかったとちゃっかり自慢話もする。




お客様の名前がたくさん飛び交い、市場の実情が全社で共有されて売上アップに繋がる。




このような会議を仕掛けた経営者は、実にEQに富んだ人と言える。




=コンピテンシー宣教師=




==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング




[PR]
# by shimo3781 | 2018-09-19 11:15 | ビジネス | Trackback

c0074721_15443138.jpg


広島県に社長当番制で、各店舗にも店長や管理職を置いていない「めがね専門店」がある。




定款に社長の名前を記載しなければならないから、町内会の班長のように当番制を敷いている。




内部留保は一切せず、全部社員に還元してしまう不思議な会社だ。


==================================================


【本文】




■ 社長当番制で、内部留保一切なしの会社! ■




「めがね21」と言う世にも不思議な会社が広島県にある。




定款やHP、あるいは各種書類に社長名を記載しなければならないから、とりあえず当番に当たった人が名ばかり社長になる。




当番に当たった社長は社長としての仕事は一切やっていない。




本社にいる6名ほどの女子社員が全て厳しく、かつ迅速に社長業務をやってくれるのだ。




各店舗に支店長はいない。




いるのは責任者で、お店のスタッフに販売ノルマは一切ない。




「つがい作戦」と言うイベントが定期的に開催され、会社所有の船でつり大会をやったりクルージングをやったりして、つがいが出来易い仕掛けを演出する。




うまいこと夫婦になれば、その夫婦にお店を任せることもできる。




ノルマはないが、みんな頑張るから結構利益が出るが、内部留保などは一切せずに全て社員に還元する独創性過ぎる会社なのだ。



=コンピテンシー宣教師=




==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング




[PR]
# by shimo3781 | 2018-09-18 04:05 | 経営 | Trackback

c0074721_13512998.jpg


社員全員を多能工に育成している会社がある。




例えば、秋田県のカミテと言うプレス部品製造の会社だ。




事務部門の社員もいざとなれば全員現場に入ってマシンを操作し、生産に従事できる。




多能工は会社にとっても社員にとってもいいこと尽くめだ。



==================================================



【本文】




■ 全社員を多能工に育成している会社! ■




単能工は一つの作業しかできないから融通が利かない。




忙しい職場にシフトしようとしても「それは、やったことがないからできません」となる。




一方、多能工はたくさんの作業ができるように教育訓練されていて、一人何役もこなせるから融通が利く。




秋田県にカミテと言うプレス部品メーカーがある。




この会社では女性も含めて全社員が多能工に育成されている。




生産がバカに忙しくなれば、事務所の社員も全員がモノ作りに従事できる。




機械の数が足りないから2シフト、場合によっては3シフトを組むことも可能だ。




事務的仕事が少し遅れてもお客様にご迷惑をお掛けすることはないが、生産が遅れればご迷惑をお掛けしてしまう。




単能工よりも多能工のほうが社員はやりがいがあるし、会社にとってもありがたい。



=コンピテンシー宣教師=




==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング




[PR]
# by shimo3781 | 2018-09-17 10:58 | 人事労務 | Trackback

c0074721_13545102.jpg


特に新規事業を立ち上げようとする場合、正統派の社員だけを集めてPJチームを結成してもつまらない新規事業になってしまうように思う。




わざとらしく、異端児っぽい社員を多く集めたほうが、会議は紛糾するがユニークな事業が生まれるのではないか。



==================================================



【本文】




■ 異端児ばかりを集めて新規事業を立ち上げる! ■




経営トップともなると異端児と称されている社員には、どうしても冷や飯を食わせたくなるようだ。




左遷、子会社への追放、果ては干し柿のように仕事から干す。




頭にきて辞める者もいないわけではないが、異端児社員は意外にも忍耐強い。




どんな冷遇を受けようとも体制が変わるのをじっと待つ。




子会社に追いやられてもそこで頭角を現して実績を次々挙げる者もいる。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




新規事業を立ち上げるとき、思い切って異端児っぽい社員だけを集めてPJチームを結成するのもいいのではないか。




最初は意見がかみ合わず、紛糾するが、中に行司役を発揮するEQに優れた者がいる。




ローソンストア100を立ち上げるとき、当時のN社長は参謀役のK氏と共に異端児ばかりを集めてPJチームを結成し、成功に導いた例もあるから参考にしてほしい。



=コンピテンシー宣教師=




==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング




[PR]
# by shimo3781 | 2018-09-16 11:14 | 経営 | Trackback

c0074721_15075209.jpg


今になって世間は働き方改革などと大騒ぎしている。




しかし、はるか前から一切残業のない中堅企業がある。




社員はみんな考えて仕事をする習慣が身に付いていて、改善提案を出す。




商品は差別化され、生産性は向上し、見学者も多く訪れる。



==================================================



【本文】




■ ライフ・ワーク・バランスを地で行く会社がある! ■




労務関連の専門かは、よく「ワーク・ライフ・バランス」と言うキーワードを使う。




だが、未来工業の創業者である故Y氏は「当社はライフ・ワーク・バランスだ。つまりライフが先頭にくる」とおっしゃっていたのを思い出す。




未来工業では年間数万件の改善提案が提出される。




提出した段階で黙って提案賞500円がもらえる。




後日、審査を経て等級が決まれば改めて等級に応じた賞金がもらえる仕組みになっている。




主力商品は電源盤やコンセント盤などだが、提案が生かされていて、他社製品よりも工事がし易く、かつ品質がいいため建設会社や工務店は未来工業製を採用するところが多い。




部活をやる社員には部活手当てを支給して、社員の健康増進に一役買っている。




Y氏はケチで有名だが、決してケチではなく、ムダを無くすことに重きを置いている。




提案制度を設けている会社は多いが、未来工業ほど独創性豊な提案制度はそう多くはない。

  


=コンピテンシー宣教師=





==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング





[PR]
# by shimo3781 | 2018-09-15 11:06 | 経営 | Trackback

c0074721_16014252.jpg


安川電機のロボット事業部門は、かつてはお荷物部門だった。




後に安川電機の社長になったT氏が事業部門の責任者として赴任してきたとき「バカにされてもいい。お客様のほしいものを御用聞きのつもりで聞いてこい」と野良犬営業を指示した。


==================================================


【本文】




■ 野良犬営業もマーケティングの一つになります! ■




新規事業が思うように軌道に乗らないと社内でも「金食い虫」と揶揄されることがある。




安川電機では、ロボット事業部門は会社のお荷物で、赤字を垂れ流しているからエレベーターに乗る資格はないなどとバカにされていた。




部員たちは、本当にエレベーターには乗らずに階段を登り降りしていたと言う。




そんな時、後に社長になるT氏が責任者として異動してきた。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




T氏は「マーケティングとは犬のように嗅ぎまわることだ。バカにされてもいい。お客様のほしいものを御用聞きのつもりで聞いてこい」と営業マンたちにハッパをかけた。




営業マンたちは用もないのに自動車メーカーHの工場に毎日出向き、いろいろな部署に顔を出して「何かありませんか」と聞いて回った。




「安川電機さん、ちょうどよかった。こんなロボット作れない?」と引き合いがあり、自動車ラインにロボットが次々導入されていったのだった。




野良犬営業が功を奏したのだった。



=コンピテンシー宣教師=





==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング





[PR]
# by shimo3781 | 2018-09-14 11:02 | マーケティング | Trackback

c0074721_16414576.jpg


民進党が政権をとったとき、事業仕分け会議で蓮舫氏が「二位ではだめなんですか」と質問したことが今でも記憶に残っている。




ケーズデンキのK社長は「一位にならないように頑張らないようにする。




それが私たちの経営なんです」と語っていた。



==================================================



【本文】




■ 会社が一位になって、どんな意味があるのか! ■




コンピューターの処理能力について、一位と二位ではその持つ意味が全く違うらしい。




何も知らない蓮舫氏が「どうして一位を目指すのですか。二位ではダメなんですか」と質問したことが、今も記憶に残っている。




コンピューターの処理能力の重要項目が演算スピードだ。




スピードが一位と二位では持つ意味が全く違ってくるだろう。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




会社も、できれば業界一位になることは経営者の夢なのかもしれない。




売り上げ一位、利益一位は富士山の頂上に上った気分になるのだろうか。




ケーズデンキの運営会社であるケーズホールディングスのK社長は「一位にならないように頑張らないようにする」と語っていた。




売上や利益で一位を目指すのではなく、お客様から求められるモノやサービスを提供していく経営に徹すると言うことだから、EQに長けた経営者と言うことになる。



=コンピテンシー宣教師=





==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング





[PR]
# by shimo3781 | 2018-09-13 11:03 | 経営 | Trackback

c0074721_15392901.jpg


少子化で各学校は生徒集めに苦労する時代だ。




大学も大変だが、私立の高校も大変だ。




ありきたりの高校では生徒が集まらない。




独創性のあるユニークな目玉教育が必要だ。



==================================================



【本文】




■ 28歳PJで廃校寸前から地域No1女子高に! ■




有名校には全国から生徒が集まってくるが、ありふれた高校には生徒が集まらない。




生徒を集めるにはスポーツで有名になるのが手っ取り早い。




例えば青森山田は野球も強いが、卓球の愛ちゃんでもすっかり有名になった。




仙台育英は甲子園の常連高として有名だから宮城県以外の全国から生徒が集まってくる。




このような高校では、高い報酬を払って実力のある指導者を確保しなければならない。




一方、将来の女性の人材を創出することに活路を求めたのが品川女学院だった。




廃校寸前に追い込まれたこともあったが、女性の校長兼経営者にU氏が就任してから潮目が大きく変わった。




生徒たちのやる気のスイッチを入れることに成功し、教師たちが熱心に指導することで学力No1高校になり、28歳までにどうなっていたいかの目標を持たせることに成功した。




文化祭では、女子高生とは思えないようなテーマでプレゼンして来場者を驚かすほどだ。




「独創性ある28歳PJ」の品川女学院は、今は生徒集めには苦労しない。



=コンピテンシー宣教師=





==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング





[PR]
# by shimo3781 | 2018-09-12 11:02 | 経営 | Trackback

c0074721_15503339.jpg



威張り散らすリーダーは多く、下から支持されないから大概短命で終わる。




威張らない、格好付けない、常に自分を磨く。




そして部下を信じて思い切って任せ、結果責任を取る。




このようなリーダーは大概成功して将来経営幹部になっている。

   
==================================================


【本文】




■ 理想のリーダーを目指すには! ■




出世を目指して、あくせくしているいやみな同僚がいる。




ゴマをするのがうまく、上のキーマンに盆暮れの付け届けを贈り、年賀状も怠らない。




上のキーマンにしてみれば「コイツは可愛いヤツだ」とインプットされる。




仕事のできる同僚を尻目に出世して課長になってしまうからみんな頭にくる。




課長になったとたんに態度が豹変し、威張り散らすようになるから誰も付いていかない。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




目利きの上層部はきちんと部下たちを見ていて、誠実な人を課長に抜擢する。




彼は威張らないし、格好も付けず、常に勉強して自分を磨いている。




部下を信じて仕事を任せ、結果に対する責任を負うから部下からの支持が厚い。




EQのレベルの高い人が課長になると職場は士気が上がり、高いパフォーマンスが得られるのである。




=コンピテンシー宣教師=





==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング





[PR]
# by shimo3781 | 2018-09-11 11:15 | 自己啓発 | Trackback

c0074721_13524679.jpg




住宅の建設現場にIEの技術を持ち込んだのがAホームの通称カンナ社長だ。




カンナ社長は大工上がりだ。




大工仕事はムダが多いから建設費が高く付くと考え、モノ作りの改善手法であるIEを導入して他社よりも30%以上も建設費を安くして見せた。


==================================================


【本文】




■ 住宅建設現場にIE手法を導入したカンナ社長! ■




例えば、家一軒を建設するときの建設コストに占める大工やその他の職人の人件費(手間賃)はかなり大きい。




基礎工事をやっているときの職人や作業員の動きを観察していると行ったり、来たりのムダな動きや移動が多いから効率が悪く、納期にも悪影響を与えている。




大工職人の動きを観察してもムダな動きが多く、効率が悪いから納期に悪影響を与える。




Aホームのカンナ社長が導入した、「各ブロックごとの作業のST(Standard Time:標準時間)」と「単位時間当たりの賃金制度(賃率)」はかなり独創性のある仕組みだ。




単位時間当たりの賃金とは、例えば「1分60円」と言うように仕切るのだ。




この工事ブロックのSTを1時間と設定し、丁度1時間で完了すれば効率100%と言うことだ。




大工やその他の職人はしっかり段取りをし、ムダな動きをしないように改善するだろう。




昔からあるモノ作りの改善手法であるIE(Industrial Engineering)を導入することで、建設費は雄に30%以上も下げることに成功し、Aホームは確固たる地位を確立した。




=コンピテンシー宣教師=





==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング





[PR]
# by shimo3781 | 2018-09-10 11:11 | 経営 | Trackback

c0074721_13350297.jpg


パナソニックは街の電器屋の後継者探しに一役買うことにした。




旧松下電器のピーク時に比べてパナソニックショップは1万店以上も減少し、現在は1万5千店となったが、それでもパナソニックの売上の2割を稼いでくれるから貴重な戦力なのだ。

  
==================================================


【本文】




■ 街の電器屋の後継者探しに一役買うパナソニック! ■




パナソニック系列の街の電器屋の経営者の平均年齢は63歳だと言う。




家電量販店の台頭で、ピークの昭和58年に比べ、系列店のうち1万店が廃業してしまい、今は1万5千店ほどが残っているだけになった。




約8千店を対象に調査したところ、3割近くのお店で後継者がいないことが分かった。




このためパナソニックでは、「準備」、「手順」、「実行」の流れを示したマニュアルを策定し、平成29年10月から約千人の営業担当を投入し、各ショップの実情を把握し、営業継続の可能性について話し合うことにした。




話し合いは、経営者の親族や従業員とも行い、後継者確保の支援をすると言うものだ。




後継者が決まった場合は、経理や営業に関する勉強会を実施し、ソフトの面でも強力に支援するとしている。




街の電器屋がこれ以上消滅してしまえば、家電量販店に行けない買い物難民が増え、コミュニティも崩壊してしまう。




このようなパナソニックの取り組みはかなり独創性が高く、大きな社会貢献にもなる。



=コンピテンシー宣教師=





==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング





[PR]
# by shimo3781 | 2018-09-09 11:02 | 人事労務 | Trackback

c0074721_15544227.jpg


せっかく息子や娘がいるのに継いでくれない。




子飼いの社員に打診しても継ぐのは嫌だと断られる。




後継者がいないため廃業する中小企業は多い。




なぜ継ぎたくないのかを明らかにし、対策を講じることだ。

   
==================================================


【本文】




■ 子供らに会社を継ぐ気になってもらうには! ■




子供らは、経営者である父親が取引先に無理難題ばかり言われて悩んでいる姿をいつも見ている。




コストカットの連続で利益を削り、それでも足りないから社員の給料を下げる。




社員らからは不満が爆発し、若手から退職していき、行き先のない高齢社員ばかりが残る。




下請けは苦労ばかりで、いいことは何一つないと思ってしまうから継ぐ気にはなれない。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




元気なうちに脱下請け戦略を立案し、活動に着手すべきだ。




第二創業の実現を目指してコンサルタントを活用するのもいい。




どんな商品を開発してどんな市場に打って出るかを研究し、テストマーケティングも必要になるだろう。




自分たちが決めた市場に自分たちが決めた値段で販売する会社に生まれ変わらせれば、息子や娘も会社を継ぐ気になってくれるのではないか。



=コンピテンシー宣教師=





==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング





[PR]
# by shimo3781 | 2018-09-08 06:58 | 人事労務 | Trackback

c0074721_15493843.jpg


和倉温泉加賀屋の小田会長は「客室などの設備がどんなに立派でも、接客が悪ければお客様の評価が辛らつなものになってしまう」と語っていた。




実際泊まって見て、接客は感動の連続だったのを覚えている。


===============================================


【本文】




■ 仲井さんの離職率が低いと接客が素晴らしい! ■




旅館・ホテル業では社員の離職率は30%以上と言うのは当たり前らしく、特に仲居さんの離職率が高いそうだ。




昔は、仲居さんと言えば、多くは「わけあり」の人が住み込みで働いていたらしいのだが、それでも辞めてよそへ移っていったと言うから、よほど辛い仕事なのかもしれない。




家内とあこがれの加賀屋に泊まったとき、担当してくれたのは若い女性だった。




観光バスを降りたところから、担当の仲居さんは決まっていて、親しみを込めて名前で呼ばれるから驚いたのだが、入念に打ち合わせをしている様子だ。




部屋に案内されて5分も経たないうちに支配人が来て丁重に挨拶された。




食事はお部屋食で、食材や食器の講釈を、言葉を咬まずに上手にしてくれる。




酔っ払ってうたたねをしていると、頼んだ覚えもないのに「クラブのショーが始まります。いい席をリザーブしました」と呼びに来た。




保育所も完備されていて仲居さんたちも安心して働けるから離職率はかなり低いと言うことで、接客のよさに現れていると思った。



=コンピテンシー宣教師=





==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング





[PR]
# by shimo3781 | 2018-09-07 11:02 | 人事労務 | Trackback

c0074721_15475696.jpg


いつも同じことをしていれば、同じものしか得られないだろう。




新しい別のモノを欲すれば、これまでとは違う新しいことをやらなければならない。


==================================================


【本文】




■ 新しいことに挑戦する会社は繁栄し続ける! ■




十年一日のごとく、全く同じ商品を作り続け、販売して、例え細々でも生きながらえている会社がないわけではない。




例えば、亀の子束子の西尾商店だ。




素材は従来どおり椰子の実の繊維を使う。




他の会社なら、サバイバルするためには新しいことに挑戦しなければならない。




「らくだ」と呼ばれていた温かな下着(メリヤスが使われていた)を着用するお父さん方はほとんど見かけなくなった。




薄くて、軽くて、そのうえ温かい素材が開発され、ユニクロの定番商品になって久しい。




ヒートテックと言う独創性豊な素材が開発された賜物と言えよう。




会社は毎年成長していかなければ競争に負けてしまい、消えていくリスクを抱えている。




ヒット商品を生み出すことに成功したら、それでおしまいと言うのではなく、そのヒット商品に毎年のように改良を加えながら息長く愛されなければならない。




=コンピテンシー宣教師=





==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング





[PR]
# by shimo3781 | 2018-09-06 10:58 | 経営 | Trackback

c0074721_15452387.jpg


濃厚なサービスを売りにして繁盛している温泉旅館がある。




和倉温泉加賀屋や星野リゾートなどが挙げられる。




一方、フロントでカギを渡して後はお構いもせず、自由気ままに過ごしてもらう温泉旅館もあり、繁盛している。




どちらも独創性あるサービスだと思う。

 
==================================================


【本文】




■ 濃厚なサービスで行くか、お構いなしでいくか! ■




約30年以上もの長い間、プロが選ぶホテル旅館百選で連続一位を獲得してきた和倉温泉加賀屋が遂に一位の座を奪われた。




奪ったのは福島県母畑温泉の八幡屋と言う旅館だ。




東京オリンピックのキーワードは「おもてなし」と言うことになっているが、おもてなしは濃厚なサービスをすることだけではないと思う。




外国人の中にも、あれ、これ構ってもらうことに抵抗を感じる人は多い。




孤独を愛する人もいるし、自分で何もかも好きなようにやりたいと言う人も多い。




旅館の名前は忘れたが、家内と小豆島に行ったとき泊まったホテルは、フロントでキーを渡されただけで、正真正銘のお構いなしだった。




しいて言えば「お食事の準備ができましたので○○の間までお越しください」と言う館内放送があったことと布団を敷きに来てくれたことがサービスではなかったかと思う。




「濃厚なサービス」も「お構いなし」も、どちらも独創性あるサービスと思いたい。



=コンピテンシー宣教師=





==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング





[PR]
# by shimo3781 | 2018-09-05 11:16 | マーケティング | Trackback

c0074721_15481573.jpg


ゼロ金利政策に移行して久しい。




これまでなら、一般人から預金を集めて利子を払い、集めたお金を企業などにもっと高い金利で貸し付けて利益を出してきた。




今、預金してもメリットもないからタンス預金者が多い。




リスクに備え、物は極力買わない。


        
==================================================



【本文】




■ 銀行のお客は誰なのでしょうか! ■




ゼロ金利政策に移行して久しい。




不思議でならないのは、銀行がなぜ潰れないのかと言うことだ。




生活者は預金しても利子が付かないから預金する気にもなれない。




利子よりも振り込み手数料のほうがはるかに高いもの。




預金者が少ないと言うことは、銀行はどこからお金を集めているのだろうか。




集めたお金を企業に高い金利で貸し付けて、利ざやを稼ぐのが銀行ビジネスだったはずだ。




生活者は将来が不安だから、極力お金を使わない。




政府の思惑通り消費が伸びないからデフレへの誘導は絵に描いた餅だ。




単純な疑問だが、銀行のお客様はいったい誰なのだろうか。




自動引き落としやカード決済では銀行のお世話にならざるを得ないから、細い糸でかろうじて繋がっているだけだ。



=コンピテンシー宣教師=





==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング





[PR]
# by shimo3781 | 2018-09-04 11:13 | 経営 | Trackback

c0074721_13492323.jpg


大工になりたいと言う人は少ないようだ。




弟子を持つ大工がそもそもいなくなった。




弟子を持っても養成しながら食わせていく余裕がないことも一因だ。




工場で加工し、ユニットに組み立てて、現場で組み付ければ家が完成する。




大工の出番が少ないのだ。


==================================================


【本文】




■ 大工を自ら養成する建設会社の心意気! ■




昔は、大工の家に住み込みの大工の卵が5~6人はいて、下働きをしながら少しずついろいろな道具の使い方を覚え、一人前の大工に育っていったものだ。




親方は大工の「棟梁」と呼ばれ、言ってみれば経営者である。




ところが、大手住宅会社が工場で部品を加工し、ユニットに組みつけて建設現場に持ち込み、組み立てれば家が完成するようになった。




大工の腕の見せ所は激減し、収入が少ないから大工は弟子を持つ余裕すらなくなった。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




「平成建設」は職人集団の会社として、すばらしい住宅を建設することで有名だ。




街から大工が消えてしまうことを憂いたA社長は、新卒の学生を採用して自社で大工や土木職人、型枠職人らを育てることを決断した。




応募してくるのは有名大学の優秀な学生ばかりで、みんな多能工に育つから一級建築士を兼ねた職人集団となり、会社は繁栄を続けている。



=コンピテンシー宣教師=





==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング





[PR]
# by shimo3781 | 2018-09-03 07:11 | 人事労務 | Trackback

c0074721_13362955.jpg




「リモコンの操作がよく分からないのだが、もう一度きて教えてくれるか」と「Dのヤマグチ」に高齢者から電話がくる。




一時間もしないうちに担当者が出向いて懇切丁寧に教えてあげる。




すると次々修理や買い替えの注文がもらえる。




サービスを惜しんではならない。



==================================================



【本文】




■ 濃厚なサービスが次々注文を連れてくる! ■




「茶の間の電気が点かなくて困っている。LEDとやらに交換してくれ」と。




お得意先の高齢者から電話が掛かってきた。




早速、Dのヤマグチの営業マンが飛んでいってLEDに交換してあげる。




一件落着かと思ったら「あ、君忙しいだろうが、オレを病院に送ってくれ」と。




「いいですよ」と快く送ってあげる。




車の中で「最近、洗濯機音がうるさいから買い替えたい。手ごろなヤツを来週にでも設置してくれ」と注文をもらう。




電球一個をすぐさま届け、挙句病院まで乗せていってあげる。




濃厚すぎるサービスだが、社長の方針でもあり、何でも言うことを聞いてあげるのだ。




そして、このような濃厚すぎるサービスが買い替えの注文を連れてきてくれるのだ。




家電量販店に勝つためには、濃厚な顧客サービスが大きな武器になる。



=コンピテンシー宣教師=





==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング





[PR]
# by shimo3781 | 2018-09-02 11:07 | マーケティング | Trackback

c0074721_15552054.jpg


会社をものすごい勢いで伸ばすのは決まってワンマン経営者だ。




その勢いで、調子に乗りすぎて会社を潰すのもワンマン経営者である。




成長期のワンマン経営者は、安定期を迎えたならふさわしい後継者にバトンタッチしたほうがいい。


==================================================


【本文】




■ 安定期に入ったらワンマン経営者は引退すべき! ■




飛ぶ鳥を落とす勢いで急成長する会社がある。




かつてのダイエーがそうだった。




流通業の雄、三越の売上を追い越した頃が正にピークだった。




本業では出店戦略を加速し続け、調子に乗ってプロ野球球団、ドーム球場、不動産など本業以外で多角化をはかり、絶頂期を迎えたように見えたが、瞬く間に平家物語になってしまい、「諸行無常の響きあり」となった。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




時代の波に乗って急成長した企業もやがて安定期を迎える。




もう、ワンマン経営をやっている場合ではない。




安定期の経営に精通した堅実な経営者にバトンタッチすべきだ。




もちろん、京セラ名誉会長の稲盛和夫氏のような二刀流の経営者もいないわけではないが、そのような経営者はめったにいない。

  


=コンピテンシー宣教師=





==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング





[PR]
# by shimo3781 | 2018-09-01 10:25 | 人事労務 | Trackback

c0074721_15574914.jpg


ドラッグストアがコンビニ化しているようだ。




つまり弁当やお惣菜、おにぎりなども販売するのだ。




利益率の高い薬品を抱えた他にコンビニ化と言うことだから、現コンビニにとっては脅威だ。




コンビニのオーナー経営者にとって後継者の確保が益々難しくなる。

   

==================================================



【本文】




■ これからはドラッグストアのオーナー経営者を目指すこと! ■




コンビには今、曲がり角にきているように思う。




特にオーナー経営者は本部の厳しい締め付けで、自由裁量の余地が少ない。




アルバイトも思うように集まらないから時給がかなり高止まりになっている。




しかも、オーナー経営者は夜も寝る時間が少なく、休みが取れないため親戚の冠婚葬祭にも不義理ばかりであり、利益なき繁忙とはこのことだ。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




一方、ドラッグストアのコンビニかが急速に進んでいる。




弁当、惣菜、おにぎり、飲料などのコーナーを充実させ、コンビニを呑み込む勢いだ。




薬品は利益率が高いから、弁当などは客寄せパンダでもいいと言う考えも成り立つ。




今のままでは、息子にコンビニを継げと言っても答えは「ノー」だろう。




コンビニのオーナーはドラッグストアに乗り換えてから息子に後継の座を譲ってはどうか。

  


=コンピテンシー宣教師=





==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング





[PR]
# by shimo3781 | 2018-08-31 10:45 | 経営 | Trackback

c0074721_12474244.jpg




二代目が本業ではないゴルフ場や不動産などにのめりこんで会社を破綻寸前に追い込んだ例は多い。




福岡県の地場スーパーHの二代目は、先代に「働いて楽しい会社は絶対に潰れない」と教えられ、かたくなに守って益々繁盛させている。



==================================================



【本文】




■ 働いて楽しい会社は絶対に潰れない! ■




せっかく創業者である父親が裸一貫から創業して立派な会社に成長させたのに、後継者たるドラ息子が道楽に走り、会社を破綻寸前に追い込むことはよくある話だ。




特にバブル期には、会社そっちのけでゴルフ場や不動産などにのめりこんで、本業そっちのけの二代目が多かった。




タクシー最大手のN交通もそんな例の一社であり、現在は孫の三代目が再建を果たして会長職として頑張っているが、不動産を売却したり本社を移転したりと社長就任当時は苦労の連続だったと言う。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




福岡県の地場スーパーHは、現在二代目が三十数店舗まで拡大し、繁栄を続けているが、その原動力は、「従業員が働いて楽しい会社は絶対に潰れない」と言う金言だ。




仕事を任されているパート従業員たちが、次々提案してお客さんがきて楽しいと思う店作りをやっている。




子供たちがきたくなる仕掛けもたくさんあり、品揃えや惣菜の開発も競ってやってくれて、みんな口々に「働いていて楽しい」を連発する。




=コンピテンシー宣教師=





==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング





[PR]
# by shimo3781 | 2018-08-30 11:03 | 経営 | Trackback

c0074721_15382221.jpg


品川女学院は、先代(5代目)のとき廃校寸前に追い込まれた。




そんな大変なときに6代目の校長に就任したのが、U氏(女性)だった。




校長の肩書きだが、学院の経営者である。




彼女はさまざまな経営革新を断行した結果、高偏差値の有名女子校にすることに成功した。



==================================================



【本文】




■ 後継者が廃校寸前の女子高を名門に復活させる! ■




我が家の直ぐ近所に淑徳女子中学兼女子高がある。




都内や近県には淑徳を冠にした学校が多く、大学まで経営している。




伝統ある校風や教育カリキュラムが充実しているようで、遠くから通学する生徒も多い。




私立の学校は生徒の入学金・授業料と私学助成金で運営しているらしいが、生徒数が激減すれば当然のことながら存続は難しくなる。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




品川女学院は、先代(5代目)のとき、生徒数が激減して廃校寸前に追い込まれた。




他校で教師をしていたU氏(女性)が校長に就任し、経営者となった途端に潮目が変わった。




例えば、「28歳プロジェクト」と称して28歳までに社会で活躍できる人間になるための人生計画を作成させて、勉学に励むよう推奨したところ、生徒たちは自主性を持って勉強するようになり、高偏差値女子高に生まれ変わったのだ。




最高の後継者を得て、今では地域ナンバーワンの人気校になり、繁栄を続けている。




=コンピテンシー宣教師=





==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング





[PR]
# by shimo3781 | 2018-08-29 11:05 | 経営 | Trackback

c0074721_15594328.jpg


ホームページや折込チラシなどにお客様が喜びそうな記事を書き連ねる会社は多い。




つい、お客様は大きな期待をしてしまう。




だが、一度期待を裏切られたお客様は二度とその会社の商品を買ってくれないからいずれ退場するしかない。



==================================================



【本文】




■ 消費者へのウソの情報発信は命取りになる! ■




アベやその取り巻きたちの答弁を見聞きしていると正直者はバカを見るかのように思えてしまう。




不祥事まみれのアベはウソの答弁に終始する。




取り巻きの閣僚や官僚たちもアベや不祥事閣僚を守るために苦しそうに、でも平然とした態度でウソの答弁を繰り返してきた。




ウソにまみれた議員や官僚こそが、よく守ったと言うことで出世していく不思議な世界だ。




もし、消費者相手の民間企業なら、間違いなく命取りになる。




消費者にとって値段がどこよりも安いことはいいことだが、それにはワケがあるはずだ。




その食品は、安全・安心なのだろうか、その食品は新鮮なのだろうか、その食品は美味しいだろうか。




これらの条件を満たした上で安かったらその会社の商品はどこにも負けない価値がある。




消費者へウソの発信を続けて、窮地に陥った会社は枚挙に暇がない。




=コンピテンシー宣教師=





==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング





[PR]
# by shimo3781 | 2018-08-28 10:56 | 詐欺事件 | Trackback

c0074721_14030409.jpg


正直経営で有名なのがスーパー「オーケーストア」だ。




既存店でも毎年売上が伸びている。




他のスーパーよりも全てが安いことをお客様はご存知だからだ。




しかも、オネストカードにはいい情報も悪い情報も正直に書いて貼り出すからお客様の信頼は厚い。



==================================================



【本文】




■ 正直経営のスーパーは益々繁盛する! ■




買うんじゃなかったと後でがっかりする商品を掴まされることはよくある話だ。




美味しくない果物。




美味しくない生魚。




自分で調理したほうがはるかに美味しいと思われるほどまずいお惣菜。




値段もそれほど安いとは思えないから損した気分だ。




一方、スーパー「オーケーストア」では、ほとんどのお客様はいちいち値段をチェックもせず、バスケットに入れる。




お客様は、他のスーパーよりも平均10%以上は安いことを知っているから値段をチェックする必要はないと思っているのだ。




「このオレンジは天候不順だったため、甘さが足りませんが、蜂蜜を付けて食していただきますと美味しく戴けます」と書かれたオネストカードが掲示されていたりする。




正直経営のスーパーは、これからも益々繁盛していくに違いない。



=コンピテンシー宣教師=





==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング





[PR]
# by shimo3781 | 2018-08-27 11:09 | 経営 | Trackback

c0074721_13453103.jpg


盲導犬訓練の第一人者である多和田悟氏は「厳しく訓練した犬は、教官の言うことは聞くがご主人の言うことは聞かない」と反省を込めて語っていた。




教官の本当のお客様は目の不自由な人なのだから、その人たちの言うことを聞くように訓練しなければならない。


==================================================



【本文】




■ 盲導犬訓練士の真のお客様は目の不自由な人! ■




盲導犬候補の犬が10匹いても、最終的に盲導犬になれるのは半数にも満たないらしい。




かなりの狭き門のようだ。




盲導犬訓練の第一人者として有名な多和田悟氏は、若いとき盲導犬をかなり厳しく訓練したそうだ。




教官である自分の言うことをよく聞いてくれるからこれはいける、訓練は大成功と思った。




ところが、目の不自由な人のところに引き渡した盲導犬は、「私の言うことを聞いてくれない」と言って返却されたのだ。




この盲導犬は、「自分のお客様は教官」とインプットされてしまっているから、ご主人の言うことをバカにして聞かない様子だった。




多和田氏は反省し、叱るのをやめて褒めながら、まるで犬語で語りかけるようにして訓練するように心がけた。




盲導犬訓練士の真のお客様は目の不自由な人であることを再認識させられた。



=コンピテンシー宣教師=





==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング





[PR]
# by shimo3781 | 2018-08-26 11:04 | 動物 | Trackback

c0074721_14111574.jpg


昔、田舎では、農家の子供たちは親が働いている姿を見て育った。




そして家業を手伝いながらみんなで働く楽しさも身に付けた。




都市部の子供たちはキッザニアでさまざまな職業を体験できるから春休みや夏休みは大混雑すると言う。



家族連れが大事なお客さまなのだ。



==================================================



【本文】




■ 多くの子供らに職業体験を提供する会社! ■




いつも思うのだが、なにか事件が起こると逮捕された容疑者の多くは無職と言うことだ。




有効求人倍率も1.5近くにまで向上しているから、働く意思があれば100%就職できる。




なのに、なぜ無職の人が多いのだろうか。




働きたくない、働くのがいやと言うことなのか。




子供のころ、学校の収穫祭の食事時、校長が「皆さんは、生きるために食うのか、食うために生きるのかを自分なりに考えてみてくださいね」と言ったのを思い出す。




子供とその親たちに大人気なのがキッザニアだ。




いろいろな職業を体験できるから、子供たちの目は輝いており、親たちは固唾を呑んで見守っている。




運営しているキッズシティジャパンは、子供たちがメインゲストで親たちはサブゲストとみなして楽しい職業体験を提供しているのだ。




このような職業体験を学校での必須科目にすれば、無職者は大幅に減少するのではないかと思う。



=コンピテンシー宣教師=





==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング





[PR]
# by shimo3781 | 2018-08-25 11:04 | 仕事 | Trackback

c0074721_15553543.jpg


10円ショップと言う新業態が出現した。




テレビ東京の「にっぽんのミカタ」と言うタケシの番組で紹介された。




1個7円で仕入れて10円で売るから儲けはたったの3円。こ




の会社はリサイクル店も併設していて、結構顧客の支持を集めている。



==================================================



【本文】




■ 10円ショップと言う新業態が出現した! ■




今や100円ショップはすっかり我々の生活の中に定着した。




そんな中、10円ショップなる新業態が出現した。




テレビ東京の「にっぽんのミカタ」と言う番組で紹介された。




商品は全て新品だ。




一つは倒産会社の商品を格安で仕入れたものだ。




もう一つは、100円ショップ向けのカタログから落ちて行き場を失った商品だ。




これらは、倉庫代がかさむからさっさと手放したほうがいいと判断される。




それらの商品を安く仕入れるのだと言う。




単価1個7円以下で仕入れ、10円で販売するが、これを目当てにお客様が多数来店する。




儲けは少ないが、客寄せパンだの役目を果たしてくれて本命のリサイクル商品も売れて、結果として立派に経営が成り立つと言うことだ。




=コンピテンシー宣教師=





==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング





[PR]
# by shimo3781 | 2018-08-24 11:04 | ビジネス | Trackback

c0074721_16052786.jpg


昔は、街の電器屋が隆盛を極めていた。




家電量販店が乱立する今の時代でも繁盛している街の電器屋は、濃厚なサービスとアフターメンテナンスのよさを売りにしている。


==================================================


【本文】




■ 生き残りを賭けた街の電器屋の顧客対応! ■




田舎にまで家電量販店が進出しているのには驚かされる。




商店街にあった街の電器屋はとっくの昔に閉店してしまった。




量販店よりも価格が高く、そのうえ商品の品数が少ない。




当然、故障したときの対応も悪い。




つまり、量販店に勝てる要素は何一つないのだ。




一方、相模原に「デンカのY」と言う街の電器屋がある。




Yは量販店よりも当然価格は高いがサービスとアフターメンテナンスが抜群にいい。




電話一本で電球一個でも直ぐに届けてくれる。




故障しても代替機を無償で貸し出すから、お客様に不便をおかけしない。




名刺には「でんかのYは飛んでいきます」と印刷されていて、事実飛んできてくれる。




高齢者は、価格よりもサービスとアフターメンテナンスのよさを選択するようだ。




=コンピテンシー宣教師=





==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング





[PR]
# by shimo3781 | 2018-08-23 11:10 | 経営 | Trackback