人気ブログランキング |

<   2019年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

c0074721_16253344.jpg

政治の貧困。



官僚の体たらく。



これでいいのか。


=================================


【本文】




■ 政治家も官僚もダメになっちゃった! ■




日本は何で持っているかという議論があった。



よく言われたのは「政治家はダメだけれど、官僚が優秀だから持っている」と言われたものだ。



だが、最近はどうか。



政治家も官僚も両方がダメになった。



官僚たちはまじめに仕事をしなくなった。



重要文書は改ざんするし、手抜きはするし、ミスは多いし。



大臣の答弁を見ているとがっかりだ。



アベノミクスはまやかし。



6年以上も好景気が続いているとはしゃいでいるが、我々庶民は何一つ実感がない。



韓国にバカにされ、プーチンには経済協力だけさせられて島など一つも返らない。



なぜ支持率が落ちないのか不思議でならない。




= コンピテンシー宣教師 =



==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング





by shimo3781 | 2019-01-31 11:01 | 政治 | Trackback

c0074721_16105876.jpg


人を動かさなければならない立場の人は、リーダーシップ力を磨いてほしい。




思うまま部下が動いてくれなければ職場のパフォーマンスは低調のままで、業績も上がらない。


=================================


【本文】




■ 褒めるときはみんなの前で褒めること! ■




昨年の正月早々、星野仙一氏の急逝のニュースに触れて、悲しんだ人は多かったのではないか。




闘将と呼ばれた彼は、審判の判定に疑義があれば勢いよくベンチを飛び出し、喧嘩腰で抗議し、選手たちを鼓舞した。




どの選手もみんな怒鳴られながら厳しい練習に明け暮れたお陰で、男「ほしの」を胴上げすることができ、共に喜びの涙を流した。




選手の家族に何かあれば、見舞金を送ったり、お花を贈ったりした人情家でもあった。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




せっかく管理職になったのに部下を思うまま動かせないほど悲しいことはない。




部下の信頼を勝ち取り、部下に活躍の機会を与え、少しでも成果があったら褒めることだ。




褒めるときはみんなの前で、叱るときは別室に呼んで叱ることだ。




部下のプライドを傷つけることなく、自分のために叱ってくれていると思わせれば、きっと部下を思うまま動かせるようになれる。




= コンピテンシー宣教師 =



==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング





by shimo3781 | 2019-01-30 10:57 | 企業体質 | Trackback

c0074721_16174888.jpg


エネルギッシュに活動する人を見て妬んだりしてはならない。




羨んでもならない。




彼のような人から影響を受けるべきだ。




そして自分もエネルギッシュに活動することだ。




そのこと事態が実践的な教育を受けたことになる。


===============================


【本文】




■ エネルギッシュな人から影響を受けること! ■




浜松のある部品工場に打ち合わせに行ったときのことだ。




応接室に通されて直ぐに女性がお茶を運んできてくれて、「遠いところ、起こし頂き、ありがとうございます」と丁重に挨拶された。




社長がおもむろに「わが社は、お客様にお茶が出てくるのが他社に比べて30%早いはずですが、お気づきでしたか」と妙な質問をされた。




「そう言われてみれば、数値の比較はともかく、ずいぶん早いですね」と答えたところ、社長は「今、きびきび行動30%運動を展開してるんですよ」と教えてくれた。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




エネルギッシュに活動する人は、何をやるにも30%以上早く、しかもきびきび行動する。




そして確実に成果に貢献してくれる。




彼の行動を羨むのではなく、彼から影響を受けてほしい。




そうすれば、きっと彼と同じようなエネルギッシュなビジネスマンになれる。




= コンピテンシー宣教師 =



==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング





by shimo3781 | 2019-01-29 11:15 | 仕事 | Trackback

c0074721_14230200.jpg


最近のテレビCMを見ていると意味がよく分からず、難解なものが多い。




「今のは何のCMなのかよく分からないね」と家内と顔を見合わせる。




しかも5分間番組を放送して約2分間で10社ほどのCMを流すから、視聴者の記憶に残りづらい。


==============================


【本文】




■ 意味不明のCMを連続で流しても効果はない! ■




昔はゴールデンタイムともなると大企業一社がスポンサーとなって番組を提供したものだ。




プロレス三菱ゴールデンアワー、東芝日曜劇場と言うように番組名に社名が付いていた。




15分番組を放送して30秒ほどのCMで、しかもシンプルかつストレートに宣伝するから視聴者にとっても分かりやすかった。




CMソングがヒットした例もあった。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




今は、例えば1時間番組を前半と後半に分けて、20社ほどがスポンサーになっているから、5分程度番組を放送して約2分間もCMがあり、立て続けに約10社のCMだ。




CMの内容も意味不明と言うか、難解なものが多く、何を宣伝したかったのか分からない。




しかも同じCMタイム内に商売敵のCMも流す。




民放だからNHK並みとはいかないが、例え民放と言えども、もっと良質のCMに改善することを決断すべきだ。




= コンピテンシー宣教師 =



==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング





by shimo3781 | 2019-01-28 11:01 | マーケティング | Trackback

c0074721_14401268.jpg

猫も杓子も海外生産のため、海外に出て行った時代が思い出される。




確かにひどい円高でピーク時には1ドルが78円にもなった。




しかも人件費が5分の1と言うのも例外ではなかった。




しかし、海外には行かないと決断した経営者がいて、正解だったと胸を張る。


==============================


【本文】




■ 海外生産はやらないと決断した賢明な経営者がいた! ■

自分も現役時代に海外生産を命ぜられてマレーシアに工場を設立し、5年間出張詰めだった。




ひどい円高でピーク時は1ドルが78円にもなり、しかも海外の人件費は5分の1が当たり前だったから多少のロスが生じてもそれなりの効果はあった。




しかし、円安基調になり、しかも現地の人件費は暴騰し、コストメリットが失われるにつれ、国内回帰したメーカーも多い。




コストを求めてジプシーしてもきりがないことを悟ったのだろう。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




海外生産はやらないと決断して量産物の小物バネから撤退したメーカーがあった。




数十銭から数円と言う単価で戦うのはしんどいと考えたようだ。




全社を挙げて猛勉強をし、多品種少量の大型のバネに特化したところ、競合メーカーが少ないこともあり、言い値で受注できるから、業績は右肩上がりが続いている。




Tバネ工業のW社長には、すばらしい先見性があったのだ。



賢い社長だ。




= コンピテンシー宣教師 =



==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング





by shimo3781 | 2019-01-27 11:07 | 経営 | Trackback

c0074721_15190208.jpg


広島カープと巨人のスタメン選手の年棒を比較すると約4~5倍もの開きがあるようだ。




スカウト活動をやっていて、目をつけた選手サイドから「誠意はお金です」と言われるから、広島カープは無名で将来性のある選手を発掘することを決断した。


=================================


【本文】




■ 無名だが将来性ある選手を発掘するカープ! ■




今、プロ野球界で金満チームはセリーグでは巨人、パリーグではソフトバンクだ。




成績が悪くとも現状維持か少しだけアップしてもらえるから選手にとってはありがたい。




広島カープの苑田スカウト部長は、目を付けた選手サイドに「誠意はお金」と言われ、暗にドラフトで指名しないでほしい」と言う態度をとられたことが何度もあったそうだ。




巨人のスタメンは生え抜きの選手は少ないが、広島の場合はほとんどが生え抜きの選手だ。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




広島は資金力がないから「誠意はお金」と言われれば、札束でビンタを取られた気分だ。




苑田スカウト部長は、無名だが将来性のある選手を発掘してドラフトで指名し、数年かけて育てることを決断し、10名のスカウトたちに周知徹底している。




引退した黒田投手のようにお金に拘泥しない選手もいて、運良く引き当てることができた。




MVPを獲得した丸選手、守備の名手菊地選手、「神ってる」で有名になった鈴木誠也選手らは手塩にかけて育てた広島カープの宝なのだ。



だが、丸選手はFAで巨人に行った。



誠意はお金だったようだ。

  


= コンピテンシー宣教師 =



==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング





by shimo3781 | 2019-01-26 06:36 | 人事労務 | Trackback

c0074721_06585549.jpg



日本電産の永守会長が「働き方改革」に舵を切り、その意外性に驚いた。




例えば1時間単位での有給休暇を採用したのは画期的だ。




馬車馬的労務管理に決別宣言したかのようだ。


==================================


【本文】




■ 1時間単位の有給休暇を導入した会社がある! ■




1時間もあれば用事が済む場合でも、これまでは1日単位の有給休暇を使うしかなかった。




緊急の役所の手続きがあるだろう。




銀行への用事も生じる。




預けてある保育所から「子供が急に熱を出した」と連絡が入ることもある。




気の利いた会社では半日単位の有給休暇制度が設けられているが、これすらまだ珍しい。




だが、永守会長は、独自のビジネスマナーとして1時間単位の有給休暇制度を導入した。




永守会長は元旦の午前中だけ休みで、後は年中無休で働き詰めであることをカメラの前で自慢げに話していた。




これまで経営不振に陥った会社を買収しては短期間で、しかも一人もリストラせずに再建を果たしてきた実績を持つ。




期間限定ではあるが、勤務時間を延長したり、全員で早出して清掃したりで結構厳しい。




馬車馬的労務管理と決別し、社員の共感を得て会社は益々発展を続けていけるだろう。




= コンピテンシー宣教師 =



==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング





by shimo3781 | 2019-01-25 07:00 | 人事労務 | Trackback

c0074721_14021479.jpg


全ての面で優れているリーダーの下では有能な部下が育つ。




一方、ダメなリーダーの下では辞めてほしくない部下が辞めていき、辞めてほしい部下だけが残る。




やはり、有能なリーダーを育成することが先決だとつくづく思う。


=================================


【本文】




■ 経営者は有能なリーダーの育成を決断すべき! ■




昨年の正月、星野仙一氏が急逝されたニュースが列島を飛び交った。




闘志むき出しで、巨人を倒すことに最大の生きがいを感じていた。




監督になっても感情の高ぶりを抑えられず、ベンチのバケツは何個破壊されたか知れない。




だが、「どんな上司の下で働きたいか」のアンケートでは、常に上位にランクされていたことが、彼の人格を示していた。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




優れた上司の元で働らいていれば、誰もが自ら辞めたりはしないだろう。




だが、ダメな上司の下では辞めてほしくない社員から辞めて行き、辞めてほしい社員が残ってしまう。




経営者は、何をさて置いても有能なリーダーを育てることを決断し、努力すべきである。




自分のために叱ってくれる上司こそ、真にありがたい上司なのだから。




= コンピテンシー宣教師 =



==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング





by shimo3781 | 2019-01-24 11:02 | 人事労務 | Trackback

c0074721_16390449.jpg


プロセス重視は企業の体質を評価する重要な指標の一つだ。




だが、「プロセスは問わない。




結果が全て」と考える経営者もいる。




確かに出荷検査をサボってもたまたま不良が出ないことがある。




味をしめて検査をサボり、取り返しのつかない事態になることがある。


===============================


【本文】




■ 経営者はプロセス重視でいくべきです! ■




資格のない人間に検査をさせ、資格者の印を押印させてほっかぶりをする。




組織ぐるみで、規格外品は検査成績書を書き替えて合格にしてしまう。




いっそのこと出荷検査そのものをしたことにして、辞めてしまう。




いずれもコスト削減になり、客先からのクレームもないから「結果オーライ」なのだが、必ず告発などでばれてしまい、いずれお詫び記者会見となり、かつ顧客に離反されて業績に大きな痛手を被ることになるのだ。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




「プロセス重視」は企業の体質を評価する重要な指標の一つだ。




経営者は、品質管理のプロセスを確実に履行し、不良があれば是正処置を講じることを決断すべきだ。




「不正は後で必ずばれる」と思って間違いない。




内部告発もあるし、辞めた社員はフリーだからいつでもマスコミに垂れ込むことができる。




= コンピテンシー宣教師 =



==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング





by shimo3781 | 2019-01-23 11:06 | 経営 | Trackback

c0074721_16573789.jpg


一時間は無理だろうから一日のうち15分でも自己研修の時間を与えてはどうか。




半年、1年と言うスパンで見れば、きっと大きな効果が現れる。




それを決断して実行する経営者がたくさん現れてほしい。


=================================


【本文】




■ 社員に自己研修の時間を与えてください! ■




ある中小企業の社長から、「提案制度を設けているが思うように提案が出てこず、制度そのものの存続が危ぶまれている」と相談を受けた。




アイディアをひねり出すため、考える時間が必要だし、提案用紙に書く時間も必要だが、社長は「就業時間を当ててはならない」と通達していると言うのだ。




社員にしてみれば、休憩時間や昼休みはゆっくりしたいし、終業後は急いで帰りたいからどうしても提案のために時間が取りづらいようだ。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




「ほとんどが改善のための提案だろうから、勤務中の時間を割くことは、ある意味改善のための投資と考えるべき」と進言した。




一時間は無理だろうから一日15分、自己研修時間と言う名目で全社員に与えるのだ。




週5日として1時間15分確保できるから、週1件、毎月4件の提案が出せる計算だ。




考える社員が育ち、しかも改善による効率化が図れるのだから、後は経営者の決断次第だ。




= コンピテンシー宣教師 =



==========================================


配信元は彩愛コンサルピア




コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら




人気blogランキング





by shimo3781 | 2019-01-22 11:22 | 自己啓発 | Trackback