ブログトップ

「コンサルタントの視点」日記

shimo3781.exblog.jp

コンサルタントの視点でさまざまな出来事に感じたままをつづります!

カテゴリ:仕事( 157 )


c0074721_15321628.jpg



コストダウン、コストダウンでまるで乾いたタオルを絞っているみたいだと言う人もいる。




だが、社内を見渡せばまだ濡れタオルはある。




働き方を真剣に考えてみる必要がある。




==================================================





【本文】





■ 見渡せばコストダウの原資はまだまだある! ■





買う側の企業は相手企業に容赦なくコストダウン、早い話値引きを押し付ける。





力関係でどうしても下請け企業は値引きに協力せざるを得ないだろう。





しかし、Tバネ工業は一切値引きをやらない。





もし値引きを要求されたら「すみません、では他所からお求め頂けますか」と言って帰ってくるようにと社長から営業マンにきつく申し伝えてある。





大型でかつ高精度、高品質のバネを生産できるメーカーはおいそれと見つからない。





相手にコストダウン、つまり値引きを求めるよりも自社の足元をよく見渡すことだ。





ポイントは、社員の不稼動時間に目を向けることだ。





タクシーなら空車運転と言ったところだ。





もの探しや運搬、あまり意味のない歩行にかなりの時間が割かれている。





5Sを実践したり、レイアウトを改善するだけでも不稼働時間の60~70%はなくせる。





= コンピテンシー宣教師 =




==========================================

配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング


by shimo3781 | 2018-03-21 11:09 | 仕事 | Trackback


c0074721_14062838.jpg



サラリーマン現役時代にコストダウン活動のリーダーを任されたことがあった。




何の理由もなく「値引いてくれ」は言いにくいものだ。




取引先と協働でコストダウン活動を展開し、半分をコストダウンの原資にし、残り半分を取引先に還元した。




==================================================




【本文】





■ 取引先に納得してもらえるコストダウン活動をする! ■






ダイエーの全盛時代には、納入業者に対してかなり鼻息が荒かったようだ。





例えば、月1000頭もの豚を取引していた秋田県酒田市の有名なH牧場に対して、顔を合わせるたびに値引きを要求していた。






H牧場の豚は「三元豚」として有名で、世界一美味しい豚肉と称する人もいるほどだ。





それほど高い価値がある豚なのである。





それを、並みの豚同様の扱いで、「値引かないんだったらいくらでもよそから仕入れられる」と脅したのだ。






憤慨した当時の社長は次の日からダイエーへの納品を一切止めた。






取引においてはコストダウンをお願いしなければならないときがある。





どうすればコストが下がるのかを買手と売り手が協働で検討・活動し、下がった分は折半が良心的ではないかと思う。






それが「三方(売り手、買い手、消費者)よし」に繋がるのだ。





=コンピテンシー宣教師=





==========================================

配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング


by shimo3781 | 2018-03-05 11:13 | 仕事 | Trackback

c0074721_14414786.jpg


学生と社会人の違いは何か。




学生は自分のしたいことのためにお金を払うが、社会人は時には好きでないことをやってお金をもらう。




でも、相手の好きなことをしてあげてお金をもらうように変えることが大事だ。


========================


【本文】



■ 学生と社会人の違いは! ■



転職を繰り返す人に辞めた理由を尋ねると「やりたい仕事ではなかった」とか「やりたい仕事をやらせてもらえなかった」と理由付ける人は結構多い。



辞めた本当の理由は、仕事ができずに行き詰まったのではないだろうか。



大概の学生は、自分のしたいことのために金を払う。



ひとたび社会人になったなら、気に入らない仕事もたくさん回ってくる。



誰もがやりたくないような仕事も時には回ってくるだろう。



しかし、仕事の達人たちは、やりたくない仕事を通じて大きく「自己成長」している。



スペシャリストというのも悪くはないが社会人として“つぶし”が利かなくなる。



そして不本意なリストラで投げ出されても再就職の選択肢が狭くなくなってしまう恐れがある。



学生と社会人は違うのだと言うことをしっかり認識しておくことだ。



= コンピテンシー宣教師 =




==========================================

配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング


by shimo3781 | 2018-02-25 11:14 | 仕事 | Trackback

c0074721_14153283.jpg



技術者がどんなに知識や理論が分かっていても現場の改善に繋がらなければ成果は得られない。




現場の人たちと連帯力を構築し、手を携えて知識や理論を生かすことだ。


================================================== 


【本文】



■ 工場では現場の人たちとの連帯構築が大切です! ■



現場で働く人たちはみんなそれぞれに誇りやプライドを持って仕事をしている。



技術者らに知識や理論を持ちこんで引っ掻き回されることを極端に嫌う。



「現場のことはオレたちが一番よく知っている」と自負しているからだ。



生産技術の社員と現場の社員の折り合いが悪と改善は進みにくい。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


若手の技術者に
研修を兼ねて一定期間現場で実習させる会社は多いが、賢明なやり方だ。


技術者が現場のイロハを知る絶好の機会となる。


しかも現場の人たちと顔見知りになり、名前も顔も覚えてもらえる。


私事で恐縮だが、まだペエペエのとき、現場での実習後に効率的に作業のできる治工具を製作して、「是非使ってほしい」と現場に持ち込んだ。


「お前が初仕事で作った治工具だもの使わないわけにはいかないな」と言って使ってくれて、作業の効率化に貢献したとき、現場の社員との連帯構築の重要さを実感させられたのを覚えている。


= コンピテンシー宣教師 =





==========================================

配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング


by shimo3781 | 2018-01-21 11:16 | 仕事 | Trackback

c0074721_15351234.jpg



同僚よりも1時間短く働いて同僚と同等かそれ以上の成果を挙げることは尊い。



そのためにはどうすれば効率を上げられるかを必死に考えて実行に移さなければならない。


==================================================


【本文】


■ 生産効率の高い人は段取り上手です! ■



電子顕微鏡で世界的にも有名なN社に生産性の向上と言うテーマでコンサルに伺っていたことがあった。



生産性向上プロジェクトチームの一人の部長が「わが社のベテラン社員は、昼間ダラダラ働き、夜残業する習性があって困っている。忙しい時期も暇な時期も残業時間がほとんど同だ。どうすればいいか」と質問を受けた。



「IE手法を活用して仕事や作業の標準時間(ST:Standard Time)を設定し、効率管理をすべきです」と答えた。



モノ作りの現場では当たり前のことだが、事務部門や管理部門では一般に無管理状態だ。



更に「綿密な段取りの実施」についても提案申し上げた。



モノ作りの現場だけでなく、どんな仕事でも「綿密な段取り」は有効な手段になる。



例えば、10ページの会議の資料を作成するにもまず章立てを考え、必要な資料を全て身の周りに揃えてからパソコンに向かえば離席することもなくスムーズに書類が作成できるから資料の作成時間はかなり短縮できることを説明し、実践をお勧めした。



STに基づき、綿密な段取りの元に仕事をすることを決断してほしい。



= コンピテンシー宣教師 =






==========================================

配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング


by shimo3781 | 2018-01-19 11:13 | 仕事 | Trackback


c0074721_15353475.jpg



責任ある重要な仕事をさせてもらえないとぶつぶつ言っている人がいるが、それは自分が勝ち取っていないだけのことだ。



ぶつぶつ言う前に仕事力を高め、プレゼン力を磨くべきだ。


==================================================


【本文】



■ 仕事力を高め、プレゼン力を磨くことです! ■



「誰でもできそうな簡単な仕事しかやらせてもらえない」とぶつぶつ言っているビジネスマンがいる。



一口で言えば上司からの信頼感が薄いのだ。



「あいつにやられて大丈夫だろうか」と上司は不安に思うことだろう。



ぶつぶつ言う前に自分に十分な仕事力が備わっているかどうかを自己評価すべきだ。



仕事力のある同僚と客観的に比較してみもしないで、うぬぼれてはいないだろうか。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



仕事力を高めるカギは「問題解決力」と「対人影響力」にある。



だから猛勉強して「問題解決力」を身に付け、人を上手に動かせるように「対人影響力」を磨けば、かなり自己変革することができる。



これでグーンと仕事力がアップするから後は上手にプレゼンテーションすることだ。



= コンピテンシー宣教師 =


==========================================

配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング


by shimo3781 | 2017-12-30 07:16 | 仕事 | Trackback


c0074721_14022126.jpg



Give And Takeと言うが、中にはTake and Takeを狙う人もいて、このような人は人間関係がうまくいくわけもない。


ビジネスではWin Winでなければ成功できない。



相手に先にWinを与え、後でゆっくりWinを頂くことを考えるべきだ。


==================================================


【本文】



■ 思い切って行動を変えれば結果が変わります! ■



前回同僚におごってもらったら今回は自分がおごる番だ。



だが、お会計をして帰ろうとするとき、ケチな彼は決まってトイレに行ってしまう。



仕方がないから今回も同僚が支払ったのだが、翌日会社で顔を合わせたところ「いや、昨夜はすっかりごちそうになっちゃって」と言い、割り勘分を払おうともしない。



それ以来、その同僚を誘っても「今日は先約があって」と断られるようになる。



つまり、もう付き合ってはもらえないのだ。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



ビジネスでは顧客企業に何か有益なWinを先に与えることを考えなければならない。



平たく言えば、顧客企業に儲けさせるのだ。



そうすれば次回以降も安定した取引をしてもらえる可能性が高くなる。



思い切ってGive And TakeやWin Winに行動を変えれば結果が大きく変わるのである。


= コンピテンシー宣教師 =



==========================================

配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング


by shimo3781 | 2017-12-24 11:24 | 仕事 | Trackback

c0074721_15452385.jpg



街の水道屋は仕事が薄いのだろうか。


毎週のようにゴム製のマグネットに社名と電話番号を印刷したチラシをホスティングしていく。


冷蔵庫にでもペタッと張り付けておいてほしいということらしい。


========================


【本文】


■ 街の水道屋は仕事が薄く、暇らしい! ■


水回りのトラブルはめっきり減ってしまった。


以前は、パッキンが劣化したりして水漏れが発生したものだが、最近はほとんどなくなった。


毎週のようにゴム製のマグネットに印刷したチラシがポスティングされている。


街の水道屋の社名と電話番が印刷されている。


見てみるとどれも社名が違う。


と言うことは、どの水道屋も仕事が薄く、電話を待っていても仕事にありつけないということか。


水回りの修理はどれもコストが安いから儲からない。


新築の戸建てやマンションの工事を受注すべく営業活動をした方がいいのではないか。


店舗の改装の場合も水道工事が伴う。


営業力強化だ。


是非、頑張ってほしい。


= コンピテンシー宣教師 =



==========================================

配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング


by shimo3781 | 2017-12-20 11:11 | 仕事 | Trackback

c0074721_15381747.jpg


大恋愛の末に結婚して数年であっさり別れてしまう夫婦は多い。


一方、好きと言うわけでもなかったが成り行きと弾みで結婚してしまった夫婦がおしどり夫婦として幸せな家庭を築いている例も多い。


就いた仕事もなんとなく似ている。


==================================================


【本文】


■ 就いた仕事を好きになる努力をすべきです! ■


大恋愛の末に結婚したのに数年で破綻する夫婦は多い。


一方、成り行きと弾みで結婚してしまったのにおしどり夫婦を続けている夫婦も多い。


慎重に吟味し、念願叶ってやりたい仕事に就くことができた人は本当に幸せだろう。


ところがやりたい仕事と自分の能力に大きなギャップがあることに気付かされた。


贅沢な話だが、このような事情で失業してしまう人が多いようだ。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


一方、何社もトライしてやっと内定をもらった人も多い。


実際仕事に就いてみて好きでもなかった仕事だと気づかされ、落ち込んだりもした。


だが、彼はせっかく掴んだ仕事だから好きになる努力をし、その仕事に必要なスキルを磨く努力をすることにした。


彼は自分自身の変革に成功し、その仕事で一家を成すことができた。


= コンピテンシー宣教師 =



==========================================

配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング


by shimo3781 | 2017-12-16 11:12 | 仕事 | Trackback

c0074721_13392514.jpg




買ってくれそうな雰囲気があったので、ついそのお客に期待を寄せて粘る。



だが、いくら粘っ
ても売れない。



そのお客から勇気ある撤退をし、新たな潜在顧客を見つけてアタックするほう
がいい。



**************************************************



【本文】



■ 新たな潜在顧客を見つけてアタックする! ■



今日も彼女を誘ってデートする。



いい雰囲気だから、もう直ぐ落とせるかもしれないと期待する。



豪華な食事に誘ったり、高額なプレゼントを贈ってみるのだが、OKの返事はもらえない。



買ってくれそうな雰囲気の潜在顧客に出会うと、落とせるのは時間の問題と思ってしまう。



熱心に営業攻勢をかけるのだが、注文はもらえない。



結構な額の接待費を使ってしまったから簡単には後には引けない。



企業間取引ではよくある話だ。



このようなケースでは、その潜在顧客から勇気ある撤退をするほうがいい。



そして新たな潜在顧客を探すことにエネルギーを使うことだ。



営業マンには、売れる見込みがあるのかないのかを適切に判断する力が求められる。



=コンピテンシー宣教師=


==========================================

配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング


by shimo3781 | 2017-12-13 11:15 | 仕事 | Trackback