人気ブログランキング |

<   2019年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

c0074721_14280656.jpg



言わないとやらない。




やるときも自分の頭で考えない。




そのような社員は今でも多い。




だが、スーパーYのパートたちは多能工に鍛えられていて、しかも自働化の考えが植えつけられているから少ない人数で店舗がうまく回っている。



=============================================


【本文】




■ 非定員制と自働化で働き方改革を断行! ■




経営者が集まった研修会で人財育成をテーマにお話をしていたとき、「言わないとやらない。やるときも自分の頭で考えない社員が多くて困っている」との意見が出され、「ウチもだ」と同調する経営者が何人かいた。




一般の会社では、各職場は定員制だから繁閑にかかわらず同じ人数の社員がいる。




しかも多能工に育成されていないから、やれる仕事は決まっていて融通が利かない。




埼玉県を中心にドミナント展開しているスーパーYではパートの比率が約80%だが、多能工に教育訓練されている。




どのお惣菜も担当できるし、値付けやピッキング、陳列などもできるのだ。




しかも各職場は非定員制になっているから繁閑に応じてパート自ら忙しい職場に移動して働く仕組みになっている。




上司に「私、ピッキングと陳列に回ります」と言って働いてくれるからまさに「自働化」が機能しているのだ。




見事に洗練された仕事力だ。




= コンピテンシー宣教師 =


========================

配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら


人気blogランキング




by shimo3781 | 2019-06-30 10:46 | 人事労務 | Trackback

c0074721_16070292.jpg



女子プロゴルフは年々発展を遂げていてギャラリーも増えている。




サインや写真撮影にも笑顔で応じておもてなし精神旺盛だ。




一方、男子のプロゴルフは衰退の一途だ。




昨年のKプロのおもてなしそっちのけの態度に激怒した招待客は途中で帰ってしまった。



==============================================


【本文】



■ 招待客を激怒させたKプロのお粗末な仕事力! ■



トランプに酷似した人間はどこにでもいるもので、自分のことしか考えていない心の寂しい人間だ。



華やかな女子プロゴルフは毎年ダイキンオーキッドレディスで幕を開ける。



ダイキン工業の社員たちが精魂込めて招待客のおもてなしの準備に命を懸ける。



初日には角界からの招待客が美人ゴルファーと一緒にプレーし、美女からいろいろアドバイスを受けるから楽しさ一杯のゴルフを堪能し、夜のパーティがまたすばらしい。



翌日から女子プロたちの真剣勝負が始まるが、そのときはもうプロの顔に変わっている。



一方男子プロゴルフははっきり言って落ち目だ。



プロゴルファーのK氏が招待客そっちのけで本番に向けて練習し、おもてなしそっちのけの態度に激怒した招待客はプレーを打ち切って帰ってしまったと言うのだ。



おもてなしよりも明日の本番の試合が気になって仕方がなかったのだろう。



男子プロゴルファーのK氏の仕事力は落第と言わざるを得ない。



= コンピテンシー宣教師 =

========================

配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら


人気blogランキング




by shimo3781 | 2019-06-29 10:46 | 仕事 | Trackback

c0074721_16145173.jpg




仕事のできない人は時間も守らないで平気で遅れてくる。




その上白々しい言い訳を言う。




一流のビジネスマンになるには時間を守り、約束事を守ることが出発点になる。




もし守れなくなりそうならその時点で連絡を入れるべきだ。



=============================================


【本文】



■ できる人はみんな確実に約束事を遵守する! ■



ビジネスマンの中には「石部堅吉」と呼ばれている人もいる。



石のように堅い人物と言う意味に使われる。



時間は確実に守るし約束事も確実に守るから会社の内外を問わず彼の評判はいい。



その一方で「千三つ」の異名をとる者がいる。



千のうち三つぐらいしか本当のことは言わない嘘つきと言う意味だ。



会社の内外を問わず、すこぶる評判が悪いから当然仕事もうまくいかない。



時々上司が彼を呼んで注意するのだが、注意されると不機嫌そうな顔をし、またまた言い訳に終始する。



つまり「他責化」の達人なのだ。



こんなことではいつまで経っても仕事のできる人にはなれない。



心当たりのある人は約束を守る人間に生まれ変わることを今すぐ決断すべきだ。



 = コンピテンシー宣教師 =


========================

配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら


人気blogランキング




by shimo3781 | 2019-06-28 11:16 | 心の知能指数 | Trackback

c0074721_16110856.jpg



札付きの社員は多かれ少なかれどこの会社にもいるものだ。




ことあるごとに上司にたてつく。




上司はもてあましてよその職場に出したいと思う。




たまたま包装設計の部署で人をほしがっているので職場異動されたのだが、そこで出会った課長に生き方を変えられた。



=============================================


【本文】



■ いい出会いが人の生き方を変える力があります! ■




どうしようもない札付きの社員がいるもので、人生観そのものがそもそも間違っている。



陶器商品の製造販売をしている大手企業で働くA氏は「遊ぶ金がほしいから仕方なく働いている。やりがいですか。そんなものあるわけないじゃないですか」と平然と言った。



指示した仕事が終わってもいないのに残業もせず帰るから、持て余した上司は機会があれば他の職場に出したいと考えていた。



たまたま包装設計の部署で人をほしがっていたので本人の意向も確かめず職場異動させた。



異動後のA氏の部屋は階段下の薄暗い物置で、60Wの裸電球だけだった。



早速文句を言ったA氏に対して、課長は「言いたいことがあるんだったらちゃんとやってから言え」と強い口調で言った。



この一言で目が覚めたA氏は自己啓発で勉強し、すばらしい梱包設計をして従来の5分の1のコストに抑えて見せたところ、やがてメイン商品の梱包設計を任された。



いい出会いには人の生き方を変える力がある。



= コンピテンシー宣教師 =


========================

配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら


人気blogランキング




by shimo3781 | 2019-06-27 06:20 | 自己啓発 | Trackback(4)

c0074721_16081248.jpg



昨日と同じことをやるのを作業と言う。




流れ作業のラインに入って朝から夕方まで同じ作業を繰り返す。




単純作業は人間をだめにしてしまう。




全ての社員に多能工になるよう仕向けている中小企業がある。




どうすれば効率よくやれるかをいつも考えるから仕事人なのだ。



================================


【本文】



■ 多能工化は仕事人の育成に通じる! ■



会社に行き、今日も昨日と同じ作業をするのかと思うと気が重くなる。



単純作業の繰り返しは人間疎外の要因になる。



単純作業は、集中力が途切れるからミスも発生する。



人間疎外に陥らないようにするために一人が担当する作業の数を増やしてみた。



考える仕事も注入して人間疎外を防ごうともした。



少しは効果があるものの単純作業の繰り返しではつまらないから離職者が増える一方だ。



秋田県のカミテと言う中小企業では事務系の仕事の人も含めて全社員が現場の仕事ができるように多能工作戦を展開し、みんなが多能工になってくれた。



仕事の繁閑に応じて毎日のように仕事が変わるからみんな充実感を味わい、定着率もすこぶるよい。



工場の敷地内に保育所を完備しているから子育てしながら働き続けてくれるのだ。



= コンピテンシー宣教師 =


========================

配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら


人気blogランキング



by shimo3781 | 2019-06-26 10:48 | 人事労務 | Trackback

c0074721_16164976.jpg




凶悪犯の保釈は凶暴な動物を放し飼いにするようなものではないだろうか。


最近の検察や裁判所の判断は狂っていると言ったら言い過ぎだろうか。


***************************************


【本文】



■ 刑確定者逃亡で市民を恐怖のどん底に陥れた! ■



最近は不起訴処分が多すぎないか。



犯罪を犯したことが明らかなのに不起訴処分になる例が多いため、抑止効果が薄くなっている。



今回の刑確定者の取り逃がし事件は社会に大きな不安を与えた。



小中学校は休校にして児童を守った。



逃亡者は刃物を振りかざして逃げたと報道されていた。



先般、スクールバスに乗ろうとしていた児童一人と保護者一人が刃物で刺されて殺された。



犯人はすぐさま自殺したが、20人ほどが重軽傷を負った。



このような事件がまた起こるのではないかと心配されて休校にしたのは賢明な判断だった。



凶悪犯を保釈することは凶暴な動物を放し飼いにするのと一緒だ。



現在、保釈されている凶悪犯は26人ほどいるとか。



刑務所が満杯なら増築すべきだ。



法の番人が当てにできない世の中では国民は安心して暮らせない。



裁判官も検察も もっとまじめに仕事をしろと言いたい。



= コンピテンシー宣教師 =

========================

配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら


人気blogランキング




by shimo3781 | 2019-06-25 04:27 | 不祥事 | Trackback

c0074721_14270463.jpg




金属の規格はかなりいい加減なようだ。




例えばどんな添加物が入っているのか、剛性つまり強度などはユーザーが受け入れ検査で容易に測定できるものではない。




検査データを改ざんすることを主な仕事にしていた人が大勢いたなんて日本のモノ作りは地に落ちた。



===========================================


【本文】



■ データの改ざんを仕事としてきた人たちへ一言 言いたい! ■



振り込め詐欺師たちはお年寄りをどうやって騙すかが仕事だ。



振込みだと足がつきやすくなってきたから取りに行く詐欺が多くなっているようだ。



でも、残念ながらいつも捕まるのは末端の人間で本丸は捕まりにくい。



神戸製鋼所に強制捜査が入って久しい。



1970年代から既に検査データの改ざんが始まったと言うから半世紀も続いた不正だ。



部課長はもとより経営層も色濃く関与してきたことが新聞の記事やテレビの報道で手に取るように分かった。



隠語は「トクサイ」と言うことで、もともとは特別採用を縮めて特採と称するのだが、神戸製鋼所ではカタカナで表現していた。



上司に「トクサイ」と指示されればデータを改ざんし、躊躇なく正規の合格品にする。



不正を仕事として長年継続してきた人たちも最初は心が痛んだのではなかっただろうか。



泥棒も万引きも最初は気が引けるが慣れてしまえば生業になり、何も感じなくなるのと同じだ。



= コンピテンシー宣教師 =



========================

配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら


人気blogランキング




by shimo3781 | 2019-06-24 10:39 | 不祥事 | Trackback(2)

c0074721_13525876.jpg



仕事では益々質とスピードが求められるようになってきている。




出来ばえがよくとも遅ければ価値は半減する。




質とスピードを高めるにはテーマへの合致度合いを高め、かつ仕事の段取りを事前に綿密に行うことだ。


=====================================


【本文】




■ 仕事の出来ばえとスピードの両方を満たすには! ■




「遅くともいいからしっかりやってくれよ」と上司は言う。




部下は入念に思考を繰り返しながら出来ばえを追い求める。




「課長、できました」と企画書を提出した。




「よくできているね。ご苦労さん」と言われて一仕事区切りがつく。




これは昔の話で、今は仕事の質(できばえ)とスピードが同時に求められる。




質(できばえ)を上げるには指示された仕事のテーマとやり遂げた仕事の中身が合致しているかどうかで評価されるから、意識して合致の度合いを上げることだ。




仕事に入る前に綿密に段取りを実施し、必要な情報はもとより参考文献や機材なども整えて身の回りに準備することだ。




後は集中力を切らさず一気にパソコンのキーを叩き、推敲に十分時間を割けるようにすることだ。




質とスピードで高い評価を得れば、やり手ビジネスマンの仲間入りだ。




= コンピテンシー宣教師 =



========================

配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら


人気blogランキング




by shimo3781 | 2019-06-23 10:57 | 仕事 | Trackback

c0074721_19492435.jpg



会社にいれば仕事をした、働いたと思いたいのが人情だ。




例えば社内での行動を稼働時間と不稼働時間に分けて考えると分かりやすい。




いくら体を動かしても価値を生まない動作は不稼働時間だ。




例えばモノ探しや歩行は不稼動の最たるものだ。



===================================


【本文】




■ 働き方改革は不稼働時間をなくすことが出発点! ■




高度成長時代には「サラリーマンは気楽な家業ときたもんだ」と言う流行歌まであった。




遅れず、休まず、働かずでも会社に行っていれば給料をもらえた。




上司や偉い人にゴマをすっておけばそれなりに出世もできた。




今はご承知のようにサラリーマン受難時代かも知れない。




ノルマ主義でプレッシャーをかけられ、サービス残業までさせられて心身ともに疲れる。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




生産性を上げる第一歩は、不稼働時間をどこまで減らせるかにかかってくる。




不稼働時間の主なものはモノ探しや歩行が最たるものであり、モノ探しには歩行がついて回ることが多い。




5Sとレイアウトの改善に全社を上げて取り組めば、モノ探しと無駄な歩行に費やされていた不稼働時間が本来の稼動時間に投入できるから生産性は大幅に向上する。




= コンピテンシー宣教師 =


========================

配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら


人気blogランキング




by shimo3781 | 2019-06-22 10:14 | 仕事 | Trackback

c0074721_15523488.jpg



世界最大の小売業「ウォルマート」を創業したサム・ウオルトン氏は「どこにでもいる普通の人に機会と激励を与え、ベストに向かうやる気を起こさせれば可能なことに限界はない」と語っていた。



「やる気と行動力」は全てのベースだ。



===================================


【本文】



■ウォルマート流モチベーションアップ術!■



ウォルマートはご存知のとおり、世界最大の小売業だが、最初はアーカーソン州で小さなスーパーからスタートしたらしい。



日本でもダイエーは神戸の主婦の店から出発して一時は三越の売り上げを抜いて国内トップの小売業になったが線香花火のように消えてしまった。



だが、ウォルマートは消えるどころか食料品や雑貨だけでなく何でも売るよろず百貨店のような業態になった。



例えば車で買い物に来たお客様には買い物後、ガソリンを満タンにしてお帰り頂くと言う具合に商魂たくましい。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



サム・ウオルトン氏はどこにでもいるような普通の人々を雇用し、チャンスと激励を与え、「やる気と行動力」を引き出すマネジメントとが得意だった。



「やる気と行動力」は人財の最も基本的な要件だ。



今、ウェルシェアと言うドラッグストアが日本版ウォルマートになりつつあるように思う。



= コンピテンシー宣教師 =


========================


配信元は彩愛コンサルピア


コンピテンシーを学びたい人にお勧めの本は、こちら


メルマガ「コンピテンシーを磨けば仕事のできる人になれる」は、こちら


メルマガ「問題解決メルマガセミナー」は、
こちら


人気blogランキング



by shimo3781 | 2019-06-21 10:50 | 経営 | Trackback